« 2017年9月12日 | トップページ | 2017年9月14日 »

2017年9月13日

2017年9月13日 (水)

暴力団員射殺事件 組代表の転居先を探しだし襲撃か(13日)NHK

 12日、神戸市で指定暴力団・神戸山口組からの離脱を表明した別の組の代表のボディーガードと見られる組員が拳銃で撃たれて殺害された事件で、この代表が3か月ほど前に近くに転居したばかりだったことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察は、代表を狙った犯行グループが転居先を探しだしたと見て捜査しています。
 12日、神戸市長田区の路上で、神戸山口組から離脱を表明した任侠山口組の楠本勇浩組員(44)が拳銃で頭を撃たれて殺害されました。組員は任侠山口組の代表のボディーガード役と見られ、近くに代表の自宅があることから、警察は、対立する神戸山口組側が関わったと見て捜査しています。
 捜査関係者によりますと、代表の自宅は、以前は神戸山口組の中核組織がある神戸市中央区でしたが、双方の対立が深まっているため、3か月前のことし6月に現場近くの住宅に転居したばかりだったということです。
 これまでの調べで、犯行に使われた車には偽造されたナンバープレートが付けられていたほか、近くの防犯カメラの映像から発砲した男以外に少なくとももう1人が関わった疑いがあることがわかっています。
 警察は、任侠山口組の代表を狙った犯行グループが転居先を探しだして襲撃したと見て、関わった人物の特定を進めるなど捜査しています。
続きdownwardleft
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170913/k10011138011000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| トラックバック (0)

男性警視セクハラで減給、神奈川 酒飲み同僚女性触る(13日)共同

神奈川県内の警察署に勤務していた男性警視が、酒を飲んで同僚の女性職員の体を触るなどのセクハラ行為をしたとして、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分を受けていたことが13日、県警関係者への取材で分かった。処分は8月9日付。警視は既に県警本部に異動している。
 県警が開示した処分説明書や関係者によると、警視は勤務時間外の6月30日夜、2人で県内の飲食店で酒を飲み、女性の体を触ったり、相手を不快にさせる発言をしたりした。事情を知った署員が7月に署幹部に相談して発覚した。
 県警監察官室は、処分を公表しなかった理由について「懲戒処分の発表の指針に従った」と説明。https://this.kiji.is/280645757565453819?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

首都高 工事用足場にタクシー突っ込む(13日)TBS

13日午後1時20分ごろ、東京・港区の路上でタクシーが、レインボーブリッジに接続する首都高速の橋脚の足場に突っ込みました。
 足場は首都高速の補強工事のために組まれていて、現場近くの交差点でタクシーとトラックが衝突し、そのはずみでタクシーが足場に突っ込んだということです。タクシーの乗客の男性(50代)がけがをして病院に運ばれました。
 タクシーは交差点を右折しようとしたところ直進してきたトラックに衝突したということで、警視庁が事故の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3156300.html

| トラックバック (0)

“かかと落とし”3歳児暴行死、同居の男に懲役8年(13日)TBS

東京・大田区で同居していた3歳の男の子に暴行を加え、死亡させた罪に問われている男の裁判員裁判で、東京地裁は、男に懲役8年の判決を言い渡しました。
 無職の永富直也被告(21)は去年1月、大田区のマンションで同居していた女性の長男・新井礼人ちゃん(当時3)の体を放り投げて、頭を収納ケースにぶつけさせるなどの暴行を加え、死亡させた罪に問われています。
 これまでの裁判で永富被告は、「かかと落としはしていない」などと起訴内容の一部を否認していました。
 13日の判決で東京地裁は、「かかと落としなどの暴行について、礼人ちゃんの母親の供述は信用できる。無抵抗の幼い被害者に一方的に数々の暴行を断続的に加えた」などとして、永富被告に懲役9年の求刑に対し、懲役8年を言い渡しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3156321.html

| トラックバック (0)

