« 2017年9月11日 | トップページ | 2017年9月13日 »

2017年9月12日

2017年9月12日 (火)

沖縄戦を象徴する洞窟「チビチリガマ」荒らされる(12日)NHK

太平洋戦争末期の沖縄戦で住民が集団自決に追い込まれた、読谷村にある自然洞窟「チビチリガマ」で、千羽鶴が引きちぎられたり遺品が壊されたりしているのが見つかり、遺族からは「人の命に対する侮辱だ」と憤りの声が上がっています。
 「チビチリガマ」は、72年前の沖縄戦で、上陸したアメリカ軍が迫る中、集団自決に追い込まれた住民83人が犠牲になった、読谷村にある自然洞窟で、沖縄戦の悲惨な記憶をとどめる象徴的な場所とされています。
 地元の人によりますと、12日午前11時ごろ、海外のジャーナリストを案内した際に、入り口の近くの看板が投げつけられたり、奉納されていた千羽鶴が引きちぎられたりしているのが見つかったということです。
 また、ガマの奥では遺品が散乱し、当時、住民が水を調達するのに使っていた空き瓶が割られ遺骨の上などにばらまかれた状態になっていたということです。
 チビチリガマは、犠牲者の追悼の場であるとともに、修学旅行生を中心に毎年1万人以上が訪れる平和学習の場にもなっていて、ガマを管理する遺族会は警察に被害届を出すことも検討しています。
 チビチリガマで亡くなった住民の遺族会の與那覇徳雄会長は「人の命に対する侮辱であり許せない。こうした行為に負けず平和の大切さを訴えていきたい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170912/k10011136621000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_009

| トラックバック (0)

【イスラム国(IS)】イラクで保護のIS家族に日本人女性? 菅官房長官「確認進めている」(12日)産経

【カイロ=佐藤貴生】イラク北部で保護されたイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)メンバーの家族らに、日本人女性が含まれている可能性が浮上した。AP通信などが12日までに伝えた。
 APがイラク軍当局者の話として伝えたところでは、保護されたのは女性や子供1300人以上で、出身国は14カ国に及ぶ。多くは中央アジアやロシア、トルコ出身だが、日本や韓国から来た者も含まれるとしている。
 女性らは8月末、北部タルアファルのIS掃討作戦の際、少数民族クルド人の部隊に投降。消息筋によると、身柄はすでにクルド自治政府からイラク政府に渡っており、この中に日本人女性がいる可能性があるという。菅義偉官房長官は12日の会見で、「報道は承知している。事実関係の確認を進め、情報収集をしているところだ」と述べた。
 イラク軍当局者によると、女性らは処罰せずに出身国に帰される見通し。ロイター通信は、女性らはイラク軍などが奪還した北部モスル南方のキャンプに収容されており、多くは本物の身分証明書を持っていないため、個別に国籍などを調査していると伝えた。
http://www.sankei.com/world/news/170912/wor1709120053-n1.html

| トラックバック (0)

“バール”で次々連続で…景品交換所は現金被害(12日)テレビ朝日

埼玉県内で窃盗事件などが5件相次ぎました。
 12日午前5時40分ごろ、川口市のリサイクルショップで、出入り口のドアが割られているのが見つかりました。その約20分前には、隣の蕨市の店でも同様の被害がありましたが、いずれも盗まれたものはなかったということです。ほかにも、午前4時前に所沢市にあるパチンコの景品交換所でも、バールのようなものでドアがこじ開けられ、現金など235万円相当が盗まれるなど、深夜から早朝にかけて埼玉県内で窃盗被害などが5件相次ぎました。警察は手口や防犯カメラの映像などから、同一犯による犯行の可能性もあるとみて捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109874.html

| トラックバック (0)

ハイエース窃盗団の指示役?逮捕 川崎吹奏楽団被害の事件も関与か(12日)産経

トヨタのワゴン車「ハイエース」2台を盗んだとして、神奈川県警は窃盗の疑いで川崎市高津区久末、運送会社経営、大貫亮容疑者(27)を逮捕した。県警が裏付けを進めている余罪には、1月に川崎市のアマチュア吹奏楽団「川崎吹奏楽団」の楽器を積んだハイエースが盗まれた事件も含まれている。
 逮捕容疑は昨年10月、別の窃盗罪で公判中の2人と共謀して、川崎市多摩区の駐車場でトヨタのハイエース2台を盗んだとしている。県警は大貫容疑者が指示役とみている。「身に覚えがない」と容疑を否認している。
 神奈川県内ではハイエースが盗まれる事件が相次いでいた。県警は、大貫容疑者が昨年7月~今年4月にかけ、茨城、埼玉、千葉、神奈川の4県で他にもワゴン車ばかり131台を盗み、被害総額は1億円以上になるとみている。
 川崎吹奏楽団が被害にあった事件は、今年1月13日深夜から15日朝までに川崎市中原区の駐車場に止めていたハイエースが盗まれた。車内にはティンパニーなどの打楽器が置かれていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170912/afr1709120030-n1.html

| トラックバック (0)

