« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 未明の玄関前で突然…13万円入りバッグ奪い男逃走(9日)テレビ朝日 »

2017年11月 9日 (木)

工藤会幹部ら6人逮捕 小倉南 暴追リーダー宅銃撃 殺人未遂容疑など(9日)西日本

北九州市小倉南区で2010年3月、暴力団追放運動に取り組んでいた同区自治総連合会長の男性=当時(75)、故人=宅に銃弾が撃ち込まれた事件で、福岡県警は9日、殺人未遂と銃刀法違反の疑いで、特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)幹部の瓜田太容疑者(54)=殺人罪などで起訴=ら計6人を逮捕した。工藤会が一般市民に恐怖を与えるために銃撃したとみて組織的な関与の有無も調べる。
 他に逮捕されたのは、いずれも同会系組幹部の蔵永修(49)、洲崎秀輝(48)、今田隆史(42)、桜木淳典(38)、今村研一(39)の5容疑者。
 逮捕容疑は共謀の上、10年3月15日午後11時20分ごろ、小倉南区自治総連合会長を務めていた男性と妻=当時(75)=を殺害するため、同区南方3丁目の自宅玄関に4発、勝手口に2発発砲した疑い。寝室にいた2人にけがはなかった。県警は6人の認否を明らかにしていない。 
 自治総連合会は、工藤会が同区内に新設した事務所の撤去運動に取り組んでいた。9日、記者会見した北九州地区暴力団犯罪捜査課の国本正春課長は「暴追運動のリーダー格である男性を狙うことで、工藤会に歯向かう者への威嚇、封じ込めを狙った凶悪な事件だ」と強調した。
 当時、地元住民や北九州市は、工藤会が同区上貫3丁目に事務所を新設したことを受けて暴追運動を活発化させていた。自治総連合会は事件の3日前、県警などと事務所周辺で500人規模の暴追パレードを実施。銃撃された男性は暴追運動の実施を決めた会議で「事務所撤去に一致団結したい」などと発言していた。住民らは事件後も運動を継続。事務所は11年2月、北九州市の医療法人に売却され、介護付き有料老人ホームになっている。
 県警は14年9月、工藤会の壊滅作戦に着手。トップの野村悟被告(70)は殺人罪などで計6回、起訴されている。=2017/11/09付 西日本新聞夕刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/372327

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 未明の玄関前で突然…13万円入りバッグ奪い男逃走(9日)テレビ朝日 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66023333

この記事へのトラックバック一覧です: 工藤会幹部ら6人逮捕 小倉南 暴追リーダー宅銃撃 殺人未遂容疑など(9日)西日本:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 未明の玄関前で突然…13万円入りバッグ奪い男逃走(9日)テレビ朝日 »