« 2017年12月19日 | トップページ | 2017年12月21日 »

2017年12月20日

2017年12月20日 (水)

アパから12億円詐取と起訴 土地所有者に成り済まし(20日)産経

東京地検は20日、東京・赤坂の土地所有者に成り済まし、大手ホテルチェーンアパグループの関連会社「アパ」(金沢市)から売買代金計約12億円をだまし取ったとして、詐欺などの罪で、東京都目黒区の司法書士、亀野裕之容疑者(53)や会社役員、宮田康徳容疑者(55)ら計6人を起訴した。
 また、亀野被告らと共謀して登記に必要な書類を偽造したとして、偽造有印公文書行使などの罪で2人を、同ほう助などの罪で1人を起訴した。
 警視庁が無断で土地を売買して利益を得る「地面師」グループの一員とみて捜査していた。
 起訴状によると、亀野被告ら6人は共謀し、東京都港区赤坂2丁目の土地(約380平方メートル)の所有者に成り済まし、平成25年8月6日、土地の売買代金として約12億5500万円をだまし取ったほか、所有権移転に必要な書類を偽造して法務局に提出したとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/171220/afr1712200059-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

地裁で無罪判決4件相次ぐ、識者から疑問の声も(20日)読売

宇都宮地裁で今年、

強姦

ごうかん

や強制わいせつ、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)などの事件で無罪判決が相次いでいる。
 無罪となったのは11月末までに少なくとも4件あり、捜査側が提出した証拠品や被害者の証言、実況見分の結果に「証明力がない」などと判断した。うち1件は宇都宮地検による控訴を受けて、東京高裁が地裁判決を破棄し、地裁に審理を差し戻した。ほかの3件も地検が控訴しており、高裁の判断が注目される。
 地裁は2012~16年で、年間800~1000件前後の刑事事件を扱ったが、無罪判決は13年、16年に各2件、14年に1件だった。
 17年の無罪判決4件のうち、5月22日に出された覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反事件の判決では、栃木県警が被告から採尿する際の令状請求書面に「明らかな虚偽とさえ評価できる記載がある」として、押収品などを「違法収集証拠」として排除した。
 これに対し、高裁判決は「捜査に違法はなく、一部不適切な表現を過大に評価して証拠を排除した訴訟手続きには、明らかな法令違反がある」と批判。地裁判決を破棄し、審理を地裁に差し戻した。
 また、10月20日の強姦と強盗未遂事件の地裁判決では、被告の体液が付着していたとする被害者の着衣がポリ袋に封印されていたことを示す写真がなく、袋も破棄されていたことから、捜査側が逮捕後に体液を付着させた疑いもあるとして「証拠としては無意味」と指摘した。
 この判決に対し、白鴎大の村岡啓一教授(刑事訴訟法)は「逆に、捜査側の作為や改ざんを想定させる状況証拠がないのに」と疑問を投げかける。
 11月6日の自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)に対する無罪判決にも、識者からは異論が出ている。県警は実況見分で、車のフロントガラスが事故で割れ、車内から外を見通せなかったことから、被告を運転席ではなく車の外で、座った場合の目の高さまでしゃがませ、被害者が発見できたかどうか確認した。
 しかし、地裁はこれについて「同じ車の運転席に座った状態でないと、被害者の姿を発見して事故を回避できたかどうか証明できず、過失認定できない」とした。このため地検は、同じ車を使って再見分を実施。当初の見分と結果が同じであることを確認し、控訴した。
続きdownwardleft
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171220-OYT1T50061.html?from=ycont_top_txt

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

スプレー噴射疑い男逮捕、和歌山 下校中の女児大けが(20日)共同

和歌山県田辺市で小学生の女児がスプレーを顔に噴射され大けがをした事件で、田辺署は20日、傷害の疑いで、田辺市、同市臨時職員宮下裕介容疑者(20)を逮捕した。
 逮捕容疑は19日午後3時5分ごろ、同市上芳養の県道で下校中だった小学生の女児の顔にスプレーを噴射し、大けがをさせた疑い。宮下容疑者は車で逃走し同署が行方を追っていた。
 同署によると、付近の防犯カメラに写った映像から宮下容疑者が浮かんだ。女児の証言と車の色も一致した。「催涙スプレーを使った」と話している。
https://this.kiji.is/316178514817287265?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

