« 2017年12月14日 | トップページ | 2017年12月16日 »

2017年12月15日

2017年12月15日 (金)

米大使館前で抗議=エルサレム首都承認受け-東京(15日)時事

トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことを受け、イスラム教徒の在日パキスタン人らが15日午後、東京都港区の駐日米大使館近くで抗議行動を行った。参加者は「トランプ辞めろ」「イスラエル出ていけ」などと声を張り上げた。警視庁の機動隊員らが警戒に当たったが、混乱はなかった。
 抗議行動には約100人が参加。呼び掛け人のライース・スィディキさん(67)らがインターネット交流サイト(SNS)などで抗議行動に集まるよう訴えた。
 ライースさんは「われわれは認めない。イスラムだけの問題ではなく、これを許せば世界の平和が崩れる」と力を込めた。ライースさんらはトランプ大統領宛ての抗議文を米大使館に郵送するという。 
 学校帰りに抗議行動に参加した港区の日本語学校生ドハ・スィディキさん(19)は「トランプ氏の決断によって人々が殺される事態が起きる。皆平和を求めている」と語気を強めた。(2017/12/15-20:26)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121501094&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

「電車に石投げる若い男見た」器物損壊容疑で捜査 JR武蔵野線の窓ガラス破損(15日)産経

東京都小平市のJR武蔵野線新小平駅で14日夜、電車の窓ガラスが割れているのが見つかった事件で、警視庁に「石を投げる人物を見た」という目撃情報が寄せられていたことが15日、小金井署への取材で分かった。同署が器物損壊などの容疑で調べている。
 小金井署によると、14日午後7時半ごろ、通行人の男性が同署管内の交番を訪れ、「電車に向かって石を投げる若い男を見た」と届け出た。目撃情報があったのは、武蔵野線の西国分寺-新小平駅間とみられる。
 新小平駅では14日午後7時25分ごろ、府中本町発新習志野行きの下り電車のドアガラス1枚が割れているのが見つかったほか、13日にもガラス2枚が割れているのが見つかっている。http://www.sankei.com/affairs/news/171215/afr1712150041-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

銃撃事件実行役 工藤会元幹部に懲役30年の判決(15日)NHK

北九州市の特定危険指定暴力団、工藤会が一般市民を狙ったとされる一連の事件のうち、元警察官の男性が銃撃された事件の実行役や、看護師の女性が刃物で刺された事件の犯人の送迎役などとして殺人未遂などの罪に問われている元幹部に、福岡地方裁判所は「社会に与えた不安を軽く見ることはできない」として、懲役30年の判決を言い渡しました。
 工藤会系暴力団の元幹部、中田好信被告(42)は、元警察官の男性が拳銃で撃たれた事件や歯科医師の男性が刃物で刺された事件では実行役として起訴され、トップの野村悟被告(71)が美容手術を受けたクリニックの看護師の女性が刃物で刺された事件の犯人の送迎役だったとして起訴され、野村被告とともに殺人未遂の罪などに問われています。
 15日の判決で、福岡地方裁判所の丸田顕裁判長は「社会に与えた不安を軽く見ることはできず、責任は極めて思い」と指摘しました。
 一方で、「立場は従属的で事件の解明に寄与する供述をした」として、検察の無期懲役の求刑に対し、懲役30年を言い渡しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171215/k10011260621000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮漁船、放水で退去 海保、収録画像を公開(15日)共同

海上保安庁は15日、日本海にある浅海「大和堆」周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)に侵入した北朝鮮の漁船を撮影した写真と動画を公開した。画像公開は8月に続いて2回目。今回は木造船のほかに、鋼材で造られた大型漁船を巡視船からの放水で退去させる様子を公開した。
 海上保安庁によると、9月以降は延べ約1100隻の漁船が漁業を目的にEEZ内に入ってきた。うち2~3割が大型漁船だったという。
 大和堆はイカの好漁場で、北朝鮮の漁船による違法操業が続いていたことから、海保が7月以降に大型巡視船を派遣し、音声や放水によりEEZの外へ退去させている。
https://this.kiji.is/314332764374058081?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

