« 2017年9月1日 | トップページ | 2017年9月3日 »

2017年9月2日

2017年9月 2日 (土)

スポーツカー暴走 女性はね店舗に..(2日)フジテレビ

東京・豊島区で2日朝、スポーツカーが歩道に乗り上げて、87歳の女性をはね、女性は重傷を負った。
2日午前8時半ごろ、豊島区雑司が谷で、22歳の中国人の男が運転するスポーツカーが歩道に乗り上げ、歩行者の87歳の女性をはね、店舗に突っ込んだ。
女性は、骨盤を折るなど重傷を負った。
目撃者は「あのドライバーが逃げちゃったの。そしたら、訳のわからないことを言っていた」と話した。
男の呼気からはアルコールが検出され、事故後に現場から逃走しようとして、過失運転致傷の現行犯で警視庁に逮捕された。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00369212.html

| トラックバック (0)

車ボンネットに知人乗せ2キロ走行 殺人未遂容疑で男逮捕(2日)共同

 兵庫県警三田署は2日、乗用車のボンネットに知人男性を乗せて約2キロ走行、路上に転落させるなどしたとして、殺人未遂容疑で、篠山市東吹、とび職の男(25)を逮捕した。
 逮捕容疑は1日午後10時すぎ、三田市北浦の駐車場で、同市の建設業男性(21)の左腕や頭を金属バットなどで殴って首を絞めた上、男性に向かって車を発進。ボンネットの上に乗せたまま走行し、同市下青野の路上に落としてけがをさせた疑い。
 同署によると、男性は頭を打撲するなど軽傷。男は加速や急ブレーキを繰り返したという。男性が転落後、そのまま帰宅。調べに対し「腕しか殴っていない。ボンネットには(男性が)勝手に乗ってきた。殺す気はなかった」と容疑を一部否認している。2人は以前からトラブルがあったという。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201709/0010518052.shtml

| トラックバック (0)

勤務先から1500万円横領か、「作家」の男を逮捕(2日)TBS

東京・狛江市にある当時勤務していた会社からおよそ1500万円を着服したとして、会社の元経理担当で自称・作家の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、狛江市にある水質調査会社の元経理担当取締役・金澤一志容疑者(57)で、2011年1月から2年半にわたり、会社の売上金およそ1500万円を着服した疑いが持たれています。4年ほど前から会社の経営状態が悪化し、不審に思った社長が銀行口座の残高が少なくなっていることに気付き発覚したということです。
 金澤容疑者は容疑を否認していますが、警視庁は金澤容疑者が着服した金を生活費にあてていたとみて調べています。金澤容疑者は美術や文学をテーマに本を出版するなど、執筆活動をしているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3146725.html

| トラックバック (0)

金の密輸、狙われる日本 消費増税で「うまみ」増す(2日)日経

格安航空会社(LCC)のバニラ・エアの乗務員は7月9日、台北から関西国際空港に向かう機内で、異変に気づいた。後方のトイレで、壁のパネルがずれていたのだ。パネルの裏側をのぞくと黒い袋が隠されていた。
 機内から合計6つの袋が見つかり、関空で税関職員らが調べると、数十キロの金塊が入っていた。大阪税関は金塊を差し押さえ、密輸目的とみて持ち主を調べている。
 金の密輸業者にとって、日本は急速に「主力市場」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXLASGH30H0D_S7A900C1SHA000/

| トラックバック (0)

DNA型一致が逮捕の決め手に…女子学生との接点は?(2日)テレビ朝日

容疑者は3人の男でした。謎の多い13年前の事件が2日、急展開しました。茨城県美浦村で女子大学生が殺害された事件で、警察はフィリピン人の男を逮捕したと発表しました。この事件の捜査本部がある茨城県の稲敷警察署から報告です。
 (菅原知弘アナウンサー報告)
 (Q.容疑者逮捕のきっかけは?)
 捜査関係者によりますと、現場に残された遺留物と容疑者のDNA型が一致したこと、これが逮捕の決め手になったということです。これまで、一般の人からも事件に関する多くの情報が寄せられてきましたが、これを精査するうちに、今回、逮捕されたランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)が浮上して、今回の逮捕につながったということです。13年にも及ぶ執念の捜査が今回の逮捕につながったといえると思います。
 (Q.被害者の原田さんとモリ容疑者に接点はあった?)
 今のところ、接点、関係性は分かっていません。この容疑者3人というのは、これまで一度も任意も含めて聴取を受けてこなかったということです。こういった経緯も考えますと、原田さんと関係の近かった人物ではなかったと、捜査線上に上がってこなかった人物だということが考えられます。これが捜査が難航したポイントだとも思われます。そして、今後の捜査の行方ですが、モリ容疑者は認否こそ明らかになっていませんが、素直に事情聴取に応じているということです。そして、残る2人の容疑者ですが、10年前にはすでに日本を出国しているということで、今後、国際指名手配をして調査を続けていくということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109133.html

| トラックバック (0)

