« 秋の全国交通安全運動を前に交通イベント 東京・文京区(17日)TBS | トップページ | テレビで手配写真見た警官、通勤中に手配犯逮捕(17日)読売 »

2017年9月17日 (日)

裁判員制度「守秘義務重すぎる」改善求める声相次ぐ(17日)NHK

裁判員の候補者が、参加を辞退する割合が上昇する中、制度の在り方を考えるシンポジウムが開かれ、裁判員の守秘義務が重すぎるため経験が共有されず、関心が低くなっているとして、改善を求める意見が相次ぎました。
 裁判員を務めた人や弁護士などでつくる「裁判員経験者ネットワーク」は、17日都内でシンポジウムを開き、大学の研究者や裁判員の経験者などが意見を交わしました。
 裁判員制度では、候補者が参加を辞退する割合が上昇する傾向にあり、最高裁判所によりますと、制度が始まった平成21年の辞退率は53.1%でしたが、去年は64.7%に上っています。
 シンポジウムでは、裁判員を経験した人たちが、裁判が終わってからも評議の内容などについて家族や友人に話せないため経験が共有されず、関心が低くなっているという指摘が出ました。
 このため、少なくとも評議の進め方については、守秘義務の対象から外し、さらに評議で出た意見についても、発言した人を特定しないかぎり話せるようにすべきだといった意見が相次ぎました。
 「裁判員経験者ネットワーク」の代表の牧野茂弁護士は、「裁判員を経験した人たちのやりがいや悩みを伝えられるようにして制度をよくしていきたい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170917/k10011144011000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

« 秋の全国交通安全運動を前に交通イベント 東京・文京区(17日)TBS | トップページ | テレビで手配写真見た警官、通勤中に手配犯逮捕(17日)読売 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65802863

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度「守秘義務重すぎる」改善求める声相次ぐ(17日)NHK:

« 秋の全国交通安全運動を前に交通イベント 東京・文京区(17日)TBS | トップページ | テレビで手配写真見た警官、通勤中に手配犯逮捕(17日)読売 »