« 2017年12月28日 | トップページ | 2017年12月30日 »

2017年12月29日

2017年12月29日 (金)

酒気帯びで警官逮捕=職質受け逃走-滋賀県警(29日)時事

滋賀県警は29日、酒気帯び運転をしたとして道交法違反容疑で、彦根署警備課の巡査長西村仁志容疑者(32)=同県愛荘町安孫子=を逮捕した。「早く自宅に戻って寝たかった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は28日午後9時半ごろ、滋賀県多賀町の県道交差点で酒気帯び状態で車を運転した疑い。
 県警によると、西村容疑者は同日午後5時まで勤務した後、友人4人と彦根市内の飲食店で生ビール4、5杯と日本酒を2合飲んだ。帰宅時に1人で自家用車を運転し、交差点内でエンジンをかけたまま停止して寝込んでいたという。
 110番を受け現場に急行した署員が運転席の窓ガラスをたたいて職務質問しようとしたところ、車を発車させ逃走。自宅に戻っていた同容疑者に任意同行を求め、逮捕した。
 滝口一也・首席監察官の話 極めて遺憾。厳正に対処し、再発防止に努める。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017122900678&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

82歳のスナックママを羽交い締め、6万円入りレジ奪う 静岡・島田、60代くらいの男が逃走(29日)産経

29日午前2時50分ごろ、静岡県島田市大井町のスナック「酔社」で、客の男が女性経営者(82)に暴行を加え、現金約6万円が入ったレジを奪って逃走した。女性経営者にけがはなかった。
 島田署によると、男は身長約170センチで60代ぐらい。同店で飲食後、「レジを開けろ」と脅した。女性経営者が「それはできない」と拒んだところ、羽交い締めにするなどし、約30センチ四方のレジを持ち去ったという。同署は強盗事件として男の行方を追っている。 http://www.sankei.com/affairs/news/171229/afr1712290026-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

平均年齢68歳「よど号グループ」ウェブサイト立ち上げ 「日本愛国」書き込む北朝鮮のお荷物?(29日)産経

共産主義者同盟(共産同)赤軍派メンバーが日航機をハイジャックし、北朝鮮に渡った「よど号乗っ取り事件」(昭和45年)の実行犯で、現在も北朝鮮で暮らす「よど号グループ」のメンバーら=国際手配中=が11月末、ウェブサイトを立ち上げた。サイトでは、メンバーによる国際情勢や日本政治に関する評論などを掲載。しかし内容は「よど号事件に大義はなかった」と認めたり、皇室への敬意や民族愛を語ったりと、一般的にイメージされる「極左兵士」の姿からはほど遠い。また、NHK放送を見られるなど意外な“良い暮らしぶり”も紹介されている。彼らがサイトを開設した真意とは…。
「かりはゆく」終了

 「来年から北朝鮮でもサッカーの国内リーグができる。応援するのが楽しみ」(若林盛亮=もりあき=容疑者)続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

「盛りつけ悪い」と暴行、経営者死亡…2人逮捕(29日)読売

滋賀県草津市のちゃんこ料理店で、経営者の男性に言いがかりを付けて暴行し、死亡させたとして、県警草津署は29日、不動産仲介業・浜野慶治(46)(草津市野路)、土木作業員・関一也(45)(大津市平津)の両容疑者を傷害致死容疑で逮捕した。
 2人は店で「盛りつけが悪い」と怒り出して、男性を呼びつけ、長時間にわたって殴るなどしたという。
 発表では、死亡したのは草津市下物町、糸岡真二さん(60)。
 浜野容疑者らは21日午後11時15分頃から翌22日午前1時40分頃の間、同市大路の「隠れDining蔵間草津店」の個室内で、糸岡さんの顔や頭部、背中を土鍋で殴ったり蹴ったりし、左右肺損傷で死亡させた疑い。糸岡さんの

肋骨

ろっこつ

も複数か所、折れていた。

(ここまで323文字 / 残り351文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171229-OYT1T50077.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

