« 徳島県警が女性を誤認逮捕 詐欺容疑で19日間勾留(11日)共同 | トップページ | 前山梨市長 採用試験をめぐる受託収賄罪で起訴へ(11日)NHK »

2017年9月11日 (月)

小田急沿線火災 緊急停止のいきさつなど当時の対応調査(11日)NHK

10日、東京・渋谷区の小田急小田原線の沿線にある建物から出火し、火が電車の屋根に燃え移った火事で、小田急電鉄は、電車が火災現場のすぐ脇で緊急停止したいきさつや乗客の避難誘導の状況など、当時の対応について詳しく調べることにしています。
 10日午後4時ごろ、東京・渋谷区代々木5丁目の3階建てのボクシングジムから火が出て、近くで停車した小田急小田原線の8両編成の電車の前から2両目に燃え移り、車両の屋根15平方メートルほどが焼けました。
 電車にはおよそ300人が乗っていましたが、警察や鉄道会社の誘導で線路を歩いて避難し、けがをした人はいませんでした。
 この火事の影響で、小田急小田原線は新宿と経堂の間の上下線で5時間余りにわたって運転を見合わせ、小田急電鉄によりますとおよそ7万1000人の乗客に影響が出ました。
 小田急電鉄が当時の状況を調べたところ、火災が発生したとき、運行を指揮する指令所に消防から「沿線で火災が起きた」と連絡がありましたが、指令所から乗務員に指示を出す前に、現場に駆けつけた警察官が近くの踏切に設置された非常停止ボタンを押したため電車に自動ブレーキがかかり、現場のすぐ脇で緊急停止したということです。
 その後、電車を動かしましたが、屋根に火が移ってしまったため再び停止して乗客を避難させたということで、すべての乗客の避難が確認できたのは最初の緊急停止の30分余りあとだったということです。
 小田急電鉄は、緊急停止したいきさつや避難誘導の状況、それに指令所と乗務員の連携など、当時の対応について引き続き詳しく調べることにしています。
続く

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170911/k10011134601000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

« 徳島県警が女性を誤認逮捕 詐欺容疑で19日間勾留(11日)共同 | トップページ | 前山梨市長 採用試験をめぐる受託収賄罪で起訴へ(11日)NHK »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田急沿線火災 緊急停止のいきさつなど当時の対応調査(11日)NHK:

« 徳島県警が女性を誤認逮捕 詐欺容疑で19日間勾留(11日)共同 | トップページ | 前山梨市長 採用試験をめぐる受託収賄罪で起訴へ(11日)NHK »