« 2017年9月22日 | トップページ | 2017年9月24日 »

2017年9月23日

2017年9月23日 (土)

男児3人が川でおぼれ、1人意識不明 千葉・柏市(23日)朝日

23日午後3時ごろ、千葉県柏市柏下の大堀川で「子どもがおぼれている」と通行人の女性から119番通報があった。川の中で水をかけあって遊んでいた市立柏第五小学校の男児3人がおぼれ、3年の男児(9)が意識不明の重体。2年の男児(7)と3年の男児(8)にけがはなかった。
 県警や消防によると、意識不明の男児は通報から約1時間15分後に深さ1・5メートルほどの川底で見つかった。心肺停止状態で、市内の病院に搬送されたという。ほかの2人は近くにいた釣り人らに救助された。
 現場は柏駅の東約1・5キロの河川敷。
http://www.asahi.com/articles/ASK9R5V6LK9RUDCB00H.html

| トラックバック (0)

2郵便局、キャッシャーごと現金持ち去られる(23日)読売

香川県高松市と同県東かがわ市の二つの郵便局で22日未明に、相次いで何者かが局内に侵入し、オートキャッシャーと呼ばれる現金が入った機械を持ち去っていたことが、日本郵便四国支社への取材でわかった。
 香川県警は窃盗事件として捜査している。
 同支社によると、高松市塩江町の安原郵便局と、同局から東に約30キロ離れた東かがわ市馬宿の相生郵便局。オートキャッシャーは局内のカウンター内側に設置されており、重さは50キロ以上あるという。その日の営業で使われる現金が保管されているという。  両局とも窓ガラスが割られ、出入り口の自動扉が壊されていた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170922-OYT1T50099.html

| トラックバック (0)

父親刺殺容疑で逮捕の男子高校生「きつく当たる父親怖かった」(23日)TBS

 21日、静岡市で父親の首などを刃物で刺し殺害したとして逮捕された16歳の男子高校生は、取り調べに、「以前から、きつく当たってくる父親が怖かった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかりました。
 男子高校生は事件当時、夕食の時間に自分の部屋で、ゲームをしていたことを父親から注意されて逆上したとみられています。
 また、母親が、「夫は仕事のストレスを家庭に持ち込んでいた」という趣旨の話をしているということで、警察は、男子高校生の動機などを調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3166392.html

| トラックバック (0)

乗用車が商業施設に突っ込む、妊婦と2歳長女が軽傷(23日)TBS

栃木県小山市で乗用車が商業施設に突っ込み、29歳の母親と2歳の長女が軽いけがをしました。
 23日午後3時過ぎ、小山市中久喜の商業施設「イオン小山店」で、乗用車が入り口のガラスを割り店内に突っ込みました。その際、乗用車は店内にあった複数の机をはね飛ばし、店内にいた茨城県ひたちなか市の岩間瑞紀さん(29)の右膝にあたりました。岩間さんは妊婦で、、一緒にいた2歳の長女とともに軽傷です。
 乗用車を運転していたのは茨城県筑西市の76歳の無職の女性で、警察の調べに対して、店の前の駐車場から出ようとした際、「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているということです。警察が当時の状況を詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3166480.html

| トラックバック (0)

スズメバチが襲撃 都心の公園で子どもら11人被害(23日)テレビ朝日

東京・港区の公園で、子ども6人を含む11人がスズメバチに刺されました。
 23日午後4時20分ごろ、港区・芝公園内のもみじ谷で「子どもがスズメハチに刺された」と119番通報がありました。消防などによりますと、子ども6人と大人5人の合わせて11人が園内を歩いていたところ、スズメバチとみられるハチに刺されました。駆け付けた救急隊が確認したところ、全員、軽傷だということです。11人は現場で手当てを受けた後、病院に搬送されました。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110723.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日 単位・レベル) 
侵入盗が減少
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013175

