« 善光寺本堂などに落書き 保護法違反で長野県警捜査(9日)日経 | トップページ | 神戸製鋼 データ改ざんは複数工場で組織ぐるみ(9日)NHK »

2017年10月 9日 (月)

状況酷似、連続通り魔か 川崎の2つの事件(9日)日経

川崎市宮前区で起きた11年前の女性刺殺事件と、2007年に女性が重傷を負った殺人未遂事件は、人通りの少ない場所を1人で歩いていた女性が刃物で襲われる状況が酷似していた。現場は約1.5キロしか離れておらず、服役中の男(37)による連続通り魔との見方が強まってきた。
 宮前区のトンネルで黒沼由理さんが殺害された約半年後の07年4月5日深夜、宮前区野川の路上で当時40歳の女性が刺され、重傷を負った。約1時間後、男は「犯人を止めようとして手にけがをした」と宮前署に申し出た。事件への関与は否定したが、その後、殺人未遂容疑で逮捕された。
 いずれの現場も人けが少ない場所で、男の自宅も近かった。このため県警は当初から連続通り魔の可能性があるとみていたが、黒沼さん殺害につながる物証はなく立件には至らなかった。
 昨年1月、男が出したはがきをきっかけに事件が動いた。ある捜査関係者は「代々引き継がれ、必死に取り組んできた事件。全容解明に結びつけたい」と意気込んだ。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22044130Z01C17A0CC1000/

« 善光寺本堂などに落書き 保護法違反で長野県警捜査(9日)日経 | トップページ | 神戸製鋼 データ改ざんは複数工場で組織ぐるみ(9日)NHK »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65892563

この記事へのトラックバック一覧です: 状況酷似、連続通り魔か 川崎の2つの事件(9日)日経:

« 善光寺本堂などに落書き 保護法違反で長野県警捜査(9日)日経 | トップページ | 神戸製鋼 データ改ざんは複数工場で組織ぐるみ(9日)NHK »