« 陸自でパワハラ国を提訴 元隊員「上官4人から暴行」 長崎地裁大村支部(16日)西日本 | トップページ | サイバー犯罪防止へ 警視庁と「ぴあ」が協定を締結(16日)テレビ朝日 »

2017年9月16日 (土)

渋谷暴動事件 犯人を“かくまった男”の初公判(16日)テレビ朝日

 「渋谷暴動事件」を巡り殺人の罪などで逮捕・起訴された活動家を匿ったとされる男の初公判が15日、大阪地裁で開かれました。
 職業不詳の鈴木哲也被告(53)は、1971年の渋谷暴動事件で、警察官を殺害した罪などで逮捕・起訴された中核派メンバーの大坂正明被告(67)を広島市内のマンションで匿った犯人蔵匿の罪に問われています。裁判長から氏名や職業などを問われても鈴木被告は一切無言で、起訴内容の認否については「決意表明」とする書面を13分にわたって読み上げました。「今回の起訴は国家権力によるでっちあげで、私は無実だ。不当な弾圧に対して、最後まで戦い抜くことを宣言する」などと主張しました。傍聴席からは拍手や掛け声が上がり、裁判長が制止する場面もありました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110171.html

« 陸自でパワハラ国を提訴 元隊員「上官4人から暴行」 長崎地裁大村支部(16日)西日本 | トップページ | サイバー犯罪防止へ 警視庁と「ぴあ」が協定を締結(16日)テレビ朝日 »

裁判」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷暴動事件 犯人を“かくまった男”の初公判(16日)テレビ朝日:

« 陸自でパワハラ国を提訴 元隊員「上官4人から暴行」 長崎地裁大村支部(16日)西日本 | トップページ | サイバー犯罪防止へ 警視庁と「ぴあ」が協定を締結(16日)テレビ朝日 »