« 座間9人遺体、最年少の被害者は15歳か(8日)TBS | トップページ | 大韓機のゴム製の部品不明 飛行中に落下か(8日)NHK »

2017年11月 8日 (水)

巨石に落書き 人の名字か 修復は困難(8日)共同

◇国指定史跡 「磐座」と呼ばれる求菩提山のご神体
 かつての修験道の聖地として知られる国指定史跡、福岡県豊前市の求菩提(くぼて)山で、山頂近くの巨石群に人の名字などを彫った落書きが見つかった。消すためには周囲の石を削らなければならず、修復は困難とみられる。巨石群は「磐座(いわくら)」と呼ばれる求菩提山のご神体で、地元関係者はショックを受けている。山を管理する豊前市は文化財保護法違反容疑で県警に被害届を出す方針。
 落書きは10月25日に「市史跡ガイドボランティアの会」(37人)のメンバーが発見。巨石の一つに「高橋」という文字が縦約10センチ、横約20センチにわたって彫られ、周囲にも複数の傷が刻まれていた。月数回訪れるメンバーもいるが、これまでは気づかなかったという。
 求菩提山は平安〜江戸時代に英彦山と並ぶ北部九州の修験道の聖地とされ、2001年に国史跡に指定された。山中には山伏らが寝起きした「坊」と呼ばれる建物が残る。
 求菩提山で修行した修験者の子孫で同市の西尾豊行さん(67)は「悲しいとしか言えない。保全について考えるべきだ」と話す。ボランティアの会の清田韶子(しょうこ)代表(72)は「神聖な場所にどうしてこんなことをしたのか」と憤る。
 史跡の範囲は136ヘクタールに及び、年間推計3万4000人が訪れる。市の担当者は「保全には難しさもあるが対応を検討したい。史跡を次世代に引き継ぐためには落書きなどあってはならない」と話した。【津島史人】 https://ryukyushimpo.jp/mainichi/entry-609884.html


(毎日新聞)

« 座間9人遺体、最年少の被害者は15歳か(8日)TBS | トップページ | 大韓機のゴム製の部品不明 飛行中に落下か(8日)NHK »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66017357

この記事へのトラックバック一覧です: 巨石に落書き 人の名字か 修復は困難(8日)共同:

« 座間9人遺体、最年少の被害者は15歳か(8日)TBS | トップページ | 大韓機のゴム製の部品不明 飛行中に落下か(8日)NHK »