« 国交省 自家用機のパイロットに対する指導・監督強化へ(30日)NHK | トップページ | 北の密漁船再び活発化…能登沖に大型鋼船10隻(30日)読売 »

2017年10月30日 (月)

天皇皇后両陛下 全国豊かな海づくり大会に出席(30日)NHK

天皇皇后両陛下は、29日福岡県で開かれた、水産業の振興などを呼びかける「全国豊かな海づくり大会」に出席されました。
 両陛下は、九州北部豪雨の被災地を見舞うため27日から福岡県などを訪れ、29日は福岡県宗像市で開かれた「全国豊かな海づくり大会」に出席されました。
 式典には漁業関係者などおよそ1400人が参加し、はじめに九州北部豪雨の犠牲者に黙とうをささげました。続いて、大会を記念した作文コンクールで最優秀賞に選ばれた地元の小学2年生、野田光輝さんが「僕の大切な海や川」というテーマの作文を披露し、砂浜で魚釣りをしたときの海の美しい風景などを表現すると、両陛下は拍手を送られていました。
 このあと両陛下は、水産業の発展を願って福岡県内で放流するためのクロアワビやアサリ、ノリなどを地元の漁業関係者に手渡されました。
 式典では、若手の漁業者の代表6人が、「豊かな海の恵みを次の世代に引き継げるよう力を尽くします」というメッセージを読み上げました。
 両陛下は30日、北九州市役所などを訪ねられ、午後に帰京されます。

作文読んだ少年にお言葉

両陛下は式典会場をあとにされる際、作文を読んだ小学生に熱心にお言葉をかけられていました。作文を披露した小学2年生の野田光輝さんは「緊張しましたが、毎日練習して一生懸命、読みました。皇后さまから『川はピカピカと輝いているの』と言葉をかけて頂き、よい思い出になりました」と話していました。

皇后さま 女の子の帽子を拾われるほほえましさ

式典では、皇后さまにお手拭きを渡す役を務めた女の子の帽子が頭を下げたときに脱げ落ち、皇后さまがすぐに一緒に拾われるほほえましい場面がありました。帽子を拾ってもらった小学6年生の岩本明日葵さんは「ほほえみながら『ありがとう』と言って、帽子を拾っていただき、優しい方だなあと思いました」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171029/k10011203111000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

« 国交省 自家用機のパイロットに対する指導・監督強化へ(30日)NHK | トップページ | 北の密漁船再び活発化…能登沖に大型鋼船10隻(30日)読売 »

皇室関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65980662

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下 全国豊かな海づくり大会に出席(30日)NHK:

« 国交省 自家用機のパイロットに対する指導・監督強化へ(30日)NHK | トップページ | 北の密漁船再び活発化…能登沖に大型鋼船10隻(30日)読売 »