13年前の女子大学生殺害事件 フィリピン人の男を逮捕(2日)NHK

13年前、茨城県美浦村で茨城大学の当時21歳の女子学生が首を絞められて殺害されているのが見つかった事件で、警察は、フィリピン人の35歳の男が女子学生を殺害したとして、殺人などの疑いで逮捕しました。
 13年前の平成16年1月31日、茨城県美浦村の川の河口付近で、茨城大学農学部の2年生だった原田実里さん(当時21)が首を絞められて殺害されているのが見つかりました。
 警察は殺人・死体遺棄事件として捜査を進めたところ、3人の男が事件に関わった疑いが強まったとして、このうちの1人を2日、殺人などの疑いで逮捕しました。逮捕されたのは、フィリピン人で岐阜県瑞穂市に住む工員、ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)です。
 警察は、捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。容疑者と女子学生との関係についてはわからないとしています。
 また、警察は、ほかにも事件に関わったとして、海外にいる当時、少年だったフィリピン人の男2人を国際手配する方針で、今後、事件の詳しいいきさつなどを調べることにしています。

詳しい足取りわからず

殺害された原田実里さん(当時21)は当時、茨城大学農学部の2年生でした。大学ではトライアスロンのサークルに所属し、事件前日の1月30日に、東京でサークルの集まりに出席したあと、午後9時ごろに茨城県阿見町の自宅アパートに戻りました。
 アパートでは友人と過ごし、31日の午前0時ごろ、「出かけてくる」というメモを残して1人で外出しました。その後、午前9時ごろになって自宅アパートから6キロほど離れた清明川の河口付近で、首を絞められて殺害されているのが見つかりました。
 警察の捜索で、遺体発見現場から西におよそ8キロ離れた土浦市内で、原田さんの自転車が見つかったほかは、詳しい足取りはわかっていませんでした。
続くdownwardleft

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日 単位・レベル) 
厳罰に処せ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2

F1013113

 性犯罪被害相談電話窓口につながる全国共通の短縮ダイヤル番号「#8103」のを導入で強制性交等について数字をあげたが、もうひとつあった。刑法176条の強制わいせつだ。強制性交等(強姦)は姦淫を伴うが、強制わいせつは暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした場合で6か月以上、10年以下の懲役とやはり刑罰は重い。
 警察庁によると強制わいせつの認知件数は平成15年には1万0029件もあったが、その後、減少傾向に入り同28年には6188件。そして今年7月現在の認知件数は3258件で前年より194件減少した。このうち、街頭での犯行は1778件で252件も減っている。
 強制わいせつのランキングは大阪の443件、東京の394件、埼玉の279件、神奈川の239件、兵庫の193件と続いた。
 うち街頭でのランキングは大阪の266件、東京の202件、千葉の166件、神奈川と兵庫の110件の順だった。
 このほど帰宅途中の美容師の女性(22)に乱暴したとして東京・町田市の26歳の美容師が警視庁捜査1課に逮捕された。
 JRの町田駅周辺では今年6月から5件の強姦・強制わいせつ事件が相次いでいて、警視庁は関連を調べているという。
 強姦は強制性交に変わったが、刑罰も3年以上の有期懲役から5年以上に引き上げられており、強制わいせつも含めて、こんな卑劣な〝動物以下〟の人間は量刑上でも厳罰が当然だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【訂正】1日午後8時30分から2日午前7時30分の間、小欄の身柄措置別で「身柄不拘束」の増減で「4429人増加した」とあるのは「4429人減少した」の誤りでした。お詫びいたします。

| トラックバック (0)

13年前に茨城大の女子学生が殺害された事件で男逮捕(2日)テレビ朝日速報

13年前に茨城大学2年の原田実里さんが殺害された事件で、茨城県警は男を殺人などの疑いで逮捕しました。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109117.html

| トラックバック (0)