射殺事件で捜査本部=暴力団抗争激化を警戒-兵庫県警(12日)時事

神戸市長田区の路上で男性が頭部を撃たれ殺害された事件で、兵庫県警暴力団対策課などは12日、長田署に捜査本部を設置した。男性は住所、職業不詳の楠本勇浩さん(44)と判明。指定暴力団神戸山口組の内紛で新たに結成された「任侠(にんきょう)山口組」の関係者とみられ、報復による抗争激化の恐れもあるとみて警戒している。
 捜査本部によると、現場付近で車同士がぶつかって口論になり、楠本さんは車から降りて相手の男ともみ合った後、頭を撃たれたとみられる。現場から40~50歳ぐらいの男が銃を持ったまま走って逃げた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091201052&g=soc

| トラックバック (0)

暴力団員が拳銃で撃たれ死亡 別の組の代表狙ったか(12日)NHK

12日午前、神戸市長田区の路上で暴力団員が拳銃で撃たれて死亡しました。死亡したのは指定暴力団・神戸山口組からの離脱を表明した別の組の代表のボディーガード役と見られ、警察は代表を狙った可能性があると見て捜査しています。
 12日午前10時すぎ、神戸市長田区五番町の路上で「人が撃たれた」と通報がありました。
 警察によりますと、撃たれたのは、ことし4月に神戸山口組から離脱を表明した「任侠山口組」の楠本勇浩組員(44)で頭を撃たれていて死亡が確認されました。現場の近くには「任侠山口組」の代表の家があり、楠本組員は代表のボディーガード役だったと見られるということです。
 調べによりますと、楠本組員は、車で仲間の3台と列になって走っていましたが、別の黒い車がぶつかってきたため降りたところ、その車に乗っていた男に拳銃を発砲されたということです。
 男は車を現場に残し拳銃を持ったまま走って逃げたということで、警察は代表を狙った可能性があると見て捜査しています。現場は、市営地下鉄の上沢駅から200メートル余り離れた住宅地で、近くには小学校や高校もあります。

「パンと一発、乾いた音」

近くで商店を経営している40代の男性は「最初は店の目の前で車どうしが衝突し、それぞれの車から男が1人ずつ降りて来て口論をしていた。交通事故かと思い目を離していたら急にパンと一発、乾いた音が聞こえ、再び外を見たら上着が血に染まった男性が店先に倒れていた。別の男が拳銃を構えていたのですぐに警察に通報した」と話していました。
続くdownwardleft

| トラックバック (0)

ペルー人被告「精神疾患」の診断 埼玉・熊谷6人殺害事件で再鑑定(12日)共同

埼玉県熊谷市で2015年9月14~16日、小学生2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪で起訴されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)について弁護側が請求し実施された精神鑑定で、「精神疾患がある」との診断結果が出たことが12日、関係者への取材で分かった。
 さいたま地検が起訴前に実施した鑑定では「精神疾患なし」と診断されていた。裁判はさいたま地裁で年度内にも始まる見通し。異なる鑑定結果が出たことで、刑事責任能力が主な争点になる。事件は間もなく発生から2年となる。
 ナカダ被告は逮捕後の県警の調べに不可解な説明もみられた。
https://this.kiji.is/280292932481728519?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

友人に頭突きされ死亡、暴行容疑で57歳男を逮捕(12日)TBS

横浜市の無職・蒲谷尚春容疑者(57)が今月7日、横浜市金沢区の自宅アパートの敷地内で、友人の沼崎智充さん(65)の顔面に頭突きし暴行を加えた疑いで逮捕されました。
 警察によりますと、11日夜、蒲谷容疑者からの通報を受け、警察などが駆けつけると、室内で沼崎さんが仰向けで倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。およそ4時間後、連絡が取れなかった蒲谷容疑者が署に出頭し、警察の調べに対して、「口論になって彼に頭突きした」と容疑を認めたということです。2人は10年来の飲み友達だったということで、警察は今後、司法解剖を行って死因を調べるとともに、傷害致死の疑いも視野に捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3155333.html

| トラックバック (0)

盗難トラックが栃木で事故、運転手は逃走(12日)TBS

栃木県那須烏山市で盗難車が衝突事故を起こし、運転していた男1人が逃走していて、警察が行方を追っています。
 12日午後3時45分ごろ、那須烏山市で路上をバックしてきたトラックが軽乗用車に衝突する事故がありました。
 警察が確認したところ、事故を起こしたトラックは福島県の須賀川警察署管内で盗まれたものだったということで、トラックを運転していた男1人が、現場から逃走したのが目撃されたということです。
 須賀川警察署管内では12日、ほかにも3台のトラックなどが盗まれたという情報が寄せられているということで、警察は、男のほかにも一緒に逃走している仲間がいるとみて、現場一帯に緊急配備をかけて行方を追っています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3155353.html

| トラックバック (0)

