« 成田空港 五輪選手ら使うターミナル設置へ 混雑緩和で(30日)NHK | トップページ | 五輪に向け客引き行為禁止に 東京 台東区(30日)NHK »

2017年9月30日 (土)

高速道路の休憩所不足 道の駅で解消へ(30日)NHK

高速道路を運転するドライバーのための休憩施設を増やそうと、国土交通省は高速道路をいったん降りて近くの道の駅を利用しても1時間以内に戻れば追加料金がかからない取り組みを今年度中に全国の20か所で試験的に始めることを決めました。
 国土交通省によりますと高速道路でサービスエリアやパーキングエリアの間が25キロ以上離れている区間が全国でおよそ100か所あり、ドライバーの安全のために休憩施設の確保が課題になっています。しかし、休憩施設を新たに設置するには多額の費用がかかるため、国土交通省はインターチェンジの近くにある道の駅を活用する実証実験をことし5月以降、群馬県の関越自動車道など3か所で行っています。
 このシステムでは最新型のETCを搭載した車は高速道路を降りて近くの道の駅を利用したあと1時間以内に同じインターチェンジに戻れば追加料金がかかりません。
 国土交通省は効果を広く検証するため岩手県の八戸自動車道、兵庫県の舞鶴若狭自動車道、宮崎県の九州自動車道など全国17か所で今年度中に新たにこの取り組みを始めることを決めました。
 国土交通省は利用者から意見を聞いて検証を進め、今後、本格的に導入する方針です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170930/k10011162541000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

« 成田空港 五輪選手ら使うターミナル設置へ 混雑緩和で(30日)NHK | トップページ | 五輪に向け客引き行為禁止に 東京 台東区(30日)NHK »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65854416

この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路の休憩所不足 道の駅で解消へ(30日)NHK:

« 成田空港 五輪選手ら使うターミナル設置へ 混雑緩和で(30日)NHK | トップページ | 五輪に向け客引き行為禁止に 東京 台東区(30日)NHK »