« 2017年9月5日 | トップページ | 2017年9月7日 »

2017年9月6日

2017年9月 6日 (水)

「ストレスがあった」 万引のマラソン元日本代表、原裕美子容疑者を起訴 化粧品など約2600円相当窃盗の罪(6日)産経

陸上の世界選手権女子マラソンの元代表で契約社員、原裕美子容疑者(35)=栃木県足利市=がコンビニエンスストアで化粧品など計約2600円相当の商品を万引したとされる事件で、宇都宮地検足利支部は6日、原容疑者を窃盗の罪で起訴した。被害額は少ないが悪質と判断したとみられる。
 起訴状によると、原被告は7月30日午後4時15分ごろ、足利市内のコンビニで化粧品や菓子パンなど8点を盗んだとしている。
 在庫整理で商品が足りないことに気付いた店長が同署に届け、店の防犯カメラの映像などから浮上したという。捜査関係者によると、原被告は「ストレスがあった」などと供述しているという。
 原被告は足利市出身。宇都宮文星女高から平成12年に京セラに入社。初マラソンの17年名古屋国際女子で2時間24分19秒で優勝。同年の世界選手権(ヘルシンキ)は2時間24分20秒で6位入賞を果たした。
 その後、足の3カ所を疲労骨折。約1年半後の19年大阪国際女子で競技に復帰し、2時間23分48秒の自己ベストで優勝。同年の世界選手権(大阪)18位。20年名古屋国際女子4位、21年大阪国際女子3位。
 22年に小出義雄氏が指導するユニバーサルエンターテインメントに移籍し、同年の北海道で優勝したが、座骨神経痛で走れなくなり24年に退社し、栃木に帰った。26年の大阪国際女子に挑戦したが21位だった。
http://www.sankei.com/affairs/news/170906/afr1709060031-n1.html

| トラックバック (0)

覚醒剤捜査「違法」と認定 裁判官、被告ねぎらう一幕も(6日)朝日

覚醒剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われた男性被告(43)の判決が6日、大阪地裁であった。田中昭行裁判官は懲役1年4カ月、うち満期前の4カ月を2年間の保護観察付き執行猶予(求刑2年6カ月)とする有罪判決を言い渡したが、「捜査手続きに違法があった」とも指摘した。
 判決によると、被告は昨年6月、大阪市内で覚醒剤を所持、使用した。任意の職務質問の際、約10人の警察官が被告の進路に立ちふさがって移動の自由を制限し、逃走した被告の腕をつかむなどして引き戻した行為について「相当性を逸脱しており違法」と認定。ただし違法の程度は大きくないとし、有罪と判断した。
 昨年8月から計15回にわたる公判には警察官や目撃者らが証人として出廷した。田中裁判官は判決で「捜査の一部に違法があったことで身体拘束期間が長くなった」と言及。判決後、「長い間、お疲れさまでした」と被告に語りかける一幕もあった。
 弁護人は「違法捜査と認定したことは評価するが、違法の程度は軽くない」として即日控訴した。
http://www.asahi.com/articles/ASK965D15K96PTIL018.html

| トラックバック (0)

橋本元神戸市議を地検が捜査へ 出頭受け任意聴取(6日)共同

政務活動費(政活費)の架空請求疑惑で神戸市議を辞職した橋本健・元市議について神戸地検が6日、任意聴取したことが捜査関係者への取材で分かった。今後、詐欺容疑などでの捜査が本格化するとみられる。
 捜査関係者によると、橋本元市議から事前に出頭の連絡があり、同日午後に任意で事情聴取した。地検は聴取の内容を明らかにしていないが、橋本元市議は不正の内容について説明したとみられる。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201709/0010529774.shtml

| トラックバック (0)

大阪・茨木市の認定こども園で体罰か、常態化の疑いも(6日)TBS

大阪府茨木市の認定こども園で、保育士が園児をたたくなどの体罰を行っていたことがJNNの取材でわかりました。市は、園で体罰が常態化していた疑いが強いとみて調査しています。
 茨木市が調査を行っているのは、社会福祉法人が運営する認定こども園「ちとせ學院」で、今年6月、昼寝の時間にお漏らしをした5歳の男の子を着替えさせる際、40代の女性保育士が肩を押して突き飛ばしたり、太ももをたたくなどの体罰を行っていたということです。男の子にけがはありませんでしたが、精神的にショックを受けていると母親は話します。
 「(担任が)すごく威圧的な態度で子どもに怒っている場面を見た。その時に先生がバチーンと太もものあたりをたたいて、その日から(子どもが)15分に1回くらいトイレ、トイレって・・・」(被害園児の母親)
 これに対し園は・・・
 「言葉で言ってわかる年齢の限度もあるし、個人の理解力もある。こういったことも体罰の対象になるのかなと真摯に受け止めている」(「ちとせ學院」園長)
 市によりますと、園では複数の保育士が園児らの頭をたたくなどの体罰を日常的に行っていた疑いが強いということで、園長から聞き取りを行うなど調査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3149873.html

| トラックバック (0)

