« JA職員が15年間にわたり1億6千万着服 福井(14日)産経 | トップページ | 基本構想作成、2割に満たず バリアフリーに自治体足踏み(15日)日経 »

2017年8月15日 (火)

“突き飛ばされ”重体だった男性死亡 東京・江東区(15日)テレビ朝日

今月12日、JR亀戸駅のバスロータリーで、酒に酔った21歳の男に突き飛ばされて意識不明の重体で病院へ搬送された55歳の男性が死亡しました。
 搬送先の病院で死亡したのは、江戸川区の無職・石井清司さんです。警視庁によりますと、石井さんは12日午前5時半ごろ、東京・JR亀戸駅の近くで酒に酔った解体作業員の志田良容疑者に因縁を付けられ、突き飛ばされて転倒した際、後頭部を強く打って、意識不明の状態で病院へ搬送されていました。志田容疑者は逮捕当時、「すれ違った際に目があってつかみ合いになり、相手の傘が頭に当たって頭にきた」などと暴行の理由について供述していました。警視庁は今後、志田容疑者の逮捕容疑を傷害から傷害致死に切り替え、調べを続ける方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107725.html

« JA職員が15年間にわたり1億6千万着服 福井(14日)産経 | トップページ | 基本構想作成、2割に満たず バリアフリーに自治体足踏み(15日)日経 »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65665924

この記事へのトラックバック一覧です: “突き飛ばされ”重体だった男性死亡 東京・江東区(15日)テレビ朝日:

« JA職員が15年間にわたり1億6千万着服 福井(14日)産経 | トップページ | 基本構想作成、2割に満たず バリアフリーに自治体足踏み(15日)日経 »