JAL、3.8億円の振り込め詐欺被害に(20日)TBS

日本航空が、合わせて3億8000万円の振り込め詐欺の被害にあいました。
 日本航空によりますと、今年9月、航空機のリース代およそ3億6000万円を支払い先の担当者になりすました人がメールで送ってきた偽の請求書にもとづき、香港の不正な銀行口座に振り込みました。送金した財務部門の担当者は、「航空機のリースを止められる可能性もあり、確認の前に支払いを優先してしまった」と話しているということです。
 また、アメリカの支店の担当者が、7月から8月にかけて、貨物の積み込みなどの委託料およそ2400万円を不正な口座に振り込んでいました。
 日本航空は警視庁と香港警察などに被害届を提出したということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3244785.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・国分寺市で住宅6棟焼ける火事、80代女性けが(20日)TBS

 20日午後、東京・国分寺市で住宅6棟が焼ける火事があり、80代の女性がけがをしました。
 20日午後2時半ごろ、国分寺市北町で、2階建ての住宅から火が出ました。東京消防庁のポンプ車など26台が消火活動にあたり、火はおよそ1時間半後に消し止められましたが住宅3棟が全焼するなど、合わせて6棟、およそ250平方メートルが焼けました。
 この火事で、火元とみられる住宅に住む80代の女性がけがをしました。警視庁が出火の原因を詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3244632.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

元看護助手の再審認める 患者殺害で服役した女性(20日)テレビ朝日

患者の人工呼吸器を外して殺人罪が確定して服役した元看護助手の女性について、大阪高裁は再審・裁判のやり直しを認める決定をしました。
 元看護助手・西山美香さん(37):「支援してくれる皆さんのおかげでここまでこれたので、それはすごく感謝の気持ちでいっぱいです」
 元看護助手の西山さんは2003年、滋賀県東近江市の病院で、男性患者(当時72)の人工呼吸器を外して死亡させたとして殺人罪に問われて12年間、服役しました。西山さんは「取り調べでの自白は嘘だった」として、裁判では一貫して無実を主張し、裁判のやり直しを求めていました。これについて大阪高裁は、男性患者に自然死の疑いが残っていると判断したうえで、西山さんの自白も「信用性が高いとは言えない」として再審開始を認める決定をしました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117099.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日 単位・レベル) 
犯罪社会でも高齢化
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013377

 79歳の男が54歳の女性にストーカー行為をしていたとして愛知県警に逮捕された。なんと以前交際していた女性の携帯電話に「うそをつかんと電話をくれ」「ボーナス貰ったら何か奢(おご)れ」などと書いたメール何通も送った疑い。この男、実は前科があり、今年2月には警察からストーカー行為で警告を受け、さらに3月には同法違反容疑で逮捕されている。
 群馬県の70歳の男は10月30日から今月2日にかけて、44歳の飲食店店員の携帯電話に61回にわたって電話をかけるストーカー行為をしたとし群馬県警に逮捕されている。
 高齢化社会を迎えで犯罪の社会もやはり高齢化しているようだ。
 警察庁によると平成28年に刑法犯で検挙された人数は32万6113人。年齢別にみると60~64歳は1万7184人、65~69歳が1万8707人、70歳以上が3万4510人となっている。60歳以上の検挙者数は全検挙者数の21.5%をしめた。
 しかも70歳以上が60歳代を遙かに多くなっており、全検挙者数の10.5%を占めた。
 参考のため平成19年は検挙者総数が59万0351人で、うち60~64歳が2万7461人、65~69歳が2万2022人、70歳以上が3万2821人で、これを比率でみると60歳以上は全体の13.9%だったことから10年後の28年には10ポイント近くも上がっている。
 ちなみに70歳以上でみると平成19年は5.6%だったが28年には10.5%のアップしており、犯罪社会でも高齢化時代を裏付けている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉の市立中学教諭を逮捕 覚醒剤使用容疑、警視庁(20日)産経

警視庁中野署が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、埼玉県狭山市立西中学校の社会科教諭、鹿島勝容疑者(57)=埼玉県富士見市=を逮捕していたことが20日、同署への取材で分かった。容疑を認めている。逮捕は6日。
 逮捕容疑は11月下旬から12月上旬、埼玉県や東京都またはその周辺で、覚醒剤を使用した疑い。
 中野署によると、12月5日午後8時45分ごろ、東京都新宿区大久保の路上で、警察官が乗用車を運転していた鹿島容疑者に停止を求め、職務質問した。上着のポケットから注射器が出てきたため、署に任意同行。尿検査で覚醒剤の陽性反応があり、6日に逮捕した。使用の経緯を調べている。
 狭山市教育委員会によると、鹿島容疑者は2年生の副担任で、卓球部の顧問を務めていた。5日は出勤していなかった。
 市教委は「あってはならないことで大変残念。学校関係者や、保護者、市民のみなさまの信頼回復に努めたい」とコメントした。
http://www.sankei.com/affairs/news/171220/afr1712200052-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

木刀持ちバーに押し入る、2人組の男を現行犯逮捕 東京・歌舞伎町(20日)産経

20日午前3時50分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町のバーで、木刀を持った2人組の男が押し入り、女性店員(30)を「カネを出せ」などと脅迫した。
 警視庁新宿署によると、男らは店内を物色中に男性店長(34)が戻ったため逃走。しかし、近隣の飲食店従業員からの通報で現場近くにいた同署員が駆けつけ、強盗未遂の現行犯で逮捕した。いずれも20代の日本人とみられるが、調べに黙秘しているという。店員らにけがはなかった。
http://www.sankei.com/affairs/news/171220/afr1712200047-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜の風俗店に緊急立ち入り検査…川崎も検査へ(20日)読売

 さいたま市大宮区の風俗店で男女4人が死亡した火災を受け、横浜市消防局は19日、同種の店舗を対象にした緊急立ち入り検査を行った。
 総務省消防庁は17日の火災を受けて、全国の消防に対し、風俗店が入居する3階以上の建物を検査するよう通知。市内では横浜、関内駅周辺などの25店が対象で、この日は避難経路が確保されているか、定期的に訓練を実施しているかを確認した。検査は22日まで行うという。
 川崎市も20、21日、39店に対する立ち入り検査を行う予定。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171220-OYT1T50049.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

体内からガーゼのようなもの 47年前の手術で取り残したか(20日)NHK

名古屋大学医学部附属病院で手術を受けた80代の女性から医療用のガーゼのようなものが見つかり、病院は、47年前にこの女性に行った別の手術の際に取り残した可能性が高いとして、女性と家族に謝罪したと公表しました。
 名古屋大学医学部附属病院によりますと、3年前、愛知県内に住む80代の女性が骨盤内にできた良性の腫瘍を取り除く手術を受けたところ、腫瘍の中から医療用のガーゼのようなものが見つかったということです。
 病院が調べたところ、女性が過去に受けた手術は名古屋大学で昭和45年に受けたものだけで、病院では、この時にガーゼを取り残した可能性が高いとしました。
 この体内に残ったガーゼが、今回の腫瘍の発生や、長年続いた腹痛や便秘の原因になった可能性があるとして、患者と家族に謝罪し賠償を行ったということです。
 病院によりますと、現在はガーゼの置き忘れを防ぐため、数を確認したりレントゲン撮影を行ったりしていますが、当時はこうした対策が行われていなかったということです。
 病院では「患者さんと家族に不安と苦痛を与えてしまい、深くおわびします。再発防止に努めます」とコメントしています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパンライフ告発状提出 愛知の弁護団、詐欺容疑など(20日)日経