北朝鮮ハッカーが韓国のATMをハッキング 日本国内でも被害 23回現金引き出し(6日)産経

韓国警察は6日、北朝鮮ハッカーが韓国内の現金自動預払機(ATM)をハッキングして約23万件のカード情報を入手し、この情報を基に複製したカードで計約1億200万ウォン(約980万円)の現金が引き出されるなどの被害が出たと明らかにした。
 犯人グループは複製カードで日本でも126回、現金引き出しを試み、うち23回で成功、計約60万円を引き出した。
 韓国警察は、ATMの管制サーバーに送り込まれたウイルスの分析から北朝鮮の犯行と断定。サーバーにつながったATM63台がウイルスに感染して情報が抜き取られ、北朝鮮へ送られていた。
 カードのICチップに収められている現金取引に必要な情報が、感染したATMから流出した。管制サーバーへの攻撃や、ICチップ情報の流出確認は初めてという。(共同)
http://www.sankei.com/affairs/news/170906/afr1709060033-n1.html

| トラックバック (0)

発売前の人気漫画ネット公開疑い 5人逮捕、3億円超得たか(6日)共同

発売前の人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」などの画像データをネットサイトで公開したとして、熊本県警などは6日までに、著作権法違反の疑いで秋田市、ウェブデザイナー堀田井良史容疑者(31)と沖縄県北谷町、自営業上原暢容疑者(30)ら計5人を逮捕した。捜査当局は、アフィリエイト(ネット広告)などで得た収入は少なくとも3億円以上とみている。
 堀田井容疑者らの逮捕容疑は昨年7月、発売前の週刊少年ジャンプに掲載されるワンピースの画像データや内容を「最新ジャンプネタバレ ワンピースネタバレ速報」と称するサイトで公開し不特定多数が閲覧できるようにした疑い。
https://this.kiji.is/278118222731462137?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

「籠池学園」の幼稚園 補助金不正受給で地検が告訴状を正式受理(6日)NHK

学校法人「森友学園」の籠池泰典前理事長が園長を務める大阪・住之江区の幼稚園が府の補助金を不正に受給したとして、大阪府から出されていた告訴状について、大阪地検特捜部は6日、正式に受理しました。
 国や大阪府の補助金をだまし取った疑いで逮捕された森友学園の前の理事長の籠池泰典容疑者(64)は、大阪・住之江区で休園中の「開成幼稚園」の園長を務めています。
 大阪府は、この幼稚園を運営する学校法人「籠池学園」が、平成23年度からの3年間で障害がある子どもの支援に必要だとして受け取った府の補助金627万円余りについて支援の実態がなかったとして、詐欺の疑いで籠池前理事長に対する告訴状を大阪地検特捜部に提出し、特捜部は、6日、正式に受理しました。今後、詳しい経緯などを調べるものと見られます。
 府は、この幼稚園では告訴した内容のほか、専従の教員の数に応じて支給される補助金の申請でも不正があったとして、「籠池学園」に合わせて1300万円余りの返還命令を出しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170906/k10011129391000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

消防士 温泉施設で隣に座った女性の胸を“触る”(6日)テレビ朝日

東京消防庁の消防士が、温泉施設で女性の胸を触った疑いです。
 東京消防庁足立消防署の消防士長・柴野健介容疑者(36)は5日午後11時前、埼玉県上尾市の温泉施設で、隣のマッサージチェアに座っていた20代の女性の胸を触った疑いが持たれています。警察によりますと、女性からの通報で駆け付けた警察官が更衣室から出てきた柴野容疑者を任意同行しました。取り調べに柴野容疑者は、「触った認識はありません」と容疑を否認しています。東京消防庁は、「事実関係を詳細に確認し、事実であれば厳正に対処します」とコメントしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109430.html

| トラックバック (0)

サッカーコーチが“放火” 周辺で不審火相次ぐ(6日)テレビ朝日

火を付けたとして逮捕されたのは、サッカーコーチの男でした。
 福岡市城南区のサッカーコーチ・宮崎裕介容疑者(23)は先月28日の深夜、自宅近くにある建設中の家の防護ネットに火を付けて焼いた疑いが持たれています。警察によりますと、宮崎容疑者は、ネットに火を付けたことを認めたうえで、「仕事がうまくいかず、むしゃくしゃしていた」と話しているということです。現場周辺では、先月28日から玄関先に出されたごみが燃えるなど不審火が相次いでいました。宮崎容疑者は3件の不審火について関与をほのめかす供述をしているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109438.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6、7日 単位・レベル) 
子供たちへの声かけ事犯
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013111