東京モノレールが運転再開、乗客37人一時閉じ込め(12日)TBS

東京モノレールで停電トラブルが起き、羽田空港に向かっていた列車が高架上で停止しました。車内に閉じ込められた乗客が救出されるまでの一時始終を撮影していました。
 高架上で停止したまま動かない列車。羽田空港と東京都心を結ぶ東京モノレールです。37人の乗客を乗せたまま、停電のため駅の間で立往生となっていたのです。停電が発生したのは12日午後2時15分ごろ。東京モノレールは上下線全線で運転を見合わせ、昭和島駅と整備場駅の間では下りの列車が高架上で停止しました。
 この列車の乗客が停まったままの車内の様子を撮影していました。一体、何が起きていたのでしょうか。
 「運転が厳しいとの指示がありましたので、この後、浜松町方面に向かう列車を横付けにしまして、ブリッジを渡りまして浜松町方面の車両に移動していただくような形になります」(アナウンス)
 撮影した乗客によりますと、当時、乗客が乗っていた車内ではクーラーがきかず非常に暑い状況だったといいます。
 「申し訳ございません、失礼いたします。ごめんなさい、申し訳ございません」(乗務員)
 乗務員が慌てながら車内を走る様子も確認できます。撮影した乗客によりますと、車内には子どもや赤ちゃんはいなかったということです。そして午後3時15分ごろ。停止していた下り列車の横に乗客が乗り移るための上り列車が横付けされました。その様子も乗客が撮影していました。
 「昭和島駅に着きましたら、バスがお待ちしております」(乗務員)
 1人1人乗り移る乗客
 「気をつけてお渡りください。大変申し訳ありませんでした」(乗務員)
 そして撮影していた乗客もブリッジを渡り上り列車に乗り移ります。乗り移った列車では安心したのか、スマートフォンを操作する乗客や水筒に入った飲み物を口にする乗客の姿も・・・
 「バスはあちら側になります」(誘導員)
 そして昭和島駅に着いた乗客は東京モノレールが用意したバスに乗り込み、空港に向かったということです。
 「(モノレールは)停電状態になっておりますので、蒸し暑くなっておりました」(モノレールの乗客)
 「(飛行機は)完全に間に合いません、遅延証明書もらいました。これで戻ります」(モノレールの乗客)
 原因については、当初、変電施設でのトラブルとみられていましたが、送電や車両のトラブルの可能性があるとして東京モノレールが詳しく調べています。東京モノレールは午後4時45分に全線で運転を再開しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3155342.html

| トラックバック (0)

成田空港の屋根に遺体 愛媛の27歳女性と判明(12日)テレビ朝日

成田空港で見つかった遺体は、愛媛県に住む27歳の女性でした。
 11日午前10時ごろ、成田国際空港・第2ターミナルビルの搭乗口付近の屋根で、女性が死亡しているのが見つかりました。警察によりますと、現場付近にバッグが落ちていて、その中にあった身分証明書などから、愛媛県に住む27歳の女性であることが分かりました。警察は、現場の状況などから事件性は低いとみていて、女性が空港関係者ではないにもかからわず、通常立ち入れない屋上にどのように入ったかなど詳しく調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109867.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日 単位・レベル)
けん銃使用にもっと勇気を 
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013130

 広島県警の警察官が盗難車を発見、運転していた男を職務質問しようとしたら信号無視を繰り返しながら逃走。このため警察官が威嚇発砲したところ、男は今度は川に飛び込み行方が分からなくなった。運が良かったのか翌日になってその男を発見し公務執行妨害で逮捕することができた。
 このニュースに接して思い出した。あれは平成13年8月26日のことだ。東京・世田谷区の三軒茶屋で、グルカナイフの男が暴れていると110番。駆け付けた巡査部長が威嚇発砲しながらも男に背中などを刺され殺害された。それでも巡査部長は死の直前、発射した5発目が男に当たり男も死亡した。                                    
 この事件で、当時の国家公安委員長が「警察官はなんのためにけん銃を持っているんだ」とけん銃の使用を容易にできるよう国家公安委員会規則を改正した。
 今回の警察官のけん銃使用。男を生きて逮捕できたのが幸いだったが、足を撃つなど逃走できないようなけん銃の使用はできなかったのかと思うと残念だ。
 犯人を逮捕するのに、このような苦労があることを国民は理解してほしい。ところで、その逮捕を身柄送致別にみると最も多いのは身柄の不拘束だが、次いで逮捕令状による通常逮捕。そして現行犯逮捕、緊急逮捕と続く。
 警察庁によると今年7月現在の検挙者数は減少しているが、当然、送致別の数字も減っている。しかし、各県警によっては増加しているところもある。
 現行犯逮捕で増加件数が多かったのは兵庫の+159件、愛知の+46件、埼玉の+39件、福井の+20件、石川の+19件。
 緊急逮捕は愛知の+47件、大阪の+33件、埼玉と岡山の+24件。
 通常逮捕では兵庫の+183件、愛知の+104件、岐阜の+48件、沖縄の+46件、高知の+41件。
 これに対して身柄を拘束しなかったのは北海道の+333件、宮崎の+92件、茨城の+79件、京都の+78件、長崎の+33件と続いた。
 今年に入っても誤認逮捕として騒がれている警察もあるが、やはり現行犯逮捕が一番問題がないようだ。当然、起訴率も高い。
 国家公安委員会規則の改正の理念は、撃つ勇気を求めているのだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

