« 2017年9月7日 | トップページ | 2017年9月9日 »

2017年9月8日

2017年9月 8日 (金)

福島で大量万引事件「爆盗」激増 犯行グループ北上、警戒強化(8日)産経

ドラッグストアやスーパーを狙い、組織的に大量の商品を万引する「爆(ばく)盗(とう)」が福島県内で続発している。今年上半期だけで42件発生し、被害額は442万円に上る。前年同期比で、件数は約5倍、被害額は約6倍と激増中だ。防犯カメラの映像や目撃情報などから、外国人が関与しているケースが多いという。県警は防犯ネットワークに加盟する約260店舗と連携して、警戒を強めている。
 県警によると、被害額が1万円を超える大量万引を「爆盗」と分類。2人以上で入店、高級化粧品やサプリメント、健康食品など高額商品をリュックサックやバッグに詰め込み、車などで逃走する手口が多いという。最近は、中国で人気がある、ひげそりの替え刃や哺乳瓶などの被害も増えている。盗品の多くは海外に送られているとみられる。
 県北地方で18件、県中地方で12件発生。平均被害額は約10万5千円で、中には約38万円分の商品が万引されたケースもあった。
 これまでの捜査などから、アジア系など外国人の犯行が目立つが、金を受け取り犯行に及ぶ日本人も確認されている。関東地方で犯行を繰り返すグループが北上して、県内でも「爆盗」をしている可能性があるという。
 県警は「爆盗」が同じ日に発生することが多いことから、被害店舗から110番通報を受けた場合、全ての警察署に緊急手配するとともに、防犯ネットワーク加盟店に情報を提供。被害の未然防止にも取り組んでいく、としている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170908/afr1709080022-n1.html

| トラックバック (0)

盗むと警告鳴る自転車あるかも…盗難多い尼崎で社会実験(8日)朝日

無断で動かすとアラームが鳴り響く自転車を駐輪場に紛れ込ませ、自転車泥棒を驚かせて、盗む意欲をそぐ――。自転車の盗難多発に悩む兵庫県尼崎市が、そんな社会実験を13日から始める。担当者は「全国の自治体で初めての取り組みでは」と話す。
 尼崎市の8日の発表によると、振動を感知すると警報が鳴る市販のアラーム装置を取り付けた自転車3台を、JR尼崎駅周辺などの盗難多発エリアの駐輪場や飲食店前に止める。何者かが動かそうとすると弱めのアラームが鳴り、動かし続けると数秒後に大音量で鳴る。「泥棒に『もうやめよう』と思わせる」(担当者)という仕組みだ。
 それぞれの駐輪場所には同じ装置を付けた別の自転車を展示し、「自転車を盗もうとするとアラームが鳴ります」という警告文を掲示して、自転車盗の抑止を狙う。
 県警の統計によると、尼崎市内で昨年起きた自転車盗は2256件。県内では神戸市に次いで多く、人口当たりの発生率はワースト1。そんな現状を打開しようと職員が発案した。
 実験期間は13日から3カ月間。効果を見極め、本格導入を検討する。実験名は「アラーム」と「ダミー」をかけ合わせて「アラーミー社会実験」と決めた。
 稲村和美市長は「自転車盗は軽い気持ちでやるケースが多いように見受けられる。アラームが鳴るかもと思えば、安易に盗めなくなるのでは」と抑止効果に期待する。(宮武努)
http://www.asahi.com/articles/ASK9845T1K98PIHB00T.html

| トラックバック (0)

夏の山岳遭難、死者・不明者は20人増の68人(8日)読売

今夏(7~8月)の全国の山岳遭難による死者・行方不明者は、昨年同期より20人多い計68人だったことが、警察庁のまとめでわかった。
 高齢の遭難者が目立ち、同庁は「無理のない登山計画をたててほしい」と呼びかけている。
 発表によると、山岳遭難の発生件数は、過去最多だった昨年同期より、49件少ない611件。長野県が101件で最も多く、静岡県は69件、富山県は53件だった。
 山岳遭難者は48人減の705人だったが、60歳以上が362人で、全体の51・3%を占めた。死者・行方不明者でも、68人のうち50人が60歳以上だった。遭難原因は道迷いが最多の189人で、転倒が168人、滑落102人。

