« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | DNA型一致が逮捕の決め手に…女子学生との接点は?(2日)テレビ朝日 »

2017年9月 2日 (土)

13年前の女子大学生殺害事件 フィリピン人の男を逮捕(2日)NHK

13年前、茨城県美浦村で茨城大学の当時21歳の女子学生が首を絞められて殺害されているのが見つかった事件で、警察は、フィリピン人の35歳の男が女子学生を殺害したとして、殺人などの疑いで逮捕しました。
 13年前の平成16年1月31日、茨城県美浦村の川の河口付近で、茨城大学農学部の2年生だった原田実里さん(当時21)が首を絞められて殺害されているのが見つかりました。
 警察は殺人・死体遺棄事件として捜査を進めたところ、3人の男が事件に関わった疑いが強まったとして、このうちの1人を2日、殺人などの疑いで逮捕しました。逮捕されたのは、フィリピン人で岐阜県瑞穂市に住む工員、ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)です。
 警察は、捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。容疑者と女子学生との関係についてはわからないとしています。
 また、警察は、ほかにも事件に関わったとして、海外にいる当時、少年だったフィリピン人の男2人を国際手配する方針で、今後、事件の詳しいいきさつなどを調べることにしています。

詳しい足取りわからず

殺害された原田実里さん(当時21)は当時、茨城大学農学部の2年生でした。大学ではトライアスロンのサークルに所属し、事件前日の1月30日に、東京でサークルの集まりに出席したあと、午後9時ごろに茨城県阿見町の自宅アパートに戻りました。
 アパートでは友人と過ごし、31日の午前0時ごろ、「出かけてくる」というメモを残して1人で外出しました。その後、午前9時ごろになって自宅アパートから6キロほど離れた清明川の河口付近で、首を絞められて殺害されているのが見つかりました。
 警察の捜索で、遺体発見現場から西におよそ8キロ離れた土浦市内で、原田さんの自転車が見つかったほかは、詳しい足取りはわかっていませんでした。
続くdownwardleft

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | DNA型一致が逮捕の決め手に…女子学生との接点は?(2日)テレビ朝日 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65742874

この記事へのトラックバック一覧です: 13年前の女子大学生殺害事件 フィリピン人の男を逮捕(2日)NHK:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | DNA型一致が逮捕の決め手に…女子学生との接点は?(2日)テレビ朝日 »