« 2017年11月24日 | トップページ | 2017年11月26日 »

2017年11月25日

2017年11月25日 (土)

中核派の非公然活動家2人を逮捕 大坂正明被告匿った疑いも 警視庁(25日)産経

虚偽の住所を役所に届け出たなどとして、警視庁公安部は25日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、過激派「中核派」の非公然組織「革命軍」メンバー、吉中誠容疑者(66)を逮捕し、アジトとみられる東京都足立区鹿浜のマンション一室を家宅捜索した。また、この日の家宅捜索を妨害したとして、公務執行妨害の現行犯で、革命軍のメンバーの男(44)も逮捕した。ともに黙秘しているという。
 公安部によると、両容疑者は、約46年間の逃亡後に今年逮捕された中核派活動家、大坂正明被告(68)=殺人罪などで起訴=の逃亡を手助けすることを主な任務としていたとみられ、関連を調べる方針。
 吉中容疑者の逮捕容疑は昨年11月、江戸川区役所に住民異動届を提出する際、中核派の活動拠点「前進社」の住所を現住所と偽って届け出たなどとしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/171125/afr1711250039-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【北朝鮮船漂着】 捜査協力者が証言「入港しただけで奇跡。着岸できたのは…」(25日)産経

秋田県由利本荘市の海岸に漂着した北朝鮮籍とみられる木造漁船について、現場からなくなっているのが分かった後に秋田県警に協力して周辺を捜索した男性が25日、報道各社の取材に応じ、現場の状況について証言した。
 船が漂着したのは、同市内の船舶係留施設「本荘マリーナ」付近の防波堤。同施設の利用歴10年という同県にかほ市の自営業、柴田隆雄さん(61)は25日午前9時半過ぎ、自身の釣り船に捜査員2人を乗せて防波堤の内側を周回した。備え付けのソナー(水中音波探知機)で海底を調べたが、船の形をしたものは発見できなかったという。
 漁船が係留されていた防波堤の外側にある消波ブロックには、約14メートルのロープがくくりつけられた木の棒が挟まっていた。柴田さんは「このロープが漁船をつなぎ留めていたのでは。防波堤の内側に何も見つからない以上、外側の海へ流れ出た可能性が高い」と話している。
 船が漂着した当時、海はしけていたという。自身の船は漂着した船とほぼ同じ大きさだといい、柴田さんは「入港しただけで奇跡なのに、着岸できたのはいろんな偶然が重なったとしか思えない。自分なら100回やって成功するのは2回だろう」と波の高い日本海を見つめていた。http://www.sankei.com/affairs/news/171125/afr1711250036-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットカフェで従業員刺し現金奪った疑い 男を逮捕(25日)朝日

 東京都文京区のネットカフェで、従業員に刃物で重傷を負わせて現金を奪ったとして警視庁は25日、住居不詳、無職畑野直樹容疑者(41)を強盗傷害容疑で逮捕し、発表した。「大けがをさせたのは間違いない。売上金を奪ったことについては、今は考えさせて下さい」と話しているという。
 捜査1課によると、畑野容疑者は21日午後7時半ごろ、文京区湯島3丁目のネットカフェ「リンク」店内で、男性従業員(49)の左腕や右太ももなどをナイフのようなもので刺して重傷を負わせ、店の金庫から売上金約32万円を奪った疑いがある。従業員は一時心肺停止となり、今も意識不明の重体という。
 事件後に畑野容疑者が身を寄せそうな知人がいる千葉県船橋市内を捜査員が捜索していたところ、JR船橋駅近くで畑野容疑者を見つけたという。
http://www.asahi.com/articles/ASKCT5JX8KCTUTIL024.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