 治安を観測する際の指標となるもうひとつが重要窃盗犯。そのなかで侵入盗が大幅に前年同期を下回るなど依然として抑止力は凄い。
 警察庁によると今年8月現在の重要窃盗犯の認知件数は5万9993件で前年より3515件の減少。検挙率は51.5%で同1.4ポイントアップした。
 内訳は侵入盗が最も多く4万8851件で前年より1754件も減らした。以下、自動車盗が6865件で同ー1287件、ひったくりが1920件で同-340件、すりが2357件で同-134件の順。
 認知件数のランキングでは愛知の5683件、大阪の5315件、東京の4835件、千葉の4706件、神奈川の3944件と続いた。
 検挙率のランキングは高かったのが山形の130.9%、秋田の110.9%、長崎の106.0%、大分の96.1%、和歌山の93.8%など。
 これに対して低かったのは山梨の23.4%、大阪の24.0%、福井の34.9%、福島、新潟の36.1%と続いた。
 刑法犯全体が減少し続けているが、重要窃盗犯の中の侵入盗は刑法犯認知件数が最悪を記録した平成14年の33万8294件から同28年には7万6477件になり、なんと26万1817件も減らしている。
 一方、減少が防犯カメラの威力と見られているひったくりは14年が5万2919件だったが28年には3493件と5万件も減少した。
 やはり泥棒が減ることは体感的にも安心できる。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

警視庁、子どもたちにクイズ形式で交通安全呼びかけ(23日)TBS

クイズ形式で交通安全を学びました。
 東京・赤坂では、警視庁の交通安全を呼びかけるイベントが行われました。最近は自転車事故が増えていることから、子どもたちがクイズ形式で正しい交通ルールを学びました。
 イベントでは、TBSの山本恵里伽アナウンサーが一日警察署長を務め、交通安全を呼びかけました。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3166259.html

| トラックバック (0)

現金50万円、絵画や貴金属など1350万円窃盗被害 茨城(23日)産経

22日未明、茨城県鹿嶋市に住む無職の男性(70)から「家の中が荒らされている」と警察に通報があり、部屋にあった現金50万円のほか、絵画や貴金属、腕時計など1350万円相当が盗まれていたことが分かった。
 鹿嶋署の調べでは、住宅2階の窓ガラスが割られていた。男性は1人暮らしで、21日午後4時頃に外出し、22日午前1時ごろ帰宅した際、部屋の中が荒らされていることに気づいた。同署は窃盗事件として詳しい状況を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170923/afr1709230018-n1.html

| トラックバック (0)

仁科亜季子さんを恐喝未遂 容疑で元暴力団組長ら逮捕 警視庁(23日)産経

今年1月に亡くなった俳優、松方弘樹さんの元妻で女優の仁科亜季子さん(64)から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁町田署は23日、恐喝未遂の疑いで元暴力団組長の笠岡和雄容疑者(73)=神戸市=と、いずれも30代の男2人を逮捕した。
 3人の逮捕容疑は平成27年5月、東京都内の仁科さんの自宅に押しかけ、現金4600万円を脅し取ろうとしたとしている。
 捜査関係者によると、笠岡容疑者らは、玄関ドアをたたくなどして「貸付金の残金」と称して金銭の支払いを執拗(しつよう)に要求。仁科さんが110番通報し、パトカーが出動する騒ぎになっていた。
 約5年前から、仁科さんの自宅に脅迫文を送りつけていた疑いもあるほか、笠岡容疑者が運営するホームページに仁科さんを誹謗(ひぼう)中傷する内容の記事を掲載してトラブルになっていた。
 仁科さんは昭和47年に芸能界デビュー。54年に松方さんと結婚し、芸能界を引退。平成10年の離婚後に芸能界に復帰し、女優として活躍している。子宮頸がんなど複数のがんを発病した経験から予防ワクチンの接種を進める啓発活動を行ったことでも知られる。
http://www.sankei.com/affairs/news/170923/afr1709230016-n1.html

| トラックバック (0)