電車や駅でスマホトラブル 都内で逮捕・書類送検28人(29日)NHK

電車内や駅でスマートフォンなどの利用をめぐって乗客どうしでトラブルになり、相手を殴ったなどとして東京都内でことし少なくとも28人が逮捕されたり書類送検されたりしたことが警視庁への取材でわかりました。警視庁は、人が多い場所では特にマナーを守るよう注意を呼びかけています。
 ことし10月、東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅近くの電車内で31歳の会社員の女性が30代の男に殴られてけがをして男は傷害の疑いで逮捕されました。
 警視庁によりますと当時、男は座席に座っていてスマートフォンでゲームをしていましたが、隣にいた女性が迷惑だと感じてひじで体を押したところ、男が突然、女性の顔を殴ったということです。
 スマートフォンなどの利用をめぐって電車内や駅で乗客どうしがトラブルになるケースはほかにも相次いでいて、東京都内でことし少なくとも28人が暴行や傷害の容疑で逮捕されたり書類送検されたりしたことが警視庁への取材でわかりました。
 歩きスマホをしている人にぶつかられて腹を立て、暴力を振るうといったケースのほか、注意された人が逆に相手を暴行する事件も起きています。
 警視庁は、電車内や駅といった人が多い場所でスマートフォンなどを使う際は、特にマナーを守るよう注意を呼びかけています。

女性 顔殴られ3週間のけが

31歳の会社員の女性はことし10月、東京メトロ有楽町線の電車内で座席に座ってスマートフォンでゲームをしていた30代の男とトラブルになり、顔を殴られておよそ3週間のけがをしました。
 女性は当時、仕事を終えて自宅に帰る途中で、男の行為を迷惑だと感じて、ひじで体を押したところ突然殴られたということです。女性は「相手に対しては許せないという気持ちが今でも強い。一方で、トラブルになりそうだと思った段階で冷静になって、その場から離れればよかったとも思う」と話していました。

相次ぐ「マナー悪い」の声

電車内や駅でのスマートフォンなどの利用について、マナーが悪いと感じることが多いという声が相次いでいます。
 50代の女性は「駅の階段で歩きスマホの人とぶつかったことがあります。音楽の音が漏れることも気になります」と話していました。また、37歳の男性は「自分たちは歩きスマホをしている人をよけることができても、子どもや高齢者はぶつかってしまうので危ないと思う」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171229/k10011275311000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

年末の帰省ラッシュが本格化 成田、羽田から8万人出国(29日)共同

年末の帰省、出国ラッシュが本格化し、空の便は29日、混雑のピークを迎えた。国内線は羽田空港を出発する便の多くが満席となったほか、国際線は成田、羽田両空港からの出国者は約8万1千人と推計される。
 東海道新幹線の下りは、のぞみ1号が名古屋駅発車時で自由席の乗車率が190%を記録。山陽新幹線は新大阪駅で、北陸、山形両新幹線は東京駅でそれぞれ150%に達した。東海道新幹線の指定席は31日午前にかけてほぼ満席だという。
 高速道路はいずれも下りで、東名阪自動車道の鈴鹿インター(三重県)を先頭に16キロ、東名高速道路の大和トンネル(神奈川県)を先頭に26キロ渋滞した。
https://this.kiji.is/319281338933183585?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

刀剣10振りなど 2700万円相当盗難「鎌倉時代の・・・」(29日)TBS

 愛知県の住宅で、刀剣10振りなどおよそ2700万円相当がなくなっているのが見つかり、警察は盗まれたとみて捜査しています。
 なくなっていたのは、高浜市で建設会社を経営する男性が趣味で集めていた日本刀や、やりなど10振りと、象牙と仏像あわせておよそ2700万円相当です。警察によりますと、28日午後7時半ごろ、男性が高浜市の自宅で掃除をしようと和室に入り、日本刀などがなくなっているのに気づいたということです。
 「鎌倉時代の頃の刀。『やられちゃったな』と思っている」(住人)
 男性は1人暮らしで、刀は全て、愛知県の登録を受けていました。保管していた和室には、先月4日以来、家族を含め出入りがなく、警察は、この期間に盗まれたとみて調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3252472.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

横転トレーラー下に遺体 翌日発見、運転手を逮捕(29日)日経

高知県警土佐署は29日、同県いの町で28日に大型トレーラーが横転、炎上した事故現場を実況見分したところ、下敷きになった軽自動車と性別不明の遺体が見つかったと明らかにした。同署は29日、トレーラーの運転手、小松明容疑者(52)=高知市=を自動車運転処罰法違反(過失運転致死)容疑で逮捕した。
 事故は28日午後3時35分ごろ、いの町戸中の国道194号のトンネル内で発生。土佐署は当初、けが人のない自損事故として発表していた。小松容疑者は「タイヤがパンクして横転した」と話しており、横転の際に軽自動車を巻き込んだとみて捜査する。
 軽自動車はつぶれた状態で炎上していた。遺体は運転していた人物とみられ、同署が身元の確認を進めている。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25258340Z21C17A2AC8Z00/

| コメント (0) | トラックバック (0)