高3女子が校舎から転落死 2時間目の授業中に何が…(13日)テレビ朝日

高校の校舎で女子生徒が転落、死亡が確認されました。
 女子生徒が転落したのは鹿児島市内の公立高校です。高校によりますと、12日午前10時ごろ、職員が何かが落ちた音を聞いて見に行ったところ、4階建て校舎の前に3年の女子生徒が倒れていたということです。女子生徒は病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。当時、学校では2時間目の授業中でした。女子生徒は欠席は少なく、9日の体育祭にも元気そうな様子で参加していたということです。警察は転落した原因を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109948.html

| トラックバック (0)

中学校で「卵が腐ったような」異臭 生徒11人を搬送(13日)テレビ朝日

中学校で異臭騒ぎがあり、生徒11人が病院に搬送されました。
 異臭が発生したのは熊本県錦町の錦中学校です。警察と消防によりますと、13日午後2時40分ごろ、校内で異臭が発生しました。11人が病院に搬送されましたが、いずれも意識はあり、軽症と思われます。警察によりますと、生徒らは「卵が腐ったような臭いがした」などと話しているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109967.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日 単位・レベル) 
衰えは見えるのだが…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013122

暴力団組員であることを隠すなどで東京都をだまして建設会社を経営していた神戸山口組系暴力団幹部の男ら4人が警視庁に逮捕された。同庁は2億円以上を売り上げていたとみている。
 今年7月、福岡市博多区の繁華街で発生した発砲事件で福岡県警は11日、指定暴力団道仁会系組幹部(55)ら5人を殺人未遂で逮捕。さらに、飲食店からみかじめ料を受け取ったとして、山口組弘道会の会長ら数人が愛知県警に逮捕されている。ほかにも、リゾートマンションの駐車場に止めたバイクからけん銃5丁や覚醒剤、大麻を隠し持っていたとして住吉会の組長が警視庁に逮捕されている。
 警察による逮捕だけではない。振り込め詐欺の被害者が、使用責任があるとして指定暴力団稲川会会長と組員に損害賠償を求めて東京地裁に提訴するなど官民あげての壊滅作戦は進んでいる。
 暴力団壊滅―平成20年に改正暴力団対策法が成立。21年には福岡県が暴力団排除条例を全国に先駆けて成立させて翌年に施行。その1年半後には47都道府県が暴排条例を制定、施行している。
 全国で最初に制定した福岡県で西日本新聞社が、県警による暴力団工藤会の壊滅作戦開始から3年が過ぎたことから、北九州市民100人にアンケートを実施した。その結果、治安が「改善した」「やや改善した」と答えた人は60人。さらに離脱組員が増えて身近に住んだり、働いたりすることを「受け入れられる」とした市民は62人にのぼった。
 警察による取り締まりの強化により、暴力団の勢力は衰えているのか。警察庁によると全国で暴排条例施行前の平成20年の山口組構成員は2万0200人。それが27年には3分の1の6000人になった。しかし、分裂した神戸山口組は2800人いる。
 同様に住吉会は6100人から3200人に半減。稲川会は4800人が2700人になるなど3団体あわせると3万1100人が1万4700人と半数以上も減り、確かに勢力は衰えを見せている。
 しかし、12日には神戸市長田区では、任侠山口組の代表のボディーガード役と見られる組員(44)が、拳銃で撃たれて殺害される事件が発生した。
 摘発が進んでいるとは言え所詮は暴力団。〝任侠道〟なんていうものではなく、今回の銃撃事件のようにまだまだ予断を許せない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

3等海曹を逮捕 女子専門学校生の首を絞め暴行 神奈川(13日)産経

神奈川県警大船署は13日、専門学校生の女性(19)の首を絞めたとして暴行容疑で、海上自衛隊保全監査隊に所属する3等海曹、福本真輝容疑者(27)=神奈川県鎌倉市岩瀬=を現行犯逮捕した。署によると、黙秘している。
 逮捕容疑は13日未明、鎌倉市のJR大船駅近くにあるカラオケ店前で、面識のない女性に「遊ぼうよ」と言って手を引っ張った後、離れようとする女性の首を絞めたり、後ろから突き飛ばしたりしたとしている。
 女性と携帯電話で話していた友人が110番通報し、駆け付けた署員が現行犯逮捕した。
 保全監査隊司令の川村利明1等海佐は「隊員が逮捕事案を起こしたことは誠に遺憾。事実関係を確認し、厳正に対処したい」とのコメントを発表した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170913/afr1709130031-n1.html

| トラックバック (0)