磁石を埋め込んだネックレスなど磁気治療器の預託商法を展開する「ジャパンライフ」(東京)が巨額の債務超過を客に隠して勧誘したなどとして、愛知県の被害者対策弁護団は20日、同社と経営者2人について特定商取引法違反(事実の不告知)や詐欺などの疑いで愛知県警に告発状を提出した。
 同社をめぐっては、消費者庁が過去1年間で計4回の一部業務停止命令を出している。
 告発状を出したのは「ジャパンライフ被害対策中部弁護団」(杉浦英樹弁護団長)。受理はまだされていないという。
 同弁護団や消費者庁によると、同社は磁気治療器を100万~600万円で販売。購入者はオーナーとして別の顧客にレンタルし、定価に対し年6%の収入が得られると宣伝してきた。
 弁護団は告発状でジャパンライフについて(1)今年4~11月に預託を受けたとする商品は大幅に不足していた(2)3月末時点で約338億円の債務超過に陥っていたが、契約時にこうした事実を伝えなかった――などと指摘。「破綻必至の状況で契約したのは詐欺行為にほかならない」と主張した。
 弁護団長の杉浦弁護士は20日、名古屋市内で記者会見し「被害を食い止めるためには刑事告発が不可欠と判断した」と話した。弁護団によると、これまでに約40件の相談が寄せられ、中には約6億円のレンタル契約を結んだ人もいるという。
 ジャパンライフは「内容を聞いておらず、コメントは差し控える」としている。同社のホームページによると、同社は全国で約80店舗を展開している。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24850530Q7A221C1CN0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「投資に失敗した」 息子装い70代女性へ電話の疑い(20日)テレビ朝日

息子を装って横浜市に住む71歳の女性から現金をだまし取ろうとしたとして、26歳の男が逮捕されました。
 冨田守容疑者は18日、横浜市の女性に息子を装い、「投資に失敗した。300万円が必要になった」と嘘の電話を掛けて現金をだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、女性は男の声が息子の声ではないことに気付いて110番通報していて、現金の受け渡し場所に現れた冨田容疑者を捜査員が現行犯逮捕しました。冨田容疑者は「書類を取りにきただけ」と容疑を否認しています。警視庁は共犯者がいるとみて捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117078.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

SIMカード200枚を譲渡 一部は振り込め詐欺で悪用(20日)テレビ朝日

会社で使用すると見せ掛けて契約した携帯電話のSIMカード200枚を他人に譲り渡したとして、男ら3人が逮捕されました。一部のSIMカードは都内で起きた振り込め詐欺で悪用されていました。
 佐藤将也容疑者(36)と栗林龍介容疑者(36)ら3人は今年2月から3月にかけ、携帯電話会社に対して自分の会社で使用すると見せ掛けて契約し、SIMカード200枚を他人に譲り渡した疑いが持たれています。警視庁によりますと、携帯電話会社との契約には栗林容疑者のペーパーカンパニーが使われ、その後、栗林容疑者から佐藤容疑者にSIMカードが渡っていました。これらのSIMカードは今年、都内で起きた振り込め詐欺事件などで使われていて、被害は少なくとも3000万円に上るということです。警視庁の取り調べに対して、佐藤容疑者ら3人は容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117077.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

