« 2017年9月16日 | トップページ | 2017年9月18日 »

2017年9月17日

2017年9月17日 (日)

西日本新聞支局長が死亡=台北市内で交通事故(17日)時事

【台北時事】日本台湾交流協会台北事務所(大使館に相当)などによると、17日午前1時(日本時間同日午前2時)ごろ、西日本新聞台北支局長の中川博之さん(48)が台北市中心部で交通事故に遭った。中川さんをはねたタクシー運転手の通報で、同市内の病院に運ばれたが、同2時すぎに死亡が確認された。
 関係者によると、中川さんは台北市の繁華街の飲食店で宮崎県と熊本県の出身者らが集まる会合に参加。会合が終わり、1人で帰宅するために店を出た後、タクシーにはねられた。救急車で搬送されたが、既に心肺停止の状態だったという。
 中川さんは、昨年9月から台北支局長を務めていた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091700378&g=soc

| トラックバック (0)

ひき逃げで逮捕の男性に無罪判決 道路上の人「想定することは困難」 千葉地裁(17日)産経

千葉県長生村で平成26年1月、道路に横たわっていた男性=当時(29)=を車でひき逃げしたとして道交法違反の罪に問われた長生村職員の男性(40)に千葉地裁は15日、「人が横たわっていると想定することは困難だった」として無罪(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。
 楡井英夫裁判長は判決理由で「全身黒っぽい服を着ていた被害男性を人と認識してひいたとは認められない」と述べ、ひき逃げの罪は成立しないとした。
 判決によると、村職員の男性は26年1月15日未明、乗用車で長生村の村道に横たわっていた男性をひいたが、人だとは気づかず帰宅した。千葉地検の互敦史次席検事は「判決内容を精査し、適切に対処したい」とのコメントを出した。
 県警は26年11月19日、自動車運転過失致死とひき逃げの疑いで村職員の男性を逮捕。自動車運転過失致死罪は罰金50万円の有罪判決が確定した。ひき逃げ容疑について地検は不起訴としたが、千葉第2検察審査会が不起訴不当と議決していた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170917/afr1709170017-n1.html

| トラックバック (0)

拉致解決訴え国民大集会 「こんなに長くかかるとは」(17日)朝日

2002年9月に北朝鮮が日本人の拉致を認めて15年となった17日、「今年中に拉致被害者全員の救出を」と訴える「国民大集会」が東京都内で開かれた。高齢化が進む被害者の家族からは、打開策の見えない現状への不満の声が相次いだ。例年この時期に開かれてきたが、横田めぐみさん(拉致当時13)の両親は初めてそろって欠席した。
 5人の被害者が北朝鮮から帰国して15年。「こんなに長くかかるとは思ってもみなかった」。拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(79)は今夏、体調を崩して1カ月ほど入院したという。「40年も北朝鮮に監禁されている家族はさらに大変だ。核やミサイルの問題で混沌(こんとん)としているが、拉致問題は切り離して最優先で解決を」と訴えた。
 横田滋さん(84)、早紀江さん(81)夫妻は事前に収録したビデオでメッセージを寄せた。体調を崩し、活動を控えている滋さんは一言一言区切るように、「めぐみちゃんと、早く、会いたいです」と語った。早紀江さんは「40年がたつのに、めぐみの姿も誰の姿も見えない。いつまで置き去りにされるのか」といらだちを隠さなかった。事前の朝日新聞の取材に対しても、「被害者は日本国家に見捨てられたと思っているはず」と答えていた。
 集会は「政府は、今年中に救出を実現するため(北朝鮮との)実質的協議を最優先で行え」などと求める決議案を採択した。冒頭に出席した安倍晋三首相は「今週訪米し、トランプ大統領拉致問題への協力を求める。国連総会演説でも拉致問題について世界に訴えたい」と述べた。(清水大輔、編集委員・北野隆一
http://www.asahi.com/articles/ASK9K34BXK9KUTIL002.html

| トラックバック (0)

