« 警察犬の慰霊祭、約30人が参列し献花 横浜市(28日)TBS | トップページ | 関与示唆男、店内に指紋 宮崎市強殺(18日)共同 »

2017年10月18日 (水)

栃木小1殺害、改めて無罪主張 控訴審初公判、自白の信用性争点(18日)共同

 2005年に起きた栃木県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件で殺人罪に問われ、一審宇都宮地裁の裁判員裁判で無期懲役の判決を受けた勝又拓哉被告(35)の控訴審初公判が18日、東京高裁(藤井敏明裁判長)で開かれ、弁護側は改めて無罪を主張した。
 凶器などの有力な物証はなく、自白の信用性が最大の争点。弁護側は「うその自白をさせられた」と主張も、一審は迫真性があると認定し有罪の根拠とした。
 一審判決によると05年12月1日、下校中の小学1年吉田有希ちゃん=当時(7)=を車で連れ去り、翌2日午前4時ごろ、茨城県常陸大宮市の林道で胸をナイフで多数回刺し失血死させた。https://this.kiji.is/293274846807786593?c=39546741839462401

« 警察犬の慰霊祭、約30人が参列し献花 横浜市(28日)TBS | トップページ | 関与示唆男、店内に指紋 宮崎市強殺(18日)共同 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65932333

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木小1殺害、改めて無罪主張 控訴審初公判、自白の信用性争点(18日)共同:

« 警察犬の慰霊祭、約30人が参列し献花 横浜市(28日)TBS | トップページ | 関与示唆男、店内に指紋 宮崎市強殺(18日)共同 »