このところ下校途中や遊んでいる子供達が「見知らぬ人から声をかけられた」という110番事案が目立つ。警視庁管内の武蔵野署と隣接6署からのメールサービスを受けているが、5日の午後3時過ぎに4件も連続した。
 武蔵野市では女児が路上で「可愛いね」と言われ、杉並区では女子生徒が帰宅途中に体を触られたり、西東京市の路上で男児が下校途中に「学校からおうちまで何分?」と聞かれた。さらに東久留米市の路上では女子生徒が登校途中に「かわいいね」と声をかけられたという。
 下校途中の路上での声かけは、過去に略取されて殺害されるような重大事件もあることから、子供にとっては恐怖感が強い。そんな声かけ事案の統計がある。
 警察庁によると平成28年の全国の声かけ事案の認知件数257件。文言で最も多いのは「写真撮らせて」という撮影行為で26.5%を占めた。次いで言葉かけが23.3%、「遊びませんか」などの誘いが12.1%、つきまといが11.7%、ナンパ行為が8.9%などだった。
 時間帯をみると最も多いのは午後の4時台で66件。次いで同3時台が50件、午前7時台が32件、午後5時台が24件、同6時台が18件の順。
 午後4時台と同3時台は小学生が多く、中学生が続く。しかし同6時台になると女子高校生が最も多くなる。
 場所的には道路上が77.8%を占め、店舗、駐車場と続く。性別では小学校の女子に次いで男子多く、目立ったのは女子高校生にたいする「ナンパ行為」だ。
 昭和の時代、小欄らは登下校時に「元気か?」とか「宿題やっているか」「お婆ちゃんは元気か」「道くさしないで早く帰れよ」など言われたものだ。それが地域の大人と子供たちのコミュニケーションでもあった。今、「お帰り」などと言おうものなら110番の時代。人間関係はどうなっているのか…
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

88歳の父親を電気コードで絞め殺す 62歳の男逮捕「寝たきりで将来が不安」 千葉(6日)産経

父親の首を電気コードで絞めたとして、千葉県警勝浦署は6日、同県大多喜町紙敷の自称、無職、服部和男容疑者(62)を殺人未遂の疑いで逮捕した。服部容疑者は「寝たきりの父を殺した。将来に不安があった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は6日午前8時20分ごろ、自宅で父親の恭治さん(88)の首を電気コードで絞め殺害しようとしたとしている。
 同署によると、服部容疑者と恭治さんは2人暮らしで、恭治さんは寝たきりだったという。「父親を殺した」という服部容疑者からの110番通報を受け、駆けつけた警察官が現行犯逮捕した。恭治さんは現場で死亡が確認され、同署は容疑を殺人に切り替え調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170906/afr1709060029-n1.html

| トラックバック (0)

除染費不正、安藤ハザマ会長ら幹部を任意聴取 東京地検特捜部(6日)産経

東京電力福島第1原発事故の除染事業をめぐる除染費不正取得事件で、東京地検特捜部が「安藤ハザマ」(東京)の小野俊雄会長ら幹部から任意で事情聴取していたことが6日、関係者への取材で分かった。同社の東北支店(当時)の男性社員が下請け会社に作業員の宿泊費の改竄領収書作成を指示していたことが判明しており、特捜部は、組織としての不正の認識などを確認したもようだ。
 安藤ハザマは平成24~25年、福島県いわき市と田村市が発注した除染事業を受注。男性社員は1次下請け会社に宿泊単価や人数を水増しした領収書を作成させ、両市に提出していた。
 関係者によると、小野会長の聴取は8月21日に行われた。安藤ハザマは調査委員会を設置し、「過大請求や不正受給はなかった」とする調査報告を受けており、小野会長は改竄を認める一方、不正はなかったとの趣旨の説明をしたとみられる。
 特捜部は今年6月、詐欺容疑で安藤ハザマ本社や下請け会社などを家宅捜索。男性社員や自治体の担当者から事情を聴き、改竄の経緯など全容解明を進めている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170906/afr1709060015-n1.html

| トラックバック (0)

小学校の校庭にクマ、猟友会が捕殺 岐阜・高山(6日)朝日

6日午前11時30分ごろ、岐阜県高山市奥飛驒温泉郷栃尾の市立栃尾小学校で、クマが校庭にいると110番通報があった。
 高山署によると、体長約1メートルのオスのツキノワグマで、署から連絡を受けた地元の猟友会の男性3人が、校庭の木に登っていたクマを捕殺した。児童64人と教職員15人は校内に避難していて、けがはなかった。
http://www.asahi.com/articles/ASK96552ZK96OHGB00G.html

| トラックバック (0)