テレビで手配写真見た警官、通勤中に手配犯逮捕(17日)読売

大阪府警は16日、強盗殺人未遂容疑で指名手配中の無職・高橋俊雄容疑者(77)(大阪市西区)を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。
 この日朝、テレビニュースで手配写真を見た警察官が出勤中に高橋容疑者を偶然見かけて追跡、路上で拳銃を取り出したところを取り押さえた。
 発表では、府警機動警ら隊の巡査長(35)が16日朝、南海難波駅で高橋容疑者を発見。後を追いながら警部補(40)と合流し、高橋容疑者が駅前でタクシーに乗ろうとしたところを職務質問した。高橋容疑者が「お前ら何や」とどなりズボンのポケットから拳銃を出したため、2人で捕まえたという。周辺は一時騒然とした。拳銃は長さ14センチ。弾丸6発が込められていた。高橋容疑者は「拾った」と供述しているという。
 高橋容疑者は14日未明、大阪市浪速区で知人男性(59)の腹を刺して携帯電話などを奪ったとして強盗殺人未遂容疑で指名手配されていた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170917-OYT1T50036.html

| トラックバック (0)

裁判員制度「守秘義務重すぎる」改善求める声相次ぐ(17日)NHK

裁判員の候補者が、参加を辞退する割合が上昇する中、制度の在り方を考えるシンポジウムが開かれ、裁判員の守秘義務が重すぎるため経験が共有されず、関心が低くなっているとして、改善を求める意見が相次ぎました。
 裁判員を務めた人や弁護士などでつくる「裁判員経験者ネットワーク」は、17日都内でシンポジウムを開き、大学の研究者や裁判員の経験者などが意見を交わしました。
 裁判員制度では、候補者が参加を辞退する割合が上昇する傾向にあり、最高裁判所によりますと、制度が始まった平成21年の辞退率は53.1%でしたが、去年は64.7%に上っています。
 シンポジウムでは、裁判員を経験した人たちが、裁判が終わってからも評議の内容などについて家族や友人に話せないため経験が共有されず、関心が低くなっているという指摘が出ました。
 このため、少なくとも評議の進め方については、守秘義務の対象から外し、さらに評議で出た意見についても、発言した人を特定しないかぎり話せるようにすべきだといった意見が相次ぎました。
 「裁判員経験者ネットワーク」の代表の牧野茂弁護士は、「裁判員を経験した人たちのやりがいや悩みを伝えられるようにして制度をよくしていきたい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170917/k10011144011000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

秋の全国交通安全運動を前に交通イベント 東京・文京区(17日)TBS

今月21日から始まる秋の全国交通安全運動を前に、東京・文京区では警視庁による交通安全イベントが行われました。
 文京区にある警視庁大塚警察署の隣の広場で行われたイベントには、警察官や地元の住民らおよそ100人が参加し、交通安全を呼びかけました。イベントでは地元の子どもたちがパトカーや騎馬隊の馬に乗ったり、白バイの制服を着用する体験をしました。
 都内では、今年に入ってから16日までに幼児と小学生合わせて5人が交通事故で亡くなったということで、警視庁は「子どもたちにも交通安全の意識を持ってもらいたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3159846.html

| トラックバック (0)

約13万人に避難指示 大分・大野川などで河川氾濫(17日)テレビ朝日

大型の台風18号は17日午後5時ごろ、高知県に再上陸しました。台風が通過した九州では猛烈な雨が降り続け、大分県では佐伯市を流れる番匠川の水があふれ出しました。大分市内を流れる大野川が氾濫しました。さらに、複数の川で氾濫の危険が高まっていて、津久見市・臼杵市・佐伯市で合わせて13万人近くに避難指示が出されています。大分市内から報告です。
 (山下拓見アナウンサー報告)
 午後5時を過ぎて雨が少し弱まりました。空も少し明るくなりましたが、少しずつまた雨が強くなってきました。風は依然として強いままです。傘が役に立たないほどの雨・風が降り続いています。大分県内では沿岸部で、1時間に100ミリを超える雨が降ったとして、記録的短時間大雨情報が発表されました。15日からの総雨量は中部・南部で300ミリを超え、9月の一カ月間の平年値を超えました。川が氾濫、またはその危険性があるとして、3つの市、全域の13万人近くに避難指示が出されています。各地で住宅の浸水被害も確認されています。大分市を流れる大野川が氾濫したということです。大分市では裏山が崩れ、土砂が住宅に流れ込みました。高齢の女性が腰まで埋まりましたが、無事に救助されました。けがはありません。また、九州電力によりますと、台風の影響で最大670戸が停電しました。大分県が暴風域を抜けるのは、夜の始めごろとなりそうです。

             

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110246.html

| トラックバック (0)

山陽新幹線一時ストップ 倒木で停電、広島―博多間(17日)西日本

17日午後4時ごろ、山陽新幹線の新岩国―徳山間で停電があり、復旧作業が終了した午後7時25分ごろまで広島―博多間で運転を見合わせた。
 JR西日本によると、倒木が架線に引っ掛かったことが原因で、台風18号が影響した可能性がある。停車し立ち往生した列車が出たが、けが人の情報はなかったという。
 これを受け、岡山発新大阪行きの臨時新幹線を運行した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/359402

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日 単位・レベル) 
防犯カメラの威力

【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013125

 日本警察の抑止力は今、警察史上に残る記録を更新している。しかし、検挙率がちょっと気になるところではある…
 警察庁によると今年8月現在の刑法犯の検挙率は34.5%で前年より1.8ポイントアップした。検挙率が最も高かかったのが賭博の129.4%、そして凶器準備集合、傷害致死、賄賂がそれぞれ100%、殺人が97.8%、略取誘拐人身売買が97.4%、汚職が97.2%だった。
 検挙率が低かったのは窃盗犯の中の乗り物盗が8.6%、器物損壊が9.6%、通貨偽造が22.1%、詐欺が39.4%、住居侵入が43.1%となっている。
 昭和の時代を含めて最高の検挙率を誇ったのが昭和39年の63.9%。その内訳を見ると凶悪犯が91.7%、粗暴犯が95.1%、窃盗犯が54.4%、知能犯が93.4%、風俗犯が98.2%もあった。
 これは年間検挙率だが、今年8月現在と比べると知能犯で50.4ポイント、窃盗犯で24.3ポイント、粗暴犯で15.3ポイント、凶悪犯で7.1ポイントと全てで減少している。
 昭和の時代の検挙率は60%から低くても50%台で推移していた。ところが平成に入り40%台に落ち、一時は平成13年には19.8%まで下落。その後、持ち直したものの現在は30%台で推移している。

 日本警察のフロントである警視庁に吉田尚正総監が就任した。今、全国的に強盗事件やひったくりなど街頭犯罪の検挙率があがり発生が減少し続けている。なかでもひったくりは今年8月の検挙率と前年同期と比べて29.4ポイントもアップしているのだ。その武器となっているツールが防犯カメラ。その映像を利用した公開捜査の原点をつくったのが吉田総監。防犯カメラの映像を積極的に公開し、17年間も逃走し続けているオウム真理教手配犯の逮捕にこぎつけた。それを契機に今では防犯カメラは検挙に繋がっているだけでなく抑止効果にもなっている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

台風18号 空の便や新幹線に影響(午前11時半)(17日)NHK

台風18号の影響で、国内の空の便は、17日、九州を発着する便を中心に644便が欠航となったほか、九州新幹線も始発から一部の区間で運転を見合わせています。

空の便

航空各社によりますと17日、欠航となったのは、全日空が九州や四国、それに中国地方の空港を発着する便を中心に225便。
日本航空が九州や四国、それに中国地方の空港を発着する便を中心に208便。
ピーチ・アビエーションが成田と福岡を結ぶ便など39便。
日本エアコミューターが福岡と鹿児島を結ぶ便など31便。
ジェットスターが成田や中部と福岡を結ぶ便など39便。
スカイマークが羽田と長崎や鹿児島を結ぶ便など36便。
ソラシドエアが羽田と宮崎や熊本を結ぶ便など38便。
春秋航空日本が成田と佐賀を結ぶ便など8便。
日本トランスオーシャン航空は沖縄と福岡を結ぶ6便。
バニラエアが大阪と奄美大島を結ぶ便など6便となっています。
エアドゥが新千歳と広島や神戸を結ぶ便など6便となっています。
スターフライヤーが羽田と北九州を結ぶ2便となっています。