地上60mでゴンドラ宙づり 作業員救出活動に遭(15日)テレビ朝日

地上から約60メートルの高さで、作業員2人を乗せた工事中のゴンドラが突然、傾いて宙づり状態になった。
 市の中心部に突如、張られた規制線。見上げる人の視線の先に宙づりのゴンドラが。15日正午ごろ、岡山市北区で外壁補修工事のゴンドラが突然、傾き、乗っていた作業員2人が取り残された。ゴンドラを支える片方のアームが下がり、ワイヤが緩んでいる不安定な状態のなか、救助活動が行われた。はしごに手が掛けられ、ヘルメット姿の作業員が。さらに、もう1人も無事救出。ゴンドラ停止から約40分。けが人はいなかった。工事関係者によると14日、ゴンドラの点検が行われ、異常はなかったという。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000116774.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ルミナリエ会場でドローン、神戸 警備員が発見(15日)西日本

兵庫県警生田署は15日、神戸市中央区で開催中の阪神大震災の犠牲者鎮魂を願う光の祭典「神戸ルミナリエ」の会場で14日夜、小型無人機「ドローン」が飛行したと明らかにした。同署が詳しい経緯を調べている。
 同署によると、男性警備員が飛んでいるドローンを見つけ、警察官に届けた。
 今年の神戸ルミナリエは今月8日から17日までの日程で開かれている。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/380629

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(15.16日 単位・レベル) 
動物虐待を許すな
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013317

 大阪府・住之江区の路上で猫をエアガンで撃った38歳の会社員の男が動物愛護法違反の疑いで書類送検された。男は11月24日、乗用車の運転席からちくわを投げて猫をおびき寄せ、2㍍の至近距離から撃った。
 「ちくわを投げておびきよせる」―この手法をなんで利用できないのか?
 テレビのワイドショーをみていると、サルが現れたとし警察官が網を持って追いかけるシーンが放送される。
 そのサルだが、どうも神奈川県平塚市で目撃されたのが始まりだった。逃走を続けたサルは都内に入り、13日には千葉県市川市内で目撃される騒ぎになっている。
 つまりサルは神奈川県警から警視庁を通過して千葉県警管内に入り込んでしまった。テレビでながされる映像を見ていて、「何をしているのだ」と思う一方で、追いつめられたサルは電線をつたって必死に逃げる様子を見ていると一種の〝動物虐待〟のように見えてくる。
 警察は確かネットランチャーを所有しているはずだ。投網みたいなもので、銃で網をとばして犯人などを確保するもの。国会警備ではテロ対策として装備している。
 大阪のように、餌を与えて食べているときにネットランチャーを使えば簡単に捕獲できるはずなのだが…勿論、使用すれば批判するやからも出るだろう。このままサルが逃げて人に危害を加えるようでは困る。逆に武器を公開することで抑止力にもなる。
 動物虐待―動物愛護法なるものがある。みだりに傷をつけると1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる。殺すと2年以下の懲役又は200万円以下の罰金になる。
 警察庁によると平成28年に動物鳥獣関係事犯の検挙件数は543件で、検挙人員は616人。このうち、動物虐待の検挙件数は62件で前年より6件の増。検挙人員は66人で同3人の増加だった。
 もちろん、愛護動物だから逃走しているサルは該当しない。ネットランチャーの映像など見たこともない人が多いはずだ。この際訓練の意味も兼ねて国会装備のネットランチャーを使用してみては…
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

スマホゲームで30万円「親に怒られる」 巡査が失踪(15日)朝日

 長崎県央部の警察署に勤務する20代の男性巡査が、スマホのゲームで約30万円を使って、親に怒られることを恐れ、4日間失踪したとして、県警が本部長訓戒処分にした。県警への取材でわかった。処分は11月24日付。
 県警監察課によると、巡査は2月2日、実家にクレジット会社から督促状が届いたとの連絡を受け、夕方に早退。そのまま連絡がつかなくなった。家族が2月4日、巡査が勤務する署に行方不明届けを出した。自家用車で移動していた巡査は翌5日午後2時ごろ、山口県下関市でパトロール中の警察官に発見された。
 巡査は以前にもスマホゲームに十数万円を使い親に怒られていたといい、「親から追及されると思い逃げた」と話しているという。(田中瞳子)
http://www.asahi.com/articles/ASKDH3F80KDHTOLB001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁キャリア職員を懲戒処分 女性との不適切関係など(15日)NHK