特殊車両、後絶たぬルール無視…検問で全件違反(13日)読売

 京都府警や国土交通省が大型クレーン車などの特殊車両の取り締まりに力を入れている。
 特殊車両の走行には特別な許可や条件が必要だが、ルールを守らない車両が後を絶たないためだ。1年前には長岡京市で違反状態で走っていた大型クレーン車がミニバイクの女性(当時39歳)をはねて死亡させる事故も起きており、府警と国交省は合同で検問を行い、注意を呼びかけた。
 事故は、昨年9月12日夜、同市勝竜寺の府道で発生。大型クレーン車を運転していた男(48)が自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)などの疑いで逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた。
 車体の総重量や長さなどが制限値を超える特殊車両は、いったん事故を起こせば重大な結果につながりやすいうえ、道路へのダメージも大きいことから、道路法で▽事前に走行経路などを申請し、道路管理者の許可を得る▽周囲の安全を確認するため、走行時に誘導車を付ける――ことなどが定められている。
 向日町署によると、男は事故当時、許可されていない経路を通り、誘導車も付けていなかったという。同署の衣笠巧・交通課長は「ルールを守っていれば、悲惨な事故は起こらなかったはず」と強調する。
 再発防止につなげようと、同署は11日朝、国交省京都国道事務所と合同で、長岡京市や大山崎町などで検問を実施した。府警航空隊のヘリコプターが上空から特殊車両を見つけると、無線連絡を受けた地上の白バイ隊員が同事務所の大山崎車両計量所(大山崎町)まで誘導。同事務所の職員が許可証の有無や走行条件などを確認した。
 この日は約2時間で11台の特殊車両を調べ、すべてに違反が確認された。内訳は、無許可走行が4件、経路違反が2件、誘導車なしが1件などだった。今後、所属する会社に警告書を送付するという。
 誘導車を付けていなかった大型トレーラーの男性運転手は取材に対し、「誘導車を付けていては採算が合わない。律義に条件を守っている業者の方が少ないと思う」と漏らしたが、衣笠課長は「特殊車両の危険性を認識していない運転手が多い。事故を起こさないよう規則はきちんと守ってほしい」と訴えた。(秋山原)
続くdownwardleft

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170913-OYT1T50060.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

歌舞伎町クラブ強盗殺人事件 中国人を国際手配へ(13日)NHK

16年前、東京・新宿歌舞伎町のクラブで店長が殺害されて現金などが奪われた事件で、警視庁は、中国人の40歳の男が関わったとして、強盗殺人などの疑いで逮捕状を取りました。男は事件後に中国に出国したと見られるということで、警視庁は、今後、国際手配する方針です。
 平成13年8月、新宿区歌舞伎町の「クラブヴィーナス」に男5人が押し入り、店長の伊藤隆三郎さん(当時59)が刃物で刺されて殺害され、現金およそ250万円などが奪われました。
 この事件では、すでに別の中国人の男3人が中国国内で身柄を拘束され、警視庁が主犯格と見ていた男は死刑判決を受けたほか、事件に関わったとして、ことし3月に警視庁が逮捕した中国人の男は強盗致死などの罪で起訴されています。
 残る男1人について、警視庁が捜査を進めた結果、逮捕した男の供述などから、中国人の郭明宇容疑者(40)と特定し、13日、強盗殺人などの疑いで逮捕状を取りました。
 警視庁によりますと、郭容疑者について、逮捕された男は「日本語学校の留学仲間で、自分が誘った」などと供述しているということです。
また、親族が「15年ほど前に北京で見た」と話していたことなどから、事件後、中国に出国したと見られるということで、警視庁は、今後、国際手配する方針です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170913/k10011137691000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| トラックバック (0)