駅周辺で野良猫不審死相次ぐ…不安募らせる住民(25日)読売

奈良市の近鉄大和西大寺駅周辺で、野良猫の死骸が相次いで見つかり、奈良西署が動物愛護法違反(愛護動物の殺傷)の疑いで捜査していることが同署への取材でわかった。
 約5か月間で少なくとも10匹が不審な死に方をしており、中には人為的とみられるケースも。近隣住民は「飼い猫が被害に遭うのでは」「事件がエスカレートしないか」と不安を募らせている。
 同署などによると、7月上旬、同駅北側の駐車場で、頭から血を流して死んでいる子猫を通りがかりの女性が発見。8月にも1匹が近くで死んでいた。9月1日早朝には、公園内で腹を切られた状態で猫が死んでいた。発見した主婦(79)は「事故で死んだのではないと一目見てわかった。ひどい」と憤った。
 さらに同月、3匹の死骸が見つかり、10月には3匹、今月にも1匹の死骸の発見が相次ぎ、同署が把握しているだけで10匹に上る。
 被害は、同駅の半径約200メートル以内で発生しており、駅に近い公園周辺に集中していた。死骸は人目につくような場所に放置されていたが、現場には目立った血痕はなかった。
 同署幹部は「ここまで相次ぐと人為的に行われたと考えざるを得ない」とし、動物愛護法違反の疑いもあるとみて、捜査している。同署は夜間を中心にパトロールの回数を増やしている。
 一方、住民らは独自に「子供、犬の散歩に注意!」「飼い猫は室内で!」などと注意を呼び掛けるチラシを作成し、自治会の回覧板で周知した。ポスターで注意も呼び掛けている。
 近所で猫を飼っている男性(56)は「猫をなるべく外に出さないようにしている。重大な事件に発展するかもしれないので心配だ。警察は早く犯人を捜して、解決してほしい」と話した。
 同署は「不審な死に方をしている猫を見つけたらすぐに通報し、併せて不審者の情報も寄せてほしい」としている。問い合わせは同署(0742・49・0110)。(鈴木彪将)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171125-OYT1T50040.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

なくなった木造船 26日以降も捜索へ 秋田(25日)NHK

23日、秋田県由利本荘市で北朝鮮から来たとみられる男性8人とともに見つかった木造船が、流れ着いた海岸からなくなっているのがわかり、警察は流されたか海に沈んだ可能性があると見て26日以降も捜すことにしています。
 23日の夜、秋田県由利本荘市で、国籍不明の男性8人が上陸しているのが見つかり、近くの海岸の係留施設にある波消しブロックに、全長20メートルほどの木造船が流れ着いているのが発見されました。
 関係者によりますと、8人は「1か月半ほど前に北朝鮮の港を出港しイカ釣り漁をしていたが船が故障しおよそ1か月間漂流していた」と話し、北朝鮮に帰ることを希望しているということです。
 警察は8人を保護するとともに、天候の回復を待って、乗ってきたとみられる木造船を詳しく調べることにしていましたが、25日朝になって船がなくなっていることがわかりました。
 係留施設の従業員によりますと、船は24日の日没までは流れ着いた海岸にありましたが、25日朝8時に見た時にはなくなっていたということです。
 現場付近は24日、雪が降り続いていましたが、25日は雨が降ったりやんだりの天気で波は高くなっています。
 警察は、木造船が、流されたか、積もった雪の重みで沈んだ可能性があると見て26日以降も捜すことにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171125/k10011235511000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

留学生、精密機器10点も中国へ 輸出許可必要な規制品の可能性(25日)共同

   
      

 軍事利用可能な赤外線カメラが中国に不正輸出された事件で、警視庁公安部に外為法違反(無許可輸出)容疑で書類送検された中国人留学生(22)が、他にも軍事利用可能な精密機器約10点を日本のインターネットオークションで入手し、中国に輸出していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、留学生は2015年の来日直後から、ネットオークションで監視カメラや、電波の波形を測定して機器が壊れていないかチェックする「オシロスコープ」などを落札し、中国に輸出していた。いずれも外為法で輸出に許可が必要な「リスト規制」の対象だった可能性がある。     https://this.kiji.is/307112274588370017?c=39546741839462401

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・世田谷区でバスが電柱に衝突、居眠りか(25日)TBS

25日午後、東京・世田谷区の路上で路線バスが電柱に突っ込み乗客ら11人が病院に運ばれました。
 バスの前の部分が電柱にめり込んで大きくゆがみ、フロントガラスが割れています。午後1時すぎ、世田谷区桜上水の路上で「路線バスが電柱に激突している」と110番通報がありました。警察官が駆けつけたところ、路線バスが電柱に突っ込んで止まった状態だったということです。
 この路線バスには50代から80代の乗客、男女14人と50代の男性運転手の合わせて15人が乗っていて、このうち11人が病院に運ばれました。いずれも軽傷です。
 運転手は「居眠りをしてしまったかもしれない」と話していて、警視庁はさらに運転手から事情を聴き、事故の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3222221.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットカフェ強盗傷害、指名手配男を発見し逮捕(25日)TBS

