« 容疑者携帯に妻名乗るメール、偽装工作か 八王子遺棄(22日)朝日 | トップページ | 「ゲーム感覚で暴行」 埼玉・少年暴行死から1年(23日)テレビ朝日 »

2017年8月23日 (水)

砂運搬船沈没2人死亡 平戸沖、1人が不明 3人救助(23日)西日本

22日午前3時40分ごろ、長崎県平戸市沖で、海砂を積んだ台船(約1300トン、全長95メートル)が横倒しになり、台船を動かす押し船「第6あおい丸」(98トン、同24メートル)が遭難信号を出し、2隻はそのまま沈没した。男性乗組員6人のうち2人が死亡し、1人の行方が分かっていない。沈没から約2~4時間後に救助された3人は命に別条はないという。
 佐世保海上保安部によると、死亡したのは航海士大浦作美さん(59)=福岡市南区大橋3丁目=と、航海士丸山勝広さん(46)=平戸市生月町。船長竹谷和浩さん(48)=長崎県新上五島町七目郷=の捜索が続いている。
 船を所有する海砂採取会社「葵新(あおいしん)建設」(長崎市)や海保によると、押し船は先頭が台船と連結、動力のない台船を動かす仕組み。沈没時、丸山さんと竹谷さんは押し船にいたとみられ、丸山さんは沈没した船内で見つかった。
 救助されたのは機関士笹山安彦さん(48)=長崎市高丘2丁目=と、機関長森律雄さん(66)=平戸市度島町、森さんの親戚の航海士森元徳さん(55)=同。この3人と大浦さんは、台船にいて海に投げ出されたとみられる。近くを通った漁船に救助された笹山さんは「船体が傾きだしたら(沈没まで)一瞬だった」と話した。
 第6あおい丸は、長崎県・壱岐沖で21日昼に採取した砂を積み、同日午後8時ごろから平戸市沖で停泊中だった。22日午前4時ごろに出航し、午後には同県諫早市の久山港に入る予定だったという。
 当時の現場海域は晴れで、波も50センチと穏やか。海上警報も出ていなかった。会社側は「(船体の大きい)台船側に原因があると考えるのが普通。何らかの理由で台船の船底に穴が開いたか、隙間から海水が入ってきた可能性がある」と説明した。運輸安全委員会は船舶事故調査官を平戸市に派遣。23日から調査を本格化させる。=2017/08/23付 西日本新聞朝刊=http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/352790

« 容疑者携帯に妻名乗るメール、偽装工作か 八王子遺棄(22日)朝日 | トップページ | 「ゲーム感覚で暴行」 埼玉・少年暴行死から1年(23日)テレビ朝日 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65698727

この記事へのトラックバック一覧です: 砂運搬船沈没2人死亡 平戸沖、1人が不明 3人救助(23日)西日本:

« 容疑者携帯に妻名乗るメール、偽装工作か 八王子遺棄(22日)朝日 | トップページ | 「ゲーム感覚で暴行」 埼玉・少年暴行死から1年(23日)テレビ朝日 »