警察庁の45歳のキャリア職員が、業務を通じて知り合った会社社長の女性と不適切な関係を持ったり、飲食代金を負担させたりしたとして、警察庁は停職1か月の懲戒処分にしました。職員は15日付けで依願退職しました。
 懲戒処分を受けたのは、警察庁長官官房付の阿武孝雄警視長(45)です。警察庁によりますと、阿武警視長は業務を通じて知り合ったイベント会社社長の女性と利害関係にあった、去年4月から8月までの間、女性と不適切な関係を持ったほか、その前後の期間を合わせてみずからの飲食代など総額およそ65万円を女性に負担させたということです。
 警察庁は、公務員としての信用失墜行為に当たり、利害関係者から接待を受けることなどを禁じた国家公務員の倫理規定に違反するとして、停職1か月の懲戒処分にしました。阿武警視長は15日付けで依願退職しました。
 女性の会社は当時、警視庁の交通総務課長だった阿武警視長が選考委員会の委員長を務める、警視庁主催の交通安全イベントを受注していて、NHKが情報公開請求した警視庁の文書によりますと、この会社は5つの業者のうち3番目の点数でしたが、選考委員会による検討の結果、企画が採用されていました。
 一方で警察庁は、選考の過程で阿武警視長が女性の会社が受注できるよう便宜を図ったとは言えず、飲食代の負担も便宜の見返りではないと結論づけました。
 調査に対して、阿武警視長は「軽率な行為で警察の信用を大きく失墜させた。多大なご迷惑をかけ申し訳ない」と話しているということです。警察庁は「このような事案が発生したことは遺憾です。改めて規律の保持について徹底してまいります」とコメントしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171215/k10011260131000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁、外れ馬券の経費認める 国税通達に影響か(15日)共同

インターネットを通じ大量に競馬の馬券を買っていた男性が、所得税の申告で外れ馬券を経費と認めるよう求めた行政訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は15日、経費に算入できると判断し、算入できないとした国側の上告を棄却した。
 外れ馬券の経費算入を巡っては、最高裁が2015年、刑事裁判の判決で「営利目的で継続的に購入していた場合、算入できる」と初判断。国税庁は、判決後に通達を出し、算入を認める要件として馬券自動購入ソフトの使用を挙げていた。今回の原告はソフトを使っていなかった。https://this.kiji.is/314302672768386145?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

国交省、新幹線の台車亀裂で緊急点検を指示(15日)TBS

新幹線の台車に亀裂が見つかったトラブルを受けて、国土交通省は新幹線の全ての車両を対象に台車の緊急点検を指示しました。
 今月11日、博多駅を東京に向けて出発した「のぞみ34号」の台車に亀裂が見つかり、国の運輸安全委員会は事故につながるおそれがあったとして「重大インシデント」に認定しました。
 このトラブルを受けて、国土交通省は14日、新幹線を運行するJR5社に対して、新幹線の全ての車両およそ4800両の台車部分について緊急点検を行うよう指示しました。亀裂が見つかったのと同じような部分を目視で点検した上で、15日までに国土交通省に報告するよう求めています。                                                               
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3240270.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高校生の下半身“触る” 公安部巡査長を処分(15日)テレビ朝日

電車内で女子高校生の下半身を触ったなどとして逮捕されていた警視庁公安部の男性巡査長について、警視庁は停職6カ月の懲戒処分としました。
 警視庁公安部の35歳の男性巡査長は先月、出勤途中のJR埼京線の車内で女子高校生の下半身を触ったうえ、逃走する際に駅員の顔をひじ打ちして全治1週間のけがをさせたとして逮捕され、その後、釈放されていました。取り調べに対して巡査長は容疑を認め、「これまでに20回から30回やった」などと話していて、携帯電話からは女性の下着を盗撮したとみられる動画が見つかっていました。警視庁は15日付けで巡査長を停職6カ月の懲戒処分にし、巡査長は依願退職しました。警視庁警務部の筒井洋樹参事官は「警察官としてあるまじき言語道断の行為。職員に指導を徹底し、再発防止に努めて参ります」などとコメントしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000116746.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