東京・文京区のインターネットカフェで男性を刃物で刺し、現金32万円を奪ったとして指名手配されていた男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは住所不定・無職の畑野直樹容疑者(41)で、今月21日午後7時半ごろ、文京区・湯島にあるインターネットカフェで従業員の男性(49)の左腕などを刃物で刺したうえ、現金32万円を奪った疑いが持たれています。男性は重傷で、現在も意識が回復していないということです。
 警視庁は畑野容疑者を指名手配し、行方を追っていたところ、25日、千葉県の船橋市内で身柄を確保しました。畑野容疑者は男性にけがをさせたことは認めたうえで、「売り上げ金を奪ったことについては考えさせて下さい」と供述しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3222234.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日 単位・レベル) 
治安の先行きが不安だ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013314

逮捕された妻と娘2人は不起訴(11日)フジテレビ
神戸山口組系組員ら4人不起訴 飲食店の恐喝容疑で逮捕
(6日)朝日
振り込め詐欺の金 息子から受け取った疑いで逮捕の母親 不起訴(2日)NHK    
自転車で高齢者を“ひき逃げ”逮捕の男性を不起訴に(1日)テレビ朝日
警察官の腕に噛みつき手錠のまま逃走 不起訴処分に(26日)テレビ朝日
品川男女2人刺殺 殺人容疑の男性不起訴 東京地検(20日)産経
愛知県課長補佐を懲戒免職 児童買春容疑で逮捕、不起訴(19日)朝日
買春容疑の演歌歌手男性、不起訴 宇都宮地検支部(16日)共同
逮捕の暴力団員6割不起訴 弱体へ軽微でも対象に(26日)共同

 上記の見出しはここ2カ月の主な不起訴事件の記事から抜粋したもの。近年は起訴率が減少傾向にある。
 検察統計年報によると平成27年の起訴人員は7万7268人で前年に比べて137人多いものの、昭和57年の12万2116人に比べればかなり少なくなっている。
 また不起訴は12万0522人。起訴猶予は7万8467人で起訴率は39.1%だった。これも統計のある昭和57年以降で同60年の60.1%に比べれば数字はかなり低く、不起訴が大幅に多くなっていることを裏付けている。
 起訴率が30%台になったのは平成25年から。昭和60年の最も高かったのを除いて同57年から平成16年までは50%台で推移。同17年から減少傾向に入っている。
 これに対して道交法違反を除く特別法犯の27年の起訴人員は4万8768人で前年に比べて746人の増加。不起訴は4万2726人で、起訴率は53.3%だった。
 このように昭和の時代に比べて起訴率は減少しているが、警察の検挙率も減少しており、治安の先行きに不安を感じる。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

1億円相当ビットコイン“強盗未遂” 少年4人逮捕(25日)テレビ朝日

仮想通貨「ビットコイン」を脅し取ろうとしたとして、19歳の少年ら4人が逮捕されました。
 自称・福岡県在住、無職の19歳の少年ら4人は24日午後4時半すぎ、東京・港区のホテルで会社員の男性(26)の顔を素手で殴り、ナイフのような物を見せながら「早くコイン出さないと刺すからな」などと言って仮想通貨「ビットコイン」を脅し取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、少年らは男性の携帯電話を操作して1億円相当のビットコインを送金しようとしましたが、男性が隙を見て部屋から逃げ出して110番通報したということです。男性にけがはありませんでした。少年らは取り調べに対して黙秘していて、警視庁は詳しい経緯を調べる方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000115280.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【北朝鮮船漂着】 漂着の北朝鮮船流される? 県警が監視も25日朝に姿消す(25日)産経

秋田県由利本荘市の海岸に漂着した北朝鮮籍とみられる木造漁船について秋田県警が25日朝、漂着した場所からなくなっているのを確認した。海に流された可能性もあり、県警が現場の状況を調べている。
 漂着した漁船は24日まで同市内の船舶係留施設「本荘マリーナ」内の防波堤につながれていた。しかし、同マリーナの話では、25日午前8時ごろにはつながれていた場所から姿が消えていたという。
 秋田県警は24日、防波堤へつながる道路を立ち入り規制し、24時間態勢で警戒していたが、25日午前の段階で船がなくなっているのを確認した。
 国土交通省港湾局の観測によると、25日朝にかけての秋田港の波高は午前6時40分に最大2・23メートルだった。
 一方、県警由利本荘署で保護された漁師ら8人は健康状態に問題なく、25日朝には弁当を食べたという。今後、仙台入国管理局などが本格的な事情聴取を行う。
 漁船は全長約20メートルのイカ釣り漁船。エンジンが故障し、後部が損傷した状態で見つかった。23日午後11時半ごろに周辺住民の通報で発見された。
http://www.sankei.com/affairs/news/171125/afr1711250024-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

