« 突運転手「眠かった」と供述 徳島道事故 (2日)共同 | トップページ | 住宅に高齢夫婦と長男の3人の遺体 無理心中か 滋賀(2日)NHK »

2017年9月 2日 (土)

群馬大学開発の自動運転車 実験中ガードレールに衝突(2日)NHK

群馬大学が開発を進めている自動運転車が、1日、桐生市の県道で実証実験中にガードレールに衝突する事故を起こしていたことがわかり、大学は、スタッフの不注意によるものだと説明したうえで、謝罪しました。
 群馬大学によりますと、1日午前1時すぎ、群馬県桐生市にある理工学部のキャンパス近くの県道で、開発中の自動運転車が実証実験で走行していたところ、ガードレールに衝突する事故を起こしたということです。
 実験当時、車には開発を担当している大学の研究員など3人が乗っていましたが、いずれもけがはありませんでした。
 大学によりますと、実証実験ではハンドルをスムーズに動かすためプログラムを変更し、片側1車線の緩やかな左カーブで時速20キロで走行しながら自動運転に切り替えたところ、想定以上にハンドルが左に切られ、ガードレールに衝突したということです。
 プログラムではブレーキを踏むなどすると、自動運転が解除される仕組みになっていて、大学は、事故は運転席に座っていたスタッフの不注意によるものだとして、開発に影響はないと説明しています。
 開発責任者の群馬大学の峰岸敬理事は、「公道の実験で心配をおかけして申し訳ありません。再発防止に努めます」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170902/k10011123291000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

« 突運転手「眠かった」と供述 徳島道事故 (2日)共同 | トップページ | 住宅に高齢夫婦と長男の3人の遺体 無理心中か 滋賀(2日)NHK »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65740881

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬大学開発の自動運転車 実験中ガードレールに衝突(2日)NHK:

« 突運転手「眠かった」と供述 徳島道事故 (2日)共同 | トップページ | 住宅に高齢夫婦と長男の3人の遺体 無理心中か 滋賀(2日)NHK »