福岡県警、傷害事件で誤認逮捕 30代男性、「裏付け不十分」(23日)共同

福岡県警八幡東署は23日、傷害事件の捜査の過程で千葉県在住の30代の男性を誤認逮捕したと発表した。防犯カメラの映像などで逮捕した後、別の男による犯行の疑いが高まったため、男性を釈放したという。八幡東署は「裏付けが不十分だった」と説明している。
 事件は2016年5月4日夜に発生。北九州市の飲食店で客として来ていた男が、アルバイト女性にコップを投げつけ、あごに軽いけがをさせたとされる。
 カメラ映像や店に駐車していた車両の捜査から男性が浮上し、署は22日午前10時半ごろ山口県内で傷害の疑いで逮捕した。その後、別人の疑いが生じ、同日午後8時すぎに釈放したという。
https://this.kiji.is/284169852292367457?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

“山健組をなめてるからや!”任侠山口組の組員、襲撃の様子証言(23日)共同

指定暴力団神戸山口組を離脱し、暴力団「任侠山口組」に移った組員(50)に暴行してけがを負わせたとして、傷害の罪に問われた神戸山口組傘下の山健組幹部小林茂被告(55)=神戸市中央区=ら計3人の公判が22日、神戸地裁(芦高源裁判長)であった。被害に遭った組員が別室でビデオモニターを通して質問に答え、任侠山口組の織田絆誠代表(50)の自宅(当時)周辺を警戒中、3人が「『山健組をなめてるからこうなるんや』などと言いながら襲ってきた」と証言した。
 ほかに起訴されているのは、山健組幹部岩本武久被告(68)=埼玉県八潮市=と、同橋本憲二被告(58)=神戸市中央区。
 起訴状によると、5月6日午前3時半ごろ、同市中央区の路上で、任侠山口組に移った組員の頭を凶器で数回殴るなどし、重傷を負わせたとされる。
 被害に遭った組員は公判で、小林被告とは神戸山口と任侠の分裂騒動前まで親交があり、「相談に乗ってもらい、大先輩として敬っていた」と説明。分裂後、組幹部からは「挑発や暴力行為は行わないように」と指示を受けていたといい、組員は「自分は暴力を振るっていない」と主張した。
 法廷には神戸山口組の関係者とみられる傍聴者もおり、公判終了後に退廷する3人に向かって深々と頭を下げる一幕もあった。
 神戸山口組と任侠山口組を巡っては、神戸市長田区で12日、織田代表の護衛役だった任侠山口組の組員が射殺され、神戸山口組系組員の菱川龍己容疑者(41)が指名手配されている。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201709/0010579843.shtml

| トラックバック (0)

電線に絡まった男性死亡、自殺と事件の両面で捜査(23日)TBS

23日午前6時前、東京・渋谷区で外国人とみられる男性が電線に絡まった状態で見つかり、まもなく死亡が確認されました。警視庁は自殺と事件の両面で捜査を進めています。
 23日午前6時前、渋谷区・富ヶ谷の路上で、「男性がワイヤーで縛られている」と通行人の男性から110番通報がありました。
 警察官が駆けつけたところ、20代の外国人とみられる男性の右腕が電線に絡まり、地面に脚がついた状態で見つかりました。男性は意識がなく病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。
 男性に目立った外傷はなかったということで、警視庁は自殺と事件の両面で捜査を進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3166254.html

| トラックバック (0)

事件から11年 川崎のトンネル女性刺殺 現場で献花(23日)テレビ朝日

川崎市のトンネルで当時27歳の女性が殺害された事件から23日で11年です。神奈川県警の捜査幹部らが現場で花を手向け、情報提供を呼び掛けました。
 2006年9月23日、川崎市宮前区のトンネルで、近くに住むアルバイトの黒沼由理さんが胸と腹を刃物で刺されて殺害されました。23日、現場で神奈川県警の捜査幹部らが花を手向け、東急田園都市線梶が谷駅で情報提供を求めるチラシを配りました。これまでに延べ約2万3700人の捜査員が捜査してきましたが、犯人の検挙には至っていません。黒沼さんの着衣に乱れがないことなどから警察は通り魔の犯行とみていて、不審者の目撃がないかなど、広く情報提供を呼び掛けています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110705.html

| トラックバック (0)

