« 「宮司の思い込み拭えず」さい銭窃盗未遂で無罪(3日)読売 | トップページ | 【茨城女子大生殺害】容疑者、7年前から岐阜・瑞穂に在住…「家族仲良く、子煩悩」 隣人ら驚く(3日)産経 »

2017年9月 3日 (日)

捨てられる子、4年間で58人 孤立したまま出産(3日)朝日

■小さないのち みんなで守る

 路上などに遺棄された子どもが2013~16年度の4年間に少なくとも58人いて、うち10人が死亡していたことが、都道府県などへの朝日新聞の取材でわかった。多くが生後間もない赤ちゃんで、遺棄した人物が判明したケースの7割は実母によるものだった。妊娠を家族らに打ち明けられず、孤立したまま出産し、遺棄に至ったケースが多いとみられる。
 遺棄された子どもの保護などを担う児童相談所がある計69自治体(全都道府県と政令指定市、2中核市)にアンケートなどで今年5~8月に取材。「遺棄され、保護された時に親が分からない児童」という厚生労働省の「棄児(きじ)」(捨てられた子)の定義などに沿って、死亡した子どもも含め自治体が把握している人数や発見場所などを聞いた。
 発見場所は、路上(9人)、役場や児童養護施設などの敷地(9人)、トイレ(4人)、公園(3人)など。親が育てられない子どもを匿名で預かる慈恵病院(熊本市)の「こうのとりのゆりかご」に預けられた子どもも19人いた。
 58人のうち、詳細がわかった44人の中では、41人が0歳児。亡くなった10人を含む34人は生後0カ月児だった。発見時、低体温症など健康状態に問題があった子どもも10人いた。保護後の居場所は、里親(13人)、特別養子縁組(7人)、乳児院(7人)など。
 遺棄した人物を児相が把握できた25人のうち、実母による遺棄は18人。ほかは実父らによるものだった。一方、身元がわからない子どもが4割弱いた。
http://www.asahi.com/articles/ASK926VD1K92PTIL00N.html

« 「宮司の思い込み拭えず」さい銭窃盗未遂で無罪(3日)読売 | トップページ | 【茨城女子大生殺害】容疑者、7年前から岐阜・瑞穂に在住…「家族仲良く、子煩悩」 隣人ら驚く(3日)産経 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 捨てられる子、4年間で58人 孤立したまま出産(3日)朝日:

« 「宮司の思い込み拭えず」さい銭窃盗未遂で無罪(3日)読売 | トップページ | 【茨城女子大生殺害】容疑者、7年前から岐阜・瑞穂に在住…「家族仲良く、子煩悩」 隣人ら驚く(3日)産経 »