« 「防災の日」訓練 中央道、初めて一部通行止めに(30日)日経 | トップページ | 女子高生コンパニオンを箱根に派遣か、2人逮捕(30日)TBS »

2017年8月30日 (水)

群馬サファリパークで飼育員が象に踏まれ重傷(30日)TBS

30日午前、群馬県富岡市にあるサファリーパークで、飼育員の男性がゾウに踏まれ重傷を負いました。
 午前10時ごろ群馬県富岡市の群馬サファリーパークで、飼育員でインドネシア国籍のアムサル・アブドゥラ・サニーさん(35)がゾウに前足で踏まれました。サニーさんは腰の骨を折るなどの重傷です。
 警察によりますと、サニーさんはゾウの飼育を担当していて、展示場で餌をやっている際に鼻で押し倒され、前足で踏まれたということです。サニーさんを踏んだのは雄のスマトラゾウ(8)で、体重はおよそ2トンあるということです。
 事故を受けて群馬サファリーパークは「より一層安全対策に留意して、安全に野生動物の飼育をしていきたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3143665.html

« 「防災の日」訓練 中央道、初めて一部通行止めに(30日)日経 | トップページ | 女子高生コンパニオンを箱根に派遣か、2人逮捕(30日)TBS »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65729680

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬サファリパークで飼育員が象に踏まれ重傷(30日)TBS:

« 「防災の日」訓練 中央道、初めて一部通行止めに(30日)日経 | トップページ | 女子高生コンパニオンを箱根に派遣か、2人逮捕(30日)TBS »