警察犬の慰霊祭 “捜査・人命救助に貢献”たたえる(23日)テレビ朝日

東京・板橋区の動物霊園では、人命救助や事件捜査に貢献した警察犬の慰霊祭が行われました。
 今年秋に埋葬された警察犬は3頭で、このうちブッシュ号は4年前、東京・豊島区で起きた死体遺棄事件で被害者の遺体を発見して警視総監賞を受賞するなど、大きな功績を残しました。警察犬は人間の4000倍から6000倍の嗅覚を持つといわれ、現在、警視庁では約30頭の警察犬が活躍しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110708.html

| トラックバック (0)

仁科亜季子さんを恐喝未遂 容疑の暴力団関係者を強制捜査へ 警視庁(23日)産経

今年1月に亡くなった俳優、松方弘樹さんの元妻で女優の仁科亜季子さん(64)から金品を脅し取ろうとしたとして、警視庁が恐喝未遂の疑いで暴力団関係者ら数人について強制捜査に乗り出す方針を固めたことが22日、関係者への取材で分かった。
 仁科さんをめぐっては、平成27年5月、都内の仁科さんの自宅に暴力団関係者数人が押しかけ、仁科さんに「貸付金の残金」として数千万円を要求。仁科さんが110番通報するなど騒動になっていた。暴力団関係者が運営するホームページに仁科さんを誹謗中傷する内容の記事が掲載されるトラブルもあった。
 仁科さんは昭和47年に芸能界デビュー。54年に松方さんと結婚し、芸能界を引退。平成10年の離婚後に芸能界に復帰し、女優として活躍している。子宮頸がんなど複数のがんを発病した経験から予防ワクチンの接種を進める啓蒙活動を行ったことでも知られる。
http://www.sankei.com/affairs/news/170923/afr1709230004-n1.html

| トラックバック (0)

住居侵入容疑、搬送中に意識不明になった男が死亡 愛知(23日)朝日

 名古屋市天白区の民家の庭に侵入した容疑で現行犯逮捕され、パトカーで搬送中に容体が急変した会社員の男(67)=同市名東区=が22日午後11時21分、くも膜下出血で死亡した。愛知県警天白署によると、男は住人と面識がなく、庭に入った理由も説明しなかったため逮捕し、署に搬送したところ、署の駐車場で呼びかけに応じなくなったという。

| トラックバック (0)

東京ガスに不正アクセス、顧客情報106件流出(23日)読売

東京ガスは22日、インターネット上の同社サイトに外部からの不正アクセスがあり、106件分の顧客情報が流出したと発表した。
 同社によると、ガス料金などを照会できるサイトで今月11日以降、何者かに氏名や住所、ガス料金の支払い予定額などが不正に閲覧された。うち24件の顧客については、ポイントが計3万8000円分、不正に使用された形跡があるという。
 同社のサイトは8月にも国外から不正アクセスの被害を受けており、利用者にパスワードの変更などを呼びかけている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170922-OYT1T50091.html

| トラックバック (0)

消防庁 消火栓や防火水槽の適切管理を全国に通知へ(23日)NHK

今月、茨城県神栖市で、店舗兼住宅が全焼した火事の際、現場近くの消火栓が腐食して穴が開き使えなかった問題で、総務省消防庁は来週にも、消火栓や防火水槽の適切な維持・管理を求める通知を全国の市区町村に出すことを決めました。
 今月7日、神栖市波崎で、木造2階建ての店舗兼住宅が全焼した火事の際、現場からおよそ150メートル離れたところにある消火栓が使えなかったことが明らかになりました。
 この消火栓は、地下に掘った井戸から水を吸い上げる仕組みで、30年以上前に設置されたと見られ、金属の部分がさびて腐食が進んで穴が開き、水を吸い上げられない状態でした。
 これを受けて総務省消防庁は、消火栓などの適切な維持・管理を求める通知の文書を来週にも、各都道府県を通じて全国の市区町村に出すことを決めました。
 通知では、火事の際、消火活動で使われる消火栓や防火水槽について、点検を確実に行うことや、消防団などが腐食などの異常を見つけた場合は速やかに報告し、市区町村が修理することなどを求めることにしています。
 総務省消防庁は「この機会にすべての消火栓の点検を進め、問題なく使えるか確認してほしい」としています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170923/k10011153091000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| トラックバック (0)

東武野田線 送電線から火花 約6000人に影響(23日)NHK

22日夜、千葉県柏市の東武鉄道・東武野田線の沿線で送電線から火花が出て焼けるトラブルがあり、およそ6000人に影響が出ました。復旧作業は終わり、23日朝は始発から運転を再開していて、東武鉄道は今後、原因を調査することにしています。
 東武鉄道などによりますと、22日午後11時前、柏市の柏駅と新柏駅の間にある東武野田線の沿線で、送電線から激しく火花が出るトラブルがあり、電線が長さ2メートルほどにわたって焼けました。
 運転を見合わせたことで、電車に燃え移るなどの被害はありませんでしたが、復旧作業に時間がかかったため、東武野田線は千葉県の運河駅と六実駅の間で、終電まで運転を見合わせ、およそ6000人に影響が出ました。
 復旧作業は終わり、23日朝は、始発から上下線ともに運転を再開していて、東武鉄道は今後、焼けた送電線などを詳しく調べ、火花が出た原因を調査することにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170923/k10011153161000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| トラックバック (0)

警察署内でみだらな行為 男性警部を懲戒処分(23日)共同

勤務中に警察署内で部下とみだらな行為をしたとして、兵庫県警は22日、元兵庫署地域2課長の男性警部(39)=現・生活安全企画課=を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。部下の女性巡査(30)は本部長訓戒とした。
 県警によると、男性警部は今年5月下旬から独身の女性巡査と不倫関係を続け、共に当直勤務をしていた7月8日午前5時ごろ、2人で職場を抜け出し、同署の武道場更衣室で性行為に及んだとされる。
 2人は「悩みを相談し合っているうちに好意を持ち、盛り上がってしまった」などと話しているという。
 倉野喜朗監察官室長は「警察官として言語道断の行為であり、誠に遺憾。今後さらに指導・教養の徹底に努める」とコメントした。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201709/0010578268.shtml

| トラックバック (0)

高速バス運転手が心肺停止 乗客が代わりに停車、宮城(23日)共同

22日午後9時半ごろ、宮城県大崎市の東北自動車道下り線で、仙台市と大崎市を結ぶ高速路線バスの男性運転手が運転中に体調不良を訴え、乗客が運転を代わり路肩に停車させた。乗客二十数人にけがはない。地元消防によると、運転手は心肺停止状態で病院に搬送された。
 宮城県警高速隊によると、高速バスが急に減速し、運転手がうめき声を上げたため、前方に座っていた乗客数人が運転席に駆け寄り、サイドブレーキを引くなどして停車させた。乗客が「運転手の意識がない」と119番した。
 バスを運行する会社によると、運転手は46歳。出発前も健康状態に問題はなかったという。
https://this.kiji.is/283993944026039393?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

