« 警察が任意同行求めた東京 品川区の少年が逃走 一時は学校にも(11日)NHK | トップページ | チワワを無登録で販売容疑、3匹を18万円で 逮捕の84歳男、否認(11日)産経 »

2017年10月11日 (水)

容疑者宅から結婚記念品の包丁なくなる 川崎・刺殺事件(11日)朝日

川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、近くに住むアルバイトの黒沼由理さん(当時27)が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された元会社員鈴木洋一容疑者(37)が当時住んでいた同市高津区の自宅から、新品の包丁2本がなくなっていたことが捜査関係者への取材でわかった。神奈川県警は凶器として使われた可能性があるとみている。

 鈴木容疑者は事件から半年余り後の07年4月、同じ宮前区内の路上で、会社員女性(当時40)を刃物で刺して大けがを負わせたとして逮捕された。
 捜査関係者によると、この捜査の過程で、鈴木容疑者の自宅を県警が捜索したところ、包丁セットの中から2本がなくなっていた。結婚記念に贈られたもので、手つかずのまま保管されていたといい、当時の妻は県警に対し、「一度も使ったことがない。いつなくなったのかわからない」と話したという。
 鈴木容疑者は会社員女性への殺人未遂罪で懲役10年の判決が確定。服役中に自ら黒沼さん殺害を認め、事件について説明した。「車を運転中、トンネルに女性が入っていくのを見た。車内にあった包丁を使って刺した。包丁はその後、捨てた」などと述べたが、見つかっていないという。
 鈴木容疑者の逮捕容疑は、06年9月23日午前0時ごろ、宮前区のJR武蔵野貨物線下のトンネルで、歩いて帰宅中の黒沼さんの右胸や左腹を刃物で刺し、殺害したというもの。(山下寛久、伊藤和也)
http://

« 警察が任意同行求めた東京 品川区の少年が逃走 一時は学校にも(11日)NHK | トップページ | チワワを無登録で販売容疑、3匹を18万円で 逮捕の84歳男、否認(11日)産経 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65904330

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者宅から結婚記念品の包丁なくなる 川崎・刺殺事件(11日)朝日:

« 警察が任意同行求めた東京 品川区の少年が逃走 一時は学校にも(11日)NHK | トップページ | チワワを無登録で販売容疑、3匹を18万円で 逮捕の84歳男、否認(11日)産経 »