航空各社は今後、台風の進路によって欠航が増える可能性があるとして、ホームページなどで最新の運航情報を確認するよう呼びかけています。

鉄道

また、九州新幹線は17日の始発から熊本駅と鹿児島中央駅の間の上下線で運転を見合わせています。
このほか、山陽新幹線は始発から平常どおり運転していますが、JRは今後、台風による影響が出るおそれもあるとして、運行状況を確認するよう呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170916/k10011142631000.html?utm_int=news_contents_news-main_003&nnw_opt=news-main_a

| トラックバック (0)

【桶川ストーカー事件】遺族が警察学校で講演「被害者に勇気与える対応を」(17日)産経

警察のずさんな対応が問題になった平成11年の桶川ストーカー殺人事件で、大学生の長女、猪野詩織さん=当時(21)=を亡くした憲一さん(67)が京都府警察学校(京都市伏見区)で講演し、ストーカー事件の再発防止を訴えた。警察官への講演は初めてという。
 講演は15日に開催され、ストーカー事案を担当する京都府警の警察官や初任科生ら約200人が聴講。猪野さんは「(当時の警察の対応は)娘が殺されて当然のものだった。小さな悩みも確実に聞いて、被害者に勇気を与える警察であってほしい」と期待を込めて語りかけた。
 京都府警によると、過去の失敗を反省し、今後のストーカー対策に生かそうと依頼し、快諾されたという。猪野さんは講演後「真剣に聞いてくれていた。今の警察官には頑張ってほしい」と話した。
 桶川事件は、元交際相手からの嫌がらせや中傷を受けた猪野さん側が埼玉県警に再三相談していたが、適切な対応が取られず、11年10月、JR桶川駅(桶川市)前で待ち伏せていた男に刺殺された。ストーカー規制法ができるきっかけともなった。
http://www.sankei.com/affairs/news/170917/afr1709170015-n1.html

| トラックバック (0)

「うるさいと注意したが直さなかった」 同室の患者を殺人未遂で79歳男を逮捕 埼玉・熊谷(17日)産経

埼玉県警熊谷署は、殺人未遂の疑いで、同県熊谷市江南中央の無職、加藤十五容疑者(79)を逮捕した。「うるさいので注意したが、直さないので我慢できなかった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は15日未明、同所の病院に入院中、同室の男性(70)の頭をベッド転落防止用鉄柵で複数回殴り、殺害しようとしたとしている。男性は脳挫傷などで意識がないという。
 同署によると、病室には当時、計3人が入院していた。同日午前4時15分ごろ、病院の職員が同署に通報した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170917/afr1709170013-n1.html

| トラックバック (0)

線路転落、直後に電車通過…レール間に倒れ軽傷(17日)読売

横浜市南区の京急線井土ヶ谷駅で16日早朝、高齢女性がホームから線路上に転落し、直後に電車が通過したものの、レールと電車の隙間に倒れ込んだことから軽傷を負うだけで済む出来事があった。

  •                                
     
           

 神奈川県警南署などによると、同日午前6時10分頃、下り線ホームにいた同区内の無職女性(88)が線路に落ちた。駅に進入してきた品川発浦賀行き普通電車(6両編成)は、女性から約80メートル過ぎたところで停車した。
 ところが、女性は幅約1・4メートルのレール間にうつぶせになって倒れ、電車の底までも隙間があったため、顔に軽いけがを負った程度だったという。
 女性はつえをついて1人でホームにいたことが確認されているといい、同署で転落した原因を調べている。
 京急電鉄によると、この影響で上下線34本に遅れが生じ、約1万人に影響した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170917-OYT1T50005.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