巡査長を書類送検=女性を盗撮容疑-石川県警(12日)時事

 女性を盗撮したとして、石川県警が県迷惑防止条例違反容疑で20代の男性巡査長を書類送検していたことが12日、県警への取材で分かった。巡査長は7月に減給6カ月の懲戒処分を受け、依願退職した。監察課によると、容疑を認め「深く反省している」と話したという。
 送検容疑は6月、県内の遊戯施設で女性2人の体などを小型カメラで盗撮した疑い。
 監察課は非公表とした理由について、勤務日ではなく、任意捜査のためと説明。巡査長の所属なども明らかにしていない。舟山修次席は「関係者の皆さまに深くおわびする」と話した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091200814&g=soc

| トラックバック (0)

首都高でダンプ横転、後続トラックが衝突 江戸川区(12日)朝日

12日午後1時40分ごろ、東京都江戸川区小松川2丁目の首都高速7号小松川線の下り線で、横転したダンプカーに後続のトラックが衝突した。この事故の影響で同線は午後3時現在、錦糸町と京葉口の間が通行止めとなっている。東京消防庁警視庁によると、双方の運転手が負傷したが、いずれも軽傷の模様という。
http://www.asahi.com/articles/ASK9D4VX5K9DUTIL02V.html

| トラックバック (0)

停電で立ち往生の東京モノレール、乗客は避難(12日)読売

12日午後2時15分頃、東京モノレールの昭和島―整備場駅間で停電が発生した。
 この影響で、同線はモノレール浜松町―羽田空港第2ビル駅間の上下線で運転を見合わせている。運行再開のめどは立っていない。
 東京モノレールによると、昭和島―整備場駅間で、羽田空港方面に向かう下り線の車両(6両編成、全長約90メートル)が、乗員の運転士1人とともに約40人の乗客を乗せたままの状態で立ち止まっていたが、同社が上り線の車両を横付けする措置をとった。乗降口を橋渡しする形で運転士が乗客を避難させる作業を進めた結果、午後3時28分頃に上り線車両への避難を完了させたという。
 避難した乗客は昭和島駅にいったん降ろされた後、バスで羽田空港に向かった。
 停電の原因は昭和島変電所でのトラブルとみられており、同社で詳しく調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170912-OYT1T50081.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

なおざりな捜査が誤認逮捕招く 徳島・チケット詐欺 (12日)共同

インターネットを利用したアイドルグループのコンサートチケット購入を巡る詐欺事件は、三好署の誤った見立てに基づく不十分な捜査が、愛知県豊田市の専門学校生の女性(21)=地検が処分保留で釈放=の誤認逮捕を招いた。匿名や成り済ましが横行するネット上での犯行で、客観的な証拠が乏しかったにもかかわらず、逮捕に踏み切っていた。
 三好署は2016年9月、チケット代4万円をだまし取られたとする県内の女子高校生の相談を受けて、捜査に着手。女子高校生が代金を振り込んだ口座が、誤認逮捕された女性の名義だった。署では、入金後すぐにお金の一部が引き出されていたため、この女性単独または女性を含むグループの犯行との見方を強めた。
 署は、短文投稿サイト・ツイッターの運営会社に、女子高校生とやりとりした相手を照会したが、アカウントが削除されていて分からなかった。ところが署は、やりとりの相手を特定できていないまま、女性の逮捕状を請求した。
 こうした点について西岡寿典署長は11日、取材に応じ「(逮捕直前の任意聴取での)女性の供述が曖昧だったこともあり、逮捕する理由はあった。ただ、客観的な証拠は十分ではなかった」と釈明した。
 署は逮捕直前に女性の自宅を家宅捜索していた。携帯電話や通帳などを押収し、逮捕後に精査したものの、女性が女子高校生とツイッターでやりとりしたことを示す物証はなかった。
 女性は5月15日の逮捕後の取り調べに対しても、逮捕直前と変わらず一貫して事件への関与を否認。捜査は進展しないまま、地検が「処分保留」で6月2日に釈放するまで、勾留は19日間に及んだ。署側は「女性の供述を裏付けするにも、供述内容が曖昧で証明できなかった」(西岡署長)と歯切れが悪い。
 事態が急転したのは女性がチケットを実際に郵送したことを証明する「特定記録郵便物等差出票」を、自ら見つけてからだった。女性は捜査で見つけられなかった差出票を自力で探し出し、釈放5日後に地検に提供。県警が差出票を探した郵便局は愛知県内の1局だけで、女性はその隣の局で見つけたという。
 署幹部を含めた捜査員のネットに関する知識の乏しさも、誤認逮捕につながった。刑事課が単独で捜査を担当し、サイバー犯罪に詳しい捜査員のいる生活安全課や県警本部との連携はなかった。西岡署長は「証拠収集の工夫が足りなかった」とミスを認め、「今回の事案を重く受け止め、再発防止に努める」と神妙に話した。
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/09/2017_15051847245614.html

| トラックバック (0)