主翼の下敷きで整備士が死亡 JAC受託機傾き、鹿児島空港(29日)西日本

29日午後0時50分ごろ、鹿児島県霧島市の鹿児島空港で、地上でけん引されていた海上保安庁の航空機が傾き、日本エアコミューター(JAC)の30代の男性整備士が左主翼と地面に挟まれて下敷きになった。JACなどによると、男性はドクターヘリで病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。
 傾いた海保機はJACが整備を受託し、約10人で格納庫への移動作業をしていた。県警霧島署は、左主翼の車輪が何らかの原因で機体に格納されたことで、機体が傾いたとみて調べている。
 第10管区海上保安本部によると、航空機は全長約20メートル、幅約22メートルのプロペラ機サーブ340。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/383564

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子更衣室にカメラ 大掃除で発覚 41歳教師を逮捕(29日)テレビ朝日

年末の慌ただしい雰囲気のなか、大掃除をしている人も多いのではないだろうか。北海道千歳市の中学校で、大掃除をしていた生徒らが発見したのは盗撮カメラ。この学校に勤める教師の男が逮捕された。
 大掃除の目的は、もちろん汚れを落とすこと。しかし、大掃除は時として思わぬ事件発覚のきっかけともなる。
 まずは北海道。札幌の中心部から車で50分ほどの千歳市。小中が併設される学校で28日、大掃除が行われた。体育館を担当したのは、バドミントン部。なぜか男子生徒が女子更衣室を掃除していたという。すると、バドミントンのネットの脇に怪しい物体が。ビデオカメラだった。カメラは録画中だった。迷惑行為防止条例違反などの疑いで逮捕されたのは、41歳の教師・島貫哲郎容疑者。容疑を認め、「カメラを仕掛けてワクワク感を楽しみたかった」と供述しているという。
 大掃除で発覚した思わぬ事件。愛知でも。高浜市の都築光義さん(71)。28日夜、大掃除をしようとしたところ、あることに気付いたという。
 都築光義さん:「(大掃除のために)これを開けたら、このように全部開いていた。この裏に刀を隠してあった。これは泥棒に入られたなと」
 盗まれた刀は10本。2650万円もの価値があるという。奇妙なのは、被害に遭った時期。警察によれば、11月4日から今月28日までの間だというが、なぜ長期間、被害に気付かなかったのか。実は、この部屋は「離れ」。大掃除がなければ、発覚はさらに遅れていた可能性もある。
 今、まさに大掃除をしているあなたにも思わぬ事実が発覚するかもしれない。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117741.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日 単位・レベル) 
驚異的検挙率の殺人
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013402

 今年は岡山県玉野市の山の中を通る道路で32歳の男が知人の男性を刃物で刺殺した殺人事件から始まった。
 そしてやはり1月には東京都調布市国領町の都営アパート一室で89際の男性が、23歳の会社員の男に殺害され現金が奪われる強盗殺人事件。
2月に入ると名古屋市南区豊の民家で83歳の夫と80歳の妻が殺害され、現金の入った財布が奪われる強盗殺人事件が発生。この事件で近くに住む42歳の男が逮捕されている。
 3月には千葉県我孫子市で行方不明になっていたベトナム人の小学3年の女の子が殺害され遺体で発見された。
 また10月には神奈川県座間市内のアパートの一室から9人の切断遺体が見つかるという大量殺人事件があった。
 座間の殺人事件を含めて今年は昨年に比べて殺人事件が増えた年だった。
 警察庁によると今年11月現在の殺人事件の認知件数は848件で前年に比べて41件の増。検挙率は101.2%と極めて高かった。
 認知件数のランキングは大阪の96件、東京の93件、神奈川と兵庫の55件、愛知の54件と続いた。増加したのは東京の+17件、奈良、広島の各+8件など。
 検挙率は島根と長崎の200%を筆頭に100%以上が35都道府県だった。
 一方、低かったのは鳥取の75.0%、群馬の81.8%、静岡の84.8%、兵庫の87.3%、茨城の88.2%など。
 昭和の時代と比べるとどうも〝ホシ(犯人)割れ〟の傾向があるようで、特別捜査本部設置の件数が少なくなっている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

