« 在沖米軍 7歳少女も性被害に 未成年標的6件 2015年(26日)共同 | トップページ | 火災の焼け跡から3人の遺体 「雷の音で起きたら…」(26日)朝日 »

2017年11月26日 (日)

住民「怖い」…消えた木造船いまだ発見に至らず(26日)読売

 秋田県由利本荘市に漂着した北朝鮮籍とみられる木造船が係留されていた場所からなくなっていた事態を受け、県警警備部と由利本荘署は25日夜、防波堤周辺を、チャーターした遊漁船(6トン)で捜索したが、水が濁っていて船体の確認には至らなかった。
 遊漁船は午後6時半頃、船舶係留施設「本荘マリーナ」を出港。木造船が漂着し、係留されていた外海近くの防波堤の周辺一帯を、海中灯や集魚灯、水中音波探知機(ソナー)で捜索した。遊漁船は1時間ほどで現場から引き揚げた。
 海面を照らし出す明かりが、海岸からも確認出来た。同日夜の捜索に協力し、木造船が係留されていた現場近くを日中に航行した遊漁船の船長、柴田隆雄さん(61)によると、消波ブロックの近くに船から流れ出したとみられるオレンジ色の救命用浮輪が浮き沈みしていた。ブロックから1本のロープが垂れ下がり波間に漂っていたという。
 柴田船長は「エンジンが壊れた小さな木造船を防波堤までたどり着かせるのは至難の業だ。助かったのは、幸運としか言いようがない」と話した。
 木造船が係留されていたのは、子吉川の河口右岸の防波堤。木造船はロープでつなぎ留められ、県警が天候の回復を待って引き揚げる予定だった。県警は、沈没したか、沖合へ流されたとみており、26日も付近を捜索する。
 本荘マリーナ近くに住む無職桶田赳夫さん(80)は「船を調べることができれば安心できたかもしれない。8人が本当に漂着しただけなのかはっきりしないままなのは怖い」と、不安そうに話していた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20171126-OYT1T50016.html?from=ycont_top_txt

« 在沖米軍 7歳少女も性被害に 未成年標的6件 2015年(26日)共同 | トップページ | 火災の焼け跡から3人の遺体 「雷の音で起きたら…」(26日)朝日 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66088638

この記事へのトラックバック一覧です: 住民「怖い」…消えた木造船いまだ発見に至らず(26日)読売:

« 在沖米軍 7歳少女も性被害に 未成年標的6件 2015年(26日)共同 | トップページ | 火災の焼け跡から3人の遺体 「雷の音で起きたら…」(26日)朝日 »