« 税金1000万円免れようと・・・那覇入港のクルーズ船で金塊27キロ密輸容疑、中国籍4人逮捕(2日)共同 | トップページ | 不法投棄ごみに現金300万円…本人らに返還(2日)読売 »

2017年11月 2日 (木)

9人遺体事件 「自殺」書き込み対策 続く模索(2日)NHK

インターネットを通じて、一緒に自殺する相手を募集するなどのケースはこれまでにも繰り返されてきました。
 かつてはインターネットの掲示板に書き込むなど「自殺サイト」が中心でした。
平成17年には自殺サイトで知り合った男女3人に対し「一緒に自殺しよう」などと誘い出して殺害したとして前上博元死刑囚が逮捕され、すでに死刑が執行されています。
 平成16年には自殺サイトで知り合った20歳から34歳の男女7人が埼玉県内の駐車場にとめたレンタカーの中で練炭を燃やして自殺するなど、ネットを通じて知り合い集団自殺するケースも少なくありません。
 社会問題となった自殺サイトについては、対策が講じられてきました。
その一つとして、警察庁から委託を受けた民間団体の「インターネット・ホットラインセンター」では有害情報としてネット事業者に削除を要請するなどの対応を取っているということです。
 こうした流れを受けて、近年では自殺サイトからツイッターに移行しているとされています。
ツイッター上で「#自殺募集」という言葉を検索すると、一緒に自殺する人を探すような内容の書き込みが投稿されていました。
「#自殺募集」以外にも「#自殺者募集」「#自殺願望」「#自殺仲間」といった自殺という言葉にハッシュタグがついた書き込みが多数投稿されています。
 ツイッターでは、1人でいくつものアカウントをつくれることや匿名ででき個人の特定につながりづらいことが背景にあると見られています。
 こうした状況についてSNS上では「#自殺募集というハッシュタグを作れないようにしたほうがいい」「この手の物騒なタグはとりあえず禁止して、募集している人たちは即アカウント凍結にしたらどうでしょうか」「このタグを付けたら違反&アカウントを凍結すれば良いのになぁー」などといった書き込みが多く見られました。
 Twitter社の日本法人によりますと、利用規約の中で、自殺をする仲間を募ったり自殺の手段を紹介するなどの書き込みを原則禁止しています。
ただ自殺を考えている人の兆候に周囲の人が気がついて手を差し伸べる可能性を残す必要性があるとして、ツイートの削除を求めたりアカウントを凍結したりすることはせず、ツイートを見た人の報告を受けて専門の相談機関を案内しているということです。
 Twitter社の日本法人はNHKの取材に対して「今回のことを踏まえできるだけよい方法を社内外で相談し続けたい」としています。
続くdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171102/k10011207691000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

« 税金1000万円免れようと・・・那覇入港のクルーズ船で金塊27キロ密輸容疑、中国籍4人逮捕(2日)共同 | トップページ | 不法投棄ごみに現金300万円…本人らに返還(2日)読売 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65992830

この記事へのトラックバック一覧です: 9人遺体事件 「自殺」書き込み対策 続く模索(2日)NHK:

« 税金1000万円免れようと・・・那覇入港のクルーズ船で金塊27キロ密輸容疑、中国籍4人逮捕(2日)共同 | トップページ | 不法投棄ごみに現金300万円…本人らに返還(2日)読売 »