つきまとい行為で医師を懲戒処分 58歳男性、40代女性看護師に(25日)共同

杉田玄白記念公立小浜病院(福井県小浜市)に勤める管理職の男性内科医師(58)が、40代女性看護師に迷惑メールを送るなどの、つきまとい行為を繰り返したとして同病院は24日、男性医師を停職3カ月の懲戒処分とした。男性医師は辞職願を提出しており、30日付で退職する予定。
 また、小西孝病院長を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分、副院長、看護部長、事務部長をそれぞれ訓告処分とした。
 24日、同病院で小西病院長が会見し「職員が地域住民の信頼を失墜させる行為に及び深くおわびしたい。再発防止、信頼回復に全力で取り組む」と陳謝した。
 同病院によると、男性医師は女性看護師に対し今春ごろから、メール送信や自宅訪問などを繰り返したという。10月下旬、女性看護師が県警小浜署に相談。同署に対し男性医師が事実関係を認め、つきまとい行為をしない旨の誓約書を書いたらしい。その後、女性看護師が病院に相談した。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/264161

| コメント (0) | トラックバック (0)

エジプト235人死亡テロ「犯行グループの車両破壊」と発表(25日)NHK

エジプト東部のシナイ半島でイスラム教の礼拝施設モスクが襲撃され、230人余りが死亡したテロ事件で、エジプト国防省は、空軍が犯行グループの車両数台を見つけ破壊したと発表しました。
 エジプト、シナイ半島北部の町、ビルアベドでは24日、モスクが、武装グループに襲撃され、金曜日の礼拝のため集まっていた人たちあわせて235人が死亡したほか、100人余りがけがをしました。
 武装グループは4台の車両を使っていたとされ、事件でけがをした男性は、搬送された病院で「武装した10人から20人が外からモスクに入ってきてすべてを破壊した。多くの人が殺された」と証言しました。
 エジプト政府は「犯行グループに必ず罰を受けさせる」としていてエジプト国防省は25日、空軍が犯行グループの車両数台を見つけて破壊し、中にいた人物も殺害したと発表しました。
 今回の事件について、犯行を主張する声明などは出されていませんが、シナイ半島では過激派組織IS=イスラミックステートの支部を名乗る武装グループが、軍や警察への襲撃や少数派のキリスト教徒に対するテロを繰り返しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171125/k10011235101000.html?utm_int=news_contents_news-main_001&nnw_opt=news-main_a

| コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡市に北朝鮮の漁船か、海岸に残骸と男性遺体(25日)TBS

25日午前6時半ごろ、新潟県佐渡市の海岸に木造船の残骸と男性の遺体が漂着しているのが見つかりました。北朝鮮の漁船とみられていて、関係機関が調査しています。
 25日午前6時半ごろ、新潟県佐渡市北片辺の海岸に木造船とみられる船の残骸と男性の遺体が打ちあがっているのを住民が見つけ、通報しました。遺体は上半身裸で腐敗が進んでいて、死後1か月以上たっているものとみられています。
 佐渡市では、23日もこの海岸から500メートル離れた岩場にハングルが書かれた漁船が漂着しているのが見つかっています。
 また、秋田県由利本荘市でも23日に木造船が漂着し、「北朝鮮から来た」と話す男性8人が保護されています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3222025.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

韓流女性グループ狙う?=連日爆破予告-東京、名古屋(25日)時事

24日午後3時前、名古屋市中区の東別院会館に「爆発物を仕掛けた」との電話が愛知県警中署にあった。同会場では、韓国の女性アイドルグループ「Apink(エーピンク)」が握手会を予定していたことから、ファンらが避難するなど現場は一時騒然となった。
 23日にも東京都中野区で予定されていた同グループのイベント会場に「ボム(爆発物)を置いた」などと、警視庁中野署などに電話があった。両日とも男の声で、英語を話していたという。中署などは同一犯の可能性があるとみて、威力業務妨害容疑で捜査している。
 いずれの会場でも爆発物は発見されず、握手会やイベントは行われた。けが人はいなかった。https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112401197&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

