« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警察署に侵入し設備破損か 近くの交番でバイク全焼(3日)テレビ朝日 »

2017年10月 3日 (火)

点滴で急死、1億円支払いで和解 死亡生徒の両親と病院、大阪(3日)西日本

大阪府高石市の高石藤井病院で2015年、点滴を受けた堺市の高校3年の女子生徒=当時(18)=が急死したのは不適切な薬剤投与が原因だとして、両親が病院を運営する医療法人「良秀会」(堺市)と医師に約1億2700万円の損害賠償を求めた訴訟があり、大阪地裁で3日までに和解した。病院側が診療に落ち度があったと謝罪し、1億円を支払う。
 9月26日付の和解条項には、病院側が再発防止策に取り組むことも盛り込まれた。
 生徒は15年12月29日夜、食後に目が腫れ、高石藤井病院の救急外来を受診。点滴を受けた直後に頭や胸の痛みを訴えて意識を失い、約3時間後に死亡した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/363355

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警察署に侵入し設備破損か 近くの交番でバイク全焼(3日)テレビ朝日 »

不祥事案」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65870063

この記事へのトラックバック一覧です: 点滴で急死、1億円支払いで和解 死亡生徒の両親と病院、大阪(3日)西日本:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警察署に侵入し設備破損か 近くの交番でバイク全焼(3日)テレビ朝日 »