象牙や刀“盗まれる” 被害は2700万円相当 愛知(29日)テレビ朝日

愛知県で、会社役員の男性の自宅から時価約2700万円相当の刀や象牙などが盗まれました。
 28日午後7時半ごろ、愛知県高浜市の建築会社役員・都築光義さん(71)が自宅の一室を掃除しようとしたところ、保管してあった刀10本がなくなっていることに気付きました。同じ部屋の金庫からは、象牙1本と仏像2体がなくなっていました。警察によりますと、被害総額は時価約2700万円に上ります。先月4日に孫娘が部屋に入った後は、部屋の中を確認していなかったということです。警察は、これ以降の約2カ月の間に盗まれたとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117723.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

現金10万円をわしづかみに…千葉で“コンビニ強盗”(29日)テレビ朝日

千葉県市川市のコンビニ店に刃物を持った男が押し入り、現金約10万円を奪って逃走しました。警察が逃げた男の行方を追っています。
 29日午前3時半ごろ、市川市曽谷の「デイリーヤマザキストア」で、客を装ったマスク姿の男がレジカウンターにいた男性店員に刃物を見せて「金を出せ」と脅しました。店員がレジを開けると、男は現金約10万円をわしづかみにしてそのまま走って逃げました。警察によりますと、当時、店内には客はおらず、男性店員にけがはなかったということです。逃げた男は20代から30代ぐらい、身長170センチほどの細身で、白い帽子をかぶってマスクをしていました。警察は強盗事件として防犯カメラの解析や周辺の聞き込みを進め、逃げた男の行方を追っています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117725.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

霞ヶ浦に面する船着き場、船外機盗まれる被害相次ぐ(29日)TBS

茨城県の霞ヶ浦に面する船着き場で、漁船から船外機が盗まれる被害が相次いでいることがわかりました。
 警察によりますと、28日、霞ヶ浦に面する稲敷市信太古渡の船着き場に泊めていた漁船から船外機が無くなっているのに船の持ち主が気づき、警察に届け出ました。警察が確認したところ、漁船2隻の船外機が無くなっていることがわかりました。
 被害を届け出た船の持ち主が今月26日に船を確認した際には異常はなかったということで、26日から28日にかけて盗まれたとみられています。
 周辺では他にも、今年に入って5隻の船から船外機が無くなっていて、警察は窃盗事件として捜査するとともに、船を所有する人に注意を呼びかけています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3252059.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ATS切り駅構内走行、北海道 石北線、旭川発北見行き快速(29日)共同

JR北海道は28日、北海道北見市の石北線北見駅構内で21日午後7時ごろ、旭川発北見行き快速列車(1両)が、自動列車停止装置(ATS)のスイッチを切った状態で約300メートル走行したと発表した。乗客約40人にけがはなかった。
 JR北海道によると、北見駅が終点の列車が到着する際、その先の網走方面へ誤って出発しないよう赤信号が点灯し、運転席でATSの警報が鳴るようになっていた。運転士が警報を確認し、列車停止後にATSのスイッチを切る規定だったが、男性運転士(56)は「忘れないように早めに切っていた。2年前から時々やっていた」と話しているという。
https://this.kiji.is/319079761999594593?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

昨年9月ごろから監禁=男性暴行死、5人起訴-大津地検(29日)時事

堺市の無職渡辺彰宏さん=当時(31)=が男女5人に監禁され殺害された事件で、大津地検は28日、渡辺さんが昨年9月ごろから監禁されていたと明らかにした。地検は同日、5人を殺人と監禁の罪で起訴した。
 起訴されたのは、アルバイト井坪政(29)、いずれも無職の萩原真一(39)、宮崎佑佳(24)、亀井徳嗣(22)、飯星飛香(29)の各容疑者。
 地検によると、5人は2016年9月ごろから、堺市の飯星容疑者宅で渡辺さんを監禁。繰り返し暴行を加えた上、今年8月15日ごろ滋賀県近江八幡市の萩原容疑者宅に連行し、17日に細菌性肺炎で死亡させたとされる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017122800953&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

