« 警官、ゴルフ4割引き…長野・地元署員30年間(25日)読売 | トップページ | 邦人ツアー客15人負傷=バスと乗用車衝突-豪(25日)時事 »

2017年8月25日 (金)

大地震「予知前提」見直し 東海・南海トラフ、備え重視(25日)朝日

 東海地震の予知を前提とした「大規模地震対策特別措置法」(大震法)の仕組みが約40年ぶりに見直される。予知は困難だとして、新たに現実的な防災、減災対策に取り組むよう切り替える。国の中央防災会議の作業部会が25日、最終報告を取りまとめる方針。

 大震法は1978年、国が唯一予知できるとした東海地震に対応するため作られた。観測網で前兆を捉えると、首相が「警戒宣言」を出す。被害を抑えるため、現在は8都県157市町村で鉄道やバスの運休、学校の休校などの応急対策が取られる。
 だが、研究が進むほど、地震の予知は難しいことがはっきりしてきた。2013年には別の部会が「確度の高い予測は難しい」との見解をまとめている。
 こうした流れを受け、中央防災…

残り:545文字/全文:850文字

« 警官、ゴルフ4割引き…長野・地元署員30年間(25日)読売 | トップページ | 邦人ツアー客15人負傷=バスと乗用車衝突-豪(25日)時事 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65706449

この記事へのトラックバック一覧です: 大地震「予知前提」見直し 東海・南海トラフ、備え重視(25日)朝日:

« 警官、ゴルフ4割引き…長野・地元署員30年間(25日)読売 | トップページ | 邦人ツアー客15人負傷=バスと乗用車衝突-豪(25日)時事 »