« 天皇皇后両陛下 全国豊かな海づくり大会に出席(30日)NHK | トップページ | 対教師暴力に悩む現場 昨年度8022件、県内は187件確認 警察「介入」19件、線引きは(30日)西日本 »

2017年10月30日 (月)

北の密漁船再び活発化…能登沖に大型鋼船10隻(30日)読売

石川県・能登半島沖約300キロの海域に広がる好漁場「

大和

やまと

たい

」で、今夏の集中取り締まりによって姿を消していた違法操業船の目撃が再び相次いでいる。
 ほとんどが北朝鮮船籍とみられ、これまでより大型の鋼船も増加。海上保安庁などが警戒を強めている。
 日本の排他的経済水域(EEZ)内にある大和堆は、暖流と寒流が交わる豊かな漁場だ。昨年9月頃から、周辺海域で違法操業船が目立ち始め、今年7月には、水産庁の取締船が北朝鮮籍とみられる船から銃を向けられる事件も発生。海上保安庁が7月上旬~8月下旬、初の集中取り締まりを実施し、警告に従わない船の周囲に放水するなどして、延べ約820隻をEEZ外へ強制退去させていた。
 しかし秋口から、再び侵入が始まった。海保関係者によると、これまでは全長5~10メートルの古い木造船が大半だったが、9月下旬以降は、全長40メートルほどの鋼船も頻繁に現れ、多い日で10隻以上の鋼船の違法操業が確認されたという。

(ここまで422文字 / 残り82文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171029-OYT1T50115.html?from=ycont_top_txt

« 天皇皇后両陛下 全国豊かな海づくり大会に出席(30日)NHK | トップページ | 対教師暴力に悩む現場 昨年度8022件、県内は187件確認 警察「介入」19件、線引きは(30日)西日本 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北の密漁船再び活発化…能登沖に大型鋼船10隻(30日)読売:

« 天皇皇后両陛下 全国豊かな海づくり大会に出席(30日)NHK | トップページ | 対教師暴力に悩む現場 昨年度8022件、県内は187件確認 警察「介入」19件、線引きは(30日)西日本 »