薬物使用の性犯罪 被害者の証拠保全を指示 警察庁(29日)NHK

睡眠薬などの薬物が使われた性犯罪では、被害を受けた人の記憶があいまいだったり客観的な証拠が残っていなかったりして捜査が難しいケースが多いため、警察庁は、適切な捜査ができるよう被害者の血液や尿を採取して、証拠をきちんと保全することなどを全国の警察に指示しました。
 性犯罪において、相手の飲み物に混ぜて意識をもうろうとさせる薬物は「レイプ・ドラッグ」と呼ばれ、医師から処方された睡眠薬などが悪用されるケースもありますが、被害者の記憶があいまいだったり客観的な証拠が残っていなかったりして捜査が難しく、被害が表面化しにくいのが現状です。
 このため警察庁は、性的な暴行を受けた事件で薬物の使用が疑われる場合には、被害者の同意を得たうえですみやかに血液や尿を採取して鑑定し、証拠を保全するとともに、睡眠薬などは早ければ数時間で体から排出されるため、正式な被害届が出される前でも適切な捜査を行うよう、全国の警察に指示しました。
 また、夜間や休日に被害を訴えるケースも多いとして、性犯罪を担当する部署だけでなくすべての警察官がきちんと対応できるよう、指導や教育を充実させることを求めています。
 性的な暴行を受けた人は、警察より前に医療機関や支援団体などに相談することも多く、警察庁は関係する機関との連携についても強化していくことにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171229/k10011274871000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

小学生男児3人が頭蓋骨見つける 群馬、雑木林に白骨遺体(29日)共同

28日午前10時5分ごろ、群馬県高崎市棟高町の三ツ寺公園近くの雑木林で、人の頭蓋骨が見つかったと公園にいた男性から110番があった。高崎署員が近くを捜索したところ、ほぼ全身の骨を発見した。死後数カ月以上が経過しているといい、署が遺体の身元や死因を調べている。
 署によると、遺体は男性とみられ、目立った外傷はなかった。身長155~160センチと推定され、紺色の作業着上下やウインドブレーカーを身に着けていた。
 雑木林で遊んでいた小学生男児3人が頭蓋骨を見つけ、付近にいた男性に知らせた。
https://this.kiji.is/319144435059524705?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

ギターケースに覚醒剤、カナダ人ミュージシャン逮捕(29日)TBS

覚醒剤をギターケースなどに隠し密輸しようとしたとして、カナダ人のミュージシャンの男が逮捕・起訴されました。
 逮捕・起訴されたのは、カナダ人のミュージシャン、ダニエル・バートン・ウィットモア被告(44)で、今月11日、カナダから成田空港に到着した際、覚醒剤およそ9.8キログラム、末端価格およそ6億2700万円相当を密輸しようとした罪に問われています。
 東京税関によりますと、ウィットモア被告の発汗量が多いことなどから不審に思い、調べたところ、持ち物のギターケースや茶筒の中から覚醒剤が見つかったということです。ウィットモア被告は「中国系の知人に運ぶように頼まれた」などと話しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3251576.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山岳遭難相次ぐ、八ヶ岳連峰で夫婦が死亡(29日)TBS

長野県では山岳遭難が相次ぎ、八ヶ岳連峰では大阪府の夫婦が死亡しました。
 28日午後1時ごろ、八ヶ岳連峰の標高およそ2600メートルの根石岳付近で遭難した男女2人が死亡しました。その後の調べで、2人は大阪府貝塚市の高畑克行さんと礼子さんの夫婦と確認されました。高畑さん夫婦は27日の夕方に強風と雪のため動けなくなり、警察などが捜索していました。
 一方、小谷村のスキー場では、スノーボードをしていた東京都の41歳の女性の行方がわからなくなっていて、28日の捜索では発見できませんでした。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3252064.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドローン飛行 立ち入り禁止区域の設定義務化へ 国交省(29日)日経

 国土交通省はイベント会場など多数の人が集まる場所でドローンを飛ばす際、運航者に半径30メートル以上の立ち入り禁止区域を設けるよう義務付ける。航空法に基づく通達を改正し、2018年1月中に施行する。ドローンの利用が広がるのに伴い、事故やトラブルも目立つ。同省などは安全な活用に向けた対策を急ぐ。

                           