ストーカー特化、相談センター設置へ 京都府、全国初(2日)共同

増加するストーカー問題への対応を強化するため、京都府は1日、ストーカ事案に特化した相談センターを設置する方針を明らかにした。ストーカー専門の相談センターを開設するのは全国の都道府県で初めて。専任の女性警察官を配置して、各警察署や関係機関に捜査や支援をつなぐ役割を果たす。
 山田啓二知事が1日の定例記者会見で説明した。センターは専任の女性警察官を置くことで被害者が相談しやすい環境を整える。電話やメール、面接での相談に応じる。相談時間は電話とメールが平日午前9時~午後7時、面接が平日午前10時~午後5時。設置場所は、京都市上京区の府警本部別館の東側にある警察関連施設内を予定する。
 府は、府議会9月定例会に提案する一般会計補正予算案に関連費用約300万円を盛り込んだ。
 山田知事は「ストーカー問題は深刻な事案に発展する傾向が出ている。特に女性の被害者が女性の警察官に丁寧に話を聞いてもらえるような所をつくることで、相談しやすいセンターにしていきたい」と話している。

■京都の認知件数は増加

 京都府内のストーカー被害の認知件数が増加している。近年は400件台で推移していたが、今年は6月末時点で既に320件に達した。東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた女子大学生が京都市に住んでいた男に刺された事件などを受け、ストーカーへの関心が高まり、警察への相談が増えているとみられる。
 府警によると、認知したストーカー行為者320人のうち、8割超が男性だった。被害者との関係は、交際相手や配偶者、勤務先の同僚など顔見知りが7割超に上った。
 今年上半期の検挙件数は45件(前年同期比60・7%増)。7月には、下京署が、元妻(58)の勤め先や自宅付近で待ち伏せするなどしたとして、ストーカー規制法違反の疑いで男(69)を逮捕した。2012年には、同志社女子大の女性職員をストーカーしていた男が、女性の同僚の男性職員を刺殺した事件が起きている。
https://this.kiji.is/276364321161938426

| トラックバック (0)

「有料サイトの未払いがある」と1日1万件メールを送信 電子マネー10万円の詐欺容疑で男3人逮捕(2日)産経

有料サイトの閲覧料金名目で電子マネー10万円相当をだまし取ったとして、神奈川県警特殊詐欺対策室は詐欺容疑で、埼玉県川口市朝日の職業不詳、坂本雄大容疑者(28)ら男3人を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は、8月26日ごろ、同県深谷市に住む40代の無職女性に「有料サイトの未払いがある」などと有料コンテンツの配信会社をかたったメールを送り、電子マネー10万円相当をだまし取ったなどとしている。
 同室によると、坂本容疑者らは東京都大田区にあるマンションの部屋をアジトとして使用。関東を中心に「有料サイトの未払いがある」と、電話番号入りのメールを1日約1万件送信し、その後、電話で「電子マネーを購入してほしい」などとコンビニエンスストアなどで電子マネーのプリペイドカードを購入させていた。
 部屋からは、犯行に使われたとみられる携帯電話19台などが見つかっており、電話での誘導方法が記載された「応対マニュアル」も発見されたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/170902/afr1709020012-n1.html

| トラックバック (0)

コンビニでたばこ注文、後ろ向いた店員に包丁 現金奪う(2日)朝日

2日午前2時45分ごろ、福岡県嘉麻市鴨生のコンビニエンスストア「セブンイレブン飯塚稲築店」の店員から「強盗に入られた」と110番通報があった。現金約4万円が奪われており、嘉麻署は強盗事件として調べている。
 署によると、客を装った男が男性店員(24)にたばこを取るように言い、店員が後ろを向いたすきに包丁のようなものを取り出してカウンター越しに突きつけた。男は「動かないでください」と言ってカウンターの中に入り、自らレジを操作して現金約4万円を奪って逃げた。男は25~35歳くらいで身長約175~180センチ。グレー色のTシャツ、黒色のズボン姿で、白っぽい帽子をかぶり、マスクをしていた。
http://www.asahi.com/articles/ASK9234Q1K92TIPE00F.html

| トラックバック (0)