暴力団隠して建築許可得たか、神戸山口組系暴力団幹部を逮捕(12日)TBS

暴力団組員であることを隠して東京都から許可を得て建設会社を経営し、2億円以上を売り上げていたとみられる神戸山口組系暴力団幹部の男ら4人が警視庁に逮捕されました。
 建設業法違反の疑いで逮捕されたのは、神戸山口組系暴力団幹部・関口兼昭容疑者(59)ら4人です。4人は今年3月、関口容疑者が東京・練馬区の建設会社「ミカド建設」の実質的経営者であるにもかかわらず、暴力団組員であることを隠して、東京都から建築工事業の許可を得たなどの疑いが持たれています。
 警視庁は、関口容疑者らがおととしからおよそ2年にわたり、少なくとも2億円以上を売り上げていたとみて捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3154628.html

| トラックバック (0)

男性が“拳銃で撃たれる” 暴力団抗争か 神戸市(12日)テレビ朝日

神戸市長田区で男性が倒れているのが見つかり、警察は男性が拳銃で撃たれたとみて捜査しています。
 12日午前10時すぎ、長田区の路上で「拳銃のような音がして人が倒れた」と110番通報がありました。倒れていたのは40歳くらいの男性で、病院で治療を受けています。現場から中年の男が逃走していて、警察は暴力団による抗争事件の可能性もあるとみて、殺人未遂の疑いで行方を追っています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109840.html

| トラックバック (0)

無届けで“脱原発”訴えデモ行進か 先導の男を逮捕(12日)テレビ朝日

 東京・霞が関にある経済産業省の前で、届け出をせずに「脱原発」を訴えるデモ行進を先導したとして男が現行犯逮捕されました。
 住所・職業不詳の70代くらいの男は11日午後8時半ごろ、千代田区霞が関にある経産省の前の路上で、届け出をせずに約100人を引き連れてデモ行進を行ったとして現行犯逮捕されました。男は名乗らず、黙秘しています。警視庁公安部によりますと、当時、経産省の前では午後6時ごろから脱原発を訴える集会が行われていて、約300人が参加していました。その後、参加者の一部が「原発やめろ」「再稼働反対」などと声を上げながら約100メートルにわたってデモ行進をしたということです。東京都公安条例ではデモ行進を行う際、事前に都の公安委員会に届け出て許可を得るよう定められています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109841.html

| トラックバック (0)

名古屋の真言宗寺院を地検が捜索 土地売却益を流用か(12日)西日本

高野山真言宗の別格本山・八事山興正寺(名古屋市)の前住職が寺の土地を無断で売却、利益を不正に流用したとして、現住職側が背任容疑などで告訴している問題で、名古屋地検特捜部は12日、寺の事務所などを家宅捜索した。
 関係者によると、前住職は在任中の2012年、総本山の許可を得ず、寺の土地約6万6千平方メートルを学校法人に約138億円で売却した。売却益の一部を不正に流用したとして、現在の住職らが16年9月、業務上横領や背任容疑で名古屋地検特捜部に告訴状を提出していた。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/357907

| トラックバック (0)

指定暴力団「住吉会」西口茂男総裁が死亡(12日)産経

指定暴力団「住吉会」(東京都港区赤坂)の西口茂男総裁(88)が12日未明、都内の病院で死亡したことが、捜査関係者への取材で分かった。死因は多臓器不全とみられる。
 西口総裁は2012年9月、米財務省から経済制裁の対象に指定された。
 昨年6月には、組員らによる特殊詐欺をめぐり、被害者らからトップの使用者責任を問う初の民事訴訟を起こされている。
 警察庁によると、住吉会は平成28年末時点で、構成員約3100人、準構成員は3500人。指定暴力団「6代目山口組」に次ぐ勢力を持つとされる。
http://www.sankei.com/affairs/news/170912/afr1709120014-n1.html

| トラックバック (0)

「市役所爆破する」と書き込み 愛知・春日井市サイトに(12日)朝日

 愛知県春日井市は12日、市の公式サイトに「市役所を爆破する」と書き込みがあったと発表した。春日井署員と市職員が庁舎とその周辺を捜索したが、不審物は見つからなかった。市は春日井署に被害届を出すという。
 市総務課によると、「爆破予告」は11日午後6時20分ごろ、市民の意見、問い合わせを受け付ける欄に書き込まれたという。連絡を受けた署員らが同日午後11時ごろから1時間ほど捜索。12日午前8時から9時までは庁舎の出入り口を1カ所に制限して不審者の出入りを警戒した。http://www.asahi.com/articles/ASK9D338TK9DOBJB001.html

| トラックバック (0)

暴行問題で豊田議員聴取 埼玉県警、元秘書が被害届(12日)共同

自民党を離党した豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区=から暴行を受けたとして、元秘書の男性が被害届を出した問題で、埼玉県警が豊田氏から事情聴取していたことが12日、関係者への取材で分かった。県警は傷害の疑いも視野に捜査している。
 「週刊新潮」の報道によると、豊田氏は5月、当時政策秘書だった男性が車を運転中に後部座席から罵声を浴びせ、頭や顔を数回殴ってけがを負わせた。「はげ」「死ねば」といった暴言も吐いたという。男性が録音したとする車内でのやりとりも掲載された。
 支援者によると、豊田氏は議員を続ける意向で、記者会見を開いて事実関係を説明したいとしている。
https://this.kiji.is/280154893602258948?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