米海兵隊員を偽造カード所持で逮捕 警視庁(25日)産経

東京・渋谷の百貨店で偽造クレジットカードを所持していたとして、警視庁が10月、不正電磁的記録カード所持の現行犯で、沖縄県浦添市の米軍基地「キャンプ・キンザー」に所属する海兵隊員の米国籍の男(25)を逮捕していたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。市販の器具などを使ってカードを偽造していた疑いがあり、既に同罪で起訴された。カードをめぐる犯罪は近年、増加傾向にあり、捜査当局が警戒を強めている。
 捜査関係者によると、男は10月29日、休暇を利用して勤務地の沖縄から上京。渋谷区内の百貨店にあるブランドショップを訪れ、偽造カードでベルトなどを購入しようとした。カードと本人の言動に不審な点があったことから、店舗従業員が渋谷署に通報し、駆けつけた捜査員が現行犯逮捕したという。
 男は基地の敷地内にある寮に居住。同じ基地に勤務する同僚のカード情報を「スキミング」と呼ばれる手法で盗み出し、市販の器具などで偽造カードを作り、所持した疑いがある。
 警察庁によると、カード犯罪の認知件数は平成19年に5518件で、その後6年連続で減少していた。しかし26年から増加に転じ、28年には前年の1・5倍超の4358件に急増。摘発件数も同年、前年から1・6倍超の3800件に達するなど増加傾向にある。
 捜査関係者は「組織的なものから個人によるものまでカード犯罪の裾野が拡大している」と指摘した。http://www.sankei.com/affairs/news/171125/afr1711250003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡にも木造船漂着、船体にハングルで「漁港」(25日)読売

新潟県佐渡市の片辺漁港近くの岩場で23日午前11時半頃、無人の木造船が漂着しているのが見つかり、佐渡海上保安署が24日に陸揚げして調べたところ、激しく損壊した船体の一部に「漁港」を意味するハングルが確認された。
 漁網やイカ釣り針、防寒着も周辺で見つかった。
 船は長さ約10メートル、幅約2メートルと推定されるという。多量の藻類が付着していることなどから、同保安署は、長期間漂流していたとみている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171124-OYT1T50109.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

衆院選 選挙違反39件摘発 過去最少に(25日)NHK

先月投票が行われた衆議院選挙で、全国の警察が摘発した選挙違反は39件で34人が検挙されたことが、警察庁のまとめでわかりました。
 警察庁によりますと、先月22日に投票が行われた衆議院選挙で、今月21日までに全国の警察が公職選挙法違反の疑いで摘発した件数は39件で、11人の逮捕者を含む34人が検挙されました。
検挙された人数は前回3年前の衆議院選挙と同じでしたが、摘発の件数は統計を取り始めた昭和27年の衆議院選挙以降、最も少なくなりました。
 容疑別では買収が19件で最も多く、候補者のポスターを剥がすなどの自由妨害が9件などとなりました。
このうち大阪では選挙運動の見返りに報酬を渡す約束をした運動員が、熊本では「日当を支払う」と持ちかけてビラ配りをさせた運動員が、それぞれ買収の疑いで逮捕されました。
 一方、今回の衆議院選挙は全国規模では初めて18歳以上に選挙権を得られる年齢が引き下げられましたが、警察庁によりますと、年齢の引き下げに伴う検挙者はいなかったということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171125/k10011234711000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

シートベルト警報解除ほう助疑い 器具販売業者を全国初立件(25日)共同

車のシートベルト未着用時の警報音が鳴らないようにする器具「キャンセラー」を巡る商標権侵害事件で、器具を売って車の不正改造を手助けしたとして、千葉県警が24日、道路運送車両法違反ほう助の疑いで、中国籍の車用品販売会社社長林瑞勇容疑者(41)ら神戸市の販売業者2人(商標法違反容疑で逮捕)を追送検したことが捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、同様の器具は通販サイトなどに多数出品されているが、販売行為の違法性を問うのは困難とされており、不正改造の手助けに当たるとして立件するのは全国初。キャンセラーの売買に影響を与える可能性がある。
https://this.kiji.is/306883811042755681?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