相模原男性刺殺 自転車で逃走の男、犯行後現場を自転車で訪れる 被害男性と面識なし 神奈川(20日)産経

神奈川県相模原市南区大野台の路上で12日、同区西大沼の会社員、松岡隆行さん(60)が刺殺された事件で、逃走した男が犯行現場を自転車で訪れていたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。男は犯行後も自転車に乗って逃走したといい、県警は周辺の防犯カメラを解析するなどして逃げた男の行方を追っている。
 県警捜査1課によると、松岡さんはJR古淵駅(同区)から徒歩で自宅に帰宅途中、逃走した男ともみあう様子が確認されており、男が松岡さんを刺した後、自転車に乗って逃走する様子が目撃されていた。犯行に使ったとみられる刃物や自転車は見つかっていない。捜査関係者によると、松岡さんと男は面識がなかったとみられる。
 男は30~40代くらいの小太り体型。県警はこれまで、捜査員延べ246人を投入。周辺の96世帯141人に聞き込みを行ったほか、松岡さんの知人ら10人から任意で話を聴いている。事件に関する情報提供は、相模原南署((電)042・749・0110)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

小樽市長の尻たたいた疑い 議会傍聴の60代の男逮捕「もっと謙虚にならないとだめだ」(20日)産経

北海道小樽市の市庁舎の廊下で森井秀明市長(45)の尻をたたき、公務を妨げたとして、道警小樽署が15日に公務執行妨害容疑で、直前まで市議会を傍聴していた同市の60代の男を現行犯逮捕していたことが20日、署への取材で分かった。男は即日釈放された。
 署や市によると、男は15日の市議会予算特別委員会を傍聴後、庁舎の廊下で市長とすれ違った際「もっと謙虚にならないとだめだ」と声を掛け、素手で尻をたたいた。市長がその場で部下に指示して通報させ、駆け付けた署員が男を現行犯逮捕した。市長は同日、被害届を出し、署は受理した。
http://www.sankei.com/affairs/news/171220/afr1712200035-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

仕方ない・やらせだ…中傷電話、ヘリ窓落下の小学校にも(20日)朝日

米軍の大型ヘリの窓が落ちてきた沖縄県宜野湾市普天間第二小学校に、「仕方がないだろう」「やらせだ」などと中傷する電話が相次いでいる。市教育委員会によると、19日までに24件あり、市教委幹部は「あまりにひどい」と嘆く。

 市教委によると、中傷電話は事故翌日の14日が13件と最も多く、その後も1日2~3件ある。米軍が窓を落としたことを認めているにもかかわらず、「事故はやらせではないか」などと中傷する内容もあった。東京在住と説明した男性は「沖縄は基地で生活している。ヘリから物が落ちて、子供に何かあっても仕方ないじゃないか」と言ったという。
 18日には、謝罪に訪れた米軍大佐が「最大限、学校上空は飛ばない」と告げたことに、喜屋武(きゃん)悦子校長が「最大限ではなく、とにかく飛ばないでほしい」と反発し、文書での回答を求めたが、これに対しても「校長のコメントは何だ。沖縄人は戦闘機とともに生きる道を選んだのだろう」と批判する電話があった。
 沖縄の県民総所得に占める軍関係収入の割合は5・7%(2014年度)だ。市教委幹部は「県外に実情が伝わっていない。応対した教職員が一人で抱え込まないように、心理相談も受けさせている」という。
 宜野湾市内では7日に保育園の屋上で米軍ヘリの部品が見つかったが、この保育園に対しても「自作自演だ」などと中傷するメールや電話が相次いでいた。(小山謙太郎)
https://www.asahi.com/articles/ASKDN3R8BKDMTIPE01J.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

料理店の予約キャンセル相次ぐ…富岡八幡宮(20日)読売

東京都江東区の富岡八幡宮で女性宮司が殺害された事件を巡り、初詣を控えた近くの料理店では予約のキャンセルが出るなど、地元では参拝客が減ることを懸念する声が上がっている。
 氏子らの間でも「下町の誇りである神社に悪いイメージがついてしまった」との戸惑いが広がる。
 「まさかあんな事件が起きるとは思わなかった。これからが一番の書き入れ時なのに……」。同八幡宮近くで料理店を営む30歳代の男性はため息をついた。
 事件後、正月に予定されていた団体客のキャンセルが相次ぎ、計50人分の予約が消えた。「事件が起きた神社は縁起が悪いと思う気持ちはわかる。小さな店にとっては痛手だ」と嘆く。例年、正月には連日130人以上の客が来店するというが、「おそらく売り上げは減る。心配で仕方がない」とこぼした。