(ここまで293文字 / 残り110文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170908-OYT1T50132.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

「だまされたふり」逆手で被害(8日)NHK

オレオレ詐欺の電話を受けて詐欺だと気づいた埼玉県の女性が、捜査への協力を求める警察官を装う電話を信じて現金100万円をだまし取られました。
警察は詐欺の電話と気づいた人たちにだまされたふりをしてもらう「だまされたふり作戦」を逆手に取った手口とみて調べています。
警察によりますと、今月6日、埼玉県春日部市の83歳の女性の自宅においを名乗る男から、「交通事故にあった」と電話がありましたが、女性は本人と連絡を取ってすぐに詐欺だと気付きました。
しかし、その後、警察官を装った男から電話があり、女性が電話の内容を説明したところ、男は「金を取りに来る犯人を捕まえるので、捜査に協力してください」と持ちかけてきました。
女性はだまされたふりをして捜査に協力しようと、自宅を訪れた男に現金100万円を手渡し、だまし取られたということです。
警察は詐欺の電話と気づいた人たちにだまされたふりをしてもらう「だまされたふり作戦」を逆手に取った手口とみて調べています。
また、作戦に協力してもらう場合、実際に現金をやりとりすることはないとして注意を呼びかけています。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/1106118571.html

| トラックバック (0)

警察官が無断で横断歩道を設置 懲戒処分 兵庫県警(8日)NHK

兵庫県警の56歳の巡査部長が、県の公安委員会の決定を得る手続きをしないまま、横断歩道や標識を無断で設置したとして、虚偽公文書作成などの疑いで書類送検されました。警察によりますと、巡査部長は「手続きが面倒だった」などと説明しているということで、停職の懲戒処分を受けて辞職しました。
 兵庫県警によりますと、横断歩道や標識が無断で設置されていたのは、兵庫県相生市や上郡町にある交差点など合わせて9か所です。
 いずれも、相生警察署の56歳の巡査部長が、住民から要望を受けるなどした際に、県の公安委員会の決定を得る手続きをしないまま書類を偽造し、設置工事を発注していたということです。
 県警は8日、この巡査部長を虚偽公文書作成などの疑いで書類送検するとともに、停職1か月の懲戒処分にしました。
 警察によりますと、巡査部長は「手続きが面倒だった」などと説明していて、処分を受けて辞職したということです。
 無断で設置された横断歩道などは必要な場所にあるため、手続きを踏まえたうえで今後も使われるということで、兵庫県警は「再発防止に努めたい」としています。

住民は困惑

無断で設置された横断歩道の近くに住む女性は、「横断歩道がない時は車が止まってくれないので、道路を渡れずに困っていました。その後、横断歩道が設置されて便利になったのでありがたいですが、無断だったと聞いて驚いています」と困惑した様子で話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170908/k10011132361000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

| トラックバック (0)

気象庁が緊急会見、日本も9日に海面変動か(8日)TBS

日本時間の8日午後2時前にメキシコ沖で発生したマグニチュード8.2の巨大地震について、気象庁は、北海道から沖縄県にかけての太平洋沿岸に「若干の海面変動が予想される」と発表しました。
 「北海道から沖縄県にかけての太平洋沿岸に若干の海面変動が予想される」(気象庁 松森敏幸 地震津波監視課長)
 気象庁はこの地震の影響について緊急の会見を行い、「北海道から沖縄県にかけての太平洋沿岸では、若干の海面変動が予想されるものの、被害の心配はない」とする津波予報を発表しました。
 日本の沿岸で若干の海面変動が予想される時刻は、最も早くて9日午前4時頃だということです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3151959.html

| トラックバック (0)