歩道に車が乗り上げ、女性重傷…中国人の男逮捕(2日)読売

 2日午前8時半頃、東京都豊島区雑司が谷の都道交差点で、乗用車が歩道に乗り上げて、歩行者の80歳代の女性をはね、鍵販売店に突っ込んだ。
 女性は足の骨を折る重傷。
 駆けつけた警視庁目白署員が、車を運転していた中国人の男(22)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕し、事故原因を調べている。
 現場は三差路の交差点で、JR目白駅の北東約500メートルのオフィス街。近くに住む主婦(54)は「ドーンという大きな音がした。大破した車のそばで女性が倒れており、苦しそうにしていた」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170902-OYT1T50074.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

住宅に高齢夫婦と長男の3人の遺体 無理心中か 滋賀(2日)NHK

1日夜、滋賀県草津市の住宅で、この家に住む高齢の夫婦と長男の3人が死亡しているのが見つかり、警察は、現場の状況などから、長男が無理心中を図ったものと見て調べています。
 1日午後10時前、滋賀県草津市下笠町の無職安井好夫さん(84)の住宅で、「父親が倒れている」と、安井さんの三男から警察に通報がありました。
 警察が調べたところ、安井さんが1階の居間で血を流して死亡し、78歳の妻も1階の和室で血を流して倒れ、死亡しているのが見つかりました。
また、玄関近くでは、57歳の長男が、首をつった状態で死亡しているのが見つかりました。
 遺体はいずれも死後1週間程度たっていて、発見した当時、家の鍵がかかった状態で、室内が荒らされた様子はなかったということです。
 警察によりますと、安井さんは、妻と長男の3人で暮らしていて、警察は、現場の状況などから長男が無理心中を図ったものと見て調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170902/k10011123331000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| トラックバック (0)

群馬大学開発の自動運転車 実験中ガードレールに衝突(2日)NHK

群馬大学が開発を進めている自動運転車が、1日、桐生市の県道で実証実験中にガードレールに衝突する事故を起こしていたことがわかり、大学は、スタッフの不注意によるものだと説明したうえで、謝罪しました。
 群馬大学によりますと、1日午前1時すぎ、群馬県桐生市にある理工学部のキャンパス近くの県道で、開発中の自動運転車が実証実験で走行していたところ、ガードレールに衝突する事故を起こしたということです。
 実験当時、車には開発を担当している大学の研究員など3人が乗っていましたが、いずれもけがはありませんでした。
 大学によりますと、実証実験ではハンドルをスムーズに動かすためプログラムを変更し、片側1車線の緩やかな左カーブで時速20キロで走行しながら自動運転に切り替えたところ、想定以上にハンドルが左に切られ、ガードレールに衝突したということです。
 プログラムではブレーキを踏むなどすると、自動運転が解除される仕組みになっていて、大学は、事故は運転席に座っていたスタッフの不注意によるものだとして、開発に影響はないと説明しています。
 開発責任者の群馬大学の峰岸敬理事は、「公道の実験で心配をおかけして申し訳ありません。再発防止に努めます」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170902/k10011123291000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| トラックバック (0)

突運転手「眠かった」と供述 徳島道事故 (2日)共同

鳴門市大津町の徳島自動車道で路肩に停車中のマイクロバスに大型トラックが追突し高校生ら16人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反の疑いで逮捕、送検されたトラック運転手菊池誉司(たかし)容疑者(50)=松山市南久米町=が県警の調べに「眠たかった」と供述していることが1日、捜査関係者への取材で分かった。県警は居眠り運転の可能性を中心に、慎重に裏付け捜査を進めている。
 捜査関係者によると、菊池容疑者は事故直前の状況について「ぼーっとなっていた。(停車しているバスに)直前で気付いてブレーキが間に合わなかった」と供述している。現場に明確なブレーキ痕が残っていないことからも、事故直前に居眠り運転をしていた可能性が強まっている。
 菊池容疑者は松山市を出発して愛知県小牧市などを経由し、2日後に松山市に戻る定期便を運行していたため、事故現場は通り慣れた道だったとみられる。
 事故当日は小牧市を午後1時ごろ出発。事故現場までの約4時間、休憩を取らずに走り続けた。現場から約2キロ先の松茂パーキングエリアで休憩を取る予定だったようだ。厚生労働省が定める連続運転時間などの基準には違反していなかったとみられる。捜査関係者は「運行計画に無理はなかった」とみている。
 一方で▽現場手前の鳴門ジャンクションのカーブで事故を起こさずに走行している▽運行記録計(タコグラフ)のデータに不自然な速度の変化がない-など、居眠り運転か疑わしい点もあり、県警は今後、病気の有無なども調べる方針だ。
 事故は8月25日午後5時ごろ発生。故障のため路肩に停車していたマイクロバスに菊池容疑者のトラックが追突し、マイクロバスは道路脇の土手に転落した。車外に出ていたバス運転手岡本勉さん(30)=阿波市阿波町綱懸=と、車内にいた富岡西高1年森下汐音(しおん)さん(15)=海陽町宍喰浦=が死亡した。
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/09/2017_15043158074004.html

| トラックバック (0)