駐車違反で身代わり出頭“20回” 運送会社の社員(15日)テレビ朝日

さいたま市にある運送会社の営業所で、駐車違反を受けた運転手とは別の社員が身代わりで出頭していたことが分かりました。2年間で約20回に上るということです。
  捜査関係者によりますと、さいたま市緑区の「シモハナ物流」浦和営業所で、トラックを運転していて駐車違反をした運転手の代わりに運転業務をしない別の社員が、身代わりで警察に出頭していた疑いがあることが分かりました。2年間で約20回に上るということです。警察は、運転免許の停止処分などを避けるために身代わり出頭をしていたとみて捜査しています。営業所は大筋で認めていて、「警察に任せているので、コメントできない」としています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000116737.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁巡査長が死亡事故 時速100キロ以上で走行か 中国籍男性はねる(15日)産経

警視庁交通捜査課は15日、東京都足立区で10日に発生した死亡事故で、乗用車を運転していた同庁竹の塚署の巡査長が、時速50キロの制限速度を大幅に上回る時速100キロ以上で走行していた疑いがあると発表した。同課は自動車運転処罰法違反(危険運転致死)容疑も視野に任意で捜査している。
 事故は10日午前7時過ぎに発生。足立区東和の環状7号線の交差点で、同署交通課の尾添輝大(おぞえ・てるまさ)巡査長(29)=江戸川区北小岩=の運転する乗用車が、歩行中だった中国籍の日本語学校生、●(=龍の下に共、以下同じ)凡仁(キョウ・ハンニン)さん(22)をはねた。●さんは病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。
 同課によると、その後のドライブレコーダーの捜査などで速度超過が判明した。巡査長は「目の前に歩行者がいて、急ブレーキをかけたが間に合わなかった。時速90キロぐらい出ていたと思う」と説明。また目撃情報などから●さんは赤信号の横断歩道を小走りで渡っていたという。巡査長はこの日は休日で、用事があり署に向かう途中だった。
 巡査長と同署の交通課長が12日、来日した●さんの遺族に直接謝罪。警視庁の勝見忠法・交通捜査課長は「厳正かつ適正に捜査を行い対処する」とコメントしている。 http://www.sankei.com/affairs/news/171215/afr1712150021-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察職員がICカード着服、懲戒免職に 鹿児島県警(15日)朝日

鹿児島県警は15日、遺失物の交通系ICカードなどを盗んだとして、鹿児島西署会計課に勤務していた男性事務職員(36)を、業務上横領と窃盗の容疑で鹿児島地検に書類送検し、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。
 県警監察課によると、職員は2013年2月上旬ごろから昨年3月ごろにかけて、遺失物法の規定で廃棄処分が決まり、署に保管されていたICカード4枚を着服。さらに昨年5月上旬ごろから今年7月上旬ごろにも、同様に保管されていたICカード18枚を盗んだ疑いがある。
 飲み物や菓子類を買うなどして計4万3千円分を使ったとみられ、職員は「残高が残っているかもしれないカードを捨てるのはもったいないと思った」「誠に申し訳ないことをした。弁解の余地はありません」と話しているという。また、「多数枚盗んだ」とも説明しているという。
 ICカードの管理会社が、遺失物として届けられたカードが使われていることを不審に思い、今年8月に不正利用の可能性があると県警に通報したという。
http://www.asahi.com/articles/ASKDH3G2YKDHTLTB002.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「家で荷受け」バイト持ちかけスマホ詐取の疑い、男逮捕(15日)朝日

自宅に届く荷物を転送したり預かったりする「荷受け代行」と呼ばれるアルバイトを持ちかけ、個人情報を使ってスマートフォンをだまし取ったとして、警視庁は、群馬県高崎市問屋町西2丁目、無職小原優作容疑者(38)を詐欺などの疑いで逮捕し、15日発表した。容疑を認めているという。
 サイバー犯罪対策課によると、逮捕容疑は3月、アルバイトの30代女性の身分証明書のコピーなどを使ってネット注文でスマホ1台(約11万6千円)を購入し、女性宅に届いたスマホを回収してだまし取ったというもの。女性は3~4月にスマホや化粧品など少なくとも40個の荷物を受け取り、回収に来た男に渡していた。女性は1個当たり500~1千円の報酬を受け取っていた。だが後日、通話料や商品代など約100万円の請求がきて、支払ったという。
 小原容疑者は地域情報の掲示板アプリ「ジモティー」などを使って「自宅でできる事務作業です」として「荷受け代行」を持ちかけていた。3~5月、面接と称してこの女性を含む約10人に会って身分証明書の写真やコピーを入手。これらを使ってネット上でスマホの契約や商品の購入を行い、女性らの元に届いた商品を回収していた。警視庁スマホ46台など約600万円分の商品を他人名義で購入し、転売していたとみている。
 契約や購入の際は発信元を隠す…