性犯罪登録1600人超 13歳未満被害、警察が住所把握(25日)共同

13歳未満の子どもへの暴力的な性犯罪で懲役刑や禁錮刑となり、出所後に警察が居住地を登録する「再犯防止措置対象者」は、制度が始まった2005年から昨年末時点までの累計で1679人だったことが25日、警察庁への取材で分かった。全体の41%は一定期間に再犯がないため解除されたが、8%は再び摘発されていた。
 登録制度は、警察が対象者の居住地を把握し、定期的に接触を図ることで再犯防止につなげる狙いがある。登録制度を巡っては、刑期を終えた対象者に警察が接触することで、家庭生活や仕事へ影響を与えたり、プライバシーを侵害したりする懸念もある。
https://this.kiji.is/306893208577836129?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

エジプトでモスク襲撃、235人死亡(25日)TBS

エジプト東部のシナイ半島で24日、武装グループがイスラム教のモスクを襲撃し、少なくとも235人が死亡しました。
 ロイター通信などによりますと、シナイ半島北部のモスクで24日、武装グループが爆発物を爆発させたうえ、礼拝に訪れていた信者らを一斉に銃撃し、地元当局によりますと、これまでに少なくとも235人が死亡しました。犯行声明はまだ出ていませんが、シナイ半島では過激派組織「イスラム国」による治安当局への攻撃が相次いでいます。
 AP通信は、今回襲撃されたモスクについて、「イスラム国」が“異端”として敵視する宗派の信奉者が多く訪れていたと伝えています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3221644.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

首都高3号線でトラックが防音壁に衝突、一時通行止めに(25日)TBS

24日夜、東京・世田谷区の首都高速3号線でトラックが防音壁に衝突する事故があり、首都高速3号線は現場付近で一時通行止めになりました。
 24日午後10時ごろ、世田谷区桜新町の首都高速3号線上りで、トラックが防音壁に衝突し、さらに、トラックは、そのはずみで中央分離帯にぶつかったあと、防音壁を突き破るようにして止まりました。トラックを運転していたのは30代の男性で、けがはないということですが、トラックが積んでいたガラス片などの産業廃棄物が首都高速の下の、国道に落下しました。
 また、首都高速3号線の上りは現場付近でおよそ2時間半にわたって通行止めとなり、その後も交通規制が続いています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3221870.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

管制施設で通信トラブル 航空機が一時発着できず(25日)テレビ朝日

24日夜、札幌市の航空管制施設でトラブルがあり、新千歳空港などで一時、航空機の発着ができなくなりました。
 午後8時前、札幌市東区にある国土交通省の管制施設で無線機の通信トラブルがありました。このトラブルで、管轄する北海道周辺と東北の一部の上空で管制官とパイロットのやり取りができなくなり、北海道や青森の空港で離着陸ができない状態になりました。約1時間半後に復旧しましたが、新千歳空港発着の22便が欠航し、青森空港などでも欠航や遅れが出ました。この影響で客の多くは急きょ、空港の近くのホテルを取るなど対応に追われました。国交省によりますと、トラブルを起こした無線機は屋内にあり、雪の影響ではないということです。トラブルの原因はまだ分かっていません。
 乗客の女性:「仕事だったんですけど、(出発)できないので上司に電話して」
 羽田空港では配られた毛布にくるまって夜を過ごす人もいました。各航空会社によりますと、25日の運航に大きな影響はないということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000115267.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“札束”は新聞紙盗まず逃げた 元職場侵入容疑の介護士逮捕 福岡(25日)西日本

以前勤務していた老人ホームに侵入し、入居女性の部屋から金品を盗もうとしたとして、福岡東署は24日、住居侵入と窃盗未遂の疑いで福岡市南区の介護士の男(20)を逮捕した。入居女性(90)は以前も窃盗被害に遭っており、新聞紙で作った偽の札束で、2度目の被害を防いだという。
 逮捕容疑は10月8日朝、同市東区の老人ホームに侵入、入居女性の部屋から金品を盗もうとした疑い。容疑を認めているという。
 署によると、男は暗証番号を入力して施設に入り、事務室に保管していた合鍵で女性の部屋に侵入。女性は今年8月、たんすに保管していた現金数十万円を盗まれており、再び窃盗被害があるかもしれないと、新聞紙で作った偽の札束を封筒に入れ、たんすに隠していた。結局、男は何も取らずに逃走したという。
 室内が物色されたことに気付いた女性が通報、防犯カメラの映像から男が浮上した。=2017/11/25付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/375741

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月24日 | トップページ | 2017年11月26日 »