« 警視庁、子どもたちにクイズ形式で交通安全呼びかけ(23日)TBS | トップページ | スズメバチが襲撃 都心の公園で子どもら11人被害(23日)テレビ朝日 »

2017年9月23日 (土)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日 単位・レベル) 
侵入盗が減少
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013175

 治安を観測する際の指標となるもうひとつが重要窃盗犯。そのなかで侵入盗が大幅に前年同期を下回るなど依然として抑止力は凄い。
 警察庁によると今年8月現在の重要窃盗犯の認知件数は5万9993件で前年より3515件の減少。検挙率は51.5%で同1.4ポイントアップした。
 内訳は侵入盗が最も多く4万8851件で前年より1754件も減らした。以下、自動車盗が6865件で同ー1287件、ひったくりが1920件で同-340件、すりが2357件で同-134件の順。
 認知件数のランキングでは愛知の5683件、大阪の5315件、東京の4835件、千葉の4706件、神奈川の3944件と続いた。
 検挙率のランキングは高かったのが山形の130.9%、秋田の110.9%、長崎の106.0%、大分の96.1%、和歌山の93.8%など。
 これに対して低かったのは山梨の23.4%、大阪の24.0%、福井の34.9%、福島、新潟の36.1%と続いた。
 刑法犯全体が減少し続けているが、重要窃盗犯の中の侵入盗は刑法犯認知件数が最悪を記録した平成14年の33万8294件から同28年には7万6477件になり、なんと26万1817件も減らしている。
 一方、減少が防犯カメラの威力と見られているひったくりは14年が5万2919件だったが28年には3493件と5万件も減少した。
 やはり泥棒が減ることは体感的にも安心できる。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

« 警視庁、子どもたちにクイズ形式で交通安全呼びかけ(23日)TBS | トップページ | スズメバチが襲撃 都心の公園で子どもら11人被害(23日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65828134

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 警視庁、子どもたちにクイズ形式で交通安全呼びかけ(23日)TBS | トップページ | スズメバチが襲撃 都心の公園で子どもら11人被害(23日)テレビ朝日 »