新城駅で車掌がハチに刺され運休 JR飯田線(13日)共同

十二日午後三時ごろ、新城市宮ノ西のJR飯田線新城駅に停車中の上り列車内で、男性車掌(23)が左手の親指をハチに刺された。車掌が手のしびれを訴えたため、この列車が運休。五十人に影響した。

 JR東海によると列車は二両編成の豊橋行き。豊橋から下り列車として新城駅に到着し、上り線へ折り返す予定だった。車掌は、ドアを開けたまま車内を見回っている最中に、スズメバチとみられるハチを発見。追い払おうとして刺され、駅からタクシーで病院へ向かった。駅で待っていた乗客八人にけがはなかった。
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20170913/CK2017091302000050.html

| トラックバック (0)

「不正こらしめたい」ゲームソフトにウイルス仕込む 男性を書類送検(13日)共同

仙台中央署などは12日、不正指令電磁的記録作成と同供用の疑いで、金沢市、ホストクラブ男性従業員(20)を書類送検した。
 送検容疑は5月21日、オンラインのシューティングゲーム「サドンアタック」の無料サイトに、ゲームを有利に進める不正ソフト「チートツール」を装って他人のパソコンを遠隔操作する自作のコンピューターウイルスを置き、同市の男性(20)と県警サイバー犯罪対策課の男性捜査員のパソコンにダウンロードさせた疑い。
 同ゲームはキャラクターが無敵になったり、相手より早く動けたりするチートツールがまん延しているという。同署によると、「ゲーム上で不正をしている人をこらしめたかった」などと容疑を認めている。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170913_13051.html

| トラックバック (0)

キャッシュカード詐取が急増 被害額、昨年同期の2.7倍(13日)日経

おれおれ詐欺などの特殊詐欺で、高齢者らのキャッシュカードを詐取して現金を引き出す手口が急増している。1~7月の被害額は全国で昨年同期の2.7倍に上り、1人当たり2億円を超す高額被害も発生した。個人情報の漏洩を装ったりクレジットカードも一緒に詐取したり、手口も多様になっており、警察当局は警戒を強めている。
 「あなたの個人情報が流出した」。昨年12月、新潟市内に住む70代の女性宅に「個人情報センター…
[有料会員限定]
この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG11HC0_T10C17A9CC0000/

| トラックバック (0)

「サイバー補導」163人最多、全国の2割 福岡県警昨年まとめ、援交「小遣い稼ぎ」(13日)西日本

インターネット上で援助交際相手を探す少女に、警察官が身分を隠して接触する「サイバー補導」で、福岡県警が昨年補導した少女が163人に上り、過去最多となった。今年も6月までの半年間で既に105人(前年同期比43人増)と昨年を上回るペースで推移している。県警は「援助交際は立派な犯罪。事件に巻き込まれる恐れもあり、安易に手を出さないでほしい」と呼び掛けている。
 「エッチしたらお金くれるお兄様おらんの」。8月、会員制交流サイト(SNS)上で投稿を見つけた福岡県警の捜査員が書き込んだ相手と連絡を取り、会う約束を取り付けたところ、待ち合わせ場所に現れたのは非行歴も、補導歴もない“普通の女子高生”だった。「まさかこんなことをするなんて…」。県警から呼び出しを受けた女子高生の母親は絶句した。
 「えん(援助交際)」「イチゴ(1万5千円)」「ホ別(ホテル代は別)」「15本3(15歳で本番3万円)」といった隠語で援助交際を持ちかける書き込みも多い。
 サイバー補導は2013年から福岡を含む11都道府県警で導入され、現在では全都道府県警に広がる。援助交際から別の事件に発展することも多く、福岡県警は昨年10月、補導をきっかけに未成年を雇用していた無店舗型風俗店を発見、摘発した。
 県警によると、県内の補導者は県警本部のみで実施した13年は2人、14年は5人、4警察署に広げた15年は12人だったが、昨年から15署と少年少女の立ち直りを支援する県警少年サポートセンター5カ所に態勢を拡充したことで前年の14倍にあたる163人と急増。全国の補導者数(862人)の2割を占める。
 補導された少女の6割は非行歴がなく、「小遣い稼ぎ」目的で援助交際するケースが多いという。県警は中学校や高校に警察官を派遣し、援助交際をしないよう呼び掛ける「非行防止教室」を開いており、昨年秋からは児童養護施設や児童自立支援施設も対象に加える。
 県警少年課の中村宗雄次席は「ネットを利用した援助交際は無数にあり、補導だけでは解決しない。根絶するには、少女たちへのモラル教育に取り組むことが重要だ」と話している。=2017/09/13付 西日本新聞夕刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/358235

