« 白い粉動画事件、正式裁判へ移行 被告が福井簡裁に申し立て(18日)共同 | トップページ | 仮想通貨の取引仲介会社の代表 詐欺の疑いで逮捕へ(18日)NHK »

2017年10月18日 (水)

不明の空自ヘリ 最後の交信で緊急内容なし 静岡 浜松沖(18日)NHK

17日、静岡県浜松市の沖合で飛行中に連絡が取れなくなった、航空自衛隊のヘリコプターとの最後の交信では、緊急の内容がなかったことが航空自衛隊への取材でわかりました。防衛省は、わずかな時間で、何らかの異常が起きて墜落したとみて、当時の詳しい状況を調べるとともに、乗っていた隊員4人の捜索を続けています。
 17日午後6時ごろ、静岡県にある航空自衛隊浜松基地所属で、4人の隊員が乗ったUH60救難ヘリコプターが浜松市の浜松基地から南におよそ30キロ沖合で飛行中にレーダーから機影が消えたあと、連絡が取れなくなり、付近の海上では航空自衛隊と書かれたヘリコプターのドアや搭載されている担架などが浮いているのが見つかったことから、防衛省は墜落したとみています。
 航空自衛隊によりますと、このヘリコプターは、午後5時51分に浜松基地を離陸し、11分後の午後6時2分にレーダーから機影が消えたということですが、その5分前の午後5時57分に行われた航空自衛隊の管制機関との最後の交信では緊急の内容がなかったことが航空自衛隊への取材でわかりました。
 当時、乗っていたのは機長の花房明寛・3等空佐のほか、副操縦士や整備員、それに救難員で、夜間の捜索訓練を行っていたということです。
 防衛省はわずかな時間で、何らかの異常が起きて墜落したとみて、当時の詳しい状況を調べるとともに、隊員4人の捜索を続けています。

「自衛隊と海保は夜通し捜索」

航空自衛隊浜松基地の広報担当、井上周一郎一等空尉は、17日夜10時半すぎ、基地の前で取材陣に対し、「現在、自衛隊や海上保安庁、地元の漁業組合などが捜索を行っています。自衛隊と海上保安庁については、夜通し全力で捜索を行っていきます」と話していました。
続く

« 白い粉動画事件、正式裁判へ移行 被告が福井簡裁に申し立て(18日)共同 | トップページ | 仮想通貨の取引仲介会社の代表 詐欺の疑いで逮捕へ(18日)NHK »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不明の空自ヘリ 最後の交信で緊急内容なし 静岡 浜松沖(18日)NHK:

« 白い粉動画事件、正式裁判へ移行 被告が福井簡裁に申し立て(18日)共同 | トップページ | 仮想通貨の取引仲介会社の代表 詐欺の疑いで逮捕へ(18日)NHK »