逮捕された“手錠男” 服を手に入れリュックに現金(2日)テレビ朝日

 群馬県大泉町で手錠をつけたまま逃走していたベトナム人の男が逮捕された事件で、警察は男が何者かにかくまわれていた可能性もあるとみて調べています。
 グエン・バン・ハイ容疑者(31)は大泉町で手錠をつけたまま逃走しましたが、1日午後11時20分ごろ、隣接する埼玉県熊谷市のコンビニ店の駐車場にいたところを逮捕されました。警察によりますと、グエン容疑者は逃げる際、上半身裸で裸足でしたが、逮捕時は長袖のシャツを着て靴を履いていました。また、リュックには現金約12万円が入っていました。警察は、グエン容疑者が何者かにかくまわれていた可能性もあるとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109102.html

| トラックバック (0)

逮捕された“手錠男” 服を手に入れリュックに現金(2日)テレビ朝日

群馬県大泉町で手錠をつけたまま逃走していたベトナム人の男が逮捕された事件で、警察は男が何者かにかくまわれていた可能性もあるとみて調べています。
 グエン・バン・ハイ容疑者(31)は大泉町で手錠をつけたまま逃走しましたが、1日午後11時20分ごろ、隣接する埼玉県熊谷市のコンビニ店の駐車場にいたところを逮捕されました。警察によりますと、グエン容疑者は逃げる際、上半身裸で裸足でしたが、逮捕時は長袖のシャツを着て靴を履いていました。また、リュックには現金約12万円が入っていました。警察は、グエン容疑者が何者かにかくまわれていた可能性もあるとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109102.html

| トラックバック (0)

群馬の逃走ベトナム人を逮捕 埼玉県で身柄確保 群馬県警(2日)産経

群馬県警は1日夜、同県大泉町で職務質問を振り切って警察官に暴行し逃走、公務執行妨害容疑で指名手配中のグエン・バン・ハイ容疑者(31)=ベトナム国籍=の身柄を埼玉県熊谷市内で確保、逮捕し、群馬県警大泉署に護送した。8月31日の逃走から確保まで37時間を要した。
 ハイ容疑者は8月31日午前11時15分ごろ、大泉町坂田の公民館近くで車の中にいたところ、職務質問を受けて逃走。民家の敷地内で追いついた警察官の腕をつかむなどして職務を妨害した疑いがもたれている。
 ハイ容疑者は逮捕後の調べに名前を名乗り、容疑を認めている。
 県警によると、ハイ容疑者は大泉町の逃走現場に残したもののほかに、もう1台の携帯電話を所持。車内にいた3人のベトナム国籍の女性の1人に連絡を入れ「(女性の自宅)アパートに行く」「出頭したい」などと伝えたという。
 その後、熊谷市内のコンビニスストアの駐車場にいるとの連絡を受けた女性が群馬県警に連絡。1日午後11時20分、捜査員が身柄を確保、逮捕した。続きを読む

| トラックバック (0)

燃えた車内に男性2人の遺体 栃木・日光(2日)産経

1日午後3時半ごろ、栃木県日光市足尾町の県道で、燃えた軽ワゴン車に男性2人の遺体があるのをパトロール中の県警日光署員が発見した。
 同署によると、署員が路肩に止まっていた軽ワゴン車内の運転席に体の一部が燃えている男性を発見。後部座席にも男性の遺体が発見され、助手席の下に車のナンバープレートと灯油が入っていたとみられるポリタンクが見つかった。
 遺体は70代後半男性と息子とみられ、県内の家族から8月末に行方不明届が出されていた。同署は心中の可能性があるとみて、死因などを詳しく調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170901/afr1709010025-n1.html

| トラックバック (0)

