« 銃撃された元警部、賠償求め工藤会トップを提訴(25日)読売 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2017年8月25日 (金)

マニラ保険金殺人の43歳男に死刑 甲府地裁判決(25日)産経

フィリピンの首都マニラで2014年と15年、死亡保険金を得るため男性2人を殺害したとして、殺人などの罪に問われた無職、岩間俊彦被告(43)の裁判員裁判の判決公判が25日、甲府地裁で開かれ、丸山哲巳裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。
 検察側は論告で「保険の手続きや殺害計画を首謀した」と指摘。弁護側は最終弁論で「経済的に困窮しておらず、保険金目的の殺害を行う動機はない」として、無罪を主張していた。
 起訴状などによると、岩間被告は久保田正一受刑者(44)=殺人などの罪で無期懲役確定=らと共謀して現地で実行犯を雇い、14年10月18日夜(現地時間)、山梨県韮崎市の整骨院経営、鳥羽信介さん=当時(32)=を拳銃で殺害。15年8月31日~9月1日(同)には、同県笛吹市の会社役員、中村達也さん=同(42)=を拳銃で殺害したとしている。久保田受刑者は起訴内容を認めている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170825/afr1708250022-n1.html

« 銃撃された元警部、賠償求め工藤会トップを提訴(25日)読売 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

裁判」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65708174

この記事へのトラックバック一覧です: マニラ保険金殺人の43歳男に死刑 甲府地裁判決(25日)産経:

« 銃撃された元警部、賠償求め工藤会トップを提訴(25日)読売 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »