« トレイルランで男性死亡、埼玉 バランス崩し崖から滑落か(18日)共同 | トップページ | 九九暗唱中の児童下着盗撮 机の下から、長崎の教諭(18日)産経 »

2017年11月18日 (土)

中高生の20% 「死にたい」と時々思う 支援の仕組み必要(18日)NHK

「死にたいと思ったことがときどきある」という中学生と高校生が5人に1人に上るという調査結果を大学の研究グループがまとめました。専門家は「“死にたい”という言葉は、“助けてほしい”という意味だと社会全体で受け止め、支援する仕組みが必要だ」と指摘しています。
 この調査は、久留米大学病院の小児科医、永光信一郎准教授が厚生労働省などと去年10月と11月に初めて実施し、全国の中学生と高校生2万2000人余りから回答を得ました。
 この中で、「あなたは死にたいと思ったことがあるか」と尋ねたところ、「常に思う」が2.1%、「ときどきある」が23.7%でした。また、「過去に試みた」と答えた人の割合は5.4%でした。
 その理由となる悩みについて複数回答で聞くと、多い順に「将来の進路」、「成績」、「身体」、そして「友達との関係」でした。
 さらに、それぞれの悩みを誰に相談しているのか尋ねると「SNSやインターネットの掲示板」という回答が、「家族」よりは少なかったものの、「友達や先輩」、さらに「学校や塾の先生」より多くなる傾向にありました。
 調査した永光准教授は「自殺を教育で扱うと寝た子を起こすという固定観念を捨てて、多くの機関が連携して対策にあたる必要がある」と話しています。
 ネット上に自殺を考える人の相談サイトを立ち上げているNPOの代表、伊藤次郎さんは「“死にたい”という言葉は、“助けてほしい”という意味だと社会全体で受け止め、支援する仕組みが必要だ」と指摘しています。
続くdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171118/k10011228141000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

« トレイルランで男性死亡、埼玉 バランス崩し崖から滑落か(18日)共同 | トップページ | 九九暗唱中の児童下着盗撮 机の下から、長崎の教諭(18日)産経 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66059066

この記事へのトラックバック一覧です: 中高生の20% 「死にたい」と時々思う 支援の仕組み必要(18日)NHK:

« トレイルランで男性死亡、埼玉 バランス崩し崖から滑落か(18日)共同 | トップページ | 九九暗唱中の児童下着盗撮 机の下から、長崎の教諭(18日)産経 »