« 痴漢疑われ逃走・死亡の男、液体使った暴行容疑で書類送検(17日)TBS | トップページ | 神戸山口組系幹部ら、建設現場の鉄板窃盗容疑で逮捕(17日)朝日 »

2017年10月17日 (火)

空自ヘリが浜松沖で不明 墜落の可能性(17日)NHK

17日夕方、静岡県浜松市の沖合で、航空自衛隊の隊員4人が乗ったヘリコプター1機が訓練で飛行中に連絡がとれなくなりました。防衛省は墜落した可能性があるとみて、隊員4人を捜索するとともに、当時の詳しい状況を調べています。
 防衛省によりますと、17日午後6時ごろ、静岡県にある航空自衛隊浜松基地所属のUH60救難ヘリコプター1機が浜松市の沖合を飛行中にレーダーから機影が消えました。
 機影が消えた場所は浜松基地から南におよそ30キロの海上で、当時は隊員4人が乗って夜間の捜索訓練を行っていたということです。
この訓練は海上に目標物を設置し、上空のヘリコプターから捜索するもので、低空飛行や旋回しながらの飛行を行うこともありますが、当時の飛行の状況はわかっていません。
 ヘリコプターとはレーダーから機影が消えたあと連絡が取れず、海上で部品のようなものが浮いているのが見つかったということです。
 防衛省は墜落した可能性があるとみて、隊員4人を捜索するとともに、当時の詳しい状況を調べています。

海上保安庁が捜索

第3管区海上保安本部によりますと、航空自衛隊のヘリコプターが墜落したとみられる海域に、海上保安庁の巡視船や巡視艇合わせて4隻を出して、隊員4人の捜索を行っているということです。
続く

« 痴漢疑われ逃走・死亡の男、液体使った暴行容疑で書類送検(17日)TBS | トップページ | 神戸山口組系幹部ら、建設現場の鉄板窃盗容疑で逮捕(17日)朝日 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空自ヘリが浜松沖で不明 墜落の可能性(17日)NHK:

« 痴漢疑われ逃走・死亡の男、液体使った暴行容疑で書類送検(17日)TBS | トップページ | 神戸山口組系幹部ら、建設現場の鉄板窃盗容疑で逮捕(17日)朝日 »