 ドローンはイベント会場や人口密集地などで飛ばすには国の許可が必要となる。ただ、これまで観客や住民の安全確保策には明確な基準がなかった。現行の通達は観客との距離について「適切な距離を置いて飛ばす」と記載するだけだ。
 新たに設定される禁止区域はドローンの飛行高度に応じて決まる。高度が20メートル未満の場合は飛行範囲から半径30メートル、50メートル未満の場合は同40メートル、100メートル未満の場合は同60メートルとした。
 人に接触した際の被害を防ぐため、プロペラにカバーを着けることも義務付けるほか、イベント会場の上空で飛行する場合は原則として風速5メートル以下の気象条件に限ることとする。
 ドローンが飛行するエリアをネットで囲むなど、観客に被害が及ばないよう事前に対策が取られている場合は規制の対象とならない。
 今回の規制は11月に岐阜県大垣市のイベント会場で飛行中のドローンが約10メートルの高さから落下し、男女6人がケガをする事故が発生したことを受けた。会場で飛ばしていたドローンは国から許可を得ていたものとは別の機体だったことも判明し、同省大阪航空局は運航会社を厳重注意した。
 ドローンによる事故は各地で発生。国がトラブルの報告を求めるようになった15年12月以降、100件以上の報告があった。大半が個人や空撮事業者による撮影中の落下事故だった。
 15年4月に首相官邸の屋上で放射性物質を積んだドローンが見つかった問題を受け、国交省は人口密集地などでの飛行を規制。また操縦者の技能向上のために民間団体が行う講習の公認制度を導入するなど安全対策を進めてきた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25204640Y7A221C1CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

腕や背中を包丁で… 殺害しようとした77歳の男逮捕(29日)テレビ朝日

北九州市の施設に入所する77歳の男が同じ施設の男性の腕や背中を包丁で刺して殺害しようとしたとして、逮捕されました。
 佐伯道雄容疑者(77)は28日正午、北九州市の救護施設内の食堂で68歳の男性の腕や背中を包丁で数回、刺すなどして殺害しようとした疑いが持たれています。刺された男性も同じ施設に入所していて、病院に搬送されました。意識はあるということです。警察の取り調べに対して、佐伯容疑者は「前々から嫌いだった」と容疑を認めています。警察が犯行に至った経緯を詳しく調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117697.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

スマホ遠隔操作行動監視 元恋人に無断でアプリ取り込み 熊本地検が男を起訴 会話や居場所筒抜け(29日)西日本

元交際相手のスマートフォンに遠隔操作アプリを無断で取り込み、音声や写真などのデータを取得したとして、熊本地検玉名支部は28日、不正指令電磁的記録供用罪で福岡県大牟田市新地町の会社員大菅義明容疑者(34)を熊本地裁玉名支部に起訴した。アプリは本来、スマホの盗難防止用だが、悪用が相次ぐ。捜査した熊本県警は「他人にスマホのパスワードを教えないで」と呼び掛ける。
 「メシ食いよる場合じゃないやろ」。10月3日、被害女性のスマホに大菅被告からメールが届いた。その直後、女性と食事をしていた友人にも被告から着信が。女性らは怖くなって110番。事件が発覚した。
 県警などによると、被告は9月、当時交際していた女性のスマホに2種類の遠隔操作アプリを取り込み、別れた後も“監視”。約300回、女性のスマホにアクセスしたとみられる。
 アプリは、スマホのトップ画面にアイコンを表示しないように設定できる上、遠隔操作でカメラなどが起動されても画面は切り替わらず、無断で取り込まれた場合、持ち主は気付かない。通話履歴や位置情報ものぞかれ、勝手に写真や動画を撮影されたり、話し声を録音されたりして、データを送られてしまう。
 同種のアプリは複数あり、簡単に入手可能。県警によると、相手の同意があれば違法ではないという。アプリストアに書き込まれた感想には「タクシーにスマホを落とした時もすぐ見つかった」と評価する意見がある一方、「勝手に入れられた。最悪」と被害を訴える声も目立つ。「浮気調査アプリ」と紹介するホームページもあり、全国的に2011年ごろから悪用例が相次いでいるという。
 福岡大法科大学院の小川富之教授(家族法)は「以前はハッカーがやっていたようなことが、アプリで一般の人でも簡単にできてしまう。被害にも気付きにくい」と指摘。県警サイバー犯罪対策課は「トップ画面で表示されなくても、設定画面のアプリ一覧でインストールの有無が分かる。気になる人は確認を」と注意を呼び掛けている。=2017/12/29付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/383499

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月28日 | トップページ | 2017年12月30日 »