(ここまで341文字 / 残り528文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171220-OYT1T50028.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄、ガマ荒らし受け企画展 再発防止へ惨劇伝え(20日)共同

沖縄県読谷村は20日、太平洋戦争末期の沖縄戦で住民が集団自決した同村の自然壕「チビチリガマ」で遺品などが壊された事件を受け、こうした行為が繰り返されることがないように、チビチリガマの惨劇を伝える特別企画展を村役場ホールで始めた。土日を除き、27日まで開催する。
 村文化財に指定されているチビチリガマには遺品の瓶やつぼなどが残されており、沖縄戦の実相を伝え、命の大切さを考える場所として遺族会をはじめ地元で特別な場所とされている。
 事件は9月に少年4人が一部の遺品のほか、看板や千羽鶴を壊した疑いで逮捕され、地域に衝撃を与えた。
https://this.kiji.is/316003611937981537?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

東名高速、8台絡む事故で5人けが(20日)TBS

20日朝、神奈川県の東名高速・上り線でトレーラーなど8台が衝突する事故があり、5人がけがをしました。
 午前8時前、横浜市の東名高速上り線、大和トンネル付近で、「3車線を車が塞いでいる」と110番通報がありました。
 警察によりますと、走行していたトレーラーやトラックなど合わせて8台が衝突し、5人が首や腰などを打って軽いけがをしました。警察が運転手らから話を聞くなど事故の原因を調べています。
 この事故の影響で、3車線のうち2車線が現在、通行止めとなっていて、渋滞が起きています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3244388.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

郵便局に押し入り「金を出せ」 31歳の男を逮捕(20日)テレビ朝日

千葉県富津市の郵便局に押し入り、「金を出せ」と書いた紙を示して現金を奪おうとしたとして警察は31歳の男を逮捕しました。
 逮捕されたのは自称・無職の森山勝浩容疑者です。警察によりますと、森山容疑者は19日午後0時20分すぎ、富津市内の郵便局に客を装って侵入し、「金を出せ」と書いた紙を職員に見せて脅しました。しかし、現金の用意に時間がかかったことから、何も取らずに車で逃げた疑いが持たれています。森山容疑者は容疑を認めているということです。この事件の約30分後に千葉県木更津市内の別の郵便局でも同様の手口の強盗未遂事件が起きていて、警察で関連を調べる方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117054.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

両替の100ドル札、偽物と確認=同時期に都内で170枚-同一か、警視庁捜査へ(20日)時事

東京都新宿区の金券ショップで両替された100米ドル札5枚について、警視庁が鑑定した結果、偽物と確認されたことが19日、新宿署への取材で分かった。都内では同時期に偽札と疑われる100ドル札が計約170枚見つかっている。組織的な事件の可能性もあり、同庁は偽造外国通貨行使容疑を視野に捜査を本格化させる。

 新宿署によると、新宿区の金券ショップで男性客が日本円からドルに両替。100ドル札5枚について、不自然な点があるとして10月31日、同署に届け出た。
 同庁科学捜査研究所が鑑定を実施し、偽札との結果が出た。同署は、店側が偽札と気付かず両替の際に渡してしまったとみて、店関係者らから詳しい経緯を聴く。
 警視庁や店舗などへの取材で、ほかにも新宿、秋葉原、上野の金券ショップや両替商計4店舗で10月中旬から下旬にかけ、偽物と疑われる100ドル札が計約170枚見つかったことが分かった。うち136枚が警察に届けられ、鑑定中。大阪市内の金券ショップにも特徴の似た2枚が持ち込まれた。https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121901212&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

