« タイで交通事故に巻き込まれ日本人4人死亡か(8日)NHK | トップページ | 猟銃発砲 男が自殺 北九州市のマンション 住民7時間半避難(9日)西日本 »

2017年11月 9日 (木)

工藤会幹部9日にも逮捕 暴追リーダー宅銃撃容疑 小倉南区(9日)西日本

険指定暴力団工藤会(北九州市)が関与した疑いが強まったとして、福岡県警は9日にも、殺人未遂と銃刀法違反の疑いで、幹部の男(54)=殺人罪などで起訴=ら数人を逮捕することが関係者への取材で分かった。発生から7年以上を経て、暴追運動に取り組む市民を狙った凶悪事件は解決に向けて動きだす。
 事件は10年3月15日午後11時20分ごろ、小倉南区南方3丁目で発生。玄関に4カ所、勝手口に2カ所の弾痕が確認され同数の銃弾が見つかった。寝室にいた男性と妻にけがはなかった。
 自治総連合会は当時、工藤会が同区内に新設した事務所の撤去運動に取り組んでおり、県警は工藤会が運動を威嚇するため、リーダー的存在だった男性宅を狙ったとみて捜査。関係者の話などから、事件に関与した疑いがある男らを割り出した。
 地元住民や北九州市は、工藤会が同区上貫3丁目に事務所を新設し、県警が確認したことを受けて暴追運動を活発化。自治総連合会は事件の3日前に、県警などと事務所周辺で500人規模の暴追パレードを行った。工藤会は事務所敷地内から組員約70人が参加者をにらみつけるなど威圧し、県警が口頭で暴力団対策法に基づく中止命令を出すなど緊迫した。男性は暴追運動の実施を決めた会議で「事務所撤去に一致団結したい」などと発言していた。
 住民らは事件後も運動を継続。事務所は11年2月、北九州市の医療法人に売却され、介護付き有料老人ホームになっている。県警は14年9月、工藤会の壊滅作戦に着手。トップの野村悟被告(70)は殺人罪などで計6回、起訴された。同会の上納金に関する脱税事件で所得税法違反の罪に問われた野村被告は、10月31日の初公判で逮捕から3年を経て法廷に初めて姿を現した。野村被告は起訴内容を否認、検察側と全面対決の姿勢を示した。=2017/11/09付 西日本新聞朝刊=の壊滅作戦に着手。トップの野村悟被告(70)
   県警は14年9月、工藤会の壊滅作戦に着手。トップの野村悟被告(70)は殺人罪などで計6回、起訴された。同会の上納金に関する脱税事件で所得税法違反の罪に問われた野村被告は、10月31日の初公判で逮捕から3年を経て法廷に初めて姿を現した。野村被告は起訴内容を否認、検察側と全面対決の姿勢を示した。=2017/11/09付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/372172

« タイで交通事故に巻き込まれ日本人4人死亡か(8日)NHK | トップページ | 猟銃発砲 男が自殺 北九州市のマンション 住民7時間半避難(9日)西日本 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66021123

この記事へのトラックバック一覧です: 工藤会幹部9日にも逮捕 暴追リーダー宅銃撃容疑 小倉南区(9日)西日本:

« タイで交通事故に巻き込まれ日本人4人死亡か(8日)NHK | トップページ | 猟銃発砲 男が自殺 北九州市のマンション 住民7時間半避難(9日)西日本 »