« 女子更衣室にカメラ 大掃除で発覚 41歳教師を逮捕(29日)テレビ朝日 | トップページ | 横転トレーラー下に遺体 翌日発見、運転手を逮捕(29日)日経 »

2017年12月29日 (金)

主翼の下敷きで整備士が死亡 JAC受託機傾き、鹿児島空港(29日)西日本

29日午後0時50分ごろ、鹿児島県霧島市の鹿児島空港で、地上でけん引されていた海上保安庁の航空機が傾き、日本エアコミューター(JAC)の30代の男性整備士が左主翼と地面に挟まれて下敷きになった。JACなどによると、男性はドクターヘリで病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。
 傾いた海保機はJACが整備を受託し、約10人で格納庫への移動作業をしていた。県警霧島署は、左主翼の車輪が何らかの原因で機体に格納されたことで、機体が傾いたとみて調べている。
 第10管区海上保安本部によると、航空機は全長約20メートル、幅約22メートルのプロペラ機サーブ340。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/383564

« 女子更衣室にカメラ 大掃除で発覚 41歳教師を逮捕(29日)テレビ朝日 | トップページ | 横転トレーラー下に遺体 翌日発見、運転手を逮捕(29日)日経 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主翼の下敷きで整備士が死亡 JAC受託機傾き、鹿児島空港(29日)西日本:

« 女子更衣室にカメラ 大掃除で発覚 41歳教師を逮捕(29日)テレビ朝日 | トップページ | 横転トレーラー下に遺体 翌日発見、運転手を逮捕(29日)日経 »