韓国で稲川会系組員ら起訴 中国産覚醒剤を取引(20日)産経

ソウル中央地検は19日、中国内で製造され韓国に密輸入されたとみられる大量の覚醒剤を、ソウルで台湾の暴力団が日本の指定暴力団、稲川会系の組員らに密売していたと発表した。逮捕した稲川会系組員の在日韓国人の男(59)ら4人を麻薬類管理法違反罪で起訴し、台湾にいるとみられる密輸組織幹部の男ら3人の行方を追っている。
 地検によると、台湾の暴力団員の男がソウルの繁華街で10月、稲川会系組員の男と別の日本人の男に覚醒剤約8キロを売ったとされる。台湾の暴力団員の背後にいるとみられる密輸組織幹部とつながる別の台湾人が、9月に香港から中国産覚醒剤約16キロを船便で韓国へ密輸していたことも分かったという。
 地検などは、台湾の組織が韓国を舞台に中国産覚醒剤の密売を繰り返していた疑いがあるとみている。(共同)
http://www.sankei.com/affairs/news/171219/afr1712190051-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

法務省職員かたり、裁判費用名目で5100万円詐欺 コンビニ決済で支払い(20日)産経

静岡県警磐田署は19日、同県磐田市の女性会社員(58)が、法務省職員などを名乗る男に裁判の取り下げ費用をコンビニ決済で支払うよう指示され、約5100万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として捜査している。
 同署によると、女性宅に8月、「民事訴訟管理センター」と称する差出人から「契約不履行による民事裁判を起こす」とのはがきが届いた。
 記された連絡先に女性が電話すると、法務省職員や弁護士を名乗る男が「裁判の取り下げ費用に100万円かかる」「コンビニから支払うように」などと指示。女性は市内のコンビニにある収納代行サービスの端末で手続きを行うなどして、100回以上にわたり計約5100万円を払わされたという。
 不審に思った女性が10月上旬、同署に相談した。
http://www.sankei.com/affairs/news/171220/afr1712200003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

79歳男をストーカー容疑で逮捕 元交際相手の女性に(20日)朝日

元交際相手の女性につきまとったとして、愛知県警は19日、同県知多市長浦2丁目の無職杉江守容疑者(79)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕し、発表した。「事実と違います」と否認しているという。
 知多署によると、杉江容疑者は今月17日と19日、以前交際していた同市の公務員女性(54)の携帯電話に「うそをつかんと電話をくれ」「ボーナス貰ったら何か奢(おご)れ」などと書いたメール数通を送った疑いがある。
 杉江容疑者は同じ女性に対するつきまとい行為で2月に警察から警告を受け、3月には同法違反容疑で逮捕、略式起訴されていた。
https://www.asahi.com/articles/ASKDM7TCYKDMOIPE034.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

貴乃花「事実はっきりさせたい」 鳥取県警に、日馬富士暴行事件(20日)共同

大相撲の元横綱日馬富士関(33)が平幕貴ノ岩関(27)に暴行し負傷させたとして傷害容疑で書類送検された事件で、貴ノ岩関が10月下旬に鳥取県警に被害届を提出した際、同行した師匠の貴乃花親方(45)が「暴行の事実をはっきりさせてほしい。日本相撲協会には、まだ報告していない」という趣旨の話をしていたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。
 県警の書類送検を受け、鳥取地検は年内にも略式起訴する方向で処分を検討。貴ノ岩関の処罰感情や引退による社会的制裁などを考慮して慎重に判断するとみられる。
https://this.kiji.is/315896785472734305?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺 未然に防ぐ、警備員2人に感謝状(20日)TBS

神奈川県鎌倉市で、市の職員をかたった振り込め詐欺を未然に防いだとして、警備員2人に感謝状が贈呈されました。
 先月24日、鎌倉市大船にある大型スーパーマーケットのATMで、携帯電話を使用しながら振り込み操作をしている70代の男性がいました。巡回中の警備員2人が男性の行動を不審に思って声を掛けたところ、「市の職員から電話があり、『医療費が戻るので手続きをお願いします』と言われた」などと答えたため、男性を説得し、未然に振り込みを防いだということです。
 警察は男性に対する還付金詐欺とみて捜査を続けていますが、19日、被害を防いだ行為に対し、警察から警備員2人に感謝状が贈呈されました。
 県内では、今年に入り特殊詐欺の認知件数が2000件、被害総額およそ46億5300万円に上っていて、神奈川県警大船警察署は「ATMを設置している商業施設とも協力して、被害防止に向けて対策を講じていきたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3244095.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