 

残り:314文字/全文:859文字
http://www.asahi.com/articles/ASKDG6HZPKDGUTIL053.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

3歳男児不明で川の下流など大規模捜索 福井(15日)NHK

福井県越前市で3歳の男の子の行方が6日前から分からなくなっていて、警察などは近くの川に落ちた可能性もあると見て、下流のおよそ40キロまで範囲を広げて捜索しています。
 福井県越前市の田中蓮くん(3)は、6日前の今月9日、市内にある父親の勤務先に車で来て、父親が駐車場に止めた車から離れたおよそ10分の間に車内からいなくなりました。警察と消防が捜索を続けていますが手がかりは見つかっていません。
 近くに幅およそ5メートルの川があり、当日は雨の影響で水かさが増していたことから、警察などは川に落ちた可能性があると見て、15日は、およそ40キロ下流の坂井市の九頭竜川の河口まで範囲を広げて130人の態勢で捜索しています。
 調べによりますと、蓮くんは身長がおよそ1メートルのやせ形で、緑色のフードつきのジャンパーにカーキ色のズボンを身につけ、灰色のシューズをはいていたということです。警察は目撃した人がいないか情報の提供を呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171215/k10011259881000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

「いえくる?」「家出の相談に乗ります」…誘拐被害少女に複数人が返信 札幌(15日)共同

10代前半の少女を札幌市南区のマンションに連れ込んだとして、未成年者誘拐と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の罪で、佐々木隆光被告(34)が13日に起訴された事件で、会員制交流サイト(SNS)に「家出したい」と投稿した少女に対し、佐々木被告以外にも複数の人物が「うちに来てもいい」と返信していたことが、捜査関係者への取材で分かった。道警や福祉関係者は、日常的にSNSを使う子どもや若者らが、同様の事件に巻き込まれかねないとして警戒を強めている。
子どもたちSNS上に悩み、対応急務

 「かくまってくれる人お願いします」。被害に遭った少女は11月中旬、自宅のパソコンでツイッターに、こう投稿した。直後に、佐々木被告を含む複数の匿名の人物が「いえくる?」などと応じ、中にはプロフィル(自己紹介)欄に「家出少女の相談に乗ります」と記載した返信もあった。
 捜査関係者によると、少女は「すぐに家に来ても良い」と応じた佐々木被告とJR札幌駅で会った。その後、被告の自宅マンションで数日間、わいせつ行為の被害を受けたという。
 道警によると、佐々木被告は「(神奈川県の)座間の事件を参考にして、悩みを抱える少女を探した」と供述。座間市の事件では容疑者の男が、悩みを抱える女性のツイッターに「一緒に死のう」などと返信して誘い出し、殺害したとされる。佐々木被告は「少女を簡単に誘い出せる方法だと思った」とも供述しているという。
 近年、悩みを抱えた子どもや若者がSNSでつながった他人を頼ろうとする傾向が強まっている。
 社会福祉法人「北海道いのちの電話」(札幌)によると、道内の10~20代からの相談数は2012年に2774件あったが、16年は1951件。杉本明事務局長は「SNS上の素性の分からない人物を頼るケースが増えている」と見る。残り:611文字/全文:1368文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/151326?rct=n_hokkaido

| コメント (0) | トラックバック (0)