マブチ事件の小田島死刑囚が病死 東京拘置所で(17日)共同

法務省は17日、2002年に当時のマブチモーター社長馬淵隆一さん宅での放火殺人など、3事件で計4人を殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われた小田島鉄男死刑囚(74)が東京拘置所で病死したと発表した。
 法務省によると小田島死刑囚は食道がんで治療中だった。16日午後10時すぎ、脈拍が低下して意識障害が生じ、午後10時半、拘置所内の医師によって死亡が確認された。
https://this.kiji.is/281959284463600737?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

台風18号、18日にかけ日本列島を北上 広範囲で暴風雨の恐れ(17日)日経

大型で強い台風18号は16日、鹿児島県・屋久島の西の海上を北東に進んだ。17日の朝から昼前にかけて九州に上陸し、18日にかけて速度を上げながら西日本から北日本の日本海側を北上する見込み。上陸後も強い勢力で移動し、西日本から東日本にかけての広範囲で大雨や暴風となる恐れがある。

黄円は風速15m/s以上の強風域、赤円は25m/s 以上の暴風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。薄い赤のエリアは暴風警戒域
画像の拡大

黄円は風速15m/s以上の強風域、赤円は25m/s 以上の暴風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。薄い赤のエリアは暴風警戒域

 気象庁は土砂災害や低地の浸水などに厳重な警戒を呼びかけている。
 宮崎市は16日、加江田川が氾濫する危険が高まったとして、38世帯76人に避難指示を出した。このほか鹿児島県で約1900人、福岡県で約1500人など、九州7県で少なくとも7400人が避難した。
 航空各社は九州や関西を発着する便を中心に17日始発からの欠航を決めた。16日午後8時時点で欠航が決まっている国内線は日本航空の99便、全日空の153便など。
 台風18号は17日午前0時現在、屋久島の西約250キロの海上を時速15キロで東北東に進んだ。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。最大瞬間風速は50メートル、中心から半径190キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。
 前線の活動が活発なため、台風の中心から離れた地域でも大雨となる恐れがある。17日から18日にかけては台風の北上に伴って台風を取り巻く発達した雨雲も日本列島にかかるため、広い範囲で激しい雨が降る見込み。
 18日午前0時までの24時間予想雨量はいずれも多いところで、四国、近畿が400ミリ、九州北部が350ミリ、東海が300ミリ、中国、関東甲信が200ミリとなっている。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H28_W7A910C1CC1000/

| トラックバック (0)

マレーシアの宗教学校火災で少年7人逮捕 殺人などの疑い(17日)産経

 マレーシアの首都クアラルンプールにあるイスラム教学校の生徒ら23人が死亡した火災で、マレーシア警察は16日、殺人や放火の疑いで11~18歳の少年7人を逮捕したと発表した。
 警察によると、火災発生の前日に少年らと学校の生徒らとの間でトラブルがあり、少年らが恨みを持ったことが動機とみて調べている。
 生徒は学校に寄宿し、イスラム教の聖典コーランを学んでいる。6~17歳の生徒21人と20代の教師2人が犠牲になった。(共同)
http://www.sankei.com/affairs/news/170917/afr1709170002-n1.html

| トラックバック (0)

「特殊詐欺」防犯意識高めるイベント(17日)フジテレビ

敬老の日を前に、特殊詐欺への防犯意識を高めるイベントが、東京・世田谷区で行われた。
イベントでは、特殊詐欺根絶に向けて、「だましの言葉は『飲めません』!」と書かれたタンブラー100個が配られた。
子どもたちも、振り込め詐欺に注意するメッセージを書き込んだピーポくんの折り紙を折り、特殊詐欺への防犯意識を高めた。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00370676.html

| トラックバック (0)

