« 北日本や北陸では暴風・高波に警戒を(30日)NHK | トップページ | 釧路4人殺傷事件、責任能力争う 34歳男、釧路地裁初公判(30日)共同 »

2017年10月30日 (月)

ミサイル飛来を想定し、避難訓練 大学生が発案、岡山・倉敷(30日)西日本

北朝鮮による弾道ミサイル発射が相次いだことを受け、岡山県倉敷市のくらしき作陽大で30日、ミサイル飛来を想定した学生らの避難訓練があり、学生ら約430人が参加した。
 弾道ミサイル発射を伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)の内容が流されると、運動場で授業中の学生らが多目的音楽ホールに避難。途中で学内にある大学付属こども園の園児を誘導して、一緒に移動した。
 訓練は大学と岡山県、倉敷市の共催。学生のアイデアを受けて、大学側が市に訓練を提案して実施が決まった。
 同大学の西原千晴さん(19)は「どう避難すればいいのか確認できて良かった」と語った。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/369905

« 北日本や北陸では暴風・高波に警戒を(30日)NHK | トップページ | 釧路4人殺傷事件、責任能力争う 34歳男、釧路地裁初公判(30日)共同 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65981444

この記事へのトラックバック一覧です: ミサイル飛来を想定し、避難訓練 大学生が発案、岡山・倉敷(30日)西日本:

« 北日本や北陸では暴風・高波に警戒を(30日)NHK | トップページ | 釧路4人殺傷事件、責任能力争う 34歳男、釧路地裁初公判(30日)共同 »