「覚醒剤使った」叫ぶ男性、警察で保護後に死亡(6日)読売

神奈川県警川崎署は6日、署で一時保護した40歳代ぐらいの男性の容体が急変し、死亡したと発表した。
 同署は男性の身元確認を進めるとともに、司法解剖して死因を調べる。
 発表によると、5日午後5時25分頃、川崎市川崎区の個室ビデオ店から「客が『覚醒剤を使った』と叫んでいる」と110番があった。署員が駆けつけたところ、男性が注射器を自身に刺そうとしていたため保護したという。
 同署の保護室に搬送したが、午後8時45分頃、寝ていた男性が突然

嘔吐

おうと

し、搬送先の病院で死亡した。
 ビデオ店の室内から空の小袋も見つかったといい、同署は男性が覚醒剤を使用していた可能性があるとみて調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170906-OYT1T50045.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

全国初 離島でミサイル落下想定の訓練 島根 隠岐の島町(6日)NHK

北朝鮮による相次ぐミサイルの発射を受けて、島根県隠岐の島町では、ミサイルの落下を想定した訓練が行われました。北朝鮮のミサイル落下を想定した訓練が離島で行われるのは、全国で初めてだということです。
 訓練は、中国地方に向けてミサイルが発射され隠岐諸島の近くに落下するという想定で行われ、隠岐の島町の学校関係者を中心におよそ2000人が参加しました。このうち中条小学校では、午前10時20分ごろ、防災無線でミサイル発射を知らせる音声が流れたのを合図に訓練が始まりました。
 ミサイルによってガラスが割れるおそれがあることから、子どもたちは教室の中央に集まって体をかがめて頭を守り、先生は声をかけて安全を確認していました。
 参加した小学6年生の女の子は、「不安だったが、落ち着いて行動できた。ミサイルが来ることはあまり想像できないが、もしもの時はきょうの経験を生かしたい」と話していました。
 中条小学校の佐々木隆校長は、「子どもたちは冷静に行動してくれた。発射の連絡を受けてからわずかな時間しかないので、命を守るための最善の方法を今後も検証していきたい」と話していました。
島根県によりますと、北朝鮮のミサイルを想定した訓練が離島で行われるのは、全国で初めてだということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170906/k10011129001000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

旅券返納、カメラマンの控訴棄却 シリア取材を計画(6日)共同

シリアでの取材を計画し、外務省から旅券返納命令を受けた新潟市のフリーカメラマン杉本祐一さん(60)が、命令は違憲だとして取り消すよう求めた訴訟の判決で、東京高裁は6日、請求を棄却した一審東京地裁判決を支持、杉本さんの控訴を棄却した。
 深見敏正裁判長は「海外渡航の自由は憲法により保障された基本的人権だが、公共の福祉のために制約を受ける。渡航が危険だと外相が判断したのは合理的だ」と述べた上で「身柄を拘束された場合、政府や関係機関に多大な影響を及ぼし得る」とも指摘した。
 杉本さんは「国に迷惑を掛けそうだから旅券を返せというのは失礼な話。上告したい」と話した。https://this.kiji.is/278028634923220994?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

空港の一般エリアでも爆発物検査、実施めざし来年度から実証実験(6日)TBS

国土交通省は自由に出入りが出来る空港の一般エリアでも爆発物の検査を実施することをめざし、来年度から実証実験を行うことを決めました。
 国土交通省は、空港ビルの入り口に爆発物や刃物を自動で検知できるゲートを設けることや、簡易型の検査装置を警備員が持ち運ぶことなどを検討していて、来年度から、羽田、成田など一部の空港で実証実験を行うことを決めました。
 爆発物などの検査は、現在、乗客が一般エリアから制限エリアに入る際に実施されています。しかし、去年3月にベルギーの空港で起きたテロ事件など、見送りで自由に出入りが出来る一般エリアでも事件が相次いでいて、国土交通省は一般エリアでも検査をすることでテロ対策を強化したいとしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3149638.html

| トラックバック (0)