蓮池薫さん「政府、いま動かないと」 独自策を提言(17日)朝日

 北朝鮮が日本人の拉致を認めた日朝首脳会談から17日で15年。帰国した拉致被害者の一人、蓮池薫さん(59)が16日、新潟県柏崎市で朝日新聞のインタビューに応じた。「日本で待つ家族が生きているうちに被害者を帰さないと解決の意味がなくなる。政府はいま動かないと手遅れになる」。北朝鮮ミサイル発射核実験を繰り返す中、日本政府が拉致問題解決に向けた独自策を打ち出すよう求めた。
 国連の北朝鮮制裁決議が採択されるなど、「今は国際的に圧力の局面にある」。蓮池さんはそうみる一方で、「いつかは対話の局面になる。その時に備え、日本は水面下で拉致問題解決を求める姿勢を伝える努力が必要。見返りとして、軍事に振り向けられない経済協力のあり方も検討しておくといい」と語った。
 そのために、「安倍晋三首相には交渉の先頭に立ってほしい。核やミサイルの問題ではトランプ米大統領のメッセージを直接伝えつつ、拉致問題を持ちかけたらどうか。拉致問題解決なくして国交正常化も経済協力もない、との姿勢を強調すべきだ」と提言した。
 金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長との間に「交渉の余地はある」とみる。「先代(金正日(ジョンイル)総書記)が『被害者は死亡』とした報告を白紙にもできるということだ」。他方で、被害者や家族の高齢化が進む。「拉致は国家問題であると同時に家族の問題。家族が再会して一緒に暮らすためには、いまが切羽つまったぎりぎりの時期にある」と語った。
続くdownwardleft
http://www.asahi.com/articles/ASK9J53DYK9JUTIL00Y.html

| トラックバック (0)

施設に届いた敬老祝いの紅白まんじゅうにカビ(17日)読売

川崎市は16日、敬老の日に合わせて市内の特別養護老人ホームなどに届けた紅白まんじゅうにカビが生えているのが見つかったと発表した。
 健康被害は確認されていない。
 市によると、まんじゅうは市内の和菓子業者に製造を委託し、13~18日に計5552個を配送する予定だった。13日に受け取った1施設で消費期限の15日に入所者に配ろうとしたところ、約130個のほぼすべてでカビが見つかったという。
 市保健所が原因を調べている。16日に業者に立ち入り検査したが、衛生管理に問題はなかったという。業者は、市の要請で防腐剤を使っていなかった。
 市はまだ届けていなかった17施設(1898個)への配送を中止した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170916-OYT1T50154.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

暴力団員殺害事件 拳銃と一緒に容疑者の名前入り証明書 神戸(17日)NHK

神戸市で、指定暴力団・神戸山口組から離脱した暴力団員が拳銃で撃たれ殺害された事件で、殺人の疑いで指名手配された暴力団員の名前の入った証明書が、16日に神戸市で見つかった拳銃と一緒にかばんの中に入っていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察は拳銃が事件に使われた可能性が高いと見て調べています。
 今月12日、神戸市長田区の路上で、神戸山口組から離脱した「任侠山口組」の代表のボディーガードと見られる楠本勇浩組員(44)が、拳銃で殺害された事件で、警察は16日、対立する神戸山口組系の暴力団員菱川龍己容疑者(41)を、殺人の疑いで指名手配しました。
 また16日、事件現場からおよそ10キロ離れた神戸市北区で、歩道に置かれたかばんの中から拳銃2丁が見つかっていますが、このかばんの中に菱川容疑者の名前の入った証明書が入っていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。
 警察は拳銃が事件に使われた可能性が高いと見て調べるとともに、ほかにも神戸山口組側の数人が関わっているとして特定を進めています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170917/k10011142621000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