車にはねられ自転車の中3女子死亡 埼玉・上尾市(12日)TBS

11日夜、埼玉県上尾市で、自転車で帰宅途中の中学3年の女子生徒が交差点内で乗用車にはねられ死亡しました。
 警察によりますと、11日午後10時すぎ、上尾市の県道の交差点で、直進してきた乗用車が反対側から右折しようとした自転車と衝突しました。この事故で、自転車に乗っていた現場近くに住む中学3年の武田胡桃さん(14)が頭を強く打つなどし病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。
 警察は、乗用車を運転していた、自称・自営業の金子豊容疑者(37)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。武田さんは塾から帰宅する途中だったということです。
 現場は信号機のある交差点で、警察は容疑を過失運転致死に切り替えて、事故の原因を調べる方針です。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3154598.html

| トラックバック (0)

盗難文化財、韓国に寄贈 知らずに所蔵の日本人遺族(12日)日経

【ソウル=共同】韓国南西部光州で盗掘され、韓国の密売グループが1998年、不法に日本へ搬出した朝鮮時代の磁器製の墓誌を、盗品と知らず購入、所蔵していた日本人男性の遺族が韓国国立中央博物館に寄贈した。貴重な文化財の寄贈として、韓国文化財庁傘下の国外所在文化財財団が12日、発表した。
 財団によると男性は古美術品の収集家で、昨年11月に78歳で死去した。遺志に基づき妻(76)が今年8月、韓国への引き渡しを決めた。
 寄贈されたのは15世紀の朝鮮王朝初期に高官を務めた李先斉の事績を刻んだ墓誌。盗掘の時期や犯人は分かっていない。李先斉は南西部地域を代表する歴史上の人物で、史料としてだけでなく美術品としての価値も高いとされ国指定文化財に登録される可能性もある。
 李先斉の息子の1人は、朝鮮王朝が日本に派遣した外交使節「朝鮮通信使」で一団を率いる「正使」を務めたといい、財団は日本と朝鮮半島の多様なつながりを象徴する文化財としても注目している。
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20697201/index.html

| トラックバック (0)

中国当局「マルチ商法」代表者ら逮捕 360億円不正利益か(12日)産経

中国湖南省永州市の警察当局は11日までに、慈善団体を自称する「善心匯」(広東省深セン市)の代表者、張天明容疑者らをマルチ商法組織・指導容疑で正式に逮捕した。国営新華社通信が同日報じた。張容疑者らは貧困救済をうたいながら「善心匯」を通じて22億元(約360億円)余りの不正な利益を得ていたという。善心匯をめぐっては7月、幹部の釈放を求めるメンバーらが北京市内で大規模集会を強行していた。(北京 西見由章)
http://www.sankei.com/affairs/news/170911/afr1709110027-n1.html

| トラックバック (0)

どうやって制限エリアに? 成田空港の女性遺体、首かしげる空港関係者(12日)産経

 「どうやって入ったのか」。成田空港第2旅客ターミナルビルの搭乗口付近の建物の屋根で11日、遺体で見つかった女性の進入方法について、空港関係者らは一様に首をかしげた。
 現場は一般の人が立ち入ることができない制限エリア。女性は、皇族や海外の賓客などが使う貴賓室に隣接する車寄せの屋根の上に倒れていたという。
 この女性が一般の利用者だったとすると、「見学デッキのフェンスを乗り越えて、ターミナルビルの屋上を歩いてきたとしか考えられない」と関係者は口をそろえる。
 見学デッキは第2旅客ターミナルビルの4階部分にあり、一般客が無料で利用できる。デッキは高さ3.5メートルほどのフェンスに囲まれているが、これを乗り越えれば制限エリアに「侵入」できることになる。
 成田国際空港会社(NAA)によると、これまでに一般客がフェンスを乗り越えて制限エリアに侵入したケースは「聞いたことがない」という。また、フェンスを乗り越えた場合の感知システムや監視態勢については「警備上の理由により説明できない」(NAA)としている。
 再発防止について、NAAは「従業員か一般客かで対策が違ってくる。現時点では身元が分からないので何ともいえない」としている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170911/afr1709110028-n1.html

| トラックバック (0)

市役所で110万円盗難=金庫から、侵入形跡なし-北海道・旭川(12日)時事

北海道旭川市役所で11日、総合庁舎内の金庫から現金約110万円がなくなっているのが分かり、同市は道警旭川中央署に被害届を出した。同署は窃盗事件として捜査している。
 同署や同市によると、11日午前8時30分ごろ、福祉保険部介護高齢課の執務室内のダイヤル式金庫を担当職員が開錠しようとしたところ、既に半開きの状態だった。8日午後8時30分ごろにはあった現金約110万円がなくなっていた。
 金庫は庁舎2階にあり、こじ開けた跡や侵入された形跡はなかったという。なくなった現金は介護保険料の還付金に充てるものだった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091101195&g=soc

| トラックバック (0)

公園で女性押し倒す、気象台職員が強姦未遂容疑(12日)読売

 佐賀県警佐賀北署は11日、佐賀市兵庫北3、佐賀地方気象台の業務・危機管理官、樋渡和浩容疑者(56)を

強姦

ごうかん

未遂容疑で逮捕した。
 発表によると、樋渡容疑者は5月26日午後11時半から同27日午前1時半にかけ、同市内の公園で、帰宅途中の女性(30歳代)を押し倒し、乱暴しようとした疑い。女性と面識はなく、「乱暴なことはしていない」と供述しているという。
 同気象台を管轄する福岡管区気象台は「事実関係の詳細は確認中」としている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170911-OYT1T50068.html

| トラックバック (0)