家裁送致の少年、搬送の病院から一時逃走 札幌(2日)産経

1日午後3時40分ごろ、札幌家裁に窃盗の疑いで送致された少年(19)が、体調不良を訴えて搬送された札幌市内の病院から逃走した。北海道警が緊急配備して、同市内で身柄を確保した。少年にけがはなく、少年鑑別所に収容された。
 家裁によると、少年は7月21日に送致された。今月1日午後1時ごろに観護措置が決定、そのまま鑑別所に入る予定だった。決定直後に体調不良を訴えたため、家裁職員が病院に搬送した。
 札幌家裁の竹田光広所長は「本件事案が発生したことは遺憾であり、原因を調査分析して対策を講じていきたい」とのコメントを出した。家裁は発生直後に公表しておらず、「事実関係の把握に時間を要した」としている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170901/afr1709010026-n1.html

| トラックバック (0)

逃走時、携帯落とす=ベトナム人、交友捜査-群馬県警(2日)時事

 群馬県大泉町で警察官から職務質問を受けたベトナム国籍のグエン・バン・ハイ容疑者(31)が抵抗し逃走した事件で、同容疑者が携帯電話を落としていたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。県警は解析を急ぐとともに、同容疑者がかくまわれている可能性もあるとみて、交友関係を調べている。
 県警の捜査員が8月31日午前11時すぎ、不審な車に乗っていた同容疑者を職務質問。同容疑者は捜査員にかみつくなどして振り切り、左手に手錠をかけられた状態で逃走した。
 現場付近に携帯電話が落ちており、本人のものとみられるが、ロックがかかっていた。県警は、県内のベトナム人コミュニティーを重点的に聞き込み捜査している。(2017/09/01-23:23)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090101349&g=soc

| トラックバック (0)

始業式前後、中高校生の自殺相次ぐ…3人死亡(2日)読売

8月30日から今月1日の3日間に、東京都と埼玉県で中高校生の男女4人が建物から飛び降りたり、自宅で首をつったりしていたことが捜査関係者への取材でわかった。

  •                                
     
           

 このうち3人は死亡した。警察当局はいずれも自殺とみている。例年、子どもの自殺は夏休み明けの新学期が始まる前後に集中しており、専門家は、学校や家庭に注意するよう呼びかけている。
 1日午前11時半頃、東京都八王子市の市立中学校の校舎脇で、2年生の女子生徒(13)が倒れているのを教師が見つけ、119番した。女子生徒は腰の骨を折るなどの重傷を負ったが、命に別条はないという。警視庁は4階の教室から飛び降り自殺を図ったとみている。
 同庁や市教育委員会によると、女子生徒は休み時間に「(無料通話アプリ)『LINE』のメッセージを友達に読んでもらえない」と友人に悩みを相談していた。同校は8月29日が始業式だったという。
(ここまで383文字 / 残り801文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170902-OYT1T50031.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

4裁判所に手荷物検査機を設置 刃物持ち込み相次ぎ(2日)共同

被告が裁判所に刃物を持ち込む事件が相次いだことを受け、最高裁は2日までに仙台、名古屋、大阪、広島の裁判所庁舎にエックス線を使った手荷物検査機を設置すると決めた。札幌、東京、福岡の裁判所庁舎は既に導入済み。7都市では、一般来庁者はゲート式の金属探知機をくぐった上で手荷物検査も受けることになる。
 大阪地裁の裁判員裁判で2月、被告が法廷に包丁を持ち込んだ。6月には、仙台地裁で有罪判決を言い渡された被告が、隠し持っていた刃物で傍聴席にいた警察官2人を切り付ける事件が起きた。被告はいずれも保釈中で、手荷物検査を受けていなかった。
https://this.kiji.is/276449479336035831?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

覚醒剤大量押収事件、陸揚げしたとみられる漁港の倉庫を捜索(2日)TBS

茨城県で末端価格307億円相当の覚醒剤が押収された事件で、覚醒剤を船から陸揚げしたとみられる漁港の倉庫を警察が捜索していたことがわかりました。
 この事件は、先月22日、茨城県で覚醒剤およそ480キロが警察に押収され、指定暴力団・住吉会系組員の今泉淳容疑者(48)ら5人が逮捕されたものです。押収された覚醒剤は、船を使って海の上で取引されたとみられていますが、その後の捜査関係者への取材で、覚醒剤が船から陸揚げされたとみられる茨城県ひたちなか市の漁港にある倉庫を警察が捜索していたことが新たにわかりました。
 警察は、密輸や流通の経路を特定するなど全容解明を進める方針です。                                            
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3145888.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| トラックバック (0)