| トラックバック (0)

譲ったバイクでトラブルか…“暴行”で少年2人逮捕(13日)テレビ朝日

東京・練馬区の公園で、少年の頭を滑り台に打ち付けてけがをさせたなどとして、18歳と17歳の少年2人が逮捕されました。
 少年2人は今年5月、練馬区向山の公園で、友人の16歳少年の頭をつかみ、滑り台の手すりに打ち付けるなどして全治1週間の軽傷を負わせたうえ、現金30万円を脅し取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、被害者の少年は17歳の少年から名義変更をしていないバイクを譲り受けましたが、そのバイクで交通違反をしたことを巡ってトラブルになり、「許してほしかったら30万円を払え」と因縁をつけられたということです。取り調べに対し、17歳の少年は「タイマンをしただけで被害者が弱かっただけ」などと容疑を一部否認し、18歳の少年も容疑を否認しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109919.html

| トラックバック (0)

ポテトサラダなど食べ相次ぎO-157 患者に初の死者(13日)テレビ朝日

群馬県と埼玉県にある惣菜店で販売されたポテトサラダなどを食べた人から相次いで「O-157」が検出された問題で、前橋市で1人が死亡していたことが分かりました。これまで、群馬県や埼玉県の惣菜店で販売されたポテトサラダなどを食べた人から相次いでO-157が検出されていました。前橋市によりますと、市内にある同じ系列の店舗で購入した惣菜を食べた1人が死亡し、O-157が検出されたことが分かりました。この一連の問題で死者が出たのは初めてです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109924.html

| トラックバック (0)

暴力団員射殺事件 使用の車は偽造ナンバープレートか(13日)NHK

12日、神戸市で指定暴力団・神戸山口組からの離脱を表明した別の組の暴力団員が拳銃で撃たれて殺害された事件で、使用された車には偽造されたナンバープレートがつけられていた疑いのあることが、警察への取材でわかりました。警察は、周到に準備した犯行と見て捜査しています。
 12日、神戸市長田区の路上で、ことし4月に神戸山口組から離脱を表明した任侠山口組の楠本勇浩組員(44)が拳銃で頭を撃たれて殺害され、警察は、対立する神戸山口組側が任侠山口組の織田絆誠代表を狙ったと見て捜査しています。
 警察によりますと、拳銃を撃った男は、なにわナンバーの黒い車を代表が乗っていたと見られる車に衝突させたあとに発砲していますが、このナンバーは登録がなく、偽造されたナンバープレートがつけられていた疑いのあることが、警察への取材でわかりました。
 一方、近くの市営住宅の防犯カメラの映像には、現場の方向に歩いて向かう人物の映像が映っていました。この人物は、その後、再びカメラの前に現れ、手に何かを持ち現場から逃げるようにして走り去っています。
また、別のカメラには、任侠山口組側の3台の車が狭い路地で衝突されたあと、バックする様子などが映っていて、この映像にも市営住宅のカメラに映ったのと同じと見られる人物が映っています。
 警察は、この人物も事件に関わった可能性が高いと見て特定を進めるなど、犯行グループが周到に準備して織田代表を狙ったと見て捜査しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170913/k10011137471000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| トラックバック (0)