障害者施設で大けが 「同僚職員が暴行」と証言(12日)NHK

宇都宮市の障害者支援施設で、知的障害のある入所者の男性が腰の骨を折るなど一時、意識不明となる大けがをした事件で、施設の複数の職員が「同僚の職員が男性に暴行しているのを見た」と証言していることが捜査関係者への取材でわかりました。警察は男性が職員から暴行を受けた疑いがあると見て、職員らから事情を聞いて調べています。
 この事件はことし4月、宇都宮市の障害者支援施設「ビ・ブライト」で、入所していた知的障害のある28歳の男性が体調が悪化し、病院で詳しく調べたところ、腰の骨を折るなどの大けがをしていることがわかったもので、一時、意識不明となりましたが、現在は回復に向かっているということです。
 警察は11日、施設や施設を運営する社会福祉法人「瑞宝会」の本部などを傷害の疑いで捜索しましたが、その後の調べで、施設の複数の職員が「同僚の職員が男性に暴行しているのを見た」と証言していることが捜査関係者への取材でわかりました。
 また、男性が病院に運ばれた際、体にはあざがあり、腹部に1リットル以上の出血があったということです。
 警察は男性が職員から暴行を受けた疑いがあると見て、職員らから事情を聞いて詳しく調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170912/k10011135681000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| トラックバック (0)

横田めぐみさんの家族が米訪問 拉致問題の早期解決訴え(12日)NHK

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの家族がトランプ政権発足後、初めてアメリカを訪れ、核やミサイルの問題をめぐって緊張が高まる中、拉致問題についても早期の解決を訴えたいと強調しました。
 北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの弟の拓也さんは、拉致問題の解決を目指す超党派の議員連盟のメンバーなどとともに11日、ワシントンに到着しました。拉致被害者の家族がアメリカを訪問するのは、トランプ政権発足後初めてです。
 横田拓也さんは記者団に対し、「国際社会が北朝鮮と今、対じしようとしており、われわれにとってもいいチャンスだと思うので、人権の問題も改めて訴えていきたい」と述べ、核やミサイルの問題をめぐって緊張が高まる中、拉致問題についても早期の解決を訴えたいと強調しました。
 そのうえで、トランプ政権が北朝鮮に対し、軍事的な選択肢も排除しない姿勢を示していることについて、「姉を含めた拉致被害者に被害が及ぶことは心配だが、アメリカが北朝鮮と向き合って圧力で交渉することが大事な局面だと思うので支持したい」と述べました。
 一行は15日までワシントンとニューヨークに滞在し、アメリカの政府関係者や上下両院の議員などと面会するほか、シンクタンクが開く拉致問題に関するシンポジウムに出席することにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170912/k10011135961000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

腹にスローロリス 関税法違反未遂容疑 運び屋か、無職男逮捕 千葉県警など(12日)共同

 絶滅の恐れが高いためワシントン条約で国際取引が禁止されているアジアの小型サル「レッサースローロリス」をタイから輸入しようとしたとして、千葉県警生活経済課と東京税関成田支署、成田空港署は11日、関税法違反(無許可輸入)未遂の疑いで東京都葛飾区東水元4、無職、又耒晃容疑者(54)を逮捕した。又耒容疑者は2007年9月以降、タイに91回渡航しており、県警では運び屋として輸入を繰り返していたとみて調べている。
 レッサースローロリスはサルの一種で、同条約では附属書Ⅰに掲載され、絶滅のおそれがあるとして商業目的の国際取引が禁止されている。
 逮捕容疑は4月7日、レッサースローロリス4匹を、腹部のコルセットの間に隠し、タイ・ドンムアン空港発成田空港行き航空便に搭乗。レッサースローロリスを申告せず輸入しようとしたところ、成田空港第2ターミナル到着時、税関検査で同支署員に発見された疑い。
 同課によると、レッサースローロリスは雄雌ペア2組。生後約2週間程度で、大きさは手のひら大。又耒容疑者は巾着袋に2匹ずつ入れ、腹のコルセット内に隠していた。規制前に繁 ・・・【残り 767文字、写真 1 枚】
https://www.chibanippo.co.jp/news/national/437312

| トラックバック (0)

警視庁がテロ対策訓練、暴走車が人混みに突っ込むテロ想定(12日)TBS

ヨーロッパなどで車両を使ったテロが相次いでいることを受けて、警視庁は、テロリストが乗用車で人混みに突っ込んだという想定でテロ対策訓練を行いました。
 暴走した乗用車が歩行者を次々と巻き込みながら歩道に乗り上げていきます。訓練は、東京・練馬区で突然、テロリストが乗用車で人混みに突っ込んだという想定で行われました。駆けつけた警察官が窓ガラスを割り、中に立てこもっていた男を引きずり出して制圧。消防隊員らは負傷した歩行者に対して、治療の優先順位を決める「トリアージ」を行いながら救護活動にあたりました。
 先月、スペインのバルセロナで、車両で観光客に突っ込んだテロ事件が起きたことなどから、警視庁は警戒を強めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3153920.html

| トラックバック (0)