警視庁、少年・少女らの悩み聞く臨時相談所を開設(23日)TBS

新学期にあわせ、いじめや不登校などに悩む少年・少女らを対象に、警視庁の職員が相談に応じる臨時の「少年相談所」が設置されました。
 相談所は、東京・豊島区のデパート「東武百貨店」内に設けられ、警視庁の専門職員が、いじめや不登校などの問題を抱えた少年・少女や、万引きや薬物乱用といった子どもの非行に悩む親の相談に応じます。
 夏休みが明けて新学期が始まる9月は、新たな生活への不安などから子どもが不登校などの問題を起こしやすい傾向にあるとして、警視庁は「お子さんや保護者の方が気軽に相談できる機会を提供したい」と呼びかけています。相談は、24日まで「東武百貨店」池袋店の7階特設会場で受け付けているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3165707.html

| トラックバック (0)

通学路見守りは「教員の業務外」 中教審部会が分担案(23日)日経

教員の働き方改革を議論する中央教育審議会の特別部会は22日、登下校時の見守りや各種の調査への回答など、一部を教員が行っている5つの業務は「学校以外か教員以外が担うべきだ」とする対応案を示した。部活動は「地域単位の取り組みに移行し、将来は学校以外が担う業務として整理し得る」としている。役割分担を明確にして教員の負担を減らす。
 部会では教員が授業指導に集中できるよう、教員が負担しがちな11の業務について役割分担の在り方を議論してきた。
 基本的に教員の業務外と判断されたのは「登下校時の通学路の見守り」「放課後以降のパトロール、補導時の対応」「教育以外に関する調査への回答」「給食費などの徴収・管理」「地域ボランティアとの連絡調整」の5つ。地域や教育委員会、事務職員、保護者などで分担する案を示した。
 教員の負担が特に問題になっている部活動は「他にふさわしい者がいる場合、必ずしも教員が担う必要はない」とし、部活動指導員ら外部人材の活用を進める。
 「成績処理や教材準備」「いじめや虐待、支援が必要な生徒指導への対応」「休み時間の対応」などについては教員が担う必要があると指摘。一部をスクールカウンセラーなどの専門職員が受け持つ、書類を簡素にするといった工夫を促した。
 出席した委員からは役割分担を徹底するため、「専門員らの配置を増やす必要がある」「(安全に関わる業務は)責任の所在を明確にする法整備が必要」といった声があがった。対応案は年内に発表する中間まとめに盛り込む。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22HAS_S7A920C1CR8000/

| トラックバック (0)

茨城女子大学生殺害 フィリピン人の男を起訴(23日)テレビ朝日

13年前、茨城大学の女子学生を殺害したなどとして、水戸地検は逮捕されたフィリピン人の男を殺人の罪などで起訴しました。
 フィリピン人のランパノ・ジェリコ・モリ被告(36)は、2004年1月、当時少年だったフィリピン人2人と茨城大学に通う女子学生を車内に連れ込み首を絞めるなどして殺害した罪などに問われています。これまでの取材で、ランパノ被告は「仲間と遊んでいる時に女子学生を見つけて犯行に及んだ」という趣旨の話をしていることが分かっています。また、当時18歳だった共犯とみられる男は、マニラ郊外でANNの取材に応じ、「ランパノ被告が被害者を見つけ、連れ込んだ」と話しています。警察は共犯の男2人を国際手配するなど事件の詳しい経緯を調べています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110690.html

| トラックバック (0)

遺体を取り違え司法解剖 確認不十分、兵庫県警(23日)西日本

兵庫県警川西署は22日、バイクで自損事故を起こし、その後死亡し司法解剖予定だった男性(74)と、自宅で死亡し検視だけの予定だった男性(85)を取り違え、検視予定の男性を司法解剖するミスがあったと明らかにした。遺体の確認が不十分だったという。
 同署によると、解剖予定の男性は18日、兵庫県川西市内で事故を起こして死亡後、同署の霊安室の冷蔵庫で保管されていた。検視予定の男性は21日、自宅で死亡しているのが見つかり、霊安室の台上に袋に入れられた状態で置かれていた。
 交通課員4人が22日、台上の遺体を勘違いして医療機関に移動。その後、刑事課員が気付き発覚した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/360739

| トラックバック (0)

« 2017年9月22日 | トップページ | 2017年9月24日 »