« 自転車で男がひったくり 類似手口40件超…同一犯か(6日)テレビ朝日 | トップページ | 拉致被害者家族が記者会見「拉致問題を最優先で」(6日)NHK »

2017年11月 6日 (月)

<ニュース深掘り>秋田・弁護士殺害国賠訴訟 真相解明し本質判断を(6日)共同

 秋田市の弁護士津谷裕貴さん=当時(55)=が2010年、110番で自宅に駆け付けた警察官の前で刺殺された事件の国家賠償請求訴訟の判決で、秋田地裁は10月、遺族らの秋田県(県警)への請求を棄却した。警察官の過失の有無を巡り、判決は現場での状況認識などに問題があったと指摘する一方で、県警側の一連の態様に不法行為は認められないと結論付けた。真相が究明されないまま事実関係の評価と争点に対する判断が複雑に入り組み、問題の本質や責任の所在を見えにくくした印象が拭えない。

◎国賠訴訟で地裁判決

 主な争点と地裁の判断は表の通り。判決は臨場した警察官2人の対応について、「役割分担、連携が適切に行われていれば、(津谷さんが殺害されるという)結果が回避された可能性を否定できない」と言及した。
 しかし、県警による事件の検証結果を引用して「凶悪事件の発生が少なく、突発的事案に対応できるだけの訓練や意識の涵養(かんよう)が十分でなかった」ことを挙げ、「個々の警察官の不法行為を認めるのは相当でない」として原告の請求を退けた。
 秋田県の刑法犯認知件数は、全国と比べて少ない。だからといって、警察官の対応能力が低くても許される理由にはならない。
 警察法は警察の責務を、個人の生命、身体、財産の保護や犯罪の予防、捜査などに当たることと定めている。県が旗印に掲げ、県民が追求する「安心安全」のため、警察官の役割は大きい。
続くdownwardleft
http://www.47news.jp/news/2017/11/post_20171106150650.html

« 自転車で男がひったくり 類似手口40件超…同一犯か(6日)テレビ朝日 | トップページ | 拉致被害者家族が記者会見「拉致問題を最優先で」(6日)NHK »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66011042

この記事へのトラックバック一覧です: <ニュース深掘り>秋田・弁護士殺害国賠訴訟 真相解明し本質判断を(6日)共同:

« 自転車で男がひったくり 類似手口40件超…同一犯か(6日)テレビ朝日 | トップページ | 拉致被害者家族が記者会見「拉致問題を最優先で」(6日)NHK »