« 風俗店に女性斡旋か、タイ国籍のブローカーら9人逮捕(29日)TBS | トップページ | 自衛隊ヘリ墜落 探査機のカメラに人影 不明の隊員か(29日)NHK »

2017年11月29日 (水)

性犯罪被害が増加…女性守るユニット、草加署が女性警察官で結成 ながら歩きは危険「警戒強めて」(29日)共同

草加市内で多発している性犯罪の被害拡大を食い止めようと、草加署が、女性警察官だけの性犯罪被害防止ユニット「SK(草加)レディースガード隊」を結成した。「女性が女性を守る」思いで活動をするメンバーは、同性だからこそ気付く夜道の危険やイヤホン、携帯電話を使用しながら歩く「ながら歩き」への注意を呼び掛けている。
 「市内で性犯罪被害が増加しています。夜道の一人歩きには気を付けてください」。帰宅する学生などが行き交う20日夕、東武スカイツリーライン草加駅で女性警察官が呼び掛けていた。活動の前には結成式も行われ、被害の減少に向けて一丸で取り組むことを確認した。
 「ながら歩きは危険」などと書かれたビラを受け取った私立高3年の辰口紫野さん(18)は「ながら歩きはしないように心掛けているが、自宅に帰る連絡をする時など使ってしまうことがある。もっと気を付けたい」と警察官の話に耳を傾ける。
 同署によると、管内の強制わいせつ事件の認知件数は前年同期比21件増の69件。帰宅途中の若い女性を狙った事案が多く、大通りから少し離れた路上での被害や携帯電話の使用時の被害が目立つという。
 被害増加の現状を受けて、同署の女性警察官が本格的に啓発活動を始めたのは10月。周辺の駅でビラ配りなどを行ってきた。女性警察官から注意を呼び掛けられた際に足を止めて聞いてくれる女性が多かったことから、さらなる強化を図るために「SKレディースガード隊」を結成。同署や周辺の交番に勤務する女性警察官20人が被害を食い止めようと立ち上がった。
 宮沢弘署長は「より多くの女性に『ながら歩き』の危険性を認識してもらい、警戒意識を高めてほしい」と訴える。今後は発生の多い午後8時~10時の時間帯を中心に谷塚、草加、獨協大学前、新田、八潮の管内5駅でビラ配りや声掛けなど、継続的な活動を予定している。
 メンバーの渡部結子警部補(32)は「声掛けをしていると、被害の多さを知らないという人も多い。件数の多さを知って警戒を強めてほしい」と話した。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/11/29/09_.html

« 風俗店に女性斡旋か、タイ国籍のブローカーら9人逮捕(29日)TBS | トップページ | 自衛隊ヘリ墜落 探査機のカメラに人影 不明の隊員か(29日)NHK »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66102336

この記事へのトラックバック一覧です: 性犯罪被害が増加…女性守るユニット、草加署が女性警察官で結成 ながら歩きは危険「警戒強めて」(29日)共同:

« 風俗店に女性斡旋か、タイ国籍のブローカーら9人逮捕(29日)TBS | トップページ | 自衛隊ヘリ墜落 探査機のカメラに人影 不明の隊員か(29日)NHK »