« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 練習船の実習生が自殺や行方不明 第三者委を設置(2日)テレビ朝日 »

2017年10月 2日 (月)

本部事務所の使用差し止め求める 神戸山口組に暴追センター(2日)西日本

兵庫県淡路市にある指定暴力団神戸山口組の本部事務所を巡り、暴力団追放兵庫県民センターが2日、近隣住民が平穏に生活する人格権が侵害されているとして、使用禁止を求める仮処分を神戸地裁に申し立てた。
 約2年前の神戸山口組結成以降、組関係者の会合が頻繁にあり住民から不安の声が上がり、住民団体などが使用差し止めの訴訟を検討。暴力団対策法の暴追センターが住民に代わり当事者となる代理訴訟の制度を利用し、申し立てを決めた。
 兵庫県警によると、使用差し止めの代理訴訟で、指定暴力団の本部を対象とするのは全国初。9月に住民約20人とセンターが訴訟の委託契約を結んだという。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/363066

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 練習船の実習生が自殺や行方不明 第三者委を設置(2日)テレビ朝日 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65866169

この記事へのトラックバック一覧です: 本部事務所の使用差し止め求める 神戸山口組に暴追センター(2日)西日本:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 練習船の実習生が自殺や行方不明 第三者委を設置(2日)テレビ朝日 »