« 北朝鮮船員松前小島で家電窃盗か 「誰もおらず持ち出した」(6日)共同 | トップページ | 違反金滞納、県警が生保の解約請求権差し押さえ(6日)読売 »

2017年12月 6日 (水)

75本運休トラブル 車両が氷塊と接触か JR北海道(6日)NHK

6日朝、北海道小樽市のJR函館線で回送列車が動けなくなり「快速エアポート」など75本が運休したトラブルで、JR北海道は、車両の下にある部品や駅構内のポイントが損傷していることから、車両が氷の塊と接触した可能性があると見て詳しい状況を調べています。
 6日午前5時半すぎ、小樽市のJR函館線の銭函と朝里の間で回送列車が動けなくなりました。車両を別の場所に移すとともに函館線と千歳線は線路の点検などを行ったため、快速エアポート16本を含む合わせて75本が運休しました。
 JR北海道によりますと、車両の運転席のモニターには、車輪とブレーキパッドが凍結しブレーキがかかった状態になっていることを示す表示が出ていたということです。
 また車両の下にある雪を排雪する部品や車両の速度を検出する部品、それに銭函駅構内のポイントの一部が破損しているのが見つかったことから、JR北海道は、車両が氷の塊と接触した可能性があると見て詳しい状況を調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171206/k10011248511000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

« 北朝鮮船員松前小島で家電窃盗か 「誰もおらず持ち出した」(6日)共同 | トップページ | 違反金滞納、県警が生保の解約請求権差し押さえ(6日)読売 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 75本運休トラブル 車両が氷塊と接触か JR北海道(6日)NHK:

« 北朝鮮船員松前小島で家電窃盗か 「誰もおらず持ち出した」(6日)共同 | トップページ | 違反金滞納、県警が生保の解約請求権差し押さえ(6日)読売 »