「悲しみから立ち直れない」 熊谷事件、妻子失った男性(17日)共同

埼玉県熊谷市で2015年9月、6人が殺害された事件から2年がたち、妻と娘2人を亡くした男性(44)が16日、熊谷市内で記者会見し「2年前と気持ちは何も変わらない。家族を失った悲しみから立ち直れていない」と、うつむきがちに話した。この日、市内の寺で三回忌の法要を執り行った。
 男性は、妻加藤美和子さん=当時(41)=と長女美咲さん=同(10)、次女春花さん=同(7)=を殺害された。
 事件当時、小学5年生だった美咲さんは生きていれば今年3月、小学校を卒業するはずだった。男性は卒業式に出席。「形に残したい」との思いで後日、美咲さんの卒業証書を受け取ったという。https://this.kiji.is/281731039318951009?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

台風18号、18日にかけて関東でも大雨・暴風に警戒(17日)TBS

台風18号の影響で、関東地方でも18日にかけて大雨となるほか、風が強まる見通しで、気象庁が警戒を呼びかけています。
 気象庁によりますと、台風18号の影響で関東地方でも大気の状態が非常に不安定になり、18日にかけて大雨が降る見通しです。局地的には1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあるほか、陸上でも最大瞬間風速35メートルの風が吹くと予想されていて、気象庁が警戒を呼びかけています。
 また、台風の影響で空の便の欠航が相次いでいます。17日運航予定の便のうち、全日空は153便、日本航空は147便、ピーチアビエーションは53便、ソラシドエアーは26便の欠航を決めていて、台風の進路などによっては欠航がさらに増える可能性もあります。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3159455.html

| トラックバック (0)

無免許少年の車と老人ホームの車衝突 70歳女性死亡(17日)テレビ朝日

無免許の少年が運転する車と老人ホームの車が衝突し、70歳の女性が死亡しました。
 16日午前8時45分ごろ、水戸市の市道で無職の18歳の少年が運転する乗用車が対向車線にはみ出し、前から走ってきた老人ホームの送迎車に衝突しました。この事故で老人ホームの利用者・大高照子さんが死亡、運転していた老人ホーム職員の47歳の女性が腰の骨を折る重傷です。警察によりますと、18歳の少年は免許を持っていませんでした。少年は胸を打つけがで入院していて、警察は今後、少年から事情を聴く方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110213.html

| トラックバック (0)

柴田理恵さんが一日署長 秋の交通安全運動を前に(17日)テレビ朝日

「秋の全国交通安全運動」を前に東京・杉並区で交通安全のパレードなどが行われ、タレントの柴田理恵さんが一日署長を務めました。
 杉並区のJR阿佐ケ谷駅前で行われたパレードには、地元の住民など約200人が集まりました。杉並区在住のタレント・柴田理恵さんが杉並署の一日署長を務め、交通安全を呼び掛けました。
 柴田理恵さん:「交通事故は本当に起こしてはいけない。自分たちの注意1つで防げるものであれば、細心の注意を払って事故を起こさないように」
 警視庁によりますと、都内では15日までに112人が交通事故で死亡していて、去年の同じ時期と比べて6人増えています。また、杉並署管内では交通事故の約4割で自転車が関係していて、杉並署・太田一豊署長は「交通事故のない社会を実現したい」と事故撲滅を呼び掛けました。秋の全国交通安全運動は、今月21日から10日間にわたって行われます。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110216.html

| トラックバック (0)

虐待の男、懲役10年確定へ 脅して死んだ金魚食べさせる(17日)西日本

最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は、福岡県久留米市で2015年、同居していた女の長女に死んだ金魚を食べさせたとして、強要などの罪に問われた無職江上孝被告(47)の上告を棄却する決定をした。14日付。懲役10年の一、二審判決が確定する。
 一、二審判決によると、15年2~9月、10代の長女を脅して多数の死んだ金魚を食べさせたほか、舌にたばこの火を押し付けるなどの虐待を繰り返した。
 被告側は「身に覚えがない」などと無罪を主張したが、一審福岡地裁久留米支部は「人格を無視した卑劣極まりない犯行」と退けた。二審福岡高裁は控訴を棄却した。女は有罪が確定している。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/359144

| トラックバック (0)

« 2017年9月16日 | トップページ | 2017年9月18日 »