店員が脚立で応戦 コンビニ“刃物強盗”映像公開(8日)テレビ朝日

店員に刃物を見せる男の防犯カメラ映像が公開されました。
 警察によりますと、先月28日午前2時ごろ、甲府市の「ファミリーマート甲府美術館前店」に男が押し入り、店員の男性に刃物を見せながら「金を出せ」と脅しました。店員の男性にけがはありませんでした。男性が、レジの足元にあった脚立を手にすると、男は何も取らずに逃走したということです。逃げた男は、身長170センチくらいで、フード付きの青い雨具に黒いリュックを背負っていたということです。警察は店の防犯カメラの映像を公開し、逃げた男の行方を追っています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109621.html

| トラックバック (0)

自宅に父親の遺体を2カ月“放置” 59歳男逮捕(8日)テレビ朝日

 父親の遺体を2カ月にわたり、自宅に放置していたということです。
 葛西洋史容疑者(59)は、東京・渋谷区にある自宅マンションのベッドに父親の高橋俊雄さん(85)の遺体を放置した疑いが持たれています。警視庁によりますと、親族の男性(51)が自宅の契約更新のために訪れたところ、高橋さんの遺体を見つけ、110番通報したということです。葛西容疑者は高橋さんと2人暮らしで、取り調べに対して「父親が亡くなった後、どうしていいか分からなくなり放置してしまった」などと容疑を認めています。高橋さんの遺体に目立った外傷はなく、今年7月下旬ごろ死亡したとみられています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109613.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日 単位・レベル) 
名簿の売買は違法ではない?

【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013118

 老人ホームの建設を装い「名義貸しは犯罪」などと埼玉県越谷市の女性をだまして7800万円をだまし取っていた23〜36歳の男6人が警視庁に逮捕された。
 この事件で警視庁が港区のアジトを捜索したら、高齢者数万人の名簿を発見、押収した。
 最近はこのような個人情報が世の中に氾濫している。その背景には「名簿屋」の存在だろう。
 それらの販売材料となる「個人情報」はどうして入手しているのかだ。
 某バス会社では国内バスツアーに関する予約情報が「国内バスツアーサイト」から流失した。ツアー参加者の代表者、同行者名簿からそれらの緊急連絡先など約1万2千人近くの情報量だという。
 また、ある大学では、学生の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失。大阪のある高校では生徒の個人情報が入った資料を紛失。証券会社では約800枚が入った名刺収容ファイルを紛失するなどあげればきりがない。
 問題はこれらがどこに流れているのかだ。個人で所有していても価値はないだろうし、ゴミ扱いで処分されていることは考えられない。
 先日、警察の幹部とこんな話をした。
 「振り込め詐欺では何百億の金が被害にあっている。そのツールとなっているひとつに名簿がある。なんで取り締まらないのか?」
 回答は「個人情報保護法では違法ではないからだ」
 確かに同法の18条では利用目的を公表している名簿は本人以外からの入手は認められている。
 ちょっと待て! では同法の17条では「取り扱い業者は偽りその他不正な手段により取得してはならない」とある。
 社会で需要があるから供給がある―だから名簿屋が存在する―それは違法ではない―とすれば、販売する「品(情報)」の入手に問題はないのかだ。需要があるから情報の提供が成り立つ。その提供する側に問題があるから、上記のような事案がはびこる。
 やはり、情報管理者側の責任は重い。危機管理をしっかりしてもらいたいものだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

警視総監に吉田刑事局長=沖田氏が退任(8日)時事

0170908at02_t

警視庁の沖田芳樹警視総監(60)が退任し、後任の第94代警視総監に警察庁の吉田尚正刑事局長(56)が就任する人事が8日、閣議で了承された。15日付で発令される。
 吉田氏は、警察庁捜査1課長や同庁警備企画課長など刑事と警備・公安両部門の枢要ポストなどを歴任し、2016年8月に刑事局長に就任した。福岡県警本部長時代には、特定危険指定暴力団工藤会のトップを所得税法違反容疑で逮捕するなど暴力団壊滅作戦を推し進めた。
 沖田氏は81年に警察庁入庁。昨年9月に警備局長から警視総監に就任し、同12月のプーチン大統領来日に伴う首都の警備を陣頭指揮した。(2017/09/08-10:57)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090800487&g=soc

| トラックバック (0)

知的障害者にカード作らせ70万円詐取か(8日)NHK

知的障害のある男性にキャッシングができるカードを作らせてだまし取ったとして、34歳の男が逮捕されました。男は、カードを使って70万円を引き出していたということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。
 逮捕されたのは東京・練馬区の会社員、牟田浩士容疑者(34)です。
 警視庁によりますと、牟田容疑者はことし3月、知的障害のある知り合いの30代の男性にキャッシングができるカードを作らせたうえ「君が持っていると危ないから預かっておくよ」などと言ってだまし取ったとして、準詐欺の疑いが持たれています。
 その後、カードを使って合わせて70万円を引き出し、競馬などに使っていたということで、男性に身に覚えのない料金の請求があったことから発覚したということです。
 警視庁によりますと、調べに対して容疑を認め「障害者だからだませると思った」などと供述しているということです。警視庁が詳しいいきさつを調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170908/k10011131571000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| トラックバック (0)

自殺予防デー前に 働く人の電話相談始まる(8日)NHK

今月10日の世界自殺予防デーを前に、職場の人間関係や過重労働などの相談を無料で受け付ける全国一斉の電話相談が8日から始まり、次々と相談が寄せられています。
 この電話相談は、今月10日の世界自殺予防デーにあわせて日本産業カウンセラー協会が全国一斉に無料で行っています。
 このうち東京・渋谷区に設けられた相談室では、午前10時の開始とともに専門のカウンセラーのもとへ相談の電話が次々と寄せられていました。
 この中では、「職場が忙しく、休みがとれないうえに、毎日帰りも遅く、家族と過ごす時間がなく、悩んでいる」とか、「大きなどなり声がするなど職場の環境が悪い」といった相談が寄せられたということです。
 日本産業カウンセラー協会の三浦明代さんは「働いている人だけでなく、家族や今は働いていない人でも周囲の人には相談しづらいことを気軽に相談してほしいです」と話しています。
 「働く人の電話相談室」は、10日まで3日間行われることになっています。
相談の受け付けは午前10時から午後10時までで、電話番号は全国共通で0120-583-358です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170908/k10011131661000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

セクハラ警視を懲戒処分、青森 飲食店で知人女性の体触る(8日)共同

飲食店で知人女性の体を触り、相手を不快にさせる発言をするセクハラ行為をしたとして、青森県警本部の男性警視が減給1カ月(10分の1)の懲戒処分を受けていたことが8日、県警への取材で分かった。
 監察課によると、警視は5月上旬、勤務時間外に知人女性ら複数で訪れた飲食店で酒を飲み、女性の体を触るなどした。「申し訳ないことをした」と事実を認めているという。女性から相談を受けた知人が7月上旬に県警へ相談して発覚した。
 監察課は、勤務時間外の場合は停職以上を公表対象としていることに加え、女性の精神的負担などを考慮したとして、処分を公表していなかった。
https://this.kiji.is/278720317140927993?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

岐阜・中央道9人死傷事故、「スマホ脇見で事故」(8日)TBS

「スマホを見ようと脇見をしていた」。先月30日、岐阜県多治見市の中央道で9人が死傷した事故で、大型トラックの運転手の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、大阪府高槻市のトラック運転手・村田義明容疑者(47)です。岐阜県警によりますと、村田容疑者は先月30日、多治見市の中央道上り線で大型トラックを運転中、舗装工事の現場に突っ込み、作業員の建島誠治さん(40)を死亡させたうえ、作業員の男性4人と乗用車の男女4人に重軽傷を負わせた過失運転致死傷の疑いがもたれています。
 事故当日、村田容疑者はプラスチックの原料などを載せて大阪から恵那市に向かう途中で、「降りるインターがどこなのかが曖昧で、スマートフォンの地図アプリを起動させようと脇見をしたところ事故になった」と容疑を認めているということです。警察は事故のいきさつを詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3151323.html

| トラックバック (0)

事故で逃走の男に警察官が発砲 川に飛び込み不明に(8日)テレビ朝日

8日未明、広島県三次市の川に男が飛び込み、行方不明になりました。男は盗難車で事故を起こし、追っていた警察官から威嚇発砲された直後でした。
 午前0時半ごろ、広島県安芸高田市の交差点で34歳の男性巡査部長が盗難車を発見し、運転していた男に職務質問しようとしたところ、信号無視をして逃走しました。その後、盗難車は約7キロ先で単独事故を起こして止まり、男は河川敷へ逃げて川に入ろうとしました。巡査部長が警告したものの、男が応じなかったため、空に向けて1発、発砲したということです。男は川に飛び込んで逃走し、現在も見つかっていません。安芸高田署の竹重幸司次長は「逃走・危険防止のため、威嚇射撃したもので、現時点で妥当な職務執行と考えている」とコメントしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109587.html

| トラックバック (0)

別の会社にも売却話を…積水ハウス“地面師被害”(8日)テレビ朝日

積水ハウスが土地の取引を巡って63億円をだまし取られたと警視庁に被害を訴えている問題で、同じグループが「おたくがやらなければ他にやるところはある」と別の会社にも売却話を持ち掛けていたことが分かりました。
 積水ハウスは今年6月、東京・品川区の土地取引を巡って63億円を支払いましたが、所有者を名乗る女性らから提出された書類は偽物で、実際に土地を取得できませんでした。その後の取材で、同じグループが別の不動産会社にも同じ売却話を持ち掛けていたことが分かりました。
 売買を持ち掛けられた不動産会社:「(自称地主の女性は)運転免許証がないということで、原本を持ってきましたね。本物のパスポートと印鑑登録証明書。『おたくがやらなかったら、積水さんとかやるとこいっぱいあるから』と言っていた」
 不審に思った不動産会社の社長が取引の際に撮影した写真をもとに調べた結果、地主とされる女性は別人であることが分かり、契約をしなかったということです。警視庁は、地面師グループが複数の企業に嘘の土地売却話を持ち掛けていたとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109585.html

| トラックバック (0)

盗難PC廊下に約3カ月「放置」 甘い危機管理 ずさん防衛省(8日)産経

東京都新宿区の防衛省本省からノートパソコン17台などを盗んだとして窃盗の疑いで陸上自衛隊通信学校(神奈川県横須賀市)の職員、須田克敬容疑者(42)=千葉県大網白里市駒込=が逮捕された事件で、パソコンなどは本省12階の防衛政策課の前の廊下に約3カ月も置かれていたことが7日、防衛省関係者の話で分かった。機密情報を扱う防衛省でのずさんな物品管理の実態が明らかになった。
 盗まれたパソコンは未使用で、現時点では情報漏(ろう)洩(えい)はないとされるが、防衛省では過去に情報流出が何度も問題となっており、管理体制が厳しく問われそうだ。
 事件を受け、本省では7日、盗まれた物品の有無を確認するとともに、物品と職場のカギの管理を徹底するよう口頭指示が各部署に出された。廊下に置いてあるコピー用紙やプリンターのトナーを室内で保管することも指示された。
 本省ではそうした物品を廊下に置くことが常態化していたが、「パソコンを置くのはずさんすぎる」(防衛省幹部)と指摘される。
 一方、今回の事件で最も問題視されているのは、盗まれた場所だ。
 パソコンは今年3月から6月の間、防衛政策課の前の廊下に置かれ、須田容疑者は4月から5月にかけて盗んだとみられている。同課は防衛省内局の中枢で扱う機密情報も多く、保管されていた廊下まで入っていくには、ICチップ付きの身分証が必要になる。続きを読む

| トラックバック (0)

防衛省職員の備品窃盗事件 被害総額1億円か 容疑者「借金返済やギャンブルに使った」(8日)産経

防衛省職員による備品の窃盗事件で、千葉県警に逮捕された陸上自衛隊通信学校職員の須田克敬容疑者が、盗んだノートパソコンなどを売却して得た金を「借金返済やギャンブルに使った」などと供述していることが7日、捜査関係者への取材でわかった。また、数年前から防衛省などで盗んだ備品の被害総額が数千万円から1億円に上る可能性があることも分かり、県警が裏付けを進めている。
 捜査関係者によると、須田容疑者は盗んだパソコンなどの備品をいずれもリサイクルショップなどに持ち込み現金化。こうして得た現金の大半をギャンブルやギャンブルによる借金返済などにあてていたという。このほか、飲食などの遊興費や生活費などにもあてていたとみられる。
 一方、須田容疑者が犯行に及んだ今年4月30日~5月6日は大型連休期間で休日もあり、職員の出勤が少なかった。県警は須田容疑者が人目が少ない日を狙って、小分けにして繰り返し盗み、犯行の発覚を免れようとした可能性もあるとみている。
 県警は7日、須田容疑者を千葉地検に送検した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170908/afr1709080001-n1.html

| トラックバック (0)

愛知県課長補佐を逮捕=14歳にわいせつ、撮影疑い-県警(8日)時事

14歳の女子中学生にわいせつ行為をし、動画を撮影したとして、愛知県警昭和署は7日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、県政策調整課課長補佐の矢口美英容疑者(47)=同県豊川市萩山町=を逮捕した。容疑を認めているという。

子連れママ狙いわいせつ容疑=37歳男を逮捕-大阪府警

 逮捕容疑は昨年6月ごろ、同県日進市内の多機能トイレで、中学3年の女子生徒に2万円を渡してわいせつな行為をし、ビデオカメラで動画を撮影した疑い。
 昭和署によると、今年1月、別の少女(16)の買春被害を調べる過程で同容疑者が浮上。家宅捜索で押収したハードディスクから、複数の少女の動画が見つかった。(2017/09/07-19:12)https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090701209&g=soc

| トラックバック (0)

大麻と見られる薬物購入容疑の警察官 捜査情報漏えいか再逮捕へ(8日)NHK

大麻と見られる薬物を知り合いの男から買ったとして逮捕された北海道函館市の警察署の巡査部長が、男から頼まれて捜査に関する情報を漏らしていた疑いのあることが捜査関係者への取材でわかりました。警察は地方公務員法違反の疑いで再逮捕して調べることにしています。
 函館西警察署警備課の巡査部長、山本圭太容疑者(35)はことし2月、北海道羽幌町の自宅で大麻と見られる薬物を知り合いの男から購入したとして先月逮捕されました。
 捜査関係者によりますと、その後の調べで山本巡査部長は男から、自分の車があとをつけられているようなので調べてほしいと頼まれ、警察官の立場で調べた所有者の情報などを男に伝えていた疑いのあることがわかったということです。
あとをつけていたのは別の事件の捜査対象として男を尾行していた警察の車だったということです。
 警察は、捜査に関する情報を漏らしたとして山本巡査部長を地方公務員法違反の疑いで再逮捕して、詳しいいきさつを調べることにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170908/k10011131251000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| トラックバック (0)

東京都 罰則つき禁煙条例制定の方針固める(8日)NHK

東京都は、飲食店など建物の中を原則として禁煙にする罰則つきの条例を制定する方針を固め、条例案の内容に都民の意見を反映させるため「パブリックコメント」を近く始めることになりました。
 都内の受動喫煙対策をめぐっては、今月20日からの都議会に都民ファーストの会と公明党が共同で、子どもを受動喫煙から守るための努力義務などを盛り込んだ条例案を提出することにしています。
 一方、これとは別に都は、飲食店など建物の中を原則として禁煙にする罰則つきの条例を制定する方針を固めました。
そして条例案の内容に都民の意見を反映させるためホームページなどで意見を募る「パブリックコメント」を近く始めることになりました。
 罰則つきの受動喫煙対策をめぐっては、医師会などからは健康の観点から飲食店を含めた完全禁煙などを求める意見が出ている一方、バーやスナックなどの飲食店からは規制を厳しくすると経営に影響が出かねないという指摘も出るなど、さまざまな意見があります。
 都は、規制に対する考え方や火を使わず煙が出ない加熱式のたばこの取り扱いなども含め意見を募り、丁寧に議論を進めたいとしています。
 受動喫煙対策をめぐっては、IOC=国際オリンピック委員会などが「たばこの煙のないオリンピック」を求め、国でも法整備に向けた検討が進められています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170908/k10011131421000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

お手柄犬に滑川署が感謝状 侵入者知らせる(8日)共同

滑川市の自宅に不審な男が侵入したのを家族に知らせ、窃盗犯の逮捕に結び付けたとして、滑川署は7日、この家で長年飼われているミニチュアダックスフントのルーシーに感謝状と好物のドッグフード30食分を贈った。飼い主の40代女性は「家族を守ってくれた勇敢な行動に感謝しかない」と、優しいまなざしで愛犬を見つめた。
 同署によると、事件は5月4日午後9時すぎに発生。自宅1階にいたルーシーは、見知らぬ男(47)が玄関から忍び込んだのを見て、大声でほえたり、入っていたケージに何度も体をぶつけたりして異常を知らせようとした。
 男は現金十数万円を盗み逃げようとしたが、2階で寝ていた女性がルーシーの頑張りで目を覚まし、玄関先で男を取り押さえた。男はその後起訴され、懲役2年(執行猶予4年)の有罪判決を受けた。
 ルーシーは17歳の雌で、人間なら80代後半のおばあちゃん。生後2カ月から大事に育てられてきた。普段は寂しがり屋のおとなしい性格で、今年1月ごろからは体力や聴力に衰えがみられ、ほえる声も小さくなっていたという。
 同署の堀睦司署長は「家族を守りたい一心で、必死に体を張って頑張ったのだろう。今後も室内犬の活躍を望んでいる」と語った。
http://webun.jp/item/7397821

| トラックバック (0)

警官前で白い粉、動画投稿 「業務妨害罪」と専門家(8日)共同

福井駅前で警察官の足元に覚醒剤に見せかけた白い粉入りの袋を落とし、逃走する男の動画が7日までにインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿された。パトカーが出動する騒ぎとなっており、専門家は「警察官に対する業務妨害罪に当たる可能性がある」と指摘している。
 動画は8月30日に投稿された。若い男性が警察官に話しかけながら、袋に入った白い粉を足元に落とし、自ら拾い上げて逃走。警察官が走って男性を追跡、数台のパトカーも駆け付け、周囲が騒然となる様子も収められている。
 白い粉は覚醒剤ではなくグラニュー糖だと示唆されている。
https://this.kiji.is/278506912961282057?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

北関東自動車道、トラックや乗用車など5台が絡む事故(8日)TBS

7日夜、群馬県の北関東自動車道でトラックや乗用車など5台が絡む事故があり、男女2人がけがをしました。
 7日午後7時半ごろ、群馬県太田市の北関東自動車道で車線変更をしようとした乗用車が大型トラックと衝突しました。このはずみで乗用車が進行方向と逆向きになっておよそ300メートル逆走し、後続のトラックと軽乗用車あわせて3台と次々に衝突しました。
 この事故で乗用車の40代の男性と軽乗用車の50代の女性のあわせて2人が胸を強く打つなどして病院に運ばれましたが、軽傷です。この事故の影響で、北関東自動車道は太田藪塚インターチェンジと太田桐生インターチェンジ間で、東行きがおよそ2時間半、通行止めとなりました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3151315.html

| トラックバック (0)

トラック運転手を逮捕 過失致死傷疑い 多治見の中央道で9人死傷(8日)日経

岐阜県多治見市の中央自動車道上り線で工事現場に大型トラックが突っ込み、積み荷などが下を走る国道に落下した事故で9人を死傷させたとして、県警は7日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いでトラックを運転していた大阪府高槻市柱本6、村田義明容疑者(47)を逮捕した。
 県警によると、村田容疑者は「事故現場の手前で、地図アプリを起動しようとしてスマートフォンを見た」と供述。自身も腰を強打し入院し、回復を待って逮捕した。
 現場は当時、舗装の補修工事で多治見インターチェンジ(IC)への降り口を挟むように約1.6キロにわたり走行車線の通行が規制されていた。村田容疑者は同ICの降り口から約500メートル手前の案内標識を見て「降りるICが曖昧で確認しようとした」と説明。勤務先によると、瑞浪ICで降りる予定だった。
 トラックに搭載され、車外を写していたドライブレコーダーの映像では、多治見ICで降りようと左に進んだ後に進行方向が右に変わり、工事車両に衝突する様子が記録されていた。
 逮捕容疑は8月30日午後1時45分ごろ、中央道の工事現場に突っ込み、同県瑞浪市の建島誠治さん(40)を死亡させるなど作業員5人を死傷させ、下の国道248号でも、落下した積み荷に乗り上げるなどした乗用車の男女4人に軽傷を負わせた疑い。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFD07H2N_X00C17A9000000/

| トラックバック (0)

強盗致傷事件“でっち上げ” 39歳女を逮捕 埼玉(8日)テレビ朝日

 埼玉県所沢市で今年7月、現金約490万円が入ったバッグを奪われたと訴えていた女が自作自演だったと警察に出頭し、逮捕されました。
 窃盗の疑いで逮捕された野村由美子容疑者(39)は今年7月、所沢市日吉町の路上で男に銀行で下ろした現金約490万円などを奪われたと話し、警察が強盗致傷事件として捜査をしていました。当時、野村容疑者は「刃物で切られた」と話していたものの、擦り傷しかないなど不審な点があるとして警察が改めて話を聞くなどしていましたが、6日午前になって野村容疑者が自ら出頭してきたということです。取り調べに対し、「会社を困らせるためにお金を盗みました」と容疑を認めていて、警察は野村容疑者が事件をでっち上げたとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109551.html

| トラックバック (0)

清水建設銃撃逮捕へ 殺人未遂容疑、工藤会幹部ら 11年小倉北区(8日)西日本

2011年2月に北九州市小倉北区大手町の大手ゼネコン「清水建設」(東京)の建設工事現場事務所で男性社員が拳銃で撃たれ負傷した事件で、福岡県警は7日、殺人未遂と銃刀法違反の疑いで特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)幹部の男(54)=殺人罪などで起訴=ら数人を逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。
 事件は11年2月9日午後7時10分すぎ、同市小倉北区の病院関連工事の現場事務所で発生した。男が事務所2階に侵入し、居合わせた清水建設社員で現場監督の男性=当時(50)=に至近距離から拳銃を発砲。男性の腹部に弾が当たり、軽傷を負った。犯行後、男は近くに待機していた別の男が運転するバイクに乗って逃走した。
 県警は同社が暴力団関連企業の下請け参入や、不当な地元対策費の要求を断っていたことに対する威嚇行為で、当初から工藤会が関与した疑いがあるとみて捜査していた。
 清水建設を巡っては06年12月以降、北九州市や福岡市内で建設を手掛けた施設などへの発砲、不審火事件が連続して発生。10年2月には、北九州市若松区に大型施設を建設していた西部ガス(福岡市)に「清水建設を(工事に)入れるな」と書かれた銃弾入りの脅迫文が送り付けられていた。
 県警は14年9月に工藤会壊滅作戦に乗り出し、(1)12年4月に北九州市小倉南区であった元警部銃撃(2)14年5月、同市小倉北区であった男性歯科医師襲撃(3)13年1月、福岡市博多区であった女性看護師襲撃-などの事件で、同会トップの野村悟被告(70)ら複数の幹部を組織犯罪処罰法違反容疑などで逮捕、起訴している。
 福岡地裁は3月、元警部と歯科医師の襲撃事件で実行犯を現場に送迎した組員について野村被告との共謀や殺意を認定、懲役18年8月の有罪判決を言い渡した。

=2017/09/08付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/356952

| トラックバック (0)

« 2017年9月7日 | トップページ | 2017年9月9日 »