« 嘘までついて強引“客引き”「遊び感覚」大学生逮捕(22日)テレビ朝日 | トップページ | 収入印紙1000万円分転売か、コンビニ元店長逮捕(22日)TBS »

2017年8月22日 (火)

貸し切りバスに「覆面調査」開始 国交省、監視を強化(22日)日経

国土交通省は22日、貸し切りバス業者を対象にした「覆面調査」を週内にも始めると発表した。バスツアーの参加者を装った調査員がバスに乗り込み、休憩の適切さやシートベルトの装着案内をしているかなどを調査。法令違反の疑いがある場合、同省が道路運送法に基づく監査を実施する。運行現場での監視を強化し、バス業者の安全対策への意識を高める。
 覆面調査は民間機関に委託し、全国各地で抜き打ちで実施する。国の規定では、バス運転手は4時間につき30分以上の休憩が義務付けられており、調査員は休憩を適切にとっているかを調べる。長時間運行するための交代運転手の配置や、危険運転の有無などもチェックする。
 貸し切りバス業者がバスツアーなどを実施する場合は走行するルートや休憩予定を記した運行指示書を作成する必要がある。同省によると、到着時刻に遅れそうな場合に休憩をとらなかったり、スピードを出しすぎたりするケースが多く、事故につながる恐れがある。
 18日には北海道の国道で貸し切りバスが横転するなど、事故は後を絶たない。同省は適切な運行が実際になされているか、現場での確認を強化する必要があると判断した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H8S_S7A820C1CR8000/

« 嘘までついて強引“客引き”「遊び感覚」大学生逮捕(22日)テレビ朝日 | トップページ | 収入印紙1000万円分転売か、コンビニ元店長逮捕(22日)TBS »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65697211

この記事へのトラックバック一覧です: 貸し切りバスに「覆面調査」開始 国交省、監視を強化(22日)日経:

« 嘘までついて強引“客引き”「遊び感覚」大学生逮捕(22日)テレビ朝日 | トップページ | 収入印紙1000万円分転売か、コンビニ元店長逮捕(22日)TBS »