« 茨城・大子町で高齢夫婦殴られ重体、傷害の疑いで無職の男逮捕(7日)TBS | トップページ | 旅館業、無許可営業の疑い1万件 民泊影響か、厚労省調査(7日)共同 »

2017年10月 7日 (土)

性犯罪被害女性が2次被害の実態明かす、手厚い支援の必要性訴え(7日)TBS

犯罪被害者の支援のあり方を考える集会が都内で開かれ、性犯罪の被害を受けた女性が警察署や病院で受けた2次被害の実態を明かし、手厚い支援の必要性を訴えました。
 「ひとけの無い所まで運転をさせられました。そして、真っ暗闇の農道のビニールハウスの前に車を止めさせられ、その車の中で、自分の車の中でレイプされました」(性犯罪被害者 早川恵子さん)
 性犯罪被害者として支援の必要性を訴えたのは、早川恵子さんです。早川さんは2004年、見知らぬ男に襲われ性的暴行を受けましたが、被害を相談した警察や病院で二次被害を経験したと明かしました。
 「処置が終わって、待合室で警察官と待っている時に、お医者さんがですね、トコトコとやってきて、私がいる前で、隣にいる警察官にこう言ったんですね、『精子がうじゃうじゃいたよ』と。その言葉が、何年も何年も私を苦しめ続けました」(性犯罪被害者 早川恵子さん)
 こうした二次被害を防ぐため、早川さんは性犯罪被害者の立場に立ったより手厚い支援が必要と訴えました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3177874.html

« 茨城・大子町で高齢夫婦殴られ重体、傷害の疑いで無職の男逮捕(7日)TBS | トップページ | 旅館業、無許可営業の疑い1万件 民泊影響か、厚労省調査(7日)共同 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65883928

この記事へのトラックバック一覧です: 性犯罪被害女性が2次被害の実態明かす、手厚い支援の必要性訴え(7日)TBS:

« 茨城・大子町で高齢夫婦殴られ重体、傷害の疑いで無職の男逮捕(7日)TBS | トップページ | 旅館業、無許可営業の疑い1万件 民泊影響か、厚労省調査(7日)共同 »