神奈川県警伊勢佐木署、男性会社員を誤認逮捕(2日)TBS

神奈川県警伊勢佐木署は、今年7月、飲食店の看板を壊したとして、22歳の男性会社員を逮捕しましたが、誤認逮捕だったと発表しました。
 今年7月、横浜市中区で飲食店の看板が壊される事件があり、神奈川県警伊勢佐木署は、川崎市に住む22歳の男性会社員を器物損壊の疑いで逮捕しました。男性は容疑を否認し、2日後に釈放されましたが、警察が防犯カメラの映像を調べたところ、男性と一緒にいた24歳の男が看板を蹴る様子が写っていたということです。
 警察は誤認逮捕だったとして男性に謝罪し、24歳の男を器物損壊の疑いで書類送検しました。男は当初、警察に「後輩がやった」と証言していましたが、現在は容疑を認めているということです。
 伊勢佐木署は、「関係した方にお詫び申し上げます。再発防止に努めます」とコメントしています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3145896.html

| トラックバック (0)

逃走36時間 ベトナム人の男を逮捕 立ち回り先を捜査(2日)NHK

群馬県大泉町で警察官から職務質問を受けたベトナム人の男が暴れて逃走していた事件で、警察は、逃走から36時間たった1日夜遅く男を公務執行妨害の疑いで逮捕しました。男は埼玉県内で知人と待ち合わせたところを確保されたということで、警察は、逃走中の立ち回り先を調べています。調べに対し「オーバーステイだったので怖くなって逃げた。かんだことは覚えていない」と容疑を一部否認しているということです。
 逮捕されたのは、ベトナム国籍で住所不定の無職、グエン・バン・ハイ容疑者(31)で、1日午後11時40分ごろ大泉警察署に入りました。
 警察によりますと、ハイ容疑者は、先月31日午前11時すぎ、群馬県大泉町の駐車場で車の中にいたところ、警察官から職務質問を受けた際、突然逃げ出し、さらに近くの住宅の敷地内で追いついた警察官の腕にかみついて逃走したとして、公務執行妨害の疑いが持たれています。
 ハイ容疑者は、36時間余り逃走していましたが、1日午後11時すぎ隣接する埼玉県熊谷市のコンビニエンスストアで知人と待ち合わせたところを警察に確保されたということです。
 その際、左手に手錠はかけられたままだったということです。調べに対し、「無免許でオーバーステイだったので、怖くなって逃げた。抵抗したことは認めるが、かんだことは覚えていない」と容疑を一部否認しているということです。
 捜査関係者によりますと、ハイ容疑者は、2年前に不法滞在の疑いで警察に摘発されたあと、難民認定を申請して身柄の拘束を一時的に解かれ、ことしに入って所在不明になっていました。警察は、埼玉県内も含め、逃走中の立ち回り先を調べています。

コンビニ店員「これで一安心」

埼玉県熊谷市のコンビニエンスストアの店員は、「店の駐車場で5人ほどの男性が車を取り囲んでいたので最初、ケンカかと思いました。そのうちの1人が私服の警察官だと説明し、店の住所や電話番号が記されたレシートをもらいにきたため、事件のことを思い出しました。車の中をのぞいてみると、後部座席には両脇をはさまれたベトナム人のような男が座っていました。暴れることはなく正面を向いていましたが、目が泳いでいておびえている様子でした」と話しました。
そのうえで「隣の大泉町で起きた事件だと聞いていたので、『まさかここで』と思って怖かったですが、これで一安心です」と話していました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170902/k10011123361000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

仕出し弁当で110人“食中毒” 腹痛などの症状訴え(2日)テレビ朝日

東京・中野区の仕出し弁当店が作った弁当を食べた110人が、腹痛や下痢など食中毒の症状を訴えました。
 東京都によりますと、先月25日、中野区の仕出し弁当店が調理・配達した弁当を食べた110人が29日までに腹痛や下痢などの症状を訴えたということです。共通する食事が弁当以外にないことから、都はこの店の弁当が原因の食中毒と断定し、店を5日間の営業停止処分にしました。原因となった食品は分かっていませんが、患者の症状や便の検査からO-157やノロウイルスによる食中毒の可能性は低いということです。                                                                
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109095.html

| トラックバック (0)

« 2017年9月1日 | トップページ | 2017年9月3日 »