募金箱から入れてない千円をだまし取る 詐欺容疑で男を逮捕 静岡(13日)産経

コンビニの募金箱から現金千円をだまし取ったとして静岡県警裾野署は12日、詐欺の疑いで静岡県長泉町中土狩の無職、加藤秀明容疑者(46)=強制わいせつ容疑で逮捕=を再逮捕した。加藤容疑者は「募金したものを返してもらっただけだ」と容疑を否認している。
 再逮捕容疑は7月16日午後11時ごろ、同町内のコンビニで女性店員に「募金箱に千円を入れてしまったが、使う用事があるので返してほしい」と嘘をつき、店舗内に置かれた募金箱から現金千円をだまし取ったとしている。
 同署によると、加藤容疑者は女性店員から受け取った割りばしを使って、募金箱から千円札を取り出したという。事件後、女性店員が不審に思い、防犯カメラを確認。加藤容疑者が募金箱に現金を入れている様子がなかったことから、同店が同署に被害届を出していた。
 加藤容疑者は3月中旬に同店の駐車場で車に乗ろうとした女性の胸を触ったとして、8月23日に強制わいせつ容疑で同署に逮捕されており、防犯カメラの映像と容姿が似ていたことから今回の犯行が発覚した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170912/afr1709120035-n1.html

| トラックバック (0)

防犯カメラ、事件当時の映像消える…入所者傷害(13日)読売

宇都宮市の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」の元職員が入所者への傷害容疑で逮捕された事件で、施設内の防犯カメラの録画記録から、事件当時の映像が消えていたことが捜査関係者への取材で分かった。
 事件の約3週間前から事件翌日にかけての映像だけが消えていた。栃木県警は、何者かが故意に消去した疑いがあるとみて、映像の記憶装置を押収して調べている。
 施設を運営する社会福祉法人「瑞宝会」の土屋和夫理事長(59)らの説明では、防犯カメラは廊下や玄関など共用スペースに計5台あり、大容量の記憶装置(ハードディスクドライブ)で映像を保管している。
 捜査関係者によると、事件は4月15日夕に発生し、入所者の男性(28)が暴行を受けて腰の骨折などで一時意識不明となる重傷を負った。男性の母親から相談を受けた県警の捜査員が事件の3日後に施設を訪問。関係者から事情を聞くとともに防犯カメラを確認したところ、3月下旬~4月16日の映像が消えていた。その前後の映像は残っており、施設側は当時、「故障だと思う」と説明したという。

(ここまで450文字 / 残り129文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170913-OYT1T50033.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

暴力団員射殺事件 発砲の男以外にも1人の男を目撃 神戸(13日)NHK

指定暴力団・神戸山口組からの離脱を表明した「任侠山口組」の代表のボディーガード役と見られる暴力団員が12日、神戸市で拳銃で撃たれ殺害された事件で、現場では、発砲した男以外に少なくとも1人の男が目撃されていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察は、計画的に代表を狙ったと見て捜査しています。
 12日、神戸市長田区の路上で、ことし4月に神戸山口組から離脱を表明した任侠山口組の代表のボディーガード役と見られる、楠本勇浩組員(44)が、拳銃で頭を撃たれて殺害されました。
 警察によりますと、現場近くにある任侠山口組の代表の自宅前から車3台が出発した直後、先頭の車両に黒い車が衝突してきて、楠本組員は衝突してきた車から降りた40代から50代くらいの男に発砲されたということです。
 またその後の調べで、現場では発砲した男以外に少なくとも1人の男が目撃され、事件後、逃げ去っていたことが捜査関係者への取材でわかりました。
 衝突された先頭の車には、事件当時、任侠山口組の代表が乗っていたと見られ、警察は、離脱をめぐる内部対立の中、複数で計画して代表を狙ったと見て捜査しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170913/k10011137101000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| トラックバック (0)

