« 宇都宮市 障害者支援施設を家宅捜索、入所者が一時意識不明(11日)TBS | トップページ | 特殊詐欺にフタせよ…マンホールに啓発シール(11日)読売 »

2017年9月11日 (月)

拉致被害者家族が米へ出発 トランプ政権発足後初めて(11日)NHK

北朝鮮の核問題をめぐって緊張が高まる中、拉致被害者の家族が、トランプ政権発足後初めて、拉致問題解決への理解と協力を求めるためアメリカへ向けて出発しました。
 アメリカを訪れるのは中学1年生の時に新潟から北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの弟の拓也さんらです。
 一行は15日までワシントンとニューヨークに滞在し、アメリカの政府関係者や上下両院の議員らと面会するほか、現地のシンクタンクが開く拉致問題に関するシンポジウムに出席することにしています。
また、2004年に消息を絶ち、アメリカ議会下院が「北朝鮮に拉致された可能性がある」としているアメリカ人男性の家族との面会も調整することにしています。
 拉致被害者の家族がアメリカを訪問するのはトランプ政権発足後初めてで、北朝鮮の核とミサイルの問題に注目が集まる中、拉致が人命に関わる問題であることを訴え、解決への理解と協力を求めることにしています。
 出発前、成田空港で横田拓也さんは「北朝鮮の問題は核やミサイルが世界的な脅威となっていますが、人権や拉致の問題を埋没させてはいけないと訴えたい。拉致から40年になり、高齢となった親の世代は海外に行くことが困難な状況ですが、私たちの武器はことばしかないので声を上げていきたい」と話しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170911/k10011134841000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

« 宇都宮市 障害者支援施設を家宅捜索、入所者が一時意識不明(11日)TBS | トップページ | 特殊詐欺にフタせよ…マンホールに啓発シール(11日)読売 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65777570

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致被害者家族が米へ出発 トランプ政権発足後初めて(11日)NHK:

« 宇都宮市 障害者支援施設を家宅捜索、入所者が一時意識不明(11日)TBS | トップページ | 特殊詐欺にフタせよ…マンホールに啓発シール(11日)読売 »