再犯防止計画を閣議決定 政府、115施策盛る(15日)日経

政府は15日、「再犯防止推進計画」を閣議決定した。海外の制度を参考に、薬物犯罪者を刑務所に入れず、社会で更生させる方法を検討することなど、115の施策を盛り込んだ。計画期間は2018~22年度の5年間で、可能な施策は速やかに実施する。
 安倍晋三首相は官邸で開かれた犯罪対策閣僚会議で「大切なのは息の長い取り組みを着実に実行していくことだ。緊密に連携し、民間の協力をいただきながら、しっかりと取り組んでほしい」と指示した。
 法務省は計画に基づき「10の再犯防止アクション宣言」と称して、重点的に推進する10施策を決定。再犯防止活動を行う団体を支援するための基金創設などに取り組むとした。
 再犯防止には、刑事司法関係機関だけでなく、国や地方公共団体が連携し、総合的に施策を講じる必要があるとして、昨年12月に再犯防止推進法が成立。同法で計画策定を政府に義務付けた。
 計画ではほかに、前科が障壁となる就業や資格取得の制限の見直し、保護観察対象者の公営住宅入居への配慮、矯正施設と学校の連携による教育充実などの施策を挙げている。〔共同〕https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24673940V11C17A2CR0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ中に車盗難 車内に殺傷能力あるライフル銃(15日)テレビ朝日

茨城県のパチンコ店の駐車場で、競技用のライフル銃と弾が積まれていた車が盗まれました。ライフル銃は殺傷能力があるということです。
 14日午後、茨城県筑西市にあるパチンコ店の駐車場で、競技用のライフル銃1丁と約80発の弾を積んでいたスポーツタイプの車が盗まれました。警察によりますと、車を所有する男性(64)は射撃場で練習した後、自宅に戻る途中でパチンコ店に寄りました。その後、午後10時前に店を出たところ、車が盗まれているのに気が付いたということです、ライフル銃は22口径で殺傷能力があり、ケースに入った状態で車の後部座席の上に置いていました。警察は付近に緊急配備をかけ、盗まれた車と銃を探しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000116727.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅密集地で3棟全焼 警察署に住民約20人が避難(15日)テレビ朝日

14日夜遅く、大分県別府市の住宅密集地で火事があり、アパートなど3棟が全焼しました。
 午後11時20分ごろ、別府市で火事があって火は約2時間後に消し止められましたが、木造2階建てのアパートと住宅2棟が全焼、他の数棟に燃え移りました。けが人はいませんでした。
 近所の人:「気付いた時、あんまり音がするからドアを開けてみたら火の海だった。でも、目の前であんなに焼けてるなんて…」
 現場は住宅密集地で、すぐ近くにある警察署に避難してきた住民約20人が会議室で一夜を過ごしました。15日午前、実況見分が始まって火元や出火原因を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000116729.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元従業員14人を書類送検 ロイヤルフーズ出資金詐欺事件 警視庁(15日)産経

健康食品販売会社「ロイヤルフーズ」(東京)をめぐる出資金詐欺事件で、警視庁生活経済課は14日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の疑いで、新たに元従業員の男女14人を書類送検した。
 同課によると、14人は35~60歳の元営業部係長ら。既に同容疑で社長の原田一弥容疑者(63)と元妻の小野寺朝子容疑者(68)ら計8人が逮捕されており、一連の事件での摘発は計22人となった。
 書類送検容疑は、原田容疑者らと共謀して、平成25年12月~27年5月、返金能力がないのに、元本を保証した上で利息も得られると偽り、化粧品開発事業などへの投資を持ちかけ、東京都などの高齢者らから約2億6千万円をだまし取ったとしている。
 14人のうち3人は「事業に成功して返金できると思った」などと容疑を一部否認し、他11人は認めているという。
http://www.sankei.com/affairs/news/171214/afr1712140050-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

小学女児2人を誘拐疑い 28歳男逮捕、車で連れ回す(15日)産経

青森署は14日、小学生の女子児童2人を車に乗せて約50分間にわたり連れ回したとして、未成年者誘拐の疑いで青森市小柳、会社員、佐藤大輔容疑者(28)を逮捕した。2人にけがはなかった。
 署によると、佐藤容疑者は今年の春から夏ごろ、公園で女児2人に声を掛けて顔見知りになった。以前にも2人を車に乗せたことがあると話しているといい、動機を調べている。
 逮捕容疑は10日午後3時ごろ、青森県内の公園で、女児2人が未成年と知りながら「別の場所に行って遊ぼう」などと誘い出し、自身の軽乗用車で近くの公園を巡り、午後3時50分ごろまで連れ回したとしている。
 佐藤容疑者は午後3時45分ごろ、交差点で接触事故を起こして女児を解放、2人は約3キロ離れた自宅に徒歩で帰宅した。事故の調べで「知り合いの子供が乗っていたが歩いて帰った」などと話したことを署員が不審に思い、容疑が浮上した。
http://www.sankei.com/affairs/news/171214/afr1712140054-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

