« アパから12億円詐取容疑 「地面師」9人を再逮捕へ(29日)共同 | トップページ | 「多弾頭型も否定できない」 防衛相(29日)NHK »

2017年11月29日 (水)

北朝鮮ミサイルはICBMか 高度4000キロ超 防衛省(29日)NHK

29日朝早く、北朝鮮西岸から弾道ミサイル1発が発射され、およそ50分間飛行して青森県西方の日本海の日本の排他的経済水域内に落下したと見られます。高度は4000キロを大きく超えたと推定され、防衛省はICBM=大陸間弾道ミサイルと見て詳しい分析を進めています。
 防衛省によりますと、29日午前3時18分ごろ、北朝鮮西岸から日本海に向け弾道ミサイル1発が発射され、およそ1000キロ飛行して青森県の西およそ250キロの日本海の日本の排他的経済水域内に落下したと推定されるということです。これまでのところ、船舶や航空機などへの被害の情報はないということです。
 ミサイルが飛行した時間はおよそ53分間で、高度は4000キロを大きく超えたと推定され、これまで確認された中で最も高い高度だということです。通常より発射の角度を上げて高く打ち上げる「ロフテッド軌道」で発射されたと見られ、防衛省は最大射程が5500キロを超えるICBMと見られるとしています。
 北朝鮮が弾道ミサイルを発射するのはことし9月15日以来で、日本の排他的経済水域内に落下したと推定されるのはことし7月28日以来、7回目です。
 7月28日のケースでは、北朝鮮が「火星14型」と呼ぶ新型の弾道ミサイルが同じようにロフテッド軌道で発射され、高度は3500キロを超えたと見られていますが、今回はこれをさらに500キロ程度上回ったと推定されています。また、飛行時間も8分ほど長くなっていて、通常の角度で発射した場合の射程距離は従来より大幅に伸びていることが予想されるということです。
 防衛省は、北朝鮮のミサイル開発がさらに進んでいると見て、ミサイルの種類や飛行コースの詳しい分析を進めています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171129/k10011239101000.html?utm_int=news_contents_news-main_001&nnw_opt=news-main_b

« アパから12億円詐取容疑 「地面師」9人を再逮捕へ(29日)共同 | トップページ | 「多弾頭型も否定できない」 防衛相(29日)NHK »

国防関係 国際紛争 自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66100069

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮ミサイルはICBMか 高度4000キロ超 防衛省(29日)NHK:

« アパから12億円詐取容疑 「地面師」9人を再逮捕へ(29日)共同 | トップページ | 「多弾頭型も否定できない」 防衛相(29日)NHK »