小出恵介さん きょう書類送検へ 深夜に17歳女性連れ出した疑い(13日)NHK

俳優の小出恵介さんが、ことし5月、大阪市の繁華街の飲食店で深夜に17歳の女性を同席させ、酒を飲ませるなどしていたとして、警察は13日、大阪府の青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検する方針です。小出さんは警察に対し「17歳とは知らなかった」などと話しているということです。
 俳優の小出恵介さん(33)は、ことし5月に17歳の女性との飲酒や不適切な交遊があったと、週刊誌で報じられ、ホームページに謝罪のコメントを掲載し、活動を停止しています。
 17歳の女性との間では示談が成立しているということですが、捜査関係者によりますと、警察が当時の状況を調べた結果、深夜の時間帯に大阪・中央区道頓堀の飲食店にこの女性を同席させて、酒を飲ませるなどしていたことがわかったということです。
 大阪府の青少年健全育成条例では16歳から18歳未満の青少年について、午後11時から午前4時までの連れ出しなどを禁じていて、警察は条例に違反したとして13日、書類送検する方針です。
 捜査関係者によりますと、小出さんは警察に対し「17歳とは知らなかった」などと話しているということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170913/k10011137071000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

特殊詐欺実行役、際立つ厳罰 札幌地裁判決「初犯で実刑」大半(13日)共同

 道内で深刻化する特殊詐欺。被害者から通帳やキャッシュカードなどを受け取る「受け子」や現金を引き出す「出し子」ら実行役の刑事裁判について、札幌地裁判決を分析すると、「初犯で実刑」が大半を占め、厳罰の傾向が際立つ。実行役は詐欺グループ内で末端の役割とされ、「金になるから」と安易に加わる若者も目立つが、負うべき代償は重い。
 実行役は、被害者との接触や防犯カメラの映像などで人物を特定されやすく、逮捕される危険性が高い。
 札幌地検によると、実行役として詐欺罪などで起訴し、札幌地裁で判決を受けた被告は、2014~16年度の3年間で19人。前科の有無は公表していないが、「ほとんどが初犯」(札幌地検)という。このうち執行猶予が付いたのは3人にとどまり、全体の2割に満たない計算になる。
 犯罪白書によると、15年に全国50地裁で言い渡された刑法犯の有期刑(有期の懲役・禁錮)判決のうち、執行猶予判決は53・6%、特殊詐欺を含む詐欺罪は51・3%といずれも過半数を占めるのに比べ、特殊詐欺の実行役の低さは顕著だ。
 厳罰の背景には、《1》被害が高額に上り、結果が重大《2》実行役がいないと犯罪が成り立たず、役割が不可欠《3》被害の回復が難しい―などの理由が挙げられる。

■報酬は少なく

 今春にかけて逮捕された10~30代15人の詐欺グループは、道内を拠点に高齢者20人以上から総額2千万円以上をだまし取ったとされる。受け子を務め、詐欺罪などに問われた男(24)は公判で、報酬について「引き出し額の10~15%だった」と説明。弁護人も「従属的な立場だった」と強調し、執行猶予を求めた。しかし、判決で裁判官は「必要不可欠かつ重要な役割を果たした」として懲役4年6カ月の実刑を言い渡した。
 詐欺罪では刑の重さ(量刑)を判断する際に「被害の大きさ」と「弁償状況」が重視される。被害を回復すると、それが被告に最も有利な情状理由となり、執行猶予の可能性も高まる。
 だが、特殊詐欺の場合、弁償は容易ではない。民法上は、指示役も実行役も等しく、被害の全額に対して賠償責任を負うためだ。
 例えば、ある受け子が計5人で100万円をだまし取り1割の報酬を得たとする。この受け子が負う賠償額は「報酬分の10万円」でも「被害額を5等分した20万円」でもなく、「全被害額の100万円」となる。 https://www.hokkaido-np.co.jp/article/131070?rct=n_hokkaido

| トラックバック (0)