席座った直後「ズボンぬれた」京都で弁償求める詐欺多発(15日)朝日

飲食店を訪れて「座ったら汚れた」と言いがかりをつけ、店から弁償金をだまし取ろうとする中年の男女2人組が相次いで確認されている。府警によると、京都市内では中京区に集中し、うち3店で計16万円ほどを詐取された。いずれも似た容姿だったといい、同一グループによる詐欺事件とみて捜査している。
 中京署によると、中京区での最初の被害は木屋町周辺の飲食店で、4月半ばの昼過ぎ、50~60代とみられる2人組が来て「椅子にバッグを置いたら汚れた」として弁償を求めた。店に約5万円を支払わせた。
 その後、同区のレストランや喫茶店にも似た2人組が来店。6月に1店、7月に2店、8月に1店で、似た手口で支払いを求めた。うち2店は約6万円を支払ったという。
 府警によると、東山区などの繁華街のほか、大阪や神戸でも似た手口による事件が発生。「不当な金銭要求があった場合、すぐに110番してほしい」と呼びかけている。
■落ち着いて経緯…

 

残り:892文字/全文:1289文字
http://www.asahi.com/articles/ASKDG4S5NKDGPLZB00J.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「こだま」客200人乗せ忘れ…バックし乗せる(15日)読売

東海道新幹線名古屋発東京行きの「こだま684号」(16両編成)が13日、名古屋駅のホームで待っていた乗客約200人を乗せないまま出発していたことがわかった。
 駅員がすぐに気づき、列車はホームまでバックして客を乗せたという。
 JR東海によると、問題の新幹線は、名古屋駅を出発する前、ドアを開けずに乗客を車内に入れないまま、同日午後8時31分に発車。駅員が非常ボタンで緊急停止させたため、約20メートルバックしてホームに戻った。通常は3人が乗車する車掌も1人しか乗っていなかったという。
 東海道新幹線のドアの開閉は通常、最後尾の車両に乗った車掌が行うが、運転士が既にこの作業が済んでいると勘違いし、列車を出発させたのが原因だった。JR東海は「けが人や安全上の問題はなかったが、乗務員の指導を徹底する」としている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171215-OYT1T50032.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

ベトナム人留学生 犯罪に手を染めぬよう 大使館が注意喚起(15日)NHK

日本で学ぶベトナム人留学生が、留学に際しての借金の返済に困り犯罪に手を染めるケースが後を絶たないとして、ベトナムの日本大使館が現地の高校生を対象に説明会を開き、注意を呼びかけました。
 日本国内の日本語学校などで学ぶベトナム人留学生はことし6月現在、6万9000人余りと5年前の8倍近くに急増しています。
 その一方で授業料や寮の家賃などを前払いするため100万円を超える多額の借金をしたものの、返済に困り、犯罪に手を染める留学生も増えています。
 こうした問題に対応しようと、ベトナムの日本大使館は14日、北部のタインホア省で日本への留学を希望する高校生を対象にした説明会を開きました。
 大使館の担当者は、一部の留学あっせん業者や日本語学校が、日本に行けば勉強しながら働くことができたくさん稼げるとか、日本語をきちんと学ばなくても給料の高い仕事ができるなどと持ちかけ、生徒を勧誘しているとして注意を呼びかけました。
そのうえで、留学に際しては正しい情報を集めることが重要だと訴えました。
 日本大使館の担当者は「ベトナムの若い人たちは間違った情報を信じて、多額の借金を抱え経済的に苦しんでいる。正しい情報をもっと伝えていかないといけない」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171215/k10011259441000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮に食料品など不正輸出か、東京の会社社長ら逮捕(15日)TBS

