« 無人の材木置き場で火事 材木店主がけが 放火か(16日)テレビ朝日 | トップページ | パトカーに追われ死亡事故の男「飲酒していた」(16日)読売 »

2017年12月16日 (土)

JR京浜東北線 架線切断で7時間近く運転できず 約22万人に影響(16日)NHK

16日午前、横浜市内のJR京浜東北線で架線が切れ、7時間近くにわたって運転できなくなりました。列車は午後5時半すぎに運転を再開しましたが、およそ22万人に影響が出ました。 16日午前11時前、神奈川県の鶴見駅と川崎駅の間を走行していたJR京浜東北線の快速電車の運転士が大きな音に気付いて非常停止しました。
 JRが確認したところ、架線が切れているのが見つかり、この影響で、京浜東北線、東海道線、横須賀線が一部の区間で運転できなくなりました。
 その後、東海道線と横須賀線が運転を再開し、京浜東北線も7時間近くたった午後5時半すぎに運転を再開しました。
 鶴見駅の周辺では3本の列車が立往生し、JRは午後0時半ごろから、およそ2400人の乗客を車両から降ろしました。
 JRによりますと、このトラブルで、およそ22万人に影響が出たということです。
 子どもと一緒に乗っていた横浜市の女性は「パンという音がして急に電源が落ちたような状態になった。降りてからも案内する職員がいないので、前の人について歩いています」と話していました。
 ベビーカーに子どもを乗せていた父親は「2時間くらい乗っていたので疲れました。近くの駅を探してなんとか帰ります」と話していました。
 JRは架線が切れた原因を調べています。

« 無人の材木置き場で火事 材木店主がけが 放火か(16日)テレビ朝日 | トップページ | パトカーに追われ死亡事故の男「飲酒していた」(16日)読売 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR京浜東北線 架線切断で7時間近く運転できず 約22万人に影響(16日)NHK:

« 無人の材木置き場で火事 材木店主がけが 放火か(16日)テレビ朝日 | トップページ | パトカーに追われ死亡事故の男「飲酒していた」(16日)読売 »