水道蛇口から下水処理水、東京・足立区の住宅(13日)TBS

東京・足立区の住宅で蛇口から下水処理水が出る事故がありました。下水処理施設での違法な設備改修が原因とみられています。
 今月10日、足立区の住民から「水道水から異臭がする」と都の水道局に通報がありました。都が調査したところ、足立区内の下水処理施設で上水と下水の配管が違法に接続され、下水処理水が逆流していたことが分かりました。施設の運営を委託されている会社が5年前に設備を改修した際、勝手に配管を変更したということです。
 下水処理水は周辺の27世帯に逆流した可能性があり、中には、この水を飲んだり、ご飯を炊いたりした世帯もあったということですが、健康被害は確認されていません。下水処理水の逆流事故は全国でも例がないということで、都は「一斉点検を実施し再発防止を徹底する」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3155737.html

| トラックバック (0)

障害者施設の25歳女を逮捕、入所者への傷害容疑(13日)TBS

宇都宮市の障害者支援施設で、知的障害のある男性が腰の骨を折るけがなどをして、一時、意識不明になった事件で、警察は行方が分からなくなっていた施設職員の25歳の女を逮捕しました。
 逮捕されたのは、障害者支援施設職員の松本亜希子容疑者(25)です。松本容疑者は今月11日に逮捕された22歳の男と共謀し、今年4月、宇都宮市の障害者支援施設で入所していた28歳の男性に足で蹴るなどの暴行を加え、腰の骨を折るなどの重傷を負わせた疑いが持たれています。
 松本容疑者は9日ごろから行方が分からなくなっていましたが、12日、自ら警察に連絡し、13日未明、栃木市内で逮捕されたということです。
 取り調べに対し、松本容疑者は「暴行を働いたが足で蹴ってはいない」と容疑を一部否認していて、警察は引き続き、事件の経緯などを調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3155359.html

| トラックバック (0)

空港ビルのテロ対策を強化 国交省、爆発物自動検知など(13日)日経

 国土交通省は空港のターミナルビルのテロ対策を強化する。今秋以降、行動が不審な人物を見分ける最新の監視カメラや爆発物を自動検知する装置の実証実験を行い、導入を本格的に検討する。不特定多数が出入りできる空港ビルのテロ対策は旅客しか入れない保安検査場に比べ遅れており、2020年東京五輪・パラリンピックを前にハード面の備えを進める。
 同省は爆発物の検知装置の実証実験に必要な経費として、18年度予算の概算…

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H4G_S7A910C1CR8000/

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。《秋割》実施中!日経電子版が10月末まで無料。今すぐ登録!

| トラックバック (0)

東京学芸大学の男性教授 “悪質な言動”で諭旨解雇(13日)テレビ朝日

 東京学芸大学の男性教授が研究室の複数の学生に悪質な言動を繰り返したとして、諭旨解雇処分を受けました。
 東京学芸大学によりますと、50代の男性教授は2014年3月から10月までの間、自らの研究室の学生らに対して悪質な言動を繰り返したため、複数の学生が精神疾患を発症したということです。教授は学生らに対し、内々定先の企業に不利になる情報を話したというメールを送っていました。また、学生の内々定を取り消させる目的で企業に連絡を取ろうとしていたということです。教授は諭旨解雇処分を受け、11日付で辞職しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109895.html

| トラックバック (0)

発見者装い通報も… 父親殺害の疑いで次男を逮捕(13日)テレビ朝日

大阪府寝屋川市の集合住宅で69歳の男性が殺害された事件で、同居する次男が殺人の疑いで逮捕されました。
 殺人の疑いで逮捕されたのは、アルバイト店員・渡部公将容疑者(31)です。渡部容疑者は寝屋川市の自宅で11日午後11時ごろ、同居している父親の秀明さんの胸や腹を包丁で複数回、刺して殺害した疑いが持たれています。渡部容疑者は当初、自ら警察に通報して発見者を装っていました。警察の調べに対して「父親から借金の事を叱責(しっせき)され、ストレスが溜まり殺害した。自転車で家を出て包丁を川に捨てた」と容疑を認めているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109888.html

| トラックバック (0)

« 2017年9月12日 | トップページ | 2017年9月14日 »