« ドローンで荷物配送 新飛行ルール策定へ(5日)NHK | トップページ | 梅田の地下街、女性が頭切られる…容疑の男逮捕(5日)読売 »

2017年8月 5日 (土)

青森で土佐犬の脱走相次ぐ、飼い主に罰則設ける(5日)読売

青森県内で闘犬用などに飼育されている土佐犬の脱走が相次いでいる。
 2015、16年度に8件ずつ発生し、小学生がかまれる被害もあった。
 土佐犬は力が強く、散歩中などに飼い主が油断して首輪がリードから離れるケースが目立っている。県や愛好者団体は今年から、闘犬大会への参加禁止など飼い主へのペナルティーを設け、注意を呼び掛けている。
 全国土佐犬普及会(東京都)によると、太平洋戦争中、食糧難などからの殺処分を逃れるために大阪から十数頭が青森県に避難させられて以来、土佐犬の飼育が盛んになったという。県内では17年2月現在、968頭が登録されており、春と秋などに各地で闘犬大会が開かれている。
 昨年9月、八戸市でオス2頭が逃げ、小学2年の男児がかまれてけがを負い、現場に駆け付けた警察官や付近住民が捕獲した。

(ここまで351文字 / 残り449文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170802-OYT1T50060.html?from=ycont_top_txt

« ドローンで荷物配送 新飛行ルール策定へ(5日)NHK | トップページ | 梅田の地下街、女性が頭切られる…容疑の男逮捕(5日)読売 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65622121

この記事へのトラックバック一覧です: 青森で土佐犬の脱走相次ぐ、飼い主に罰則設ける(5日)読売:

« ドローンで荷物配送 新飛行ルール策定へ(5日)NHK | トップページ | 梅田の地下街、女性が頭切られる…容疑の男逮捕(5日)読売 »