拳銃5丁・覚醒剤など隠し持つ 警視庁、容疑の組長逮捕(6日)日経

 リゾートマンションの駐車場に止めたバイクの中に拳銃5丁や覚醒剤、大麻を隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策5課などは6日までに、暴力団住吉会系組長、神尾英一容疑者(63)=東京都板橋区大谷口上町=を銃刀法違反(加重所持)や覚せい剤取締法違反(営利目的共同所持)などの疑いで逮捕した。
 逮捕容疑は7月8日、群馬県草津町のリゾートマンションの駐車場に止めたバイクのシートボックス内に、拳銃5丁と実包62発、覚醒剤約630グラム(約4千万円相当)、大麻約360グラム(約210万円相当)を隠し持っていた疑い。
 同課によると、このマンションの一室は神尾容疑者の妻の名義。同容疑者は自ら室内で覚醒剤や大麻を袋に小分けする作業を行い、組員に密売させていた。隠していたバイクは盗難車で、拳銃は自分で使うために持っていたという。
 同課は少なくとも2014年から違法薬物の密売を繰り返していたとみて入手ルートを調べる。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H3L_W7A900C1CC0000/

| トラックバック (0)

“街コン”の男女にスマホ契約…だまし取り転売か(6日)テレビ朝日

いわゆる「街コン」で知り合った仲間に最新のスマートフォンなどを契約させてだまし取り、転売したとして無職の男が逮捕されました。
 福岡徳真容疑者(30)は1月、仲間と共謀し、都内の携帯電話販売店でiPhone(アイフォーン)7プラスなど合わせて6台、約68万円相当をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、福岡容疑者は去年、街コンで知り合った無職の男(35)に「携帯を契約してくれる人を探している」などと持ちかけました。その後、この男は別の街コンで知り合った会社員の女(29)にiPhoneなどを契約させ、福岡容疑者が女に現金3万円を支払って受け取り、それを買取業者に約44万円で転売したということです。福岡容疑者は容疑を認めていて、「20人に契約させて100台くらいは売った」などと供述していることから警視庁は余罪を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109393.html

| トラックバック (0)

インパルス堤下敦さん 睡眠薬飲み運転の疑いで書類送検(6日)NHK

お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さんが睡眠薬を飲んで正常な運転ができないおそれがあったのに東京都内で車を運転したなどとして、警視庁は道路交通法違反の疑いで書類送検しました。
 ことし6月、東京・狛江市東和泉の「世田谷通り」で乗用車がセンターラインをはみ出して止まり、お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さん(39)が運転席で意識もうろうとした状態で座っているのが見つかりました。
 血液からは睡眠薬の成分が検出され、堤下さんは、医師から運転の前には薬を飲まないよう注意されていたにもかかわらず、直前に自宅近くの銭湯で入浴後睡眠薬を飲んだと説明していました。
 警視庁によりますと、銭湯を出たあと世田谷区でも電柱に接触する事故を起こしていましたが、警察に届けていなかったということです。
警視庁は、睡眠薬の影響で正常な運転ができないおそれがあったのに車を運転したなどとして、6日道路交通法違反の疑いで書類送検しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170906/k10011128621000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| トラックバック (0)

野球部物品購入費約30万円を私的流用 中学校教諭を懲戒免職  同僚へセクハラの男性教諭も停職12カ月 宮城県教委 (6日)産経

宮城県教育委員会は5日、生徒の保護者から集金した現金約26万9千円を私的に流用したとして、同県大郷町立大郷中学校の鈴木孝則教諭(56)を懲戒免職処分にした。
 発表によると、鈴木元教諭は顧問を務めていた野球部の生徒の保護者から平成27、28年度に物品購入のために集金した現金約20万2千円のうち15万円を私的流用。28年10月に流用が発覚したが、学校の調査が進められていた29年度にも野球部員の保護者から集金した約11万9千円全額を私的に流用していた。「生活費などに使った」と話しているという。管理監督が不十分だったとして、校長を減給10分の1、1カ月の懲戒処分にした。
 また、同僚の女性職員にセクシャルハラスメントを行ったとして、北部教育事務所管内の小学校の男性主幹教諭(49)を停職12カ月の懲戒処分にした。主幹教諭は今年3月の職場の送別会で女性職員のひざなどを触り、4月の歓迎会でも同じような行為を繰り返した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170906/afr1709060016-n1.html

| トラックバック (0)

商店街の工事費水増し補助金2千万円受給 詐欺容疑で振興組合元事務局長ら逮捕 新潟(6日)産経

商店街の街路灯をLED(発光ダイオード)に変更する工事費を約2倍に水増しをして申請し、1900万円近い補助金を不正に受け取ったとして、新潟県警新潟署などは5日、商店街振興組合の元事務局長で新潟市西区五十嵐西の無職、渡辺磐松容疑者(78)と長岡市下条町の会社員、西堀勉容疑者(62)を詐欺の疑いで逮捕した。
 逮捕容疑は、渡辺容疑者は街路灯の工事を請け負った会社の社長だった西堀容疑者と共謀し、平成25年10月から26年4月にかけ、実際には約1026万円だった工事費の2倍に当たる金額に水増しし、補助金を申請したとしている。
 同署によると、申請先は全国商店街振興組合連合会(東京都中央区)と新潟市の中央区役所で、合わせて約1890万円の補助金を受け取っていた。2人は容疑を認めているという。
 渡辺容疑者は14年から27年5月まで同市中央区の商店街振興組合の事務局長を務めていた。後任者らが補助金の処理などに不審な点があることに気付き、同市の調査などで水増し申請が発覚、昨年7月に告訴していた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170906/afr1709060017-n1.html

| トラックバック (0)