リニア談合、大成建設 大林組にトンネル工事の受注断念を要求(20日)日経

リニア中央新幹線の建設工事をめぐる入札談合事件で、大成建設側が大林組側に「南アルプストンネル」の受注を断念するよう求めていたことが19日、関係者への取材で分かった。実際に同トンネルは大成建設と鹿島が受注した。東京地検特捜部と公正取引委員会は受注調整が行われた疑いがあるとみて入札の経緯を調べている。

家宅捜索のため大成建設本社が入るビルに向かう東京地検特捜部の係官ら(19日午前、東京都新宿区)

家宅捜索のため大成建設本社が入るビルに向かう東京地検特捜部の係官ら(19日午前、東京都新宿区)

 特捜部と公取委は18日の大林組と鹿島に次いで、19日は大成建設と大林組を独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で捜索した。これにより大手ゼネコン4社すべてに同法違反容疑で捜索が入り、特捜部などは受注調整の全容解明を急ぐ。
 関係者によると、大林組の担当者は大成建設の担当者と面会した際、南アルプストンネルは大成建設と鹿島が受注を目指しているとの意向を伝えられ、入札を見送るように求められたという。
続くdownwardleft

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24843970Z11C17A2EA2000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・新宿の質店に強盗 現金100万円奪い逃走(20日)テレビ朝日

19日、東京・新宿の質店に男が押し入り、現金100万円ほどを奪って逃げました。
 警視庁によりますと、午後6時20分ごろ、JR新宿駅近くの質店「大黒屋」の4階で、客を装った男がいきなりポケットから刃渡り10センチほどの果物ナイフを取り出し、カウンターにいた男性店員(41)に突き付けて「金を出せ」と脅しました。男性がレジから100万円ほどを差し出すと、男はわしづかみにして階段を駆け下り、そのまま逃走しました。男は20代から30代ぐらいで、緑のフード付きジャンパーを着て黒いズボンを履いていました。近くの路上には血痕が付着していて、男は逃走する際にけがをしたとみられています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117058.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

長男の肛門にシャワー 父親逮捕 日常的に虐待か(20日)テレビ朝日

岐阜市で生後3カ月の長男の肛門(こうもん)にシャワーの湯を当ててけがをさせたとして、21歳の父親が逮捕されました。
 再逮捕された岐阜市北一色の無職・石井利樹容疑者は先月28日、自宅の浴室で生後3カ月の長男に対して肛門からシャワーの湯を注入して大腸を破裂させ、腹膜炎など全治2カ月のけがをさせた疑いが持たれています。石井容疑者は、警察の調べに対して「けがをさせるつもりはありませんでした」と容疑を一部、否認しています。この2日前に長男の顔を殴ったとしてすでに逮捕されていて、警察は日常的に虐待が行われていた可能性もあるとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117049.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

顔にスプレー、女児大けが 男が逃走、和歌山・田辺(20日)西日本

19日午後3時10分ごろ、和歌山県田辺市上芳養の県道で、下校中だった市内に住む小学生の女児の顔に、車から降りてきた男がスプレー缶で液体を噴射した。女児は顔の皮膚がただれ、3カ月の大けが。県警は傷害事件として捜査している。
 田辺署によると、男は眼鏡をかけていた。女児にトイレの場所を尋ねた直後に液体を噴射、そのまま車で逃走したという。液体の物質は特定されていない。近所の住民が学校を通じて119番した。
 現場は、JR紀勢線南部駅から北東に約7キロ。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/381480

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月19日 | トップページ | 2017年12月21日 »