金正男氏殺害でマレーシア、“オウム”中川死刑囚に“VX”照会(12日)TBS

北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が猛毒のVXで殺害された事件で、オウム真理教元幹部の中川智正死刑囚が、マレーシア政府からVXの症状などについて質問を受けていたことがわかりました。
 中川智正死刑囚は、1990年代にVXを使った教団の殺人事件などに関与しました。今年2月にはマレーシアで起きた金正男氏襲撃事件について、当局の発表よりも早く、殺害にVXが使われた可能性を指摘していました。
 毒物研究の世界的権威でコロラド州立大学のアンソニー・トゥー名誉教授は11日、東京拘置所で中川死刑囚と面会し、中川死刑囚がマレーシア政府からVXについて質問を受けていたことを明らかにしました。
 「(VXについて)どういう症状があるかなど、国連を通じてマレーシア政府から(中川死刑囚に)問い合わせがあったと」(アンソニー・トゥー氏)
 トゥー氏によりますと、問い合わせは今年4月以降とみられるということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3153955.html

| トラックバック (0)

前山梨市長を受託収賄罪で起訴 職員採用汚職で東京地検(12日)日経

山梨県山梨市の職員採用を巡る汚職事件で、東京地検は11日、補欠合格した受験者の父親から採用依頼の請託を受けて現金80万円を受け取ったとして、前市長の望月清賢容疑者(70)を受託収賄の罪で起訴した。受験者の父親で元公立中学校長の萩原英男容疑者(57)と、元市幹部で仲介役の滝沢博道容疑者(73)を贈賄罪で起訴した。
 起訴状によると、望月前市長は在任中の今年2月8日、市内の自宅で萩原、滝沢両被告と面会。昨年度の試験で補欠合格した萩原被告の息子を早期に採用するよう請託を受け、現金80万円を受け取ったとされる。市は3月上旬に補欠合格者の採用を正式決定し、息子は4月に入庁した。
 望月前市長は別の受験者の点数を水増しするなどした虚偽有印公文書作成・同行使罪で既に起訴されている。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG11HCJ_R10C17A9CC1000/

| トラックバック (0)

父親を包丁で… 息子を“殺人未遂”で逮捕 宮城(12日)テレビ朝日

宮城県名取市で、66歳の父親を包丁で切り付けるなどしたとして31歳の息子が殺人未遂の疑いで逮捕されました。
 名取市の昆布谷治容疑者は11日午後6時ごろ、自宅で父親の孝治さんの頭を木製のバットで殴ったり、のど元を包丁で切り付けたりして殺害しようとした疑いが持たれています。孝治さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。警察の調べに対し、昆布谷容疑者は「殺そうと思った」と容疑を認めているということです。警察は容疑を殺人に切り替え、動機などを慎重に調べる方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109807.html

| トラックバック (0)

北九州の治安「改善」6割 福岡県警「工藤会壊滅作戦」3年 市民アンケート 「暴力の街払拭」3割止まり(12日)西日本

福岡県警による特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の壊滅作戦開始から11日で3年が過ぎた。西日本新聞は着手から半年後と1年後に続き、北九州市民100人を対象とした3度目のアンケートを実施。治安が「改善した」「やや改善した」と答えた人は前回(2015年)に比べ9人増の計60人となった。このうち「改善した」と積極評価した人は35人で約4倍に増加。一方で「暴力の街」の印象が拭い去られたとの回答は30人にとどまった。
 過去2回のアンケートは壊滅作戦から半年の15年3月と、1年後の同9月に実施。今回は今月4~6日に行い、10~80代の男性48人と女性52人が回答した。
 治安が「やや改善した」は25人(前回比17人減)、「変わらない」が39人(同9人減)だったのに対して「改善した」が大幅に増え、市民が街の変化を実感していることがうかがえた。
 3年間で「工藤会の存在を身近に感じたことがある」と答えた人は20人で、初回の3分の1以下に減少。「徒党を組んで繁華街を歩く組員の姿がなくなった」「事件発生の報道を見なくなった」など、暴力団の関与が疑われる事件や、街で見掛ける組員が減ったと指摘する人が多かった。
 とはいえ、「暴力の街」の印象が拭い去られていないと考える人は68人に上った。市外の知人から治安を心配されたり、「怖い街」と言われたりした経験を理由に挙げる人が目立った。壊滅作戦の成果が浸透する一方、負のイメージも根強いという現状が浮かんだ。
 離脱組員が増える中、元組員が身近に住んだり、働いたりすることを受け入れられるとした人は62人で前回比4人増。県警への期待(複数回答)で多かったのは「パトロール強化」(52人)、「子どもの暴排教育」(49人)など。「未解決事件の解決」(38人)は前回比9人減で、市民の安全や将来に向けた対策が重視される傾向となった。=2017/09/12付 西日本新聞朝刊=http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/357752

| トラックバック (0)

« 2017年9月11日 | トップページ | 2017年9月13日 »