北朝鮮に向けて食料品などを輸出したとして、東京の会社社長らが逮捕されました。北朝鮮との間の輸出入は全面的に禁止されていて、警察が背後関係を調べています。
 外為法違反の疑いで逮捕されたのは、東京都港区の環境設備関連会社「エム・クリエイト」の社長、谷内田譲容疑者(47)ら3人です。谷内田容疑者らは2014年6月、シャンプーなどの日用品やインスタント食品などが詰まった段ボール箱、およそ1500箱を北朝鮮に輸出する目的で横浜港から経由地であるシンガポール港へ輸出した疑いが持たれています。
 日本では8年前から核実験などの制裁措置として、国の許可なく北朝鮮との間で輸出入を行うことが禁止されています。警察は谷内田容疑者らが容疑を認めているか明らかにしておらず、今後、3人の関係性や北朝鮮とのつながりなどについて調べる方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3239986.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

後部座席のシートベルト着用率、一般道で36%どまり(15日)日経

警察庁と日本自動車連盟(JAF)は14日、2017年の調査の結果、一般道を走る車の後部座席のシートベルト着用率は前年比0.4ポイント増の36.4%にとどまったと発表した。高速道では2.6ポイント増の74.4%だった。後部座席でも着用は義務付けられているが、90%超の運転席などを大幅に下回り、都道府県ごとの差も大きかった。
 調査は毎年10月に実施。今回は同月1~10日、全国約880カ所で約50万人を対象に目視で行った。ドライバーの着用率は一般道で98.6%、高速道で99.5%と前年とほぼ同様だった。助手席はそれぞれ95.2%、98.3%で微増だった。
 後部座席は、一般道では群馬や長野など4県が50%台と比較的高い一方、福井と佐賀は10%台にとどまった。東京や愛知、福岡は30%台、大阪は20%台だった。高速道でも、秋田や岡山など6道県の90%台から沖縄の30%台まで差が大きく、東京や愛知は70%台、大阪は50%台だった。
 シートベルトをしていないと、後部座席でも死亡事故の危険が3倍以上に高まるという。警察庁の担当者は「特に後部座席で着用率が十分ではない。各地の警察本部を通じて必要性を訴えていきたい」としている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24663870U7A211C1CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

男子レスリング強化合宿事故 内閣府に要望書を提出(15日)テレビ朝日

男子レスリングの強化合宿中に学生チャンピオンの選手が重傷を負った問題で、関係者が内閣府に対し、合宿を主催した日本レスリング協会に事故の対応などについて報告を求める要望書を提出しました。
 今年9月に日本レスリング協会が主催した男子レスリングの強化合宿中に、全日本学生選手権で優勝した男子学生(21)がスパーリング中、頸椎(けいつい)損傷の重傷を負いました。男子学生は集中治療室を出ましたが、今も一般病棟に入院しているということです。協会は、合宿中のけがなどを補償する団体保険に加入していませんでした。関係者は協会を所管する内閣府に対し、保険に入らなかった理由を協会から報告することやその内容によっては、協会を検査するよう求める要望書を提出しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000116693.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR武蔵野線の窓ガラス割れる 投石の疑いで捜査(15日)テレビ朝日

東京・小平市で、走行中の電車の窓ガラスが割れました。ほぼ同じ場所で2日続けてガラスが割れていて、警視庁は投石の疑いがあるとみて調べています。
 14日午後7時半ごろ、JR武蔵野線の新小平駅に停車した下りの普通電車で、6両目の窓ガラス1枚が割れているのが見つかりました。JR東日本によりますと、破片の一部が車内に飛び散りましたが、けが人はいませんでした。新小平駅では、13日も武蔵野線の電車の窓ガラス2枚が割れる事故が起きています。警視庁は、何者かが電車に向けて石のような物を投げ付けたとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000116703.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

新幹線車両、一部移動 亀裂見つかり名古屋で停車(15日)西日本

博多発東京行き新幹線のぞみ34号の台車に亀裂が見つかった問題で、JR東海は14日深夜から15日未明にかけ、名古屋駅の14番線で停車している16両編成のうち、東京寄りの14~16号車を切り離して移動させた。車両所に運ぶ。
 JR東海などによると、トラブルがあった13号車は15日の終電後にクレーンでつり上げて台車を交換。16日以降に1~13号車も車両所に収容し、14番線の使用を再開する。その後、車両を所有するJR西日本とともに、亀裂が見つかった台車などを詳しく調べる方針。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/380425

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月14日 | トップページ | 2017年12月16日 »