防衛省内でPC盗み転売、駐屯地勤務の男を逮捕(6日)読売

東京・市ヶ谷の防衛省に保管されていたパソコンなどを盗んだとして、千葉県警は6日、同省職員で陸上自衛隊久里浜駐屯地(神奈川県)勤務の須田

克敬

かつのり

容疑者(41)(千葉県大網白里市)を窃盗容疑で逮捕した。
 県警は、数年にわたって本省の庁舎からパソコンなどの備品を盗んで転売を繰り返していたとみて調べている。
 発表によると、須田容疑者は今年4月30日~5月6日頃、計7回にわたり、省内でパソコン17台と備品9点(購入価格計約136万円)を盗んだ疑い。調べに対し、「やったことは間違いない」と容疑を認めているという。
 捜査関係者によると、パソコンなどは未使用の状態で、盗品はインターネットなどで転売されていた。須田容疑者は本省での業務経験があり、保管状況を把握していたとみられる。
 県警に情報提供があり、省内の防犯カメラを調べたところ、須田容疑者が浮上した。須田容疑者には借金があったといい、県警は転売して得た金で返済していたとみて調べる。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170906-OYT1T50063.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

首切られ女性死亡 青森、20代息子関与か(6日)日経

6日午前4時10分ごろ、青森県五所川原市みどり町1の市営団地の一室で、住人のスナック経営、対馬美千代さん(50)が首を切られて負傷しているのを20代の娘が発見し119番した。対馬さんは搬送先の病院で死亡した。県警は殺人事件として捜査。同居する20代の息子が関与しているとみて事情を聴いている。
 県警によると、対馬さんは首に刃物で切られたような傷が1カ所あり、娘が発見した時は意識があったという。
 対馬さんは娘と息子との3人暮らし。息子は一時所在不明となったが、午前7時前に自宅から約3キロ離れた同市中心街の路上で、警察官が身柄を確保した。
 現場はJR五所川原駅から南約3キロの集合住宅が立ち並ぶ一角。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H2R_W7A900C1CC0000/

| トラックバック (0)

虐待情報協定締結、24都道府県に 警察と共有、昨春から続々(6日)産経

急増する児童虐待に対応するため、警察と自治体との間で情報を共有する協定の締結が、計24都道府県に上ったことが5日、分かった。虐待事件をきっかけに昨春以降では18都道府県が続々と締結(見直し含む)、他に少なくとも5県で締結準備が進んでいる。ただ提供する情報が一部にとどまるケースが多く、「全件の共有を目指さないと子供の命を守れない」と指摘する声もある。
 警察と自治体との連携強化は昨年1月、埼玉県狭山市で3歳女児が虐待死した事件がきっかけだ。この事件では、市の職員が女児の自宅を訪問したが警察に通報せず、一方で近隣からの通報で警察官が自宅に駆け付けたが児童相談所(児相)に通告しないなど、連携不足が顕在化した。
 厚生労働省によると、警察に相談内容を知られてしまうことで保護者が児相への相談を控えたり、児相の事務が増えたりするため、情報共有が進まなかったという。
 警察庁は同年4月、全国の警察に自治体との情報共有を徹底するよう指示。情報共有を協定に明文化することで、虐待を早期に発見し子供の安全確保を目指した。特に児童福祉司は1人当たり平均100件以上の案件を抱えており、児相がつかんだ情報を警察に提供し、被害の拡大を防止することも目的となる。続きを読む

| トラックバック (0)

相次ぐJR東トラブル 今度は「人災」 脆弱性浮き彫り(6日)産経

JR7路線をストップさせたのは、蕨交流変電所での点検作業の操作ミスだった。JR東管内では近年、多数の利用者に影響を与えるトラブルが相次いでおり、首都圏の重要交通インフラが簡単に機能停止する脆弱(ぜいじゃく)性が改めて浮き彫りになった。
 点検はJR東の関連会社「東日本電気エンジニアリング」の作業員2人と孫請けの7人の計9人が、5日午前9時15分に開始。12年に1度実施する、通電装置の「断路器」が正常に動くかを確認する作業だった。
 9人はいずれも作業経験があり、手順書も渡されていたが、電源を停止させないまま作業を開始した。別系統の電源と接続する遮断器も開放せずに断路器のスイッチを入れたため、地面に過大な電気が流れ、センサーが異常な電流を感知。蕨変電所全体が自動停止した。JR東は別の基幹変電所から電源を供給するなどしたが、蕨変電所の復旧には約30分を要した。
 鉄道の安全管理に詳しい関西大学の安部誠治教授は「作業は複数人でのダブルチェックが原則。なぜ手順を間違えたか、問題の本質を見極める必要がある」とし、作業員の実務的な知識不足の可能性を指摘した。続きを読む

| トラックバック (0)

妊娠、学校に言えぬまま 「遊んでたんやろ」受診断られ(6日)朝日

■小さないのち みんなで守る
 彼に強要された1度きりのセックスで妊娠してしまった女子高生。気付いた時には中絶できる時期を過ぎ、病院には次々と受診を断られた。退学になるのが怖くて、学校には隠し通した。そんな事例を通じ、若年妊娠と教育の問題を考える。

 関西に住む高校3年生の少女(18)は、2年生だった今春、学校に隠し通したまま女の子を出産した。
 趣味を通じて知り合い、交際していた20代の会社員男性と別れ話をしようと昨年、一人暮らしの男性宅を訪ねた。セックスの経験はなく、このとき無理やり関係を持たされた。以来、男性とは会っていない。
 家族でスーパー銭湯に行った昨秋。母親は、少女のおなかがふっくらしているのに気づいた。「大丈夫? 妊娠したんじゃないよね」と声をかけたが、少女は「してない」と言って、黙り込んだ。
 もともと生理不順で、何カ月も生理がないことがあった。一度きりで、まさか妊娠したとは思っていなかった。
 「もしものとき、中絶には期限があるから。一生のことだから病院に行こう」。母親が説得し、学校帰りに女性医師の診療所を2人で訪ねた。
 とても寒い日の夕方だった。診察時間の前で、まだ開いていない診療所の玄関わきで待った。少女は母親の手を握った。目にはうっすら涙が浮かんでいた。「一緒に乗り切ろうね」。母親は手を握り返した。
 検査結果は妊娠6カ月ごろ。法律上、中絶できる時期を10日ほど過ぎていた。少女はモニターに映る赤ちゃんをじっと見つめた。産みたいという気持ちがわいた。
 だが医師の言葉は冷たかった。「高校生なのに妊娠するなんて遊び回ってたんやろ。健診を受けていない人はここでは産めないよ」
 ほかを探したが、「こんな時期…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

| トラックバック (0)

道の駅駐車場で長期間車中泊、勝手に電源使用も(6日)読売

道の駅「海の京都 宮津」(京都府宮津市浜町)の無料駐車場で、長期間にわたって車中泊する利用者が問題になっている。
 56台分の約1割が占められた時期もあったといい、頭を痛めた宮津市は7月、マナーを守るよう求める貼り紙をして対策を取った。一般の利用者が増える秋の行楽シーズンを前に、市は「行き過ぎた車中泊は控えて」と呼び掛けている。
 同道の駅は、天橋立を望む海沿いの市街地にあり、観光案内所と休憩施設、24時間利用できる平面駐車場を備えた「市観光交流センター」として2015年7月にオープン。市は街歩きの拠点として活用してもらおうと、観光客らに対して駐車場に車を止め、城下町の散策や天橋立へのサイクリングを勧めている。
 一方、昨春頃から、半月から1か月にわたって駐車を続けるケースが目立つように。キャンピングカーやワゴン車が多く、中にはトイレのトイレットペーパーを盗んだり、屋外の電源を勝手に使ったりする悪質な例があったという。
 このため、市は一般利用者に迷惑がかかるとして、トイレ付近や地場産品直売所に「長期滞在の車中泊はご遠慮願います」と貼り紙をした。市観光定住課は「マナーを守って利用してほしい」としている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170905-OYT1T50110.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

移植カルテ改ざん認める 臍帯血事件、逮捕の医師(6日)共同

他人の臍帯血を国に無届けで移植したとされる事件で、再生医療安全性確保法違反の疑いで逮捕された「表参道首藤クリニック」(東京都渋谷区)院長の医師首藤紳介容疑者(40)が、届け出の必要がない治療内容にカルテを改ざんしたと認める趣旨の供述をしていることが5日、捜査関係者への取材で分かった。
 改ざんは、共犯の臍帯血販売会社「ビー・ビー」(茨城県つくば市)社長篠崎庸雄容疑者(52)らから指示されたとも供述。愛媛など4府県警の合同捜査本部は、両容疑者が無届けを認識し、営利目的で臍帯血を販売、移植していたとみて、経緯を詳しく調べている。
https://this.kiji.is/277847441667491317?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

「飛び降りろ」発言認める、福島 中学教諭が謝罪(6日)共同

福島県双葉町立双葉中で50代の男性教諭が担任する1年の男子生徒に「飛び降りろ」と発言した問題で、教諭は5日の保護者説明会で事実関係を認め「不適切な表現だった」と謝罪した。8月23日の保護者会では事実関係を明確に認めず、混乱を招いたことについて「申し訳ない」と謝罪していた。
 同校と町教育委員会によると、教諭は英語の授業中、発音の指導時に生徒の後ろから手を回し、腹を押しつける行為をしていたことも認めた。
 教諭は2学期から担任を外れた。処分は今後、県教委が判断する。
https://this.kiji.is/277796104294350849?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

東名高速道路上で中3男子死亡、飛び降り自殺か(6日)TBS

神奈川県綾瀬市の東名高速道路上で、中学3年の男子生徒が死亡しているのが見つかりました。警察は、少年が自殺を図った可能性もあるとみて調べています。
 5日午後8時前、綾瀬市の東名高速道路上り線で、女性から「橋の上からマネキンのようなものが落ちてきた」と、110番通報がありました。
 警察官などが現場に駆けつけたところ、若い男性が頭を強く打って、その場で死亡していて、その後、綾瀬市内に住む中学3年の男子生徒(15)と身元が確認されたということです。
 警察によりますと、男子生徒は発見される直前、父親に「今までありがとう。生きるのがつらくなった」と電話をしていて、午後8時には行方を捜している父親から「子どもが別れを告げるような連絡をしてきた」と、110番通報があったということです。
 警察は、男子生徒が近くの橋から飛び降りて自殺を図った可能性もあるとみて、調べを進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3149395.html

| トラックバック (0)

詐欺の疑い、現金受け取り役の男を逮捕(6日)TBS

都内で現金9000万円をだまし取っていたとみられる振り込め詐欺グループの現金受け取り役の男が、警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは千葉県流山市の解体工・若鍋雷己容疑者(21)で、去年11月、東京・杉並区に住む80代の女性に対し、孫を装って電話をかけ、「駅で小切手入りのカバンをなくした」などとウソを言って、現金100万円とキャッシュカード2枚をだまし取った疑いがもたれています。
 若鍋容疑者は現金などの受け取り役で、取り調べに対し「何か悪いことをしているかもしれないという思いはあった」と供述しているということです。
 警視庁は、このグループが去年4月以降、都内で20件、現金およそ9000万円をだまし取っていたとみて実態の解明を進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3149139.html

| トラックバック (0)

無免許でひき逃げ、女性死なせた疑い 37歳女逮捕 愛知(6日)日経

愛知県豊山町で4月、無免許で車を運転し、無職女性(当時75)をひき逃げして死亡させたとして、県警西枇杷島署は5日、名古屋市中村区稲葉地町1の無職、羽田野宏美容疑者(37)を自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。
 同署によると、羽田野容疑者は「事故を起こして逃げた」などと供述しているが、人をはねた認識を否認しているという。防犯カメラの映像などから同容疑者の関与が浮上した。
 逮捕容疑は4月1日午後11時40分ごろ、豊山町の県道で石原孝子さんをひいたのに救護せずに逃走して死亡させるなどした疑い。同容疑者はこれまでに覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴されている。
 事故では、同署が同県春日井市の70代男性を道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕。同署は、男性が羽田野容疑者の後に石原さんをひいたとみて、任意捜査している。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFD05H42_V00C17A9CN8000/

| トラックバック (0)

口座譲渡疑い、陸士長逮捕 京都・宇治 詐欺容疑(6日)日経

京都府警宇治署は5日、他人に譲渡する目的で不正に銀行口座を開設しキャッシュカードをだまし取ったとして、陸上自衛隊大久保駐屯地(同府宇治市)の陸士長、山本真義容疑者(22)を詐欺の疑いで逮捕した。
 同署によると、昨年12月に東京都内で起きた振り込め詐欺事件で、山本容疑者が開設した口座が振込先になっていたことから発覚。50万円が引き出されていたという。
 逮捕容疑は昨年10月14日、静岡県内に本店がある銀行のインターネット上の支店で、譲渡目的を隠して口座を開設し、キャッシュカード1枚を詐取した疑い。
 山本容疑者は「お金が欲しかったので、使うつもりのない口座を開設してカードを受け取った」と容疑を認めている。同署は譲渡目的で十数口座を開設したとみている。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXLASHC05H23_V00C17A9000000/

| トラックバック (0)